お墓参り代行
更新日:2019/02/20

墓参りは目的に合った服装で行きましょう!普段の墓参り・法事・初盆

墓参りは目的に合った服装で行きましょう!普段の墓参り・法事・初盆

墓参りの服装に悩まれたことはありませんか?墓参りの目的に合った服装をするとマナーを守って墓参りができますよ。この記事では、墓参りの目的にあった服装や注意点を詳しくご紹介します。また、墓参りの基本マナーや「墓参り代行サービス」についてもご紹介します!

あなたは、墓参りでどんな服装をすればいいのか困ったことはありませんか?

普段着で行けばいいのか、改まった服装をすればいいのか迷ってしまいますよね。普段の墓参りだけでなく、法事や初盆など特別な墓参りの服装には気を付けたいポイントや注意点があります!

墓参りの目的に合った服装をすると、マナーを守って墓参りができますよ。

今回は、墓参りの目的に合った服装と注意点、基本マナーと墓参りに行けないときの対処法についてご紹介します!

普段の墓参りに合った服装

普段の墓参りに合った服装
  • こまるちゃん
    こまる

    墓参りの服装って、決まりがあるの?


  • モップ

    「墓参りの目的」によって服装の決まりが変わってくるよ。普段の墓参りなら、特に固い決まりはないんだ。

普段の墓参りはいつでも自分が好きな時に行けるため、決まった服装はなく基本的に普段着でOKです。

墓参りに行くときは墓石の掃除や草抜きなどを一緒に行うことが多いので、汚れたり濡れたりすることがありますよね。そのため、動きやすいスニーカーや清潔感のあるTシャツなど汚れてもすぐに洗える服装がおすすめです!

墓参りだからと黒色にこだわる必要はなく、清潔感があり落ち着いた雰囲気の服装を選びましょう。

法事や初盆など特別な墓参りの服装

法事や初盆など特別な墓参りの服装
  • こまるちゃん
    こまる

    普段着がダメなのは、どんな場合の墓参り???


  • モップ

    法事や初盆など、特別な墓参りの服装は特に気を付けて!

法事や初盆、節目の報告といった特別な墓参りでは、普段の服装よりも改まった服装をしましょう。目的別の特別な墓参りの服装についてご紹介します!

法事

年回忌や法事の墓参りの服装は、一般的には七回忌までは喪服または準喪服を着るのがマナーとされています。

【男性】黒のスーツに白いワイシャツ、靴下とネクタイは黒色。ジャケットはダブル・シングルのどちらでもOK。

【女性】葬儀と同じくサテンなど光沢がない黒のスーツまたはワンピース。肌の露出は極力避けて、黒色のストッキングを履く。小物は黒色で統一し、アクセサリーをつけるのであればオニキスやパールなど光過ぎないものを身に着ける。

【子供】あれば制服を着用し、靴下の色は黒または白を選ぶ。

仏教など宗派によっては三回忌までを喪服とし、それ以降は平服でも良いとするところもあります。

平服は男性であれば紺色やグレーなどのダークスーツ、女性は黒色や紺色など落ち着いた色のスーツやアンサンブル、ワンピースを着ましょう。喪服なのか平服なのか服装を事前に確認しておくことがおすすめです!

初盆

初盆の墓参りで法要がある場合の服装は、法事と同じく夏用の礼服を着用しましょう。法要がない場合は決まった服装はありませんが、家庭によっては平服で墓参りをするところもあります。

肌の露出が少なく、落ち着いた色で飾り気のない清楚な服装にすることが大切です。地域や家庭の風習によって着るものが異なるので、それぞれに合った服装で墓参りをしましょう!

節目の報告

進学や成人式、結婚など節目の報告の際に着る服装は、多少派手でもかまいません。成人式であれば晴れ着、進学であればスーツや制服で墓参りをするとご先祖様にも成長を伝えることができて喜ばれますね!

晴れ着を着るのであれば、ファーの巻物などのアクセサリーを外してお参りしてくださいね。また、特別な服であればあるほど、汚さないように気を付けることも大切です。

気をつけたい!墓参りの服装の注意点とポイント

気をつけたい!墓参りの服装の注意点とポイント
  • こまるちゃん
    こまる

    墓参りの服装で注意することはある?


  • モップ

    知らずに失敗してしまいがちな墓参りの服装の注意点とポイントを説明するね!

墓参りに行く際の服装には、気を付けたい注意点とポイントがあります。

合掌の前は帽子を取る

夏の墓参りでは日焼けや熱中症予防のため、帽子をかぶる方も多いですよね。墓石の掃除や草むしりの際は帽子をかぶってもOKですが、墓前で手を合わせる際は帽子を脱ぐのがマナーです。

帽子を脱いだ方がはっきりと顔が見えるので、ご先祖様にも喜ばれそうですね。

足元に気を付ける

墓参りの場所は雨や砂利などで思ったよりも足元が悪い場合もあるため注意が必要です。高いヒールやサンダルといった服装では転んでけがをすることもあるので、できれば動きやすいスニーカーがおすすめ。

スニーカーであれば墓周りの掃除をする際にも動きやすく、足元の悪いところでも転ぶ危険性が低いですね。

動物の毛皮を使った服装はタブー

毛皮のファーやアニマル柄をおしゃれとして取り入れる方も多いですが、殺生を感じさせるため墓参りでは避けたい服装です。服装だけでなく、バッグや小物にもアニマル柄のものを使っていないか確認してから墓参りに行くようにしましょう。

派手過ぎる色や露出の高い服装を避ける

普段の墓参りだからといって、とことん自分の好きな服装を選択するのはいけません。墓参りのマナーを守るためにも、派手な色や奇抜なファッションをするのは避けましょう。

具体的には、胸元が大きく開いた格好やキャミソール、ノースリーブ、ミニスカート、短パンなどが墓参りに適していない服装です。邪魔になりそうなアクセサリーも墓参りのときは極力避けてくださいね。

清楚で、清潔感のある落ち着いた服装がベストです。

香水はつけない

墓参りや法事で香水をつけるのはタブーとされています。

香水をつけると夏場であれば匂いにつられて蚊やアブが寄ってくるので、つけないようにしましょう。虫を避けるためには、「虫よけスプレー」を事前に吹きかけておくといいですよ。

行く前に知っておきたい墓参りのマナー

行く前に知っておきたい墓参りのマナー
  • こまるちゃん
    こまる

    服装だけじゃなくてお墓参りそのもののマナーもちょっと心配…


  • モップ

    大丈夫^^お墓参りの基本的なマナーを教えるね。

墓参りでは服装はもちろん、お参りするにもいくつかのマナーがあります。

マナーを守って気持ちよく墓参りをするためにも、基本的な知識は持っておきたいですよね。

墓参りの時期やマナーを知ればあなたも一人前!安心の墓参り徹底解説!
あわせて読みたい
墓参りの時期やマナーを知ればあなたも一人前!安心の墓参り徹底解説!
リンク(新しいタブで開きます)

夜間は避ける

墓参りに行く時間は決められておらず、午前でも午後でも問題はありません。寺や神社、霊園などでは時間が決められているので守るようにしましょう。

それ以外の場所では夜間の墓参りは足元が悪くて危ないため、できるだけ明るいうちに訪れるようにしてくださいね。

昔の人は墓参りを朝一番にしてから家事や仕事を行っていたようで、墓参りよりも他の用事を優先するのは失礼にあたると考えられていました。私の祖母も毎月必ず早朝から墓参りに訪れているので、私たちも午前中に墓参りに行くようにしています!

夜間は避け、できるだけ早めの時間から墓参りに行きましょう。

お墓参りの時間に決まりはある?朝が良くて夜はダメな理由とは???
あわせて読みたい
お墓参りの時間に決まりはある?朝が良くて夜はダメな理由とは???
リンク(新しいタブで開きます)

お供え物は持ち帰る

墓参りでは故人の好きだった食べ物をお供えしますよね。

お供え物のお菓子や果物などをそのままにしておくと、腐ったり野生の動物に食べられたりします。墓の管理者や周りの人に迷惑がかかってしまうので、お供え物は必ず持ち帰るようにしましょう。

お供え物は家に持ち帰って、みんなで食べることがご利益につながります。

線香の火を吹き消さない

墓参りで線香に火をつけた時、炎が出ても口で吹き消してはいけません。

仏教の世界では人の口から出た息はけがれていると考えられているため、仏さまが食べる線香の香りは清めてからお供えをします。線香をけがさないために、吹き消さずに手であおぐか振って消すようにしましょう。

どうしても線香の火が消えない場合は線香を立てて持ち、縦に振るとすぐに火が消えます。私も墓参りの時に線香の火が消えないときはこの方法を行っているので、ぜひ試してくださいね!

お墓参りに行く前に読んでほしい!お墓参りの線香をお供えするルール
あわせて読みたい
お墓参りに行く前に読んでほしい!お墓参りの線香をお供えするルール
リンク(新しいタブで開きます)

どうしても墓参りに行けないときの対処法は?

どうしても墓参りに行けないときの対処法は?
  • こまるちゃん
    こまる

    自分でなかなかお墓参りに行けない時は、どうしたらいいの?


  • モップ

    手元供養アイテムを使ったり、墓参り代行サービスを利用するといいよ。

仕事や子育てが忙しく予定が合わないときや、遠方でなかなか墓参りに行けない人もいますよね。

ここでは、墓参りに行けなくても先祖供養をする方法を2つご紹介します!

手元供養アイテムを使う

手元で供養できるアイテムとして「ミニ骨壺」や「ミニ仏壇セット」、「遺骨ペンダント」があります。

【ミニ骨壺】

ミニ骨壺は墓とは別に、遺骨の一部を小さめの骨壺に入れて自宅で供養ができるアイテムです。

デザインは豊富にあり、輪島塗や江戸切子、フラワーポット、アート型、モニュメント型などお部屋に合ったデザインのものを選択できます。普通の骨壺は大きくて場所を取りますが、ミニ骨壺なら日常生活にさりげなく溶け込むことができるので、自宅で故人を同じ時間を過ごしたい方におすすめです!

【ミニ仏壇】

ミニ仏壇は従来にあるようなかしこまった形ではなく小さめでおしゃれなのが特徴です。そのため、引っ越しの多い転勤族の方や自宅に仏壇を置くスペースがない方でも場所を選ばずに供養ができますね!

モダンなものやインテリアを重視したものがあり、リビングやマンションでも置けるので人気があります。ミニ仏壇では故人の写真や線香またはキャンドル、お花、ミニ骨壺を飾ることができます。

また、ミニ骨壺だけでなく故人の写真を飾ったりお供え物をしたりできるので、自宅でも大切な故人を偲びたい方におすすめです!

【遺骨ペンダント】

大切な故人といつも一緒にいたい方におすすめなのが遺骨ペンダント。家族や恋人、ペットなど大切な方を一番近くに感じられる手元供養のアクセサリーです。

ペンダントの中に遺骨や遺灰を入れることができるタイプと、遺骨から人工ダイヤモンドをつくるタイプの2種類があります。デザインも豊富で名入れが可能なものもあり、大切な故人との思い出を身に着けたい人におすすめです!

墓参り代行サービスを利用する

遠方や仕事、高齢など墓参りに行きたくても行けない方におすすめなのが墓参り代行サービス。本人の代わりに業者の方が墓掃除や草むしり、お供えなどをしてくれます。

墓掃除は水アカやコケ、墓石の刻字まできれいにしてくれるので、長い間墓参りに行けていなかった人には特に嬉しいサービスですね!墓参りの作業前と作業後の写真をもらえるため、墓の状況が分かるのも安心ですよ。

業者への見積もり・問い合わせは電話やメールで気軽に行えるので、いくつかの業者を調べて、自分に合った業者を選んで下さいね。

まとめ

墓参りの目的別に合った服装と注意点やポイント、知っておきたい墓参りのマナーと墓参りに行けないときの対処法についてご紹介しました!

普段の墓参りでは清潔感があり動きやすい服装、法事や初盆では礼服といった最低限のマナーを守って墓参りをしたいですね。

墓参りの際は清掃もする為、髪の長い女性だと邪魔になりやすいので髪を結ばれることをおすすめします。また、派手なアクセサリーや時計をつけていると墓石に傷をつける場合があるので、墓参りの時は外すようにしましょう。

お供え物は故人が好きだったものを供え、墓参りの後に故人の話をしながらみんなでお供え物を食べるとよりご利益がありそうですね!

最後に、遠方や忙しくてどうしても墓参りに行けないという方もいますよね。そういった方は手元供養アイテムや「墓参り代行サービス」を利用しましょう。

特に墓参り代行サービスを利用すれば代わりに墓掃除をしてくれるため、墓をきれいにできるのでおすすめです。

墓参り代行業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

お墓参り代行をプロに依頼するなら

お墓参り代行を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にお墓参り代行の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
0 投票, 平均点: 0.00

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事