【庭木の刈り込み方法】剪定や刈り込みする時期や方法をまとめて紹介

生垣・植木の刈り込み
更新

庭木のお手入れに欠かせない「剪定」と「刈り込み」ですが、どう違うか知っていますか?樹木の不要枝を切るという作業や、生け垣や低木の植え込みの伸びた葉や枝を切る作業のことです。今回は、剪定や刈り込みの時期や、方法について紹介します。

【庭木の刈り込み方法】剪定や刈り込みする時期や方法をまとめて紹介

庭木が伸びっ放しになっていると、見た目も悪く、樹木の成長にもよくありませんよね?

そこで必要なのが、庭木の「剪定」や「刈り込み」です。

剪定と刈り込みには、違いがあるって知っていますか?

聞きなれない言葉だし、いまいちよくわからないという人も多いですよね?

そこで今回は、剪定と刈り込みの違いや、刈り込みする時期や方法について紹介します。

>>プロの生垣・植木の刈り込み業者の一覧

【刈り込みの特徴】庭木の刈り込みについて知ろう!

【刈り込みの特徴】庭木の刈り込みについて知ろう!

植木や庭木のお手入れに必要な「剪定」と「刈り込み」には違いがあります。

「剪定」について知ろう!

剪定とは、樹木の枝を切って日当たりや、風通しをよくしたり、樹木の成長をコントロールする作業のことです。

芽の方向を考えて、いい枝を残して不要な枝を切ります。

樹木の形を整えるため、時には幹を切ることもあります。

剪定のメリットとして、日当たりや風通しがよくなるため病虫害に強くなる効果があります。

しかし、デメリットは時間がかかり、ゴミが多くなることです。

「刈り込み」について知ろう!

刈り込みは、単純に伸びた樹木の葉や、枝を切る作業のことです。
なので、芽の方向は気にしません。

樹木の外側、生け垣や、植え込みの外側を刈り込みバサミでバリバリ切っていくので、比較的手軽にできます。

刈り込みのメリットは、作業時間が短時間で、ゴミも剪定に比べると少なくすみます。

しかし、刈り込みのデメリットは葉も枝も途中で切られてしまい、切断部分が茶色く枯れてしまうことです。

また、内側の密度が高くなってしまうため、病虫害が増えてしまうことです。

【刈り込み時期】庭木を刈り込みする時はいつ?

【刈り込み時期】庭木を刈り込みする時はいつ?

庭木を美しく保つために必要な剪定や刈り込みですが、いつしたらいいのでしょうか?

剪定や刈り込みする時期は、樹木によって違います。

大きく分けると「冬剪定」と「夏剪定」が基本的な時期です。

【刈り込み時期】冬剪定について知ろう!

冬剪定は春になって樹木が新芽を出す前に、不要な枝や葉を切り整えます。

初夏に芽を出す樹木の場合は、3月~4月にする場合もあります。

【刈り込み時期】冬剪定する樹木

  • 常緑針葉樹(スギ、マツ、マキ、ゴールドクレスト)
  • 落葉広葉樹(アオハダ、アオダモ、ヤマボウシ、ハナミズキ)

特に落葉広葉樹は、冬の間は葉が落ちて枝だけになっているので剪定(刈り込み)しやすいですよ。

【刈り込み時期】夏剪定について知ろう!

夏剪定は、樹木が成長し、伸びすぎた樹木の枝や葉を剪定(刈り込み)します。

台風が来る前に剪定(刈り込み)しておけば、伸びすぎた枝が折れてしまう心配もありませんね。

【刈り込み時期】夏剪定する樹木

  • 常緑広葉樹(キンモクセイ、サザンカ、ツバキ、サツキなど)

暖かくなりはじめた5月下旬~6月に剪定します。

常緑広葉樹は、寒さに弱いため、冬には剪定しないようにしましょう。

8月~10月に強く剪定すると成長しづらくなるため、軽い剪定程度にとどめておくようにしましょう。

しかし、あまり大きく育ってほしくない場合は、あえてこの時期に剪定するのもいいでしょう。

【刈り込み方法】自分で刈り込みするポイント

【刈り込み方法】自分で刈り込みするポイント

庭木を刈り込みする場合は、全体のバランスを見ながら刈り込みます。

例えば、サツキやつつじの植え込みを、上から切って樹木のような△(三角形)にすると変ですよね?

刈り込みは、まず側面から切りはじめて、そのあと下から上に切っていきます。

最後に、天の部分である上面を平らに整えます。

そうすると、サツキやつつじの植え込みが美しい形に整います。

刈り込みに使う道具は、刈り込み鋏とよばれる鋏(はさみ)です。

この鋏の片方の刃を刈り込み面に当て、もう片方の刃を動かして刈り込んでいきます。

片方の刃を定規のように使うと、うまく刈り込めます。

しかし、刈り込み鋏で刈り込むのはやはり大変です。

慣れていないと、バランスが崩れてしまいます。

そんな時に便利な道具が、バリカンです。

刈り込み鋏で作業するより、格段に早く作業をすすめられます。

バリカンには、エンジン式バリカンと電気式バリカンがあるので特徴を紹介します。

【刈り込み】エンジン式バリカンについて知ろう!

パワーがあるのですが、重量が重いのが欠点です。

燃料を含めて5kgくらいの重さがあり、ずっと持ちながら刈り込み作業していると、腕が痛くなってしまいます。

腰にも負担がかかります。

力がある人でないと、使いこなすのは難しいでしょう。

【刈り込み】電気式バリカンについて知ろう!

エンジン式バリカンに比べると重量が軽いので、女性でも簡単に使えます。

しかし、電気コードが邪魔になるのが欠点です。

【刈り込み】充電式のバリカンについて知ろう!

一番のオススメなのが、このタイプのバリカンです。

コードが邪魔でイライラすることもなく、軽くて扱いやすく、作業効率が上がります。

バッテリーを含めて2.5kgくらいです。

柄が長くなるタイプのものを選べば、高い木の刈り込みにも使えます。

【刈り込み料金】刈り込みを業者に依頼する料金相場

【刈り込み料金】刈り込みを業者に依頼する料金相場

小さな樹木の刈り込みは、自分でもできます。

しかし、大きな木の刈り込みとなると話は別です。

自分で刈り込むと時間がかかり、思った通りに切れないなど難しいです。

また、切断部分が枯れてしまったり、キレイに形が整えられずにボサボサになってしまったりします。

刈り込みのあと丁寧に剪定すれば、葉先がキレイになるのですが、これも自分では難しいです。

そこで利用したいのが、庭木の刈り込みサービスです。

豊富な知識と経験がある業者を利用することで、自分ではできない庭木の手入れをしてもらえます。

【刈り込み料金】刈り込みの料金相場

  • 職人1人あたり1日15,000円~30,000円
  • 時間制の料金は、1時間2,000円~3,000円

料金には単価制のシステムもあります。

庭木一本あたりいくら?または㎡あたりいくら?という料金で計算します。

【刈り込み料金】単価制の料金相場

  • 灌木や低木の刈り込み…300円(㎡単価)
  • 中木の生け垣刈り込み(1.8m~2.5m)…600円~1,200円(1m単価)
  • 低木剪定…200円(1本単価)
  • 中木剪定(1.5m未満)…1,000円(1本単価)
  • 中木剪定(1.5m~2.5m未満)…2,000円(1本単価)
  • 高木剪定(2.5m~3.5m)…3,000円(1本単価)

残念ながら腕の悪い職人で「1日ですむはずの作業が2日も3日もかかって、費用も膨らんでしまった…」ということもあります。

そうならないためにも、前もって見積もりをとり、作業内容や費用項目を明確にしてもらいましょう。

見積もりが曖昧な業者は、利用しない方が無難です。

電話やメールでの対応や口コミを参考にして、慎重に業者を選びたいですね。

大量の刈り込み作業は業者に依頼しよう!

今回は、剪定と刈り込みの違いや、刈り込みする時期や方法について紹介しました。

剪定は樹木の枝を切って整える作業で、刈り込みは樹木の伸びた葉や枝を切る作業という違いがあります。

自分で剪定や刈り込みをすれば安くすみます。

しかし多くの場合は、刈り込みと剪定は一緒にします。

伸びた葉や枝を切るだけでなく、不要な枝を落として整えないと、樹木の成長の妨げになってしまうからです。

自分のでは難しいと感じる樹木があったら、プロに依頼するのが無難です。

できるだけ費用をさえたい気持ちもわかりますが、みっともない庭にもしたくありませんよね?

自分でできる簡単な範囲での刈り込みや、剪定は自分でして、ある程度の限界を感じたら、一度プロに頼んでみてはいかがでしょうか?

生垣・植木の刈り込み業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

生垣・植木の刈り込みをプロに依頼するなら

生垣・植木の刈り込みを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に生垣・植木の刈り込みの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる