最終更新日:

【網戸掃除の裏技】特別な洗剤や道具なしで10分で網戸をきれいに掃除する方法と手順

とっても面倒に感じる網戸の掃除…。実は正しい方法とコツを理解していれば、網戸を外さずに10分ぐらいでキレイにお掃除できちゃうんです。そこで今回は誰でも簡単にお手入れできるおすすめの掃除方法と道具について紹介します。この機会に触ってみると結構汚れている網戸をちゃちゃっと掃除してみませんか?

【網戸掃除の裏技】特別な洗剤や道具なしで10分で網戸をきれいに掃除する方法と手順

網戸が汚れる原因とは

網戸が汚れる原因とは
網戸が汚れる原因とは

網戸の汚れは目に付きにくいため掃除する習慣がないかもしれませんが、網戸は常に外気や風雨にさらされている場所なので、想像する以上にさまざまな汚れが付いているものです。

網戸の汚れは大きくわけて2種類。はらって取れる「内側汚れ(ホコリなど)」と、ふいて取れる「外側汚れ(排ガスなど)」です。

網戸内側の主な汚れは「ホコリ」「手垢」「油」「たばこのヤニ」

網戸の内側には主に室内のほこりやタバコのヤニ、キッチンから出る油分を含んだ煙による油汚れなどが付着します。

ホコリは叩くと落ちる軽い汚れから、雨風が染み込んで網目に絡まり取れにくい頑固な汚れに変化します。たばこのヤニや油が網戸に付着すると悪臭を引き起こす場合もあります。

外側の汚れは「土埃」「排気ガス」「虫」が主な原因

外気に触れる網戸面は、土埃や車や工場から出る排気ガスや小さな虫が主な原因です。季節によっては「花粉」「黄砂」「PM2.5」などの大気中に舞う微細な汚れが大量に付着することもあります。

この汚れを放っておくと、新鮮な空気を部屋に入れたくて窓を開けても換気効率が悪くなるだけでなく、花粉症や呼吸器の病気など思いもよらぬ健康被害を受けることもあります。

時短でキレイに網戸を掃除する方法

時短でキレイに網戸を掃除する方法
時短でキレイに網戸を掃除する方法

網戸が汚れたままだと窓ガラスやカーテンにも汚れが付きやすくなるので、定期的に掃除をしてきれいな状態を保つようにしましょう。

洗車ブラシで目詰まりした汚れを払う

網戸掃除といえば「水拭き」思い浮かびますが、実は水拭きから始めてはいけないのご存知ですか?ホコリを水に濡らしてしまうとホコリが泥汚れ(=重い汚れ)へと変化してしまい、雑巾が真っ黒になるし無駄な手間が増えるのでおすすめできません。

網戸掃除は「ブラシで網戸の目に詰まったほこりや汚れを落とすことから始める」のがポイントです。使用するブラシは歯ブラシよりも、馬毛ブラシのような毛が細く密度の高い「洗車ブラシのほうが手早く簡単に掃除できる」のでおすすめです。

100円ショップで売っているブラシは毛が太く網戸の目に入らないものもあるので要注意。500円ほどの洗車ブラシを買えば、網戸掃除に加えて窓のすみや溝にたまったサッシのホコリも掃き出せるので重宝します。

2度拭き要らずの網戸両面拭き(内側・外側)

次に掃除時間を大きく短縮するため、2人で協力して網戸両面拭きがおすすめです。外側の人はぞうきんを持ち、内側の人は石けんか中性洗剤の泡を付けたスポンジを持って網戸を挟んで洗います。

石けんや中性洗剤の泡の代わりに重曹を溶かした水をスプレーすれば、小さい子どもやペットがいるご家庭でも安心です。網戸を水で拭くとほこりや汚れを広げてしまうため、ぞうきんとスポンジを使って汚れをとってください。

網戸をぞうきんとスポンジで洗ったら、2度拭きや2度洗いは不要です。

マンゴースポンジでサッシの凹凸部分の汚れを拭き取る

サッシレールのように凹凸がある部分の網戸掃除は、スポンジにナイフなどで切り込みを入れたマンゴースポンジを使うと手間なく掃除がはかどります。

作り方は簡単で、スポンジの柔らかい面にカッターで格子状に切り込みを入れるだけ。スポンジがマンゴーカット風になるよう縦横に(2/3の深さが目安)に切手、最後に手で軽くほぐして広げたら完成です。

雑巾で乾拭きする

せっかく掃除した網戸を濡れたまま放置するとホコリが付着してしまうので、水拭きしたら必ず最後に乾拭きをしましょう。また、濡れたまま放置すると雑菌も繁殖しやすいので、水分を十分にふき取り、乾燥させるようにしてください

実は効果ない?網戸掃除でやってしまいがちなNGダメ技

実は効果ない?網戸掃除でやってしまいがちなNGダメ技
実は効果ない?網戸掃除でやってしまいがちなNGダメ技

水拭きから始めない

洗車ブラシで目詰まりした汚れを払うでも紹介したとおり、ホコリの付いた網戸を水拭きするとホコリが泥汚れ(=重い汚れ)へ変化して、掃除の手間が増えてしまいます。洗車ブラシでホコリを取ることから始めてください。

洗車ブラシがない場合は、新聞紙と掃除機をつかってホコリを取ることもできます。

準備物

  • 新聞紙
  • 掃除機

手順

1

新聞紙を使って網戸に貼り付ける

網戸の家の中側に、新聞紙を広げてテープで貼る。

2

掃除機使って網戸の内側の汚れを吸う

網戸の内側から掃除機をかける。網戸の内側に新聞紙を貼り、反対からも掃除機をかける。

お掃除シートは網目の汚れが取れにくい

フローリングの掃除で大活躍のお掃除シート(フロアワイパー)、網戸掃除に使っている方もおおいのでは?高い所まで届くし手軽に掃除できる点はいいのですが、お掃除シートは網目の中に入り込めないのでひどいホコリ汚れにはあまり役に立ちません。洗車ブラシで書き出すほうが掃除がはかどります。

メラミンスポンジは時間がかかる

メラミンスポンジは小さいため、部分洗いにはいいですが網戸全面を掃除するには時間がかかます。また軽い汚れならいいのですが、ひどい汚れの時には「洗車ブラシ → スポンジ&雑巾」の流れで掃除をしたほうがキレイに仕上がります。

おすすめの掃除頻度と時期

おすすめの掃除頻度と時期
おすすめの掃除頻度と時期

おすすめの掃除頻度は「月1回」

網戸は毎日掃除する必要ありませんが、何年も汚れを放置しておくと汚れが取れにくくなります。掃除の目安として「簡単な掃除は月1回、しっかり掃除は半年に1回」が理想です。そこまで時間をかけずにサッと掃除するだけでも、汚れが蓄積することもなくお手入れが楽になります。

おすすめの掃除時期は「梅雨明け」

網戸掃除におすすめの時期は、花粉シーズンが過ぎた梅雨明けです。夏になり窓を開けて過ごすことが増える前に、網戸に付着した大量のホコリや花粉を室内に取り込まないようにするためです。

網戸を汚れにくくする3つの裏技

網戸を汚れにくくする3つの裏技
網戸を汚れにくくする3つの裏技

柔軟剤を塗る

柔軟剤には静電気を抑える成分が入っているので、網戸掃除のときも仕上げに使えばホコリや花粉などが付きにくくなります。雑巾やスポンジに柔軟剤を染み込ませて丁寧に網戸を拭くだけでOKです。

結露防止スプレーをする

窓用の結露防止スプレーも網戸の汚れが付きにくくなるのでおすすめです。できればホコリや花粉を除去する付帯効果のあるものを選んでください。逆にワックス入りの製品は、網戸の穴を詰まらせる可能性があるため避けてください。

床掃除のついでに網戸を掃除機がけ

お部屋の床掃除のついでに、網戸にも掃除機をかけましょう。軽く掃除機をかけるだけでホコリの定着が防げますので、床掃除のついでにサッとかけると拭き掃除も楽になります。

網戸の汚れがひどくて取れないときは

網戸の汚れを長期間放置していて取れなくなった場合や、網戸が一部破れているといったときは、思い切って新しい網戸に張り替えるのがおすすめです。一度新しい網戸に張り替えてからお手入れをすれば、そのあとは簡単にきれいな状態が保てるでしょう。

網戸張替えのプロを探す時は、すまいのほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

網戸張替えならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った網戸張替えの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す