最終更新日:

【害獣】アライグマの駆除は素人では無理!?アライグマの駆除は業者に依頼

アライグマは特徴をよく知り、しっかり管理できる人でなければペットとして飼い切れない動物です。その結果、外に逃がす人が多く人や家などに様々な被害がでています。駆除は法律上、素人ではできません。今回はアライグマの特徴、被害、予防、駆除についてまとめました。

【害獣】アライグマの駆除は素人では無理!?アライグマの駆除は業者に依頼

皆さんは「アライグマ」という動物を知っていますか?
一時期アライグマをペットとして飼うのがブームにもなりましたが、飼いきれずに外に逃がしてしまう人もいました。
それによって、アライグマは大繁殖しています。

アライグマは、可愛いだけではなく、人間に害を及ぼす事がある動物です。
そんな動物を放置しておくわけにもいきませんよね?

そこで今回は、アライグマの特徴や、アライグマの駆除や予防する方法について紹介します。

>>プロのハクビシン・アライグマ・イタチ駆除業者の一覧

アライグマの特長を知ってペットとして迎えよう

アライグマの特長を知ってペットとして迎えよう

アライグマがどのような動物なのか知らないまま、可愛いと思いペットとして飼う人もいます。
もちろん飼うのは禁止されてはいませんが、アライグマの事を知ってから飼わなくては後々困る事になります。
もし野放にしてしまうと、人間に被害を及ぼすので危険です。

アライグマの特長

  • アライグマの胴体は40~60cm程度
  • アライグマの体重は4~10kg
  • アライグマはしっぽに黒い模様がある
  • アライグマは目の周りが黒い
  • アライグマは足やひげ、耳の縁が白い
  • アライグマは前足も後足も5本指です
  • アライグマは主にアメリカやカナダに生息している
  • アライグマは灰色だけでなく、黒色もいます

元々アライグマは日本に生息しておらず、ペットとして輸入されたのが始まりです。

アライグマの生態

  • アライグマは雑食でなんでも食べる
  • アライグマは夜行性です
  • アライグマ全国どこでも生息しています
  • アライグマ繁殖力が高いです
  • アライグマ器用です

アライグマの見た目は草食動物のように見えますが、雑食にため何でも食べます。
木の実や果物は当たり前のことですが、魚、鳥、昆虫までもを食べます。

アライグマは日本全国に生息しており、家の屋根裏などに住み着いている事があるので注意しましょう。
アライグマの繁殖量は物凄く、1年に1回春に出産します。
アライグマは1回の出産で、3~5頭程度産まれます。
日本にはアライグマの敵が少ないので、日本での繁殖力はものすごい強いです。

アライグマは人間にも被害を及ぼす

アライグマは人間にも被害を及ぼす

ペットとして輸入されたアライグマが、今では害獣と呼ばれています。
害獣と呼ばれるくらいなので、人間にはどのような害を及ぼしているのか紹介します。

狂犬病にかかってもアライグマは長く生き延びる

狂犬病にかかると普通の動物であればすぐに死んでしまいますが、アライグマは長く生き延びるという特徴があります。

アライグマの腸内には回虫が潜んでいる

アライグマの腸内には、回虫が潜んでいます。
回虫は人間の体内に入ると、脳神経障害を起こすことがあります。

アライグマが近くにいる場合は、こまめな手洗いうがいが必要です。

アライグマにはマダニがついている

アライグマにはマダニが付いている場合があります。
マダニは致死率の高い感染症を引き起こす事もあります。

有効なワクチンや、治療法がないのでとても怖い病気です。
国内でもマダニによる被害は、確認されているので注意が必要です。

アライグマのフンは悪臭

アライグマが家の中に住み着きフンすると悪臭が漂ったり、フンにカビが生えたり、天井が腐ってしまう事があります。

アライグマが家に住み着くと傷だらけになる

アライグマが屋根裏などに巣を作る時は家の断熱材を使うことがあり、家の中が傷だらけになる事もあります。

また、巣で子どもを産む事もあるので注意が必要です。

アライグマはペットへの被害があるかもしれない

ペットを飼っているというお宅は、ペットが食べられるという被害も報告されています。
ペットが食べられると、とても悲しい事です。
そうならないためには、アライグマの侵入を防ぐしか方法はありません。

アライグマを寄せ付けない予防対策

アライグマを寄せ付けない予防対策

アライグマを寄せ付けないためにも予防対策が必要です。

  • すでに家に野生のアライグマがいるなら家からアライグマを追い出す
  • アライグマが侵入しないように出入口をふさぐ
  • 野生のアライグマに餌を与えない

アライグマを家から追い出すというのは、簡単に言えば駆除です。
素人ができるアライグマを追い出す方法は、大きな音を出す、嗅覚の薬品をまく事です。

また、建物に入り込まれている場合は、侵入口を探して塞ぎます。
アライグマは屋根裏換気扇、通風口の隙間、屋根材の破損部分や隙間、破損している外壁、床下などから侵入します。
どこから侵入しているか確認できたら修理するか、塞ぎましょう。

野生のアライグマを見つけた時は、餌は与えないようにしましょう。
餌を与えると味をしめて、家の中に住み着いてしまいます。

アライグマの餌になるようなものは密閉性の高い袋に入れたり、アライグマにあさらないように予防対策しましょう。

アライグマを発見てもやってはいけない事

アライグマを発見てもやってはいけない事

アライグマを見つけたら、素人が手を出してはいけません。

アライグマを見つけてもしてはいけない3つのことを紹介します。

  • アライグマを見つけても勝手に捕まえない
  • アライグマのフンを素手で触らない
  • アライグマを見つけても興味本位で近づかない

この3つのことを、絶対守りましょう。

アライグマを自分で捕まえると、法的に罰則がかせられます。
法律によって、特定外来生物は法律にそって駆除する必要があると定められています。
アライグマを発見したら、まずは業者に依頼しましょう。

アライグマのフンなどに触ると、そこから感染してしまう場合があります。
アライグマが近くに事が分かれば、手洗いうがいしましょう。

アライグマは人を襲ってくる事もあり、興味本位で近づくというのはやめましょう。

業者がアライグマを駆除する流れ

業者がアライグマを駆除する流れ

アライグマを寄せ付けない方法について紹介しましたが、駆除は業者に依頼することをオススメします。
業者に依頼すると、どような方法で駆除してくれるのか参考例を紹介します。

  • アライグマが家の中にいるか現地調査する
  • アライグマがいた場合は捕獲や追い出しする
  • アライグマの捕獲や追い出しが終了すれば、侵入経路を封鎖する
  • アライグマがいた場所の消毒や防腐書処理する

このような手順でアライグマ駆除してくれます。

アライグマがいるか?いないか?現地調査して確認して、アライグマがいた場合は捕獲や追い出しをします。
捕獲や追い出しが成功すればアライグマがまた住み着かないように、侵入したであろう経路を塞ぎます。

最後にアライグマがいた場所を消毒や防腐処理します。
このような駆除は、素人ではできませんので業者に依頼しましょう。

アライグマを発見したら業者に駆除依頼

今回は、アライグマの特徴や、アライグマの駆除や予防する方法について紹介しました。

アライグマは可愛いだけでなく、人間に被害がある危険な動物です。
もしアライグマを見つけたら、早急な対応が必要です。

自分でアライグマ対策したがきなかった場合は、業者に依頼しましょう。

ハクビシン・アライグマ・イタチ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ハクビシン・アライグマ・イタチ駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったハクビシン・アライグマ・イタチ駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

関連記事

記事を探す