最終更新日:

【危険】カラスを撃退したいなら特徴を知ろう!カラスの撃退の近道

カラスによるゴミ被害や、人を襲うなどの攻撃に悩んでいませんか?今すぐ自分でできるカラスの撃退方法や、予防方法を知って実行してみましょう。繁殖期である3~7月は特に襲われないように警戒が必要です。今回はカラスの撃退について紹介します。

【危険】カラスを撃退したいなら特徴を知ろう!カラスの撃退の近道

カラスは日本中どこでも見かけますよね?
不気味な見た目とうるさい鳴き声も怖いですが、ゴミをあらしたり農作物を食べてしまうなどの被害は本当に困ります。

もし被害にあっているのなら、なんとかカラスを撃退したいですよね?
カラスの撃退はカラスの事をよく知ることから始まります。
カラスの特徴をよく知り、生態に適した方法で撃退しなければ効果があがりません。

そこで今回は、カラスの特徴や生態、カラスを撃退する方法や、カラスに襲われた時に見を守る対策方法について紹介します。

>>プロのカラス駆除業者の一覧

カラスを撃退する前にカラスの特徴を知ろう

カラスを撃退する前にカラスの特徴を知ろう

カラスを撃退する前に、まずカラスについてよく知る必要があります。
敵のことを知らなければ、有効な手段が見つかりませんよね?
そこで、カラスについて詳しく知りましょう。

  • カラスは非常に賢い
  • カラスの目は非常にいい
  • カラスは強い光が苦手
  • カラスの鼻は効かない
  • カラスは食いしん坊
  • カラスは用心深い
  • カラスは大きな音が苦手
  • カラスの羽は敏感
  • カラスは人に見られるのが嫌い
  • カラスは早起き
  • カラスは年に1回産卵する

カラスは記憶力、学習能力が高く賢い鳥です。
他のカラスと情報を伝達ができるといわれています。

カラスの視力は、人間の約5倍と言われています。
視力がいいかわりに強い光が苦手で、目がいいカラスは特に強い光が苦手です。
カラスは目がいい一方で、臭いには鈍く匂いで食べ物を判断できないといわれています。

意外に小心者なカラスは警戒心が強くとても用心深く、小心者のカラスは異変に気づきやすく大きな音を嫌います。
警戒心が強いせいなのか、カラスは羽が何かにあたるのをとても嫌がります。
また、警戒心の表れの一つなのですが、カラスは人の視線を嫌います。

カラスは早起きで、まだ日が昇りきらない早朝から活動します。
夜中に出したゴミを荒らされるのはこのためです。

カラスの出産は、基本的に年1回3月~7月にかけて繁殖活動します。

カラスの被害はゴミ置き場を荒らすだけじゃない

カラスの被害はゴミ置き場を荒らすだけじゃない

カラスによる被害の代表はゴミを漁って散らかすことですが、カラスによる被害は他にもたくさんあります。
具体的にカラスによるどんな被害があるのか紹介します。

  • カラスは生ゴミを荒らす
  • カラスは家庭菜園や畑の作物を狙う
  • カラスはベランダを荒らす
  • カラスは鳴き声がうるさい
  • カラスの糞害がある
  • カラスは威嚇してきたり攻撃してくる
  • カラスは送電鉄塔や電柱に作った巣によって停電することがある

生ゴミを荒らしている光景は街中でもよく見かける光景ですが、家庭菜園や畑の農作物も食べられてしまうことがあります。
カラスは巣を作るためにベランダに侵入して、巣作りに使える物を盗むこともあります。

カラスは電柱や屋根木の枝などに止まり「カアー、カアー」と大きな声で鳴くためうるさく、カラスは体が大きいため糞の量も多く糞害も馬鹿にできません。
繁殖期のカラスは非常に神経質でカラスが不信に感じれば人に対しても威嚇したり、攻撃する場合もあります。

カラスを脅かして撃退する3つのグッズ

カラスを脅かして撃退する3つのグッズ

カラスは鳥獣保護法により、捕獲は原則禁止されています。
このためカラスを捕獲することはできず、ラスの撃退方法はもっぱら脅かし対策ということになります。
そこでカラスを脅かして撃退する3つのグッズについて紹介します。

マネキンや光るものを吊るしてカラスを撃退する

カラスは警戒心が強いです。
マネキンを設置したり、カラスの風船や模型を吊るしてカラスを近づけないようにします。

カラスを警戒させるには、目玉風船を吊るすのも一つの手です。
目がいいカラスは強い光が苦手なのでCDを吊るしたり、キラキラテープなどを張り巡らせて光を反射させて撃退しましょう。

爆音を鳴らしてカラスを撃退する

爆音機という爆音を発生する装置があり、爆音でカラスを脅かし撃退するものです。
近所に迷惑がかかるため、畑など近隣に迷惑がかからない場所での使用に限られます。

超音波発生装置を使ってカラスを撃退する

超音波発生装置は、カラスが嫌う周波数の音を発生する装置です。
人間には聞こえないため、これなら近隣にも迷惑がかかりません。
超音波発生装置の中には、フラッシュライト付きで強い光も発生するものもあります。

いろんなカラス撃退グッズがありますが、カラスは学習能力が高いためカラスが安全なものだと認識すると、日にひに効果がなくなってしまいます。
定期的に方法を替えた方がいいでしょう。

カラスの被害に合わないように対策する方法

カラスの被害に合わないように対策する方法

賢いカラスは、脅かしても脅かしても慣れてしまうので撃退が難しいです。
このため、カラスの被害にあわないために対策が重要です。

カラスの被害に合わないように防鳥ネットを使う

防鳥ネットでゴミや農作物を覆ってしまえば、カラスも手が出せません。
ネットの目が大きいと突っつかれてしまうので気をつけましょう。

カラスの被害に合わないようにテグスを張る

カラスは自分の羽に何かが触れるのを嫌います。
テグスという細い糸を張り巡らせれば、テグスがカラスの羽に触れてカラスが侵入できなくなるという訳です。

これらのように物理的にカラスが侵入できない、または近づくことでカラスの体が傷つく恐れがあるとカラスに認識させる対策が有効です。

また、カラスがゴミを荒らさないようにゴミの収集日を守り、夜中にゴミを出さないなど常識的なことも重要です。

カラスが襲ってくる時は前兆がある

カラスが襲ってくる時は前兆がある

カラスは警戒心が強く、とても用心深い鳥です。
何もしなければ襲ってくることはありませんが、カラスが身の危険を感じたり、巣が狙われていると判断すれば攻撃してくる可能性があります。
特にカラスの繁殖期の3~7月は、神経質になっているので注意が必要です。

カラスが襲ってきそうな時のカラス行動と、万が一に備えてカラスに襲われた時の対策を紹介します。

カラスが襲ってくる前兆は濁った声で鳴き物を落とす

カラスは巣を見ている人間を不審者として見張ります。
「ガーッ、ガーッ、ガーッ」と濁った声で鳴きながら、辺りのものをつっついたり、木の枝や木の葉などを落としてきます。

カラスが巣に危険が迫っていると判断すると、ピッチの早い鳴き声で鳴きながら頭上を旋回します。
カラスがこれらのような威嚇行動をとっていたら、攻撃してくる可能性があるので注意しましょう。

カラスのが威嚇行動していたらすぐに離れる

カラスが威嚇行動していたら、すぐにその場を離れるのが最大の対策です。
もしもに備えて傘を用意しておけば、カラスが襲ってきたら傘を広げて身を守れます。
普段から帽子などで頭を守るのも有効な予防策です。

自分でカラスを撃退できないなら業者に依頼

今回は、カラスの特徴や生態、カラスを撃退する方法や、カラスに襲われた時に見を守る対策方法について紹介しました。

鳥獣保護法に守られ、しかも賢いカラスを撃退するのは大変です。
被害を受けないように対策すれば、被害にあうリスクからは回避されるでしょう。

どうしても「カラスを撃退したい!」と考える人は、専門業者の手を借りるのが手っ取り早いですよ。
知識、経験が豊富な業者に任せれば、安全にカラスを撃退できます。

カラス駆除の業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

カラス駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったカラス駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す