屋上の防水工事はいくらかかる?屋上の防水工事の施工方法と業者の選び方

屋上の防水工事は、10年に1回は行う必要があります。効果が切れてしまうと、雨漏れする可能性が高くなくなるためです。工事の種類や特徴、費用相場を理解し、失敗しない業者選びが大切です。今回は、屋上の防水工事とソーラーパネルの取り付けについてもご紹介します。

屋上・ベランダ防水工事
更新
屋上の防水工事はいくらかかる?屋上の防水工事の施工方法と業者の選び方

屋上には「防水工事」が必要なのを知っていますか?

知っていてもどこの業者に、どのような工法で依頼すればいいのかも悩むところですよね?

防水工事は屋上利用の方法や、建物の構造によって最適な施工方法があります。

業者に依頼するなら、しっかりと対応してくれる業者を選びたいですよね?

そこで今回は、屋上の防水工事の必要性や、屋上防水の種類や費用相場についてご紹介します。

>>プロの屋上・ベランダ防水工事業者の一覧

【屋上の防水】10年に1回は必ず屋上の防水工事が必要です!

【屋上の防水】10年に1回は必ず屋上の防水工事が必要です!

建物の屋根形状が真っ平らで、瓦やスレート、板金などを葺いていない屋根形状のことを「陸屋根(りくやね・ろくやね)」といいます。

鉄筋コンクリート造や鉄骨造、集合住宅やビルなどでは一般的な屋根形状です。

陸屋根の場合、屋上防水として「アスファルト防水」「シート防水」「ウレタン防水」「FRP防水」などの防水工事を施すことが一般的です。

新築時にどれだけコストをかけられるか、建物の屋上をどのように使うかで選択する工法は異なります。

屋上庭園を造り、星降る夜には屋上でバーベキューを楽しむような場合と、何も屋上を利用しない場合では、最適な屋上防水の工法が全然違います。

工法により多少寿命は異なりますが、いずれの工法を選択しても、最低でも10年に1回は防水が切れていないか点検が必要です。

この点検を怠ると、後で建物自体がとんでもないことになりかねませんので、必ず点検は実施しましょう。

陸屋根構造の建物の所有者は、この修繕費用を積み立てておく必要があります。

【屋上の防水】屋上防水の効果が切れるとどうなるの?

【屋上の防水】屋上防水の効果が切れるとどうなるの?

万が一、防水が切れてしまうと建物はどうなるのでしょうか?

まず、最上階の天井から雨漏れする可能性が高くなります

これはわかりやすい現象ですが、防水切れに気づきにくい現象が一番恐ろしい事態を引き起こします。

【屋上の防水効果】鉄筋コンクリート造の場合

防水が切れたところ雨水が侵入し、R階のコンクリートスラブ(屋上の床のこと)からコンクリート躯体に染み込んでいきます。

その後、長い年月をかけコンクリートの中にある鉄筋にまで到達して、鉄筋を腐食させてしまいます。

鉄筋が錆びて腐食してしまうと、当然ながら建物の強度は大きく下がり、大きな地震などで倒壊するリスクが大きくなります。

【屋上の防水効果】鉄骨造の場合

同じく進入した雨水が鉄骨の梁・柱を腐食させます。

特に、柱や梁の接合部が腐食してしまうと、完全にアウトです。

防水が切れてしまった場合、目視でわかりやすい箇所はおもに次の2点です。

  • 屋上の端に壁が少し立ちあがっている部分(パラペット)の表面に亀裂が入っている
  • 屋上床に防水層の継ぎ目(目地)に挟まっているゴムが浮き上がっている、あるいは日焼けして劣化する

上記のような状態になってしまったら、間違いなく雨水が躯体にしみています。

早急に手を打たなければなりません。

【屋上の防水】屋上の防水工事の種類と費用相場を知ろう!

【屋上の防水】屋上の防水工事の種類と費用相場を知ろう!

屋上の防水工事は、大きく分けて「シート防水」「ウレタン防水」「FRP防水」という3つの工法が使われます。

それぞれの防水工事の特徴や、費用相場について紹介します。

【屋上の防水】シート防水の特徴を知ろう!

塩化ビニル樹脂や、ゴム系の材料を機械的工程工法で下地に貼り付けます。

施工が容易で期間が短くすみ、3種類の中では1番コストが抑えられます。

ただ、シート状の防水材を平面的に張り付けていくことを前提としているので、複雑な箇所への施工が難しいのが短所です。

平米単価は8,000円程度が相場のようです。

【屋上の防水】ウレタン防水の特徴を知ろう!

現在、国内で行われている防水工事の半数近くを占めている工法です。

コスト的には、シート防水とFRP防水の中間位です。

液体なので施工する場所が平坦でなくても塗装が可能です。

しかし、比較的簡単な工法であるがゆえに、施工精度の差が出やすい工法です。

平米あたりの単価は、7,500円程度が相場です。

【屋上の防水】FRP防水の特徴を知ろう!

近年施工事例を大幅に伸ばしている工法で、強度・耐久性に優れた「ガラス繊維強化プラスチック(FRP)」を活用し、耐水・耐蝕・耐候性に優れたFRP被覆防水層を形成する工法です。

コストはシート防水、ウレタン防水よりも割高ですが、屋上のハードな使用にも耐えうる工法です。

平米単価は、9,000円程度が相場です。

【屋上の防水】その他の特徴を知ろう!

かつてはアスファルト防水工事(別名:瀝青工事)が、よく用いられました。

しかし、屋上でガストーチでアスファルトを炙りながら広げなければならず、施工の専門性が高く、施工が面倒であるという理由から、最近はあまり採用されなくなっています。

ちなみに、平米単価は8,000円が相場です。

【屋上工事の知識】太陽光発電システムを付ける時の注意点

【屋上工事の知識】太陽光発電システムを付ける時の注意点

最近は、ビルやマンションの屋上に太陽光発電システムのソーラーパネルを載せる方が大変多くなっています。

ソーラーパネルだけでなく、パネルを屋上に固定する方法も種類が増えました。

ここで気を付けたいのが、工事価格の安さだけに気を取られないことはもちろん、屋上にソーラーパネルを載せること自体を慎重に検討することです。

【屋上工事の知識】建物の強度は大丈夫か確認する!

重要なのが、建物自体の強度です。

屋上に常時ソーラーパネルを載せても構造的に持つかどうか、検討しなければなりません。

設計強度を超える重さのソーラーパネルを載せてしまうことにより、屋上自体がたわんでしまい、防水層に亀裂が入る被害が後を絶ちません。

【屋上工事の知識】ソーラーパネルの取り付け方法

ソーラーパネルを載せることにより、防水が切れないかどうか、取付方法をきちんと理解しなければなりません

強風でソーラーパネルが飛ばないよう、屋上の床(スラブ)にアンカーボルトで固定する方法が主流ですが、このアンカーボルトを施工するとき、必ずスラブに穴をあけることになるので、その部分は防水が切れることになります。

そこで、アンカーボルト固定時又は固定後に、きちんとその部分の防水補強する必要があります。

より万全を期すのであれば、アンカー工事後に屋上全体の防水工事することが望ましいです。

太陽光発電業界には、残念ながら建物とくに防水工事の知識が浅い業者さんが少なからず存在します。

アンカーの穴あけを失敗し、その穴を補修せずに放置してしまう方もいるくらいです。

太陽光発電システムの施工は業者さん任せにせず、きちんと依頼主も工法を理解して、工事終了まできちんと自分の目で確認する必要があるといえます。

【屋上の防水】後悔しないために工事業者選びのポイント

【屋上の防水】後悔しないために工事業者選びのポイント

屋上防水工事は、元々専門性が高く、ごく限られた業者しか対応していませんでした。

しかし、材料の進歩により施工が簡単になり、専門業者さんでなくても施工できるようになり、最近では、ちょっと器用な便利屋さんなんかが防水工事をしていたりします。

とはいえ、防水工事は単に平らな面にシートを張り付けたり、防水材をローラーで塗るだけの単純なものではありません。
ペンキ塗りとはわけが違います。

金額も大変高価な工事になりますので、業者選びはしっかりしましょう。

意識しておきたいポイントは下記の3点です。

  • 防水工事の知見、事例が豊富であるか?
  • ちゃんとした説明をしてくれるか?
  • 現地調査を必ず実施してくれるか?

ここを押さえたうえで、最低でも3社以上の相見積を取りましょう。

筆者の知り合いでも、つい3ヶ月前に6階建てマンションの防水工事をした友人がいます。

やはり5社相見積を取り、最終的には防水工事専門業者に依頼したそうですが、実際に現地を見に来たのは2社だけだったそうです。

便利屋や、リフォーム屋の方が価格は安かったらしいですが、現地調査なしで金額を出してきて、なおかつ防水工事後の保証がないということで断ったそうです。

信頼できる業者選びには少し手間がかかりますが、後悔しないためにも業者比較は重要ですね。

屋上の防水工事はメンテナンスが大切です!

今回は、屋上の防水工事の必要性や、屋上防水の種類や費用相場についてご紹介しました。

屋上防水工事は、最低でも10年に1度は点検をして、躯体に影響が出ないうちに対策しましょう。

建物の寿命に重大な影響を及ぼすため、業者さん選びはより慎重に行う必要があります。

施工実績が豊富で、依頼主の質問に的確に答えてくれる業者を選んで下さいね。

今回の記事が、少しでも皆様のお役に立てば幸いです。

まとめ

  1. 屋上の防水工事は10年に1度は行う必要がある
  2. 屋上の防水効果が切れると雨漏りの原因となり、建物自体を傷めることになる
  3. 屋上の防水工事には種類がある。屋上の用途に応じて選択しよう
  4. ソーラーパネルを付ける時は、建物の強度とソーラーパネルの取り付け方に注意が必要です
  5. 屋上の防水工事は、3社以上見積もりを取り、信頼できる業者に依頼しよう

屋上・ベランダ防水工事業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

屋上・ベランダ防水工事をプロに依頼するなら

屋上・ベランダ防水工事を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に屋上・ベランダ防水工事の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
16 投票, 平均点: 4.39

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください