【瓦屋根の種類】瓦屋根のメリットとデメリットを知り快適な住まいづくり

屋根塗装
更新

瓦屋根の家に住みたいけど「どの瓦がいいのかわからない…」という人が多いと思います。種類、耐久性、価格に大きな違いがあります。そこで今回は、瓦屋根の種類や、メリットやデメリットについて紹介します。快適な住まいづくりにお役に立てれば幸いです。

【瓦屋根の種類】瓦屋根のメリットとデメリットを知り快適な住まいづくり

瓦屋根の家に住みたいけど「どの瓦がいいのかわからない…」という人が多いと思います。

瓦屋根には種類があり、それぞれ特徴、耐久性、価格に大きな違いがあります。

そこで今回は、瓦屋根の種類や、瓦屋根のメリットやデメリットについて紹介します。
快適な住まいづくりにお役に立てれば幸いです。

>>プロの屋根塗装業者の一覧

瓦屋根は大きく分けて2種類あります

瓦屋根は大きく分けて2種類あります

建物の屋根材として瓦は昔から広く使われており、現在でも個人住宅から公共の施設に至るまで幅広いジャンルの建物に使われています。

瓦屋根と一言で言っても種類があり、代表的な屋根瓦と特徴について紹介します。

粘土瓦の特徴

日本家屋の瓦屋根といえばこれと言う程、粘土瓦は最もポピュラーな瓦と言ってもいいでしょう。
屋根瓦は、粘土質の土を成形して高温で焼きます。

粘土瓦にも種類があり「釉薬瓦(ゆうやくがわら)」「無釉薬瓦(むゆうやくがわら)」の2種類に分かれます。

釉薬瓦(陶器瓦)は、粘土で成形後、ガラス質の釉薬(うわぐすり/ゆうやく)を塗布して焼き入れした瓦のことで、色やツヤに変化をつけられます。
耐水性に優れており、色あせもしにくい釉薬瓦は瓦自体の耐用年数は半永久ともいわれています。

無釉薬瓦(無釉瓦)は、釉薬(うわぐすり/ゆうやく)を塗らずに焼き入れした瓦のことです。
古くから残る城や寺社でも多く見られるため、耐久力が高いことがわかります。

いぶし瓦、素焼き瓦、錬込瓦、窯変瓦といった種類があり、多く採用されているのはいぶし瓦と素焼き瓦です。

「いぶし瓦」は焼き入れした後に釜の中でいぶすことによって、表面に炭素膜を作り味のある黒~銀の色味になるのが特徴的です。

「素焼き瓦」は粘土を焼いた時の色がそのまま活かされるので、自然な風合いを堪能できます。
酸化炎焼成による赤色のため「赤瓦」と呼ばれることもあります。
洋風建築で人気のスペイン瓦やテラコッタ瓦、沖縄県でよく見かける琉球瓦も素焼き瓦の一種です。

セメント瓦、コンクリート(モニエル)瓦の特徴

セメント瓦、コンクリート瓦は、「セメント、水、砂」を主原料としています。
一般的には塗装で色付けをしますが、セメントに顔料を混ぜて最初から色をつけているタイプの商品もあります。

粘土瓦は瓦の角が丸くなめらかですが、セメント瓦やコンクリート瓦の場合は角がギザギザの形をしています。

色やデザインが豊富であり、粘土瓦よりも寸法の狂いが少ないため施工が容易ですが、粘土瓦より耐久性が低く重量もあるため最近はあまり使われなくなりました。

瓦屋根にするメリットは耐久性と遮熱効果

瓦屋根にするメリットは耐久性と遮熱効果

瓦屋根を葺く建物は北海道や寒冷地を除く日本全国で非常に多いですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

瓦屋根にするメリットは高い耐久性

瓦屋根最大の特徴は高い耐久性があり、板金屋根やスレート屋根と比較しても耐久性が自慢です。

築年数が50年以上経った住宅を見ても、昔のトタン屋根は錆びたり腐食しますが、瓦屋根の住宅は外壁はボロボロでも瓦だけはいいコンディションを保っています。
特に粘土瓦の釉薬瓦は耐久性が高く、大きな飛来物で割れない限りは半永久に保ちます。

瓦屋根にするメリットは遮熱効果の高さ

瓦屋根は遮熱効果が高い屋根材で、厚みのある瓦自体が熱を吸収して室内や天井裏に熱が直接伝わるのを防いでくれます。

瓦屋根にするメリットはデザイン性の高さ

瓦屋根を使った建物は、数寄屋造りの和風邸宅、南欧風のオシャレな住宅、カフェ、荘厳な由緒ある寺院、沖縄県によくみられる青い空によく映える赤瓦など、板金屋根やスレート屋根にはない美しさを表現できる屋根材です。

瓦屋根にするデメリットは災害時の危険性

瓦屋根にするデメリットは災害時の危険性

メリットが多い瓦屋根ですが、デメリットもあります。

瓦屋根にするデメリットは屋根重量が重くなる

瓦屋根最大のデメリットは、板金屋根やスレート屋根より屋根材自体の厚みがあるためどうしても重量が重くなります。

また、瓦屋根を葺く下地に使われている土(土葺き)や、瓦を引っ掛ける瓦桟という木材が必要になるため重量も加算されます。

瓦屋根にするデメリットは災害時の危険性

大震災や台風などで、屋根瓦が落下したり飛んでしまう危険性があります。

最近の屋根瓦はねじ止めしたり棟瓦をワイヤー固定していますが、そうでない瓦は強風で飛んでしまったり、大きな地震で脱落してしまう危険性があります。

瓦屋根にするデメリットは施工費が高い

瓦屋根は板金屋根やスレート屋根と比較すると割高になります。
屋根材自体の単価が高く、施工する職人の専門性が高いため施工単価が高めになりま。

東北のとある工務店に聞いた話ですが、地方の集落では新築工事で家の屋根が瓦屋根ではなくスレートや板金屋根だったりすると「ああ、あの家は予算がなかったんだね」という人が未だにいるそうです。

なぜ屋根材を瓦にしたいのか?理由を考えよう

今回は、瓦屋根の種類や、瓦屋根のメリットやデメリットについて紹介しました。

瓦屋根は高い耐久性、デザイン性、高い遮熱性がメリットです。
しかし、他の屋根材より施工費が高く、重量があるため建物への負担が気になります。

なぜ屋根材を瓦にしたいのか?その理由を考えてから、あなたの要望に合った屋根材を選びましょう。

屋根塗装業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

屋根塗装をプロに依頼するなら

屋根塗装を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に屋根塗装の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる