カーゲート設置工事
更新日:2019/10/16

カーゲートは種類があります!カーゲートの種類と選び方を知っておこう!

カーゲートは種類があります!カーゲートの種類と選び方を知っておこう!

カーゲートは種類があります。特徴と、選ぶ時のポイントを把握すれば、自分の希望にあったカーゲートを選べます。今回は、カーゲートの種類や、業者に依頼する前に知っておきたいポイントについて紹介します。

今は車を持っていない家庭は少なくり、ほとんどの家庭で車を所有しているのではないでしょうか?

車を所有している場合に必要なのが、駐車場(車庫)ですよね。

都会に住んでいると駐車場を借りるのも高いので、家に駐車場が欲しいと思っているお宅も多いと思います。
そこであると便利なのが、「カーゲート」です。

カーゲートがあるのと、ないのでは全く違います。

車庫の代わりにカーゲートだけ施工するという、家庭が多いのも現状です。
また、カーゲートと一言でいっても種類はたくさんあります。

そこで今回は、カーゲートの種類や、カーゲートを施工する時の5つのポイントについて紹介します。

>>プロのカーゲート設置工事業者の一覧

カーゲートを設置する6つのメリットを知ろう!

カーゲートを設置する6つのメリットを知ろう!

カーゲートを設置した方がいいの?と悩んでいる人もいるかもしれません。

そこで、カーゲートのメリットを6つ紹介します。

  • カーゲートを設置したら防犯対策になる
  • カーゲートを設置したらペットの安全確保ができる
  • カーゲートを設置したら家族の安全確保ができる
  • カーゲートを設置したら外部からの侵入を防げる
  • カーゲートを設置したら家の中が見えにくくなる
  • カーゲートを設置したら無断路駐できないようになる

カーゲートを設置したら、このようなメリットがあり、カーゲートをつけている家庭が多いようです。

カーゲートを施工していなくて、車上荒らしにあう事もあるようです。

また、カーゲートもなく、門もなにもないという家庭でペットや小さな子どもがいると、玄関を出てすぐに道路に飛び出してしまう危険があります。
カーゲートを施工していれば、飛び出し防止になります。

カーゲートがなく家の前に広い土地があると、無断路駐する車もいます。
防止のためにカーゲートを施工するのもオススメです。

このようにカーゲートを施工することによってメリットがあります。

カーゲートは種類がある!5種類のカーゲートを紹介

カーゲートは種類がある!5種類のカーゲートを紹介

カーゲートにはたくさんの種類があります。
種類によって用途も違うので、カーゲートの種類5つ紹介します。

カーゲートの「カーテンゲート」について知ろう!

カーテンゲートは、折りたたみしながらゲートを開けれるので、邪魔になりにくいので多くの家庭で施工されています。

カーゲートの「スライドドア」について知ろう!

スライドドアは、折りたたむことなく1枚1枚をスライドしながら動かして開けることができるカーゲートです。

カーゲートの「折りたたみ戸」について知ろう!

折りたたみ戸は、何枚かにカーゲートが区切られていて、手前に引いても横にスライドさせても開けれるようになっています。
狭い場所などに施工されている場合が多いです。

カーゲートの「電動式ドア」について知ろう!

電動式ドアはスイッチ一つでゲートを開けれます。
もちろん、上にシャッターのように上がるタイプのものもあれば、カーゲート一枚がそのまま斜めになって上に収納されるものもあります。

カーゲートの「チェーンポール」について知ろう!

チェーンポールはカーゲートというよりは、ポールにチェーンがかけられている簡単なものなので、紐をかけたりするだけで簡単に施工でき開閉できます。

このようにカーゲートにもたくさんの種類があります。
ご家庭にあった、カーゲートを選びましょう。

カーゲートを施工する前に確認するべき5つのポイント

カーゲートを施工する前に確認するべき5つのポイント

カーゲートを取り付ける時には、5つのポイントがあります。
ポイントを押さえておけば、家庭にあったカーゲートを施工できます。

カーゲートを取り付ける時の5つのポイントについて紹介します。

カーゲートは手動よりも電動の方が楽です!

カーゲートは、車が入る場所なので手動の場合は、一度車を降りてからカーゲートを開けなくてはなりません。

しかし、カーゲートが電動であれば、スイッチ一つで開閉できるので車から降りなくてすみます。

カーゲートはオープンスタイルもあります!

「カーゲートを施工したくない!」という人にオススメなのが、オープンスタイルです。
チェーンポールがオススメです。

手動の場合はスライドドアが楽です!

電動は高くてつけられない場合は、手動のスライドドアがオススメです。

手動のスライドドアであれば、簡単に施工できスライドするだけなので開け閉めも簡単にできます。

カーゲートにミラーをつけて安全確認が必要です!

カーゲートを施工するには、柱が必要になる場合もあります。

その場合、柱が邪魔で道路が見えずらくなる事もあります。
ミラーを設定して、安全を確保しましょう。

カーゲートを設置する前に見積もりを取ろう!

カーゲートを設置をする時は、しっかりと見積もりを出してもらい、費用やカーゲートの種類などと相談しましょう。

このように5つのポイントをしっかりとおえることで、失敗なくカーゲートを設置できます。

どのカーゲートがいいのか悩んでいる人にオススメを紹介

どのカーゲートがいいのか悩んでいる人にオススメを紹介

どのカーゲートを施工したらいいのかわからないという人のために、オススメのカーゲートを2種類紹介します。

  • 目隠し式の引き戸式扉
  • 電動式ドア

目隠し式の引き戸式扉は、ペットや小さな子どもの飛び出し防止にもなります。
また、防犯面で家の中が見えにくくなるなるので、プライバシーが守れるというメリットがあります。

2つのメリットを兼ね備えているのでオススメのカーゲートです。

電動ゲートは先程も紹介したように、車から降りずに開閉できるので手間を省けます。

自分の家には設置できるのか?自分の家には適切なのか?を考えて設置しましょう。

カーゲートのオススメできない組み合わせを知ろう!

カーゲートのオススメできない組み合わせを知ろう!

カーゲートを「安く設置したい!」という家庭もありますよね?

しかし、安いからと言って全てのカーゲートが便利で、優れているというわけではありません。
オススメできないカーゲートの組み合わせがありますので紹介します。

オススメできないカーゲートの組み合わせは、カーポートと跳ね上げ扉の組み合わせです。

カーポートは車の屋根で、車を維持するのにとても便利なものですが、跳ね上げ扉を施工してしまうと上にカーゲートがあがるので、カーポート自体にぶつかってしまうことがあります。

なので、カーポートと跳ね上げ扉の両方の施工はオススメできません。

安く施工したいのであれば、チェーンポールがオススメです。

チェーンポールはチェーンとポールがあるので、簡単にできて安く設置できます。
とりあえずという場合は、チェーンポールがオススメです。

カーゲートの施工はプロの業者に依頼しよう!

そこで今回は、カーゲートの種類や、カーゲートを施工する時の5つのポイントについて紹介しました。

カーゲートに費用をかけたくないという場合は、取り付けポイントをしっかりとおえて、ご家庭の条件に合うようなカーゲートを選びましょう。
安く簡易的でいいのであれば、チェーンポールがオススメです。

カーゲートを設置するには、プロに依頼して施工してもらいましょう。
きちんと施工してくれるのでオススメです。

カーゲート設置工事業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

カーゲート設置工事をプロに依頼するなら

カーゲート設置工事を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にカーゲート設置工事の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
30 投票, 平均点: 4.97

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください