【エクステリアの目隠し】オシャレと機能性にこだわるエクステリア目隠し

理想の住まい作りに欠かせない門扉、フェンス、アプローチなど様々な要素からなるのがエクステリアです。エクステリアを目隠しするためには、大きく分けて3種類あります。この記事では、エクステリアの目隠しフェンスのについて紹介します。

エクステリア(門周り)
更新
【エクステリアの目隠し】オシャレと機能性にこだわるエクステリア目隠し

エクステリアを目隠ししたいと思っても、どれを選んだらいいか分からないという人も多いと思います。

家の見た目や、住み心地も左右するので、自分の家や希望にあったこだわりのエクステリアを実現しながらも、しっかりと目隠しの機能を果たしてくれるものが重要です。

そこで今回は、エクステリアを目隠しする種類や、エクステリアを目隠しするものを選ぶ方法について紹介します。

理想の住まいに欠かせない、素敵なエクステリア作りの参考にしていただければ幸いです。

>>プロのエクステリア(門周り)業者の一覧

【エクステリアの目隠し】目隠しが必要な5つの場所

【エクステリアの目隠し】目隠しが必要な5つの場所

フェンスは防犯対策やプライバシー保護の役割を果たしてくれる、エクステリアを構成する上で欠かせない要素1つです。

家のどの部分に目隠しが必要なのかについて紹介します。

【エクステリア目隠し】庭の前には防犯対策のため目隠しが必要

庭は洗濯を干したり、家庭菜園を楽しんだりできるプライベート空間ですが、周りの視線を感じやすい場所でもあります。

周りの視線が気にならないように、目隠しをするとよりリラックスして過ごせます。

【エクステリア目隠し】玄関の前には防犯対策のため目隠しが必要

玄関を開けてすぐに道路や公園などがあると、多くの人に見られる可能性があります。

そうすると外出したり、宅急便を受け取ったりする時に人目を気にしてしまうので、その緊張感を無くすためにも目隠しするといいでしょう。

【エクステリア目隠し】お風呂の前にはやプライバシー保護のため目隠しが必要

お風呂の窓ガラスは外から見えにくくするように、くもりガラスになっていることが多いです。

しかし、夜に使う時は自分のシルエットが映っていないか気になりますよね。

また、お風呂から庭の景色を楽しみたいという方も、気兼ねなくお風呂に入れるように目隠しすることが多いです。

【エクステリア目隠し】リビングの前にはやプライバシー保護のため目隠しが必要

リビングは家族全員がくつろぐ空間なので、周りの視線を気にしないで過ごしたいですよね。

お隣さんや、道路からの視線を遮りたい場所です。

【エクステリア目隠し】窓の前にはやプライバシー保護のため目隠しが必要

お隣さんと窓が隣り合っていたり、外から丸見えだったりすると人の視線が気になってしまいます。

窓の前も目隠ししたい場所としてよく挙げられます。

【エクステリアの目隠し】目隠しの方法は3種類あります!

【エクステリアの目隠し】目隠しの方法は3種類あります!

エクステリアの目隠しする方法は、大きく分けて3種類あります。

それぞれ特徴があるので、自分の家のエクステリア作りに合ったものを選びましょう。

【エクステリア目隠し】コンクリートブロック塀で目隠しする!

コンクリートブロック塀は、名前の通りコンクリートブロックでできた塀です。

完全に目隠しできますが、閉塞感や圧迫感が強いというデメリットもあります。

その反面作りはとても頑丈なので、長く使用したい方にはオススメです。

塗装をすると見栄えがよくなりますよ。

【エクステリア目隠し】フェンスで目隠しする!

フェンスには、アルミ既製品、天然木、人工木3種類あります。

素材やデザインも様々なので、好みの物を選べます。

風通しがいい物や、デザインがおしゃれな物をお探しの方にオススメです。

採光タイプを選ぶと光が入るので、昼間でも暗くなることなく快適に過ごせます。

エクステリアのフェンスについて紹介した記事がありますので、参考にして下さいね。

【エクステリア目隠し】植木を作って目隠しする!

植木を使った目隠しの最大のメリットは、ピンポイントで目隠しできることです。

目隠ししたい場所に好きな木を植えるだけで、目隠しになるので手軽にできるのもいいですね。

つる植物や、竹などを使うのもオススメです。

コンクリートブロック塀や、目隠しフェンスよりも自然に目隠しできます。

自由度が高く少しずつ増やせるので、エクステリアにこだわりのある人にも人気があります。

【エクステリアの目隠し】目隠しできておしゃれにするポイント

【エクステリアの目隠し】目隠しできておしゃれにするポイント

しっかりと目隠しの機能を果たし、なおかつオシャレなエクステリアにしたいなら、3つポイントをおさえておきましょう。

どういうものがいいか、家族で相談しながら選んでいくのも楽しいですね。

【エクステリアの目隠し】目隠しの色と素材を考える!

家の雰囲気に合わないフェンスを選んでしまうと、家の印象がチグハグになってしまいます。

今の家にはどんな色や、素材が合うのかを考えることが大切です。

また、お手入れがしやすい素材や、汚れが目立たない色を選ぶといいかもしれませんね。

【エクステリアの目隠し】目隠しの風通しを考える!

リビングや庭などの目隠しをする場合は、風通しがいいものを選ぶといいでしょう。

風を通さないものだと、庭の草花の元気がなくなってしまったり、リビングに風が通らず湿気がこもったりしてしまいます。

快適な暮らしのためにも、風通しについて考える必要があります。

【エクステリアの目隠し】目隠しの強度を考える!

目隠しフェンスを取り付けても、すぐに壊れてしまったら悲しいです。

そうならないためにも、台風時の強風や、地震でも倒れにくいような物を選びましょう。

強度を保つためには取り付け方も大切なので、取り付けは慎重にしましょう。

【エクステリアの目隠し】圧迫感がない高さがある物を選ぼう!

【エクステリアの目隠し】圧迫感がない高さがある物を選ぼう!

エクステリアの目隠しを取り付けたい場所で人気なのが庭です。

庭で家庭菜園をゆっくり楽しんだり、テーブルなどを置いてリラックスして過ごしたりしたいという人は目隠しがあるといいですね。

どういうことに気を付けて、庭の目隠しをしたらいいのでしょうか?

目隠しの機能はもちろん、庭や外構の一部としての機能も大切です。

外側だけではなく、家側の目隠しも自分好みのものを選びましょう。

毎日見る庭だからこそ、見た目もいいなと思えるものを取り付けるといいですね。

隙間があるエクステリア目隠しを選べば、圧迫感が減ったり、風通しがよくなったりします。

光が入りやすい採光パネルを使っても、圧迫感なく過ごせます。

また、お隣や道路との境界の仕切りとしての機能も大切です。

高さが低い目隠しフェンスを、取り付けても道路からの視線を感じるかもしれません。

フェンスの隙間からお隣の窓が見えたら、目隠しの意味がありませんよね。

実際に取り付けたらどうなるかよく考えながら、庭の目隠しフェンスを選びましょう。

【エクステリアの目隠し】玄関の目隠しのオススメは「木」

【エクステリアの目隠し】玄関の目隠しのオススメは「木」

「玄関」も目隠しをしたい場所としてよくあげられます。

家族のお見送りや、宅急便などの受け取りなどで、玄関を開け閉めする機会は多いですよね。

そのたびに周りの視線を気にするのは大変なので、気になる方は玄関に目隠しエクステリアを取り付けるといいでしょう。

玄関は家の顔なので、デザイン性を取り入れることが大切です。

目隠し機能を優先すると味気なくなったり、外壁とのバランスが悪くなったりしてしまいます。

家に帰るたびに目に入る玄関だからこそ、少しおしゃれに感じる目隠しをしましょう。

最近は、お手入れが簡単な人工木を使ったフェンスが人気です。

人工木のフェンスは劣化しにくいものもあるので、長くキレイに使えますよ。

自然な雰囲気で目隠ししたいという人にオススメです。

家の玄関がお隣や道路との距離が近い場合は、フェンスを取り付けることでしっかり目隠しできます。

玄関周りに植栽をすることで、見栄えがよくなります。

シンボルツリーを植えたり、ホームセンターなどでお気に入りの花を見つけて植えたりしてもいいですね。

植木も立派な目隠しになるので、上手に取り入れましょう。

エクステリアの目隠しは専門の業者に相談しよう!

今回は、エクステリアを目隠しする種類や、エクステリアを目隠しするものを選ぶ方法について紹介しました。

エクステリアは、門扉、フェンス、アプローチ、ウッドデッキなど様々な要素から成り立ちます。

自宅の外の空間をオシャレで快適で、安全な環境にするためにエクステリアにこだわりたい人が多いです。

しかし、全て自分で選んだり、取り付けたりするのは難しいものです。

そんな時は、専門業者に依頼するといいでしょう。

専門業者に依頼すると、見た目だけではなく、生活を快適にする視点も取り入れて理想のエクステリア作りの相談ができます。

また、強風や地震などで倒れないようにしっかり取り付けてくれるので安心です。

専門業者はたくさんあるので、どこに依頼するか迷ってしまった時は「ほっとライン」にお任せください!

エクステリア(門周り)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

エクステリア(門周り)をプロに依頼するなら

エクステリア(門周り)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にエクステリア(門周り)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
31 投票, 平均点: 4.97

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事