【服の収納】すぐ実践できる「服の収納方法」と「オススメのアイテム」

大量にある服の収納にお困りではありませんか?キレイに片付けている人が実践している服の収納には、共通点があります。基本を押さえて、実用性のあるアイテムを上手く使えば、誰でも服をキレイに片付けられるようになりますよ。

お部屋の片付け・収納
更新
【服の収納】すぐ実践できる「服の収納方法」と「オススメのアイテム」

大量の服がうまく収納できずに、困っていませんか?

一人暮らしで収納スペースが狭いのに「服の量が収納スペースを超えてしまっている…」など、オシャレが好きな人に、よく見る傾向かもしれません。

また、子供の人数が増えて家族全員の服を、どう収納るればいいかわからないと、お困りのママさんもいるかもしれませんね。

そこで今回は、服を収納する方法や、オススメのアイテムについて紹介します。

私にも「これならできそう」というものがあれば、何か1つでも試してみて下さいね。

>>プロのお部屋の片付け・収納業者の一覧

【服の収納方法】服を収納する基本の3つの方法を知ろう!

【服の収納方法】服を収納する基本の3つの方法を知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    大量の服で、クローゼットが大変なことになっちゃた…(泣)
    収納や片付けって本当に苦手…モップ、何かいい方法ないかな~??


  • モップ

    いわゆる汚部屋に悩んでるのかな~?
    服の収納は、3つの基本を押さえるといいよ~♫

収納の苦手の人がよくやってしまいがちなのが、適当にぐちゃぐちゃっと詰めてしまうことです。

服に限らずですが収納には基本があり、雑誌やブログでよく見かける収納美人たちが実践している収納には共通点があります。

彼女達がどのように服を収納しているのか、3つのポイントをまとめました。

【服の収納方法】四角にたたんで、立てて収納する!

お店のように服をたたんで、重ねて収納している方が多いと思いますが、これはが服の収納に失敗している原因の1つなんです。

「えぇ~!何がいけないの?」という声も聞こえてきそうですが、重ねて収納すると、一番下の服を取る時にどうしても上の服がぐちゃぐちゃになってしまいます。

また、下に隠れている服が見えないので、探すのにも時間を要しますよね?

立てて収納すれば取りやすく、一目見てどこにどの服をがあるのか探しやすいので、ぐちゃぐちゃにならずにすみます。

子供服の場合は、たたまずに丸めるのもオススメです。

そうすれば、自分で整理整頓をする練習にもなって一石二鳥です。

【服の収納方法】吊るすハンガーを使い分けて収納する!

ワンピースやボトムス、コートやジャケットなど、畳んで収納するのに不向きな服もたくさんあります。

分厚い衣類は畳むより掛ける方が、収納スペースを確保しやすくなり、シワになりやすい素材の服は掛ける方がアイロンの手間も省けます。

ポイントは、そのアイテムに適した専用のハンガーを使うことです。

【服の収納方法】箱や板で仕切って収納する!

下着や靴下などのバラバラになりがちな小物類は、引き出しの中を箱や板で仕切ると上手に収納できます。

【服の収納方法】服の収納に便利な2つのアイテム使おう!

【服の収納方法】服の収納に便利な2つのアイテム使おう!
  • こまるちゃん
    こまる

    収納グッズが上手に選べないよ…。
    オススメの収納アイテムを教えてくれない~??


  • モップ

    片付けたい時は、無駄に収納アイテムを増やさない方が正解なんだ~♫
    収納ボックスは今、持っている物で十分だよ!

100均やニトリ、IKEAなど、手ごろな価格でたくさんの収納グッズが販売されていて、見ているだけでも楽しいですよね。

一方で「安いから」と、やみくもに収納グッズばかりを買いそろえても、結局使いこなせずに物が増えただけという経験のある方もいるのではないでしょうか?

そこで、いきなりたくさん買いそろえなくても、まずはコレだけ押さえると服の収納に便利なおすすめアイテムを紹介します。

【服の収納アイテム】ハンガーを使って収納しよう!

シワになるのを防ぎたいボトムスは、専用のハンガーを利用しましょう。

クリップが左右に移動できる物を選べば、大人服にも子供服にも使用できます。

トップスやコート、ワンピースなどは滑らないハンガーを使えば、落ちてくることがありません。

赤ちゃんの服も専用のハンガーにかけてあげると型崩れもしないし、収納しやすいですよ。

【服の収納アイテム】仕切り板を使って収納しよう!

引き出しの中を仕切るのに、とても便利です。

下着や靴下など、細かい物を収納でき仕切りの組み合わせを自由に変えられる物を選べばスペースの有効活用もできますよ。

【服の収納方法】牛乳パックで楽しんで0円収納しよう!

【服の収納方法】牛乳パックで楽しんで0円収納しよう!

先ほど紹介した仕切り板は「牛乳パック」で代用することも可能です。

牛乳パックは丈夫ですし、切り方や組み合わせ方を工夫して好きな形に変えられます。

汚れが気になったらすぐに捨てて、新しい物と交換できるので、とにかくコスパ最高です。

用意するもの

必須
牛乳パック
はさみ
カッター
折り紙
マスキングテープ
1

.はさみまたは、カッターを使って牛乳パックを切る

収納したい物のサイズに合わせ、牛乳パックをはさみや、カッターを使って切る。

2

切った牛乳パックに飾り付けする

マスキングテープや折り紙などで飾りつけをし、お子様が見てもわかるように中に入れるものの絵をペンで書いて完成。

小さい子供がいるお家では、子供が自ら整理整頓をしたくなるような環境作りも必要ですよね。

インターネットで調べると、牛乳パックを使った収納術がたくさん紹介されています。

親子で楽しく収納する方法を考えてみて下さいね。

また、パパのベルトや靴下も、この方法で作った仕切りに収納すると、どこに何があるか見やすく、出勤前の身支度もラクにしてもらえますよ。

【服の収納方法】クローゼットと押入れで変わる服の収納

【服の収納方法】クローゼットと押入れで変わる服の収納
  • こまるちゃん
    こまる

    クローゼットの部屋と、押入れの部屋があるんだけど、服の収納で気を付けるポイントはある~?


  • モップ

    クローゼットの部屋と、押入れの部屋それぞれにあった収納術を取り入れるといいよ~♫
    ポイントは高さ・奥行き・横幅だよ!

住まいによって、服の収納場所がクローゼットなのか押入れなのか、違いますよね?

それぞれの特徴にあった収納術を取り入れることで、毎日服が出し入れしやすくなりますよ。

出し入れがしやすいということは、つまり散らかるのを防げるので、快適な暮らしに繋がりますね。

【服の収納方法】クローゼットの場合は高さを利用して収納しよう!

洋風な部屋によくある収納です。最近は、このタイプをメインに使われている自宅が多いですよね。ハンガーラックがついていて便利です。

高さがあるので、それを利用した収納を心掛ければ、たくさんの服が収納できますよ。

横幅や奥行きのないクローゼットの場合は、特にこの「高さ」をさらに有効活用しましょう。

バッグ専用の吊り下げラックもあります。オシャレ好きな女性の一人暮らしにオススメですよ。

【服の収納方法】押し入れの場合は横幅や奥行きを利用して収納しよう!

押し入れは、和室にある日本的な収納スペースですね。

基本的に真ん中に仕切りがあって、2段に分かれています。

ハンガーラックがついていないため、押入れ専用のハンガーポールを使うと掛ける収納も実現できますよ。

ハンガーポールと棚が一緒になった便利な商品もあります。

【服の収納方法】服をキレイに見せたい人の収納ポイント

【服の収納方法】服をキレイに見せたい人の収納ポイント

どこに何が収納してあるかがわかるだけではなく「見た目のスッキリ感や」「オシャレ感をもっと楽しみたい!」という方にオススメの収納方法を紹介します。

【服の収納方法】収納アイテムの揃え方を意識する!

大きさの違う収納ケースでも、同じシリーズに統一するだけで、見た目もキレイになります。

また、ハンガーもクリーニング店でもらったハンガーではなく、先ほどオススメしたようなハンガーを使えば、オシャレなクローゼットが完成しますよ。

収納アイテムを揃える時に、意識するポイント2つです。

  • 同じシリーズに統一する
  • 色を揃える

【服の収納方法】収納ケースの配置を考える!

違うメーカーの収納ケースでも同じ色で揃えて、高さが同じものを並べて配置すれば、統一感が生まれます。

【服の収納方法】オリジナルのラベルでセンスアップ!

収納ケースの中に入っている物を、家族の誰が見ても一目でわかるように、引き出し部分にオリジナルのラベルを作って貼っておくといいですね。

マスキングテープに手書きする簡単なものから、100円shopなどでラベルシールやスタンプを買ってきて作ったり、パソコンで作ってタックシールという裏がシールになったフィルム用紙を使って印刷するのもいいですね。

とことんこだわりたい人は、フォントの種類が豊富な家庭用のラベルメーカーもオススメです。

【服の収納方法】出産前にベビー用品を収納する準備する!

【服の収納方法】出産前にベビー用品を収納する準備する!

出産前は、生まれてくる赤ちゃんのお世話グッズ選びも楽しみのひとつですね。

時間にも気持ちにも余裕のあるうちに、収納のことも考えておきましょう。

産後、赤ちゃんと帰宅したあとは、体調も戻り切らない中、睡眠不足にもなります。

お世話も大変なので、収納のことはゆっくり考えられないものです。

可愛いわが子なので大変さだけではありませんが、大変じゃないかと聞かれたら大変です(笑)

あ!脅しているわけでも、育児の苦労を訴えているわけでもないですよ~。

とにかく、出産前のいまのうちに赤ちゃんと過ごす時間を、イメージして収納の準備するのがオススメです。

そのためには「赤ちゃん用のスペース」を作ります。

ベビーベッドやふとんの近くに、よく使うお世話グッズを収納できるようにします。

このスペースに置くのは下記のものです。

  • おむつ
  • おしりふき
  • 肌着などの衣類
  • 綿棒

生活の中で、ママが一番お世話をしやすい部屋にこのスペースを作ります。

筆者も含め、周囲のママさんの中には、リビング横の和室にこのスペースを作っている人が圧倒的に多かったですよ。

【服の収納方法】赤ちゃんの収納用品選びのポイント

【服の収納方法】赤ちゃんの収納用品選びのポイント

赤ちゃんのお世話スペースを決めたら、次は収納用品を選びます。

大きく2つのポイントをおさえると失敗が少なくてすみますよ。

【服の収納方法】スペースの広さを考える!

収納は「たくさんあった方が便利!」というのもわかりますが、あればあるほどいいというわけでもありません。

部屋やスペースの広さにあった収納用品を選びましょう。

赤ちゃんがハイハイを始めたり、歩くようになることを想定して十分な広さを確保しておきます。

赤ちゃんが元気に動き回っても頭をぶつけたりする危険が、できるだけ少ないようにしたいですね。

【服の収納方法】長く使えるものを選ぶ!

可愛いベビーダンスなどがたくさんあって、どれにしようか悩みますよね。

赤ちゃんらしいデザインのものも、それはそれでよさがあります。

しかし、新生児、赤ちゃんといった時期はあっという間に過ぎていきます。

できるだけ先を見越して、長く使えるものがオススメです。

新生児のうちは肌着もとても小さいので、タンスではなくボックスでも代用可能です。

ボックスなら、新生児を卒業したらおもちゃ入れにもでき他の収納にも使えます。

子育てには多くの費用がかかるため、収納用品も賢く選びたいですね。

【服の収納方法】赤ちゃん用品を収納する方法

【服の収納方法】赤ちゃん用品を収納する方法

赤ちゃん用品の収納を考える時は、大きく2種類に分けるとムダがなく、使いやすくなります。

【服の収納方法】お世話グッズの収納方法

赤ちゃんのお世話には、細かいグッズがたくさん必要です。

  • おむつ
  • おしりふき
  • ガーゼ
  • 綿棒
  • 爪切り
  • 体温計
  • 鼻水吸い取り器
  • スタイ
  • 着替え

このようなグッズは、必要な時にサッと取り出せるように収納するのがコツです。

「見せない収納」にこだわりすぎて、どこに何があるのかママにしかわからないとパパも大変です。

積極的に育児に参加してもらうためにも、赤ちゃんのお世話グッズは、お世話スペースのすぐそばに、どこに何があるのかわかるように収納しましょう。

【服の収納方法】おもちゃの収納方法

新生児のうちはガラガラや小さなぬいぐるみだけだったのが、みるみるうちに増えていきます。

積み木や電車、おままごとなど細かいものがとにかく多いです。

その都度、収納を見直すのもいいですが、収納場所をある程度固定した方がお片付けの習慣も身に付きやすいです。

カゴなど決めた大きさの中に納まる「おもちゃしか買わない」と決めると買いすぎ防止にもつながります。

【服の収納方法】赤ちゃん用品は立てて収納しよう!

【服の収納方法】赤ちゃん用品は立てて収納しよう!

ベビーグッズを収納する最大のポイントは「立てて収納する」ということです。

ベビーグッズに限らず、さまざまな収納術本でも紹介されているので、実践されている方も多いですよね。

立てて収納することで、迷子防止になります。

  • 服やガーゼ、スタイ…たたんで立てる
  • 綿棒や保湿クリームなど…100均のケースなどに立てる

おむつや綿棒などの消耗品も、ボックスなどに立てて収納するとスッキリして、取り出しやすくなります。

【服の収納方法】オススメのベビー収納アイテム10選

【服の収納方法】オススメのベビー収納アイテム10選

お店でもインターネットでも、たくさんの収納アイテムが販売されています。

ここで、おすすめの収納アイテムをご紹介します。

【服の収納方法】チェスト

子供が大きくなっても使いやすい、持ち運びがラク、どんなインテリアにも馴染む。という点に絞ってみました。

【服の収納方法】おもちゃ箱

カラフルで、収納力も抜群のボックスです。

おもちゃだけでなく、幼稚園になったらバッグを入れたり、子供が自分でお片付けができるような仕組みになっています。

絵本とおもちゃの収納が両方できる棚です。

落ち着いたカラーなので、インテリアにこだわりたいママにおすすめです。

【服の収納方法】お世話グッズ

よく使うものをまとめて、立てて収納できるアイテムです。

ベッドの横にかけておけるので、使いたい時にすぐに取り出せますよ。
リビングや寝室など、お部屋を移動する時に持ち運べるようにまとめておきたい方は、ボックスタイプもおすすめです。

【服の収納方法】かごに分けて収納したい人におすすめ

新生児を卒業しても、何にでも使えるようにかごを活用したい人におすすめの商品です。

シンプルなカゴなら、インテリアの邪魔にもなりませんね。

自分で服の収納ができないなら業者に依頼できます!

今回は、服を収納する方法や、オススメのアイテムについて紹介しました。

服は毎日身に着ける物ですから、数も多くなります。

うまく収納できないとどんどん服が溢れて、家の中が片付かずストレスになります。

服の収納どころか、片付けが苦手で自分ではどうにもならないと、お悩みの人は片付けや家事代行の業者に依頼するといいですよ。

業者によっては整理収納アドバイザーの資格をもったスタッフも在籍しており、女性のスタッフを指名できる業者もあります。

お部屋の片付け・収納業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

お部屋の片付け・収納をプロに依頼するなら

お部屋の片付け・収納を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にお部屋の片付け・収納の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
34 投票, 平均点: 4.80

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事