【蜘蛛を駆除する方法】蜘蛛が嫌いな香りやホウキで退治しよう!

クモ駆除
更新

蜘蛛の退治は、クモが苦手な香りや、ホウキを使って追い払う等さまざまな簡単があります。クモはハエや、ダニなどを餌として駆除してくれるハンターでもあるので、できるだけ殺さずにしたいものですね。今回は蜘蛛を退治する方法と、予防する方法について紹介します。

【蜘蛛を駆除する方法】蜘蛛が嫌いな香りやホウキで退治しよう!

家で「蜘蛛を見つけてしまった…」蜘蛛はやみくもに殺してはいけないと言うし、どうすればいいのかわからなくて困っていませんか?
虫嫌いの人は退治どころか、パニックになるかもしれませんが、まずは落ち着きましょう。

蜘蛛の退治といっても方法は簡単で、蜘蛛の苦手な香りやホウキで追い払うだけでも十分です。
それだけでは心配な人は、専用のスプレーを使う方法もあります。

そこで今回は、蜘蛛の種類や、蜘蛛を駆除する方法や、蜘蛛を対策する方法について紹介します。

>>プロのクモ駆除業者の一覧

日本国内だけでも1500種類の蜘蛛がいる

日本国内だけでも1500種類の蜘蛛がいる

世界に蜘蛛は約4,000種類、日本国内だけでも約1,500種類の蜘蛛が生息しているといわれています。

皆さんが普段よく見かける種類の蜘蛛は、家の中をピョンピョン飛び回るハエトリグモ、庭や軒先に蜘蛛の巣を張るジョロウグモなどが多いでしょう。
「ハエトリグモ」の体長1cm程度で、家の中をピョンピョン飛び回りながら名前の通りハエに飛びついて捕食します。
「ジョロウグモ」は、黒い体のおなかの部分に黄色や赤のカラフルな模様がはいっています。見た目の毒々しさとは裏腹に、毒性はほとんどありません。

そして忘れていはいけないのが、猛毒を持ち危険なセアカコケグモです。
このセアカゴケグモは、雌(メス)に要注意です。
セアカゴケグモの雌は、文字通り背中に赤い模様があり、一目でセアカゴケグモわかります。

ベンチの裏、自動販売機の下、ブロックやフェンスの隙間、エアコンの室外機の下、排水溝のふたの裏や側面、外に置いてあるサンダルの中等、普段の生活シーンのいたるところに潜んでいる可能性があります。

セアカゴケグモに噛まれると激痛が走り、噛まれた箇所が腫れあがります。
セアカゴケグモの被害による死亡例は、日本では報告されていませんが、非常に厄介な蜘蛛1種です。

家の中に出る3種類の蜘蛛の特徴

家の中に出る3種類の蜘蛛の特徴

蜘蛛には様々な種類が存在しますが、特に家によく徘徊する蜘蛛は主に3種類です。
蜘蛛の特徴を知る事で、パニックにならず対処できますよ。

家の中に出る「アシダカグモ」の特徴

家によく出る大きい蜘蛛として有名なアシダカグモです。
大きくなると体長は、15cm程度まで大きくなります。

蜘蛛といえば蜘蛛の巣を想像しますが、この蜘蛛は巣を作らずにエサとなるハエなどの害虫を探して家中を徘徊します。
エサとなる害虫がいなくなるまで徘徊して、いなくなると家から出ていきます。

アシダカグモは大きな体格のわりには、その性格は臆病で昼間はひっそりを隠れて存在を消しています。
アシダカグモは、夜行性で特にこちらから何もしない限り問題はありません。
人を怖がるので、大きな物音で驚いて逃げていくのが特徴です。

しかし、大きい体格でいきなり出てこられると、こちら側も驚いてしまうのであまり出くわしたくない存在ではありますね。

家の中に出る「ハエトリグモ」の特徴

ハエトリグモは体長も小さく1cm程度の大きさで、動きはかなり素早くジャンプもします。
そのため、なかなか捕まえることが難しい蜘蛛です。

名前の通りハエなどの害虫を餌にしています。
この蜘蛛もアシダカグモと同じく蜘蛛の巣を作らずに、家中を徘徊して害虫を探して捕まえます。

ハエトリグモには色々な種類があり1cmも満たない蜘蛛もいます。
ハエなどの害虫をエサにする蜘蛛から、草などをエサにしている蜘蛛もいます。
いずれにしても、一番よく目にする蜘蛛です。

家の中に出る「イエユウレイグモ」の特徴

イエユウレイグモは、体格は細く長い足で見た目は骸骨のようなひょろい感じです。
エユウレイグモの大きさは、アシダカグモと同じくらいの15cm程度まで大きくなります。

その見た目もそうですが、ひっそりと存在するのでまるで幽霊のような感じがするから、イエユウレイグモとされています。
歩く姿もフラフラと独特の歩き方で、余計に不気味な存在ではあります。
家の隙間や暗い所にひっそりと潜んでいるので、さらに不気味さが倍増してしまう存在の蜘蛛です。

ほとんどの蜘蛛が毒を持っているの!?

ほとんどの蜘蛛が毒を持っているの!?

日本国内に生息しているほとんどの蜘蛛が、毒を持っています。
セアカコケグモやクロゴケグモを除き、ほとんどの蜘蛛は極微弱な毒性しかありません。
見た目がグロテスクなので害虫として駆除の対象になりやすいですが、必ずしも害があるとは限りません。

肉食性でゴキブリや、ユスリカ、蛾などの害虫を食べてくれることを考えると益虫であるといえます。

また、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」という作品にもあるように、お釈迦様の遣いであると考える方もいるようです。

発見したら駆除せずに、見つけたらそっと捕まえて、逃がしてあげるという人もいます。

筆者も昔おばあちゃんから「朝蜘蛛は神様の遣いで殺したらダメ、夜蜘蛛は泥棒の前触れなので殺してもいい」と言われていました。が、筆者は蜘蛛を殺すこと自体に抵抗があり、夜に蜘蛛が現れたら、そっと捕獲し窓を開けて外にリリースしていました。今でもそうです。

マンションに住んでいても蜘蛛退治が必要

マンションに住んでいても蜘蛛退治が必要

蜘蛛は玄関や、窓や、換気扇などから家に侵入します。洗濯物に取り付いたまま入って来ることもあります。
特に暖かくなる時期は窓などをよく開けることもあり、蜘蛛も入りやすいです。
そのうえ、エサとなるハエなどの害虫も同じ時期に活発的に行動するので、蜘蛛が徘徊するのも多くなるというわけです。

新しい家やマンションにも、蜘蛛は存在します。
エサとなる害虫がいれば蜘蛛は何処からともなく侵入して、住み着いて家中を徘徊します。

自分でできる!蜘蛛を退治する3つの方法

自分でできる!蜘蛛を退治する3つの方法

自分で蜘蛛を退治する3つの方法を紹介します。

蜘蛛が苦手な香りを使って蜘蛛を退治する方法

蜘蛛は柑橘系の臭いを嫌います。
この習性を利用して、蜘蛛を発見した時に柑橘系の臭いがするスプレーなどを吹き付けると蜘蛛は逃げていきます。

ミカンやグレープフルーツの皮などを絞った汁から作るスプレーは、薬品とは違い環境にも優しく人体にも影響がないので安心して使用できます。

しかし、作り置きには不向きなためアロマオイルがオススメです。
蜘蛛の退治に効果的なアロマオイルは「レモングラス」と「シダーウッド」です。
アロマストーンに少量垂らして置いたり、スプレーを作って散布するのもいいですね。
小さなお子様やペットがいる場合は、舐めたりしないように注意して使いましょう。

ホウキを使って蜘蛛を追い払って退治する方法

香りだけではなかなか蜘蛛を退治できない場合は、とても初歩的ですが家庭で使用するホウキで誘導するように、蜘蛛を窓などから追い出す方法が1番早いです。

ホウキを使って蜘蛛を追い払って退治する時のコツは、あまりバタバタと掃かずに蜘蛛の行く手を遮りながら追い出したい方向に、自分から行くように導くことです。

虫が苦手でも柄の長いホウキを使えば、自分と蜘蛛との距離をあけられるので何とかなるはずです。

蜘蛛専用のスプレーを使って蜘蛛を退治する方法

ホームセンターやインターネットなどで販売されている蜘蛛専用のスプレーを吹き付けて退治する方法です。

商品によっては卵の退治や特殊な蜘蛛にも効果があるようです。
商品の注意書きをよく読んで、ご使用下さい。

日頃の掃除とアロマで蜘蛛を寄せ付けない対策

日頃の掃除とアロマで蜘蛛を寄せ付けない対策

蜘蛛を退治しても、また何処からか蜘蛛が侵入してきて困りますよね?
そこで、蜘蛛を寄せ付けない対策も必要です。

日頃からこまめに掃除して蜘蛛を予防する

最も効果的と言えるのが、やはりこまめに部屋を掃除することです。
蜘蛛が家の中にいるのは、蜘蛛が好む虫がいるということになります。

アリやダニなどは部屋で食べた食べ物のカスや、ホコリなどを好んで寄ってきます。
その原因となる食べカスや、ホコリを部屋に残さないためにも、部屋を掃除することで蜘蛛も寄りづらくなります。

アロマを日常的に使って蜘蛛を予防する

退治方法でもご紹介したとおり、蜘蛛は柑橘系の臭いを苦手です。
レモングラスやシダーウッドなどのアロマを、アロマストーンに垂らして窓辺などにおくといいですね。

お部屋全体に香りを広げたい場合は、アロマディフューザーもオススメです。
ペットがいる場合は、あまり強い香りは可哀想なので配慮してあげて下さいね。
小さなお子様がいる場合も、誤って口に入れないように注意しましょう。

いつのまにかできる蜘蛛の巣の駆除方法

いつのまにかできる蜘蛛の巣の駆除方法

蜘蛛は獲物がよく取れる場所を好む傾向があり、暖かい場所、水に濡れない場所、風が強くない場所、静かな場所、夜になると屋外の街灯や、玄関灯に虫が集まる為その近辺にもよく巣を張ります。
このように蜘蛛がよく巣を張る場所に、蜘蛛の嫌がる成分由来の忌避剤を塗ったり、置くのが有効です。

蜘蛛は柑橘系の香りや、シダーウッド、バージニアの香り、バジル、レモングラス、ユーカリ、シトロネラ、シナモン、クローブや杉の木やモミの木の香り、コーヒーの香りが苦手といわれています。

一軒家の軒下によく巣を張る傾向があり、軒下に使われる板(軒天といいます)にも、蜘蛛の嫌がる成分が練り込まれた製品が販売されています。
新築工事やリフォームなどを機に、そのような材料に代えるという手もあるかもしれませんね。

また、外部の投光器を水銀灯や蛍光灯、ハロゲン球などからLED照明器具に代える事で蜘蛛が寄り付きにくい環境になります。
LED照明器具は、紫外線がほとんど発生しないので、蛾やその他夜間に照明器具の下に群がる昆虫が来なくなる効果が確認されています。

やみくもに蜘蛛を殺さない方がいい理由

やみくもに蜘蛛を殺さない方がいい理由

蜘蛛は嫌われている存在に感じている人もいるかもしれませんが、実はとっても有難い存在です。
紹介したように蜘蛛はハエや、ダニや、ゴキブリといった他の害虫をエサとして駆除するハンターでもあるからです。
ハエや、ダニや、ゴキブリは気持ち悪いだけではなく、人体に健康被害を及ぼす嫌な虫です。
捕まえて駆除してくれることを考えると、蜘蛛に感謝したくなりますね。

のこような理由から、やみくもに殺さない方がいい蜘蛛ですが、様々な害虫をエサとして駆除していくにつれて、体格も大きくなったり繁殖しすぎるとよくありません。
今回紹介したような方法で駆除、予防して下さい。

業者に蜘蛛の駆除を依頼する時の注意点

業者に蜘蛛の駆除を依頼する時の注意点

蜘蛛を自分で駆除できなくて「プロに頼みたい!」という人が非常に多いです。
害虫駆除専門業者から便利屋まで、最近はいろんな業者が蜘蛛を駆除してくれます。

蜘蛛の駆除相場は10㎡あたり5,000円~10,000円程度です。
ここで気を付けたいのが、法外な価格を提示してくる業者がいることです。

蜘蛛が家の中に現れたり、軒先に大きな巣を張ったりしてしまうと、気持ち悪いのですぐに駆除して欲しいという依頼があると蜘蛛に限らず、害虫駆除の緊急出動という名のもとに、平気で高額な緊急出動割増を要求してくる業者がいます。

筆者がこれまでに聞いたことがある最高金額は、夜10時に蜘蛛の駆除で緊急出動し、所要時間5分でハエグモを1匹捕まえるのに5万円!本当の話です。
蜘蛛駆除の作業自体はごく簡単なものですので、ほとんどが人件費です。
安心できる業者は、妥当な金額で対応してくれます。

プロに依頼する時は、害虫が発生しパニックになりそうな気持を落ち着かせたうえで、緊急出動割増があるのかどうか、どのような作業内容になるのか電話で確認しましょう。

すぐどうにかして欲しい場合は、なかなかその場で3社相見積を取るとまではいかないと思いますが、虫嫌いの方は常に蜘蛛を含めた害虫駆除のプロを探しておくといざというとき慌てずにすみますよ。

自分で蜘蛛を駆除できないと時は業者に依頼しよう

今回は、蜘蛛の種類や、蜘蛛を駆除する方法や、蜘蛛を対策する方法について紹介しました。

蜘蛛は殺さなくても簡単な方法で、駆除できることがわかりました。

どうしても蜘蛛が苦手で駆除ができない人や、あまりに数が多くさすがに自分では対処できないと困っていませんか?
そんな時は、プロの力で蜘蛛を一気に駆除してもらいましょう。
プロの経験を生かして、蜘蛛の生態を知った上で蜘蛛退治してもらえます。

また、丁寧な業者なら蜘蛛を退駆除した後の、蜘蛛を寄せ付けない方法などのアドバイスもしてくれるはずです。

クモの駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

クモ駆除をプロに依頼するなら

クモ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にクモ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事