最終更新日:

家の防水工事の種類から家の防水効果を長持ちさせるポイントまでまとめて紹介

家の防水対策はきちんとできていますか?屋根やベランダだけでなく古い住宅の場合は浴室やサッシ回りなど様々な場所の確認が必要です。今回は自分で家の防水工事する方法や、家のメンテナンス方法を紹介します。自分でできる家の防水対策や、防水効果を長持ちさせる方法も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

家の防水工事の種類から家の防水効果を長持ちさせるポイントまでまとめて紹介

家の防水効果が切れて放置すると危険な4つの症状

家の防水効果が切れて放置すると危険な4つの症状
家の防水効果が切れて放置すると危険な4つの症状

新築の家だからと安心して過ごしていても、月日が経つにつれて防水効果は段々と落ちてきます。防水効果がなくなり雨漏りや水漏れで家に大きな被害が起きてしまう前に、様々な症状を事前に見つけて対処しましょう。

家の防水効果が切れて放置すると危険な4つの症状を紹介します。

防水表面にひび割れが見えている

ひび割れた部分から水が入り込み、雨漏りの被害へと繋がります。特に大きなひび割れがある場合は早急に対処が必要です。

排水溝まわりに水がたまりやすい

ドレン(排水溝)に落ち葉などが詰まり、水が流れにくくなっています。そのままにしておくと溜まった水が、防水効果が弱い部分から水が入ってきます。

ドレン(排水溝)まわりはキレイに掃除しましょう。

防水表面が薄く色落ちしている

これは防水層(屋根やベランダの床)が雨や太陽光に晒され、段々と弱くなっている証拠です。これ以上ひどくなる前に対処しましょう。

排水溝以外の部分で水がたまる

これは人が歩いたりすることで、防水面が他の部分より下がっている証拠です。このままでは排水ができずに水が溜ままになると防水面にもよくありません。症状を見つけたらすぐに対処が必要です。

代表的な家の防水方法と特徴

代表的な家の防水方法と特徴
代表的な家の防水方法と特徴

防水にも色々と種類があり、そんな中で代表的な防水工事の方法を3つ紹介します。あなたの家に合った防水方法を選びましょう。

FRP防水工法の特徴

FRP防水工法とは、ガラス繊維シートを何層も重ねることで防水性能を高めます。それだけではなく、FRP防水は何層も重ねる事で継ぎ目からの雨漏りがしづらくなります。

またガラス繊維は強度が優れているため、人が頻繁に歩行するベランダやバルコニーなどによく使用されています。ガラス繊維は軽く家への負担が少なく、施工期間も短く防水工事が完了するためよく選ばれています。

デメリットとしてはガラス繊維シートを何層も重ねることで防水性能が向上するのですが、層の重ねが少ないと防水性能は低下してしまいます。業者の中には本来の重ねる層以下で施工をすませる事があるので注意が必要です。

シート防水工法の特徴

シート防水工法とは「塩化ビニール樹脂シート」や「合成ゴム系シート」を防水箇所に敷いて防水する方法です。シート防水は比較的に安価なために手軽に選ばれています。

シート系は伸縮性が高く伸びがあるので、下地の亀裂に対しても柔軟に対応できます。計量な部分もあり、家に対する負担が少なくてすみます。

デメリットはシート防水する前に下地をある程度成形する必要があり、下地が悪いと水はけが悪くなることがあります。

また、シート表面に鋭利な物や重い物で表面が破れてしまうと雨漏りの原因になるので注意が必要です。複雑な部分の施工が難しく、継ぎ目により水はけが悪くなることがあります。

ウレタン防水の特徴

ウレタン防水とは、ウレタン樹脂を防水面に塗布して防水する工法です。メリットはウレタン樹脂を数回塗り重ねることで、継ぎ目を無くし雨漏りから防げます。施工費も安価なので、選ばれる部分でもあります。

デメリットは数回重ねる事で防水面の向上が見込まれますが、乾燥に時間がかかり工事期間の短縮ができません。

またムラが出やすく均一に塗らないと水溜まりができやすく、水はけも悪くなります。

施工性が他の防水と違い簡易のため素人でも施工しやすく、業者の中には経験の少ないものが施工することがあり、きちんと防水されていない事があるので注意が必要です。

家の防水は屋根やベランダだけではない

家の防水は屋根やベランダだけではない
家の防水は屋根やベランダだけではない

家の防水と言えば、思い浮かぶ場所は屋根やベランダが多いと思います。しかし、家の用途に合わせて屋根やベランダ以外にも防水している箇所があります。それは家を支えている土台にあたる基礎の部分です。

外部に面する基礎から雨などの水が入らないように、基礎の表面に防水処理している家もあります。

また、昔のお風呂は浴槽や洗う場所の下に防水処理していました。他にも外部に面するサッシも雨などの侵入から守るために、サッシまわりに水が入らないように専用の防水テープという材料で防水処理しています。外壁の継ぎ目からも入らないようにシーリングという特殊な素材で、継ぎ目を防水して雨などから侵入を守っています。

屋根やベランダだけでなく家全体に雨などの水から家を守るため様々な用途で防水しているので、自宅の中を確認してみましょう。

ウレタン防水なら自分で工事可能です

ウレタン防水なら自分で工事可能です
ウレタン防水なら自分で工事可能です

防水工事といえば専門業者に依頼するしかないと思いますが、防水塗装材(ウレタン防水)は自分で工事できます。材料はホームセンターなどで気軽に購入できます。

防水したい部分に防水塗装材(ウレタン防水)を塗るだけと、誰にでも簡単にできる防水方法です。

自分で防水工事する時は、注意しなければならないこともあります。

元々防水している箇所に補修として、新たに市販で購入した防水材を塗っておけばそれでいいと言うわけではありません。元々の防水材と新しく塗る防水材と相性が悪い物があります。塗ることによって元々の防水材が剥がれてしまい、ひどい場合は防水効果が無くなることがあります。

また、防水効果も専門業者が使用するような本格的な材料とは異なります。水がまわりやすい場所は、自分でするより専門業者に依頼することオススメします。

メンテナンスして家の防水効果を長持ちさせる

メンテナンスして家の防水効果を長持ちさせる
メンテナンスして家の防水効果を長持ちさせる

防水工事しても時間が経つにつれて劣化するためメンテナンス工事が必要になります。

仕方がないとはいえ、少しでも長く防水効果を維持させるにはメンテナンスが必要です。

  • ドレン(排水溝)まわりを小まめに掃除して水溜まりをなくす
  • 防水表面の苔や汚れから防水層を守る。苔や汚れをそのままにしておくと防水層の劣化が進みます。ドレン(排水溝)の掃除と一緒にキレイにする
  • 防水面に物を置かない。物を置くことで防水層が傷む恐れがある

上記の3つのことを定期的にしましょう。

本格的な家の防水対策は業者に依頼しよう

今回は家の防水工事の種類や、家のメンテナンス方法について紹介しました。自分でできる防水材販売している事もあり、自分で防水工事する人もいます。

しかし、屋根などの高く危険な場所などは、自分で防水するにはなかなか難しいものです。防水効果も業者とは違いムラがあり、そこから雨漏りや水漏れにより被害が起きます。

そういった不安部分を解消するには、やはり業者に依頼することをオススメします。

まとめ

  1. 家の防水効果の劣化度合いは、自分でチェックできるので今すぐ確認しよう
  2. 家の防水対策は屋根やベランダ以外にも必要です。古い自宅では水回りにも防水対策してある場合がある
  3. 家の防水工事は大きく3つある。ウレタン防水なら自分ですることも可能です
  4. 3つのメンテナンスを定期的にして、家の防水効果を長持ちさせよう

屋上・ベランダ防水工事業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

屋上・ベランダ防水工事ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った屋上・ベランダ防水工事の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す