トイレクリーニング
更新日:2019/10/30

トイレに出る紙魚を知ってる?紙魚がトイレに出たら自分で駆除する方法を知ろう!

トイレに出る紙魚を知ってる?紙魚がトイレに出たら自分で駆除する方法を知ろう!

トイレで発生する虫の中で、代表的なのはチョウバエと紙魚(しみ)です。トイレはこの2種類の虫が、好む条件が揃いやすいです。トイレに出る紙魚(しみ)と、チョウバエとの駆除は市販のグッズを使ってできます。トイレに出る紙魚の正体を紹介します!

トイレに虫が出た!「これって何という虫なの~?」
気になるトイレの虫の正体を知りたいですよね。

トイレに発生する虫の正体を突き止めましょう。

もちろん、正体を突き止めたら虫を退治し、予防しなければいけません。

そこで今回は、トイレに発生する紙魚の正体や、紙魚を駆除する方法や、予防対策について紹介します。
気持ちよく安心して、トイレが使えるようにしましょう。

>>プロのトイレクリーニング業者の一覧

トイレに出るチョウバエと紙魚の特徴を知ろう!

トイレに出るチョウバエと紙魚の特徴を知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    トイレに虫が飛んでたんだけど、なんていう虫なのかな~??


  • モップ

    トイレに虫が出たら、どんな虫か気になるよね~!

トイレに発生する虫は様々ですが、その中でもよく見かける虫2種類です。
チョウバエと、紙魚(シミ)です。

チョウバエはトイレを飛び回る虫で、紙魚(シミ)は床の端っこをササっと素早く動き回る虫です。

駆除するにはまず、チョウバエと紙魚(シミ)について知っておく必要があります。
それぞれ特徴と生態を紹介します。

チョウバエの特徴と生態について知っておこう!

【特徴】
チョウバエの大きな特徴はハネです。体のわりに大きなハネがあり、その形はハート型を逆さにしたような形をしていて、チョウバエを見極めるポイントになります。

家庭でよく見られるのは、ホシチョウバエとオオチョウバエです。

ホシチョウバエは、体長1~2㎜で、オオチョウバエは、体長4~5㎜です。

どちらも色の濃さに違いがあるものの、灰褐色に近い色をしています。

【生態】
卵⇒幼虫⇒さなぎ⇒成虫というサイクルで、20日~1ヶ月位の寿命です。
短い気がしますが、一生の間に産む卵の数が多いです。

ホシチョウバエで100個程度、オオチョウバエで250個程度卵を産み、大量発生してしまうことがあります。

春先から冬にかけて活動することが多く、暖房と断熱に優れた現代住宅の中では、ほぼ一年中活動します。

浄化槽や排水管の中、汚れた水の中の汚泥で幼虫期を過ごし、成虫になって飛び回ります。

汚泥の中で育つため、体中雑菌だらけで雑菌の運び屋として、私たちの健康を脅かす恐れがあります。

紙魚(シミ)の特徴と生態について知っておこう!

【特徴】
紙魚(シミ)は、体長は10㎜前後で、銀~灰黒色をしています。
いダンゴムシを平べったくしたような形で、3本長いしっぽがあるのが特徴です。

【生態】
暗く湿気が多いジメジメした所を好み、平べったい姿をいかし、わずかな隙間から侵入してきます。

紙類を好んで食べる紙魚(シミ)ですが、動きは素早く、かつ不規則な動きをします。

昆虫の中では長生きで寿命は7~8年、さらにエサがなくても10カ月~1年生き続けられるという強い生命力の持ち主です。

ただ、気持ち悪い姿や動きをするものの、私たちの健康に被害を与えることはありません。

トイレに紙魚が発生するのは好きな場所だから!

トイレに紙魚が発生するのは好きな場所だから!

紹介したようにチョウバエは浄化槽や、排水管、汚れた水の汚泥のなかで育ちます。

トイレにつながっている所が、チョウバエの住処なのです。
トイレに発生するのも頷けますね。

さらにトイレには、あまり頻繁に掃除をしない、トイレタンクやトイレブラシの収納ケースがあります。
汚泥があれば、チョウバエの発生源になりかねないです。

一方、紙魚(シミ)ですが、暗くてジメジメした所が大好きです。

トイレは暗くて、隠れる場所があり、常に水が溜めてあるので、紙魚(シミ)にとって格好の隠れ家といえます。

さらに、トイレの中にはトイレットペーパーの端切れが落ちていることが多く、エサには困りません。

トイレに発生するチョウバエを駆除する方法

トイレに発生するチョウバエを駆除する方法

チョウバエの成虫は、見つけたら殺虫スプレーで駆除できます。

殺虫剤のシートや、ハエ取りリボンをトイレに吊りさげておくのもいい方法です。
ハエ取り器などもあるので、検討してみるといいでしょう。

しかし、これでは幼虫は駆除できません。
幼虫や卵、さなぎも駆除しなくては、チョウバエの発生を防げないです。

幼虫にはコバエの幼虫駆除剤を使って、浄化槽内などを駆除しなくてはいけません。
トイレの中も確認しましょう。

トイレタンク内や、トイレブラシの収納ケースの中も確認しましょう。
もし、幼虫がいたら駆除し、汚泥があれば捨てましょう。

卵、幼虫、成虫すべてを駆除しないと、チョウバエ駆除にはなりません。

粘着シートを使って紙魚を駆除する方法を知ろう!

粘着シートを使って紙魚を駆除する方法を知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    トイレの虫が紙魚(シミ)なら、どうやって駆除したらいいのかな~??


  • モップ

    それなら、紙魚(シミ)の駆除方法を紹介するね~♬

紙魚(シミ)にはハネがないため、飛び回ることはありません。
床を這って動き回るだけです。
ただ、わずかな隙間に隠れ潜んでいます。

このため、見つけたら殺虫スプレーで駆除できますが、隠れている紙魚(シミ)もやっつけなくてはいけませんね。

そこで、燻煙剤を使用したり、粘着シートを設置するといいでしょう。
また、チョウバエ同様、殺虫剤のシートをトイレに吊り下げておくのも効果的です。

紙魚(シミ)のエサとなるトイレットペーパーの端切れは、放置していませんか?
すぐに片付けましょう。

紙魚(シミ)のエサを断ち、殺虫剤を使って駆除しましょう。

トイレに紙魚が発生しないように予防掃除をしよう!

トイレに紙魚が発生しないように予防掃除をしよう!

トイレの虫を防ぐには、浄化槽内にチョウバエを発生させないように、コバエの幼虫駆除剤を使って幼虫駆除しておくことと、トイレを徹底的に掃除することです。

具体的に、どんな掃除をすればいいのか紹介します。

トイレ洗剤を使ってトイレのタンクを掃除する方法

なかなか掃除する機会がないトイレタンク内は、結構汚れています。

自分でトイレタンクのフタを外せるタイプの、トイレタンクであることを前提に説明します。

自分でトイレタンクのフタを外せないタイプのトイレタンクの場合は、設置業者に相談してみましょう。

用意するもの

必須
ビニール手袋
マイナスドライバー
トイレ洗剤
トイレ用排水管洗浄剤
トイレブラシ
スポンジ
古歯ブラシ
1

マイナスドライバーを使って止水栓を閉めて水を止める

止水栓を閉めて水を止める。止水栓はマイナスドライバーで簡単に閉まります。

2

水を流すレバーをひねりタンク内の水をすべて抜く

水を流すレバーをひねり、タンク内の水をすべて抜く。

3

トイレタンクのフタをゆっくり持ち上げて外す

手洗いなしのフタは、フタを持ち上げればフタが外せます。しかし、手洗い付きのフタの場合、フタを持ち上げるだけでフタが外せるタイプと、水が出る手洗い金具と水が通る管がつながっていて、そのままでは外せないタイプがあります。
手洗い金具と管がつながっている場合は、手洗い金具と管のつなぎ目にあるナットを手で反時計回りに回して外す。

4

洗剤を使ってトイレのタンク内をこすり洗いする

トイレのタンク内をスポンジとトイレ洗剤でこすり洗いをする。細かい所は古歯ブラシを使って徹底的に掃除する。

5

止水栓を開けていつも通りトイレの水を流す

トイレタンク内がキレイになったらフタを戻し、止水栓を開けていつも通り水を流して完了。

排水管洗浄剤を使ってトイレの排水管を掃除しよう!

トイレ排水管の掃除は、トイレ用排水管洗浄剤で洗浄するのが一番簡単です。

薬剤によっては、排水管を傷めてしまうこともあるので、使用頻度、使用方法をしっかり守りましょう。

洗剤を使ってトイレの小物もきちんと掃除しよう!

トイレブラシの収納ケースや、サニタリーボックスもキレイに掃除しましょう。

特にトイレブラシの収納ケースは、トイレ掃除をしたブラシをそのまま片付けていることが多いと思います。
汚れと水がたまって汚泥となってしまいます。

トイレブラシ及び収納ケース、サニタリーボックスもトイレ洗剤で、キレイに掃除しましょうね。

トイレの便器の隠れた汚れも忘れずに掃除しよう!

見える所の掃除はしていると思いますが、便器のフチ裏や便座の裏側など、見えにくい所は行き届いた掃除ができてないことが多いです。

便器のフチ裏や、便座の裏側なども歯ブラシを使ってキレイに掃除しましょう。

トイレの徹底掃除は、虫の発生を防ぐのに必要不可欠です。
頑張ってキレイなトイレをキープしましょうね。

また、紙魚(シミ)対策として、エサとなるトイレットペーパーの端切れや、使い終わったトイレットペーパーの芯を放置しないように気をつけましょう。

念のためトイレに防虫シートや、虫よけの芳香剤などを設置すれば万全です。

トイレに発生した紙魚が駆除できないなら業者に依頼しよう!

今回は、トイレに発生する紙魚の正体や、紙魚を駆除する方法や、予防対策について紹介しました。

もし、自分でやっても結果が出ない場合は、プロの力を借りるといいでしょう。

また、トイレタンク内や便器の隅々まで掃除するのは面倒くさいとお考えの方も、普段のトイレ掃除は自分でやり、定期的にトイレの徹底掃除をプロにお願いするといいですよ。
やはりプロの掃除は違います。

トイレクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレクリーニングをプロに依頼するなら

トイレクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にトイレクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、 住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、 まいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
67 投票, 平均点: 4.65

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事