最終更新日:

【電気スイッチの交換】正しい電気スイッチの交換知識を身につけよう!

家庭の電気スイッチを交換したいと思ったことはありませんか?作業自体は非常に単純ですが、有資格者でなければできない作業になります。見よう見まねで施工すると、最悪火災発生のリスクもあります。電気スイッチの交換について正しい知識を身につけましょう。

【電気スイッチの交換】正しい電気スイッチの交換知識を身につけよう!

家庭の電気スイッチの動作がおかしくなり、困ったことはありませんか?

電気スイッチの交換作業は単純ですが、有資格者でなければできません。見よう見まねで施工するととんでもないことになり、最悪火災発生のリスクもあります。

そこで今回は、電気スイッチが故障する原因や、電気スイッチの交換について正しい知識について紹介します。

>>プロのコンセント増設・スイッチの修理業者の一覧

【電気スイッチの交換】電気スイッチが故障する原因

【電気スイッチの交換】電気スイッチが故障する原因

電気スイッチを押しても「照明がつかない…」「24時間換気設備がまわらない…」ということがよくあります。

また、スイッチを押したら「陥没して元に戻らない…」という経験はありませんか?

スイッチ自体の故障?または、電気の問題なのか?理由は様々です。

代表的な理由は2つありますが、基本的にはスイッチそのものの原因であることが多いようです。

【電気スイッチの交換】スイッチ内部のバネの劣化

電気スイッチは内部に板バネがついており、表面のスイッチ操作部を押すとバネが作動して記回路の遮断と接続しています。

毎日使い続けていると板バネが劣化して反発力がなくなったり、最悪の場合は折れてしまいます。

【電気スイッチの交換】スイッチ操作部の爪の劣化や折れ

電気スイッチ操作部(表面のプラスチックカバー部分)の爪が、使い続けることにより劣化したり、乱暴に力を入れてスイッチ操作すると折れてしまいます。

最近一般的に使われているワイド型のスイッチは、激しくスイッチを操作すると簡単に詰めが折れてしまいます。

【電気スイッチの交換】4種類の電気スイッチ

【電気スイッチの交換】4種類の電気スイッチ

スイッチと一口に言っても、様々なスイッチの種類があります。

一般的に家庭やオフィス等で使われている電気スイッチは、大きく分けて4つのスイッチがあります。

【電気スイッチの交換】片切りスイッチ

片切りスイッチは、1つの回路を1つのスイッチでオンオフします。

例えばトイレやお風呂場の照明や換気扇等、1つのスイッチで単純にオンオフするスイッチに

は、片切りスイッチがよく用いられます。

【電気スイッチの交換】3路、4路スイッチ

3路、4路スイッチは、階段の1階や2階、大きなリビング等、1つの器具を複数個所でオンオフしたい場合に使用します。

1つのスイッチで2箇所をオンオフしたい場合は「3路スイッチ」、3箇所のスイッチでオンオフしたい場合は「4路スイッチ」を使います。

【電気スイッチの交換】パイロットランプ内蔵スイッチ

パイロットランプ内蔵スイッチは、スイッチを入ると内の赤いパイロットランプが点灯または、通常は赤く光っていてスイッチを入れると緑色に点灯するようなランプが内蔵されています。

スイッチをオンした時にパイロットランプが光るスイッチは「オンピカ」、スイッチオフの時にパイロットランプが光るスイッチを「オフピカ」別名「ホタルスイッチ」ともいわれています。

【電気スイッチの交換】スイッチの形状による呼び名

昔の住宅、オフィス、施設によく使用されている、やや小さめの四角いスイッチは一般的に「埋め込みスイッチ」と呼ばれています。

最近の住宅によく使われているスイッチカバー全体が大きなスイッチなっているようなものは「コスモスイッチ」と一般的に呼ばれています。

コスモスイッチは、Panasonic社が販売しているスイッチ器具の名称ですが、大型のこのようなスイッチは職人の間ではメーカーに関係なくコスモスイッチと呼ばれています。

【電気スイッチの交換】電気スイッチを交換する方法

【電気スイッチの交換】電気スイッチを交換する方法

電気スイッチを交換する方法を紹介します。

作業は簡単ですが、第二種電気工事士以上の資格がないと作業できませんので、無資格の人が作業しないようにしましょう。

用意するもの

必須
スイッチ本体
プラスドライバー
マイナスドライバー
ビニルテープ
1

電気スイッチを交換する前にブレーカーを落とす

交換するスイッチがつながっている配線遮断器(ブレーカー)を落とす。他の回路とブレーカーを共用している場合がありますので、電源が強制的に落ちると困る機器は予めシャットダウンしておくか、他のコンセントに繋ぎ変えておく。

2

スイッチプレートを外す

表面のプレートの端を手でめくるようにするとカパッと外れます。スイッチの外側についているプラスチック枠をプラスドライバーで取り外す。

3

スイッチ本体を取り付けている金属枠を外す

スイッチ本体を取り付けている金属枠をプラス(あるいはマイナス)ドライバーで外す。壁の中にスイッチボックスが埋め込んである場合は気にしなくても大丈夫ですが、壁のボードに挟み込むように裏側の金属枠で表の枠をとめてある場合があります。その場合は裏側に手を当てながら枠を壁の中に落とさないように気を付ける。

4

壊れたスイッチから電線を引き抜く

壊れたスイッチから電線を引き抜く。スイッチ本体に「外し穴」と呼ばれる電線を引っこ抜くために押し込む場所があります。そこにマイナスドライバーを差し込み、力強く押し込む。マイナスドライバーを押し込むと電線がスポッと抜けます。抜けた白と黒の電線は、先端同士が触れ合わないように手で両端を離すように曲げる。先端同士が触れるとショートしてしまいます。また、先端に絶縁のためにビニルテープを巻きつけると完璧です。

※本来はブレーカーを落としてする作業ですが、どうしてもブレーカーが特定できない状態の時があります。本来は「活線作業」といい、電気工事ではNG作業ですが、やむなくブレーカーを落とさず作業する場合は、電線の端子同士が絶対触れ合わないように対策しなければいけません。

5

新しいスイッチに交換する

スイッチ本体に電線を差し込む時は、白線を「N」と書かれた差し込み穴に差し込む。電線の皮がむけた部分が長すぎないようにする。同様に反対側の穴に、黒線を差し込む。その後スイッチ固定の金属枠をねじ止めして、スイッチの外枠をプラスドライバーでねじ止めする。最後にスイッチカバーを取り付けて完了。

何度も言いますが電気スイッチの交換作業は、第二種電気工事士以上の資格が必要となります。

「YouTubeを見ながらやれば楽勝~」と簡単な気持ちで作業しないようにしましょう。

【電気スイッチの交換】業者に依頼する時の注意点

【電気スイッチの交換】業者に依頼する時の注意点

電気スイッチの交換は、どんな業者に依頼したらいいのか悩んでいませんか?

街の電気屋、何でもできる便利屋に依頼するケースが多いようですが、中には無資格で電気スイッチやコンセント交換するひどい業者がいるので注意しましょう。

筆者の同業である便利屋の中に、無資格でこのような作業を請け負っているひどい人がいると聞いたことがあります。

実際に電気スイッチを交換させて頂いたお客様から聞いた話ですが、階段の電灯スイッチが故障して先日違う便利屋に交換を依頼したが、その人がホームセンターで買ってきたスイッチが間違い(3路スイッチでなければいけないのに片切スイッチを買ってきた)、再度買い直してきたはいいものの、今度は古いスイッチから電線が抜けず、なんとブレーカーを落とさないままペンチで電線を一気に2本切断、切る瞬間にメインのブレーカーが落ちて家中の電気が落ちてしまい、立ち上げていたパソコンが故障してしまった…ということがあったそうです。

電気に対する知識がない人が簡単にできると思い込み作業すると危険です。

スイッチ交換は、有資格者で経験豊富な業者に依頼しましょう。

どこに依頼するにしても、必ず資格の有無と経験の有無を確認しましょう。

電気スイッチの交換は資格のある業者に依頼しよう!

今回は、電気スイッチが故障する原因や、電気スイッチの交換について正しい知識について紹介しました。

電気スイッチは安価に購入できますが、電気スイッチ交換作業は資格が必要な作業です。

見よう見まねで無資格者が作業することは絶対にやめましょう。

コンセント増設・スイッチの修理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

コンセント増設・スイッチの修理ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったコンセント増設・スイッチの修理の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す