浴室換気扇の交換は自分で取り付けられる!?交換費用はどれくらい?

浴室換気扇の交換は自分で取り付けられる!?交換費用はどれくらい?

2019/05/12更新:浴室換気扇の寿命は、平均で8~10年程度と言われています。それ以外でも、交換が必要な7つの症状があります。浴室換気扇の交換は、自分でするよりも業者に依頼するのがおすすめ!今回は、浴室換気扇の交換について種類や注意点、交換費用などを詳しく紹介します!

浴室はお湯や、水を主に使う場所なので、どうしても湿気がこもりやすく、臭くなりやすい場所ですよね?

浴室は湿気がこもりやすいので、カビが生えることもあります。

カビが生えないように浴室の掃除が必要ですが、掃除する時間がないという人も、入浴後は浴室換気扇をつけると思います。

しかし、浴室換気扇を使っていれば、浴室換気扇も汚れます。
汚れがたまり、効きが悪くなることもあります。

もし、浴室換気扇が故障していたら、浴室換気扇を交換し、新しい換気扇を取り付ける必要があります。

新しく浴室換気扇の交換、取り付けは、どうすればいいのでしょうか?

浴室の換気扇は、種類によって取付方法が違うんです。
浴室の換気扇の種類を確認し、正しい換気扇の取付方法を知っておきましょう。

浴室換気扇を交換するのは、素人でもできるのでしょうか?

  • モップ
    モップ

    今回は、浴室換気扇の交換、取り付けを自分でやりたいけど、やり方がわからない…。と困っている人の助けになりたいと思っています!

今回は、浴室換気扇を交換する方法と、取り付け方法について紹介します。

>>プロのお風呂(浴室)換気扇取り付け・交換業者一覧

浴室換気扇の役割

浴室換気扇の役割
  • こまるちゃん
    こまる

    昨日、お風呂を上がったら、換気扇がつかなくって困ったよ…。(泣)


  • モップ

    それは、大変だね~!

浴室換気扇が故障しても、浴室を使用するには特に問題ないと思っていませんか?

それは間違いなんです。
浴室換気扇の役割は、浴室内にたまった湿気を外部へ排出するためです。

浴室内に溜まった湿気をそのまま放置しておくと、湿気は天井や壁に水滴となって付着します。
やがて天井や壁に付着した水滴は、カビの原因となる菌に変化します。

湿気が充満し、カビの繁殖を助けることになります。
そうなると浴室内の天井や壁にカビが充満し、浴室は汚れてしまうだけでなく、浴室に入る人の人体にも悪影響となります。

そうならないためにも、換気扇が故障したり、故障する前に速やかに換気扇を交換する必要があります。

浴室換気扇を交換する時期

浴室換気扇を交換する時期
  • こまるちゃん
    こまる

    浴室換気扇を交換する判断を教えてくれない~??


  • モップ

    もちろんいいよ~♬

浴室換気扇を交換すると言っても、いつ交換すればいいのか判断に困りますよね?

浴室換気扇は皆さんが思っているほど、頻繁に交換するものではありません。

平均的に8~10年程度だとわれています。
「あれ?意外に長いじゃん!」まだ私のところは、交換しなくても大丈夫と思っていませんか?

浴室換気扇の交換時期は、8~10年程度とされていますが、それ以外でも交換しなくてはならない時があるんです。
交換が必要な7つのポイントを紹介します。

  • 変な音がする
  • 臭いニオイがする
  • 回転音が大きな音がする
  • 電源を入れても稼働しない
  • 換気が弱い
  • 振動が大きい
  • ファンは回っているが換気できていない

もちろん浴室換気扇が壊れたから、このようなことが起こるというわけではないこともあります。

浴室換気扇のメンテナンスをしていない場合は、このような症状が起こることもあります。
プロに依頼し、浴室換気扇を見てもらったり、浴室換気扇のクリーニングをしてもらうのが一番いいでしょう。

浴室換気扇の種類

浴室換気扇の種類
  • こまるちゃん
    こまる

    浴室換気扇の種類があるって本当なの~??


  • モップ

    本当だよ~2種類あるから紹介するね~♪

浴室換気扇には種類があり、種類によって自分で取り付けられる場合と、取り付けられないものがあります。

今付いている浴室換気扇はどの種類で、新しく取り付けたい浴室換気扇がどの種類か確認しましょう。
浴室換気扇の2種類を紹介します。

1.シロッコファン

シロッコファンは、別名ダクト排出式とも呼ばれています。
ダクトから湿気や空気を排出する浴室換気扇のことをいいます。

このシロッコファンは外からの風の影響を受けにくく、一定の風量を保って換気できます。
よく、集合住宅やユニットバスで使用されています。

2.プロペラファン

プロペラファンはその名の通り、扇風機の羽のような形をしていて、それらを回転させることによって換気する仕組みになっています。

シロッコファンと違い、外に取り付けることになるので強い風量で換気できますが、屋外の風の抵抗に弱くなっています。

これは高層住宅などではなく、戸建てに使われる場合が多いです。

このようにファンの種類があります。ファンの種類によって、交換方法が違ってきます。
自分の家はどのタイプなのか?をこの機会に確認しましょう。

交換する時の注意点

交換する時の注意点
  • こまるちゃん
    こまる

    浴室換気扇を自分で交換したいんだけど、注意することはあるかな~??


  • モップ

    もちろん!
    浴室換気扇え交換、取り付けする前の注意点を紹介するよ~♫

浴室換気扇を交換する時に注意することを2つ紹介します。

1.免許が必要

浴室換気扇を交換する時は、専門的な作業が必要になります。

また場合によっては配線を変えたり、アース工事という取り付け工事が必要な場合は、素人が安易に交換したり、修理したりできません。
必ず、電気工事士という免許が必要です。

コンセントに繋げるタイプの換気扇は、資格が無くても交換ができます。

しかし、換気扇に電気配線を直接繋げるタイプは、電気工事士という資格がないと取付できません。
無資格で取付をした場合、罰則が課せられます。

換気扇1つで、間違いを犯さないように注意しましょう。

浴室換気扇を交換する時は、基本的にプロに依頼することをオススメします。

2.工事が高額になるかもしれない

浴室換気扇を交換するだけの工事で、高額になる事はありませんが、配線をいじったり、電気などの修理が必要だったりすると、費用が高めになってしまいます。

浴室換気扇の取り付け方法

浴室換気扇の取り付け方法

コンセントに繋げるタイプでも、天井タイプと壁付けタイプがあります。
2つの換気扇の取付方法を紹介します。

用意するもの
  • 新しい浴室換気扇
  • アルミテープ
  • ライト(懐中電灯)
  • ドライバー
  • 手袋

1.天井換気扇タイプの取付方法

手順1. 電源を切る

天井内に埋め込んでいる換気扇がほとんどです。換気扇の交換前に電源のスイッチが切る。

手順2. 金具を外す

換気扇のカバーを外し、換気扇をとめているビスなどの固定金具を外す。換気扇を引っ張り出す。

換気扇が天井からでてきると換気扇と繋がっているコンセントと、ダクトという筒状のホースを外し、古い換気扇の取り外しが完了です。

手順3. 換気扇を取り付ける

換気扇の取付は、取り外す時と逆で、ダクトとコンセントを換気扇に繋げます。
繋げ終わると換気扇を交換前と同じように、天井にはめ込みビスなどの固定金具で換気扇を固定して最後にカバーを取付ければ完了。

2.壁付け換気扇タイプの取付方法

手順1. 電源を切る

換気扇の交換前に電源のスイッチが切る。

手順2. 換気扇を外す

天井タイプと同じく、換気扇カバーを外すとビスなどの固定金具がでてくる。固定金具を外すと換気扇が外る。コンセントを外せば換気扇の取り外しが完了しました。

手順3. 換気扇を取り付ける

換気扇の取付は、取り外す時と逆で、ダクトとコンセントを換気扇に繋げます。
繋げ終わると換気扇を交換前と同じように、天井にはめ込みビスなどの固定金具で換気扇を固定して最後にカバーを取付ければ完了。

プロに依頼する相場の料金

プロに依頼する相場の料金
  • こまるちゃん
    こまる

    浴室換気扇を業者に、依頼するとなるとどれくらいの費用が必要なのかな~??


  • モップ

    それは、気になるよね~!

プロに依頼した場合は、どのくらいの費用がかかるのか気になりますよね?
できれば、「安くおえたい!」というのがみなさんの本心ですよね?

プロに依頼した場合の料金を知っておくことで、ある程度お金の準備もできますよね。

では、プロに依頼した場合の相場の料金を紹介します。

浴室換気扇の取付費用は、平均的に30,000円~350,000円程度です。

差がありすぎじゃない!?と思うかもしれませんが、どこからどこまで工事してもらうか?によってかかる費用が違います。

浴室換気扇の交換だけであれば、30,000円程度ですみますが、交換だけでなく、新しく浴室換気扇を新設するという場合や、配線などを工事が必要な場合は、350,000円程度必要になります。

実際に見に来てもらい、見積もりを作ってもらいましょう。
見積もりを作ってもらえば、それ以上の価格はかからないので、必ず作ってもらったほうがいいでしょう。

まとめ

今回は、浴室換気扇を交換する方法と、取り付け方法について紹介しました。

  • 浴室換気扇の役割
  • 浴室換気扇を交換する時期
  • 浴室換気扇の種類
  • 交換する時の注意点
  • 浴室換気扇の取り付け方法
  • プロに依頼する相場の料金
  • まとめ

浴室換気扇の交換8~10年程度で交換になりますが、浴室換気扇が壊れてしまったという場合は、8~10年経過していなくても交換が必要です。

交換する時は、基本的にプロに依頼することをオススメします。

浴室換気扇の交換は簡単ですが、配線工事や取り付け工事ともなると、電気工事士の免許が必要になります。

素人がやるととても危険です。見積もりを取ってもい、プロに依頼するようにしましょう。

また、素人でも浴室換気扇を交換する方法について紹介していますが、あくまで参考程度にしてくださいね。

浴室換気扇取り付け業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

浴室換気扇取り付け・交換をプロに依頼するなら

浴室換気扇取り付け・交換を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に浴室換気扇取り付け・交換の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインを活用すれば、料金やクチコミなど、サービス選びに必要な情報がすぐに確認できます

「◯◯円~」などの不明瞭な料金表示はなく、追加料金や手数料などもありません。会員登録なしで詳細が見られるので、スタッフ写真や口コミも事前に確認できます。

予約前に聞きたいことがある場合も安心。予約ページ内の「予約の前に出店者に質問する」から担当者に直接質問することができます。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ スタッフ写真や口コミが確認できる
  • ◎ 24時間365日オンライン予約可能
  • ◎ 営業電話なし
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください
この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
2 投票, 平均点: 2.00

\ SNSでシェア /