ふすま張替え
更新日:2019/08/13

【襖(ふすま)の張替え】初心者でも安心!カンタン張り替え方法を紹介

【襖(ふすま)の張替え】初心者でも安心!カンタン張り替え方法を紹介

子供が派手に遊んだり、ペットが破ってしまった襖(ふすま)をそのままにしていませんか?襖の張替えは、初心者でもカンタンに行うことができます。今回は、おすすめの襖(切手タイプ・アイロン張りタイプ・シールタイプ)や張替えに必要な道具と使い方を紹介します。

和室の襖(ふすま)を、よく見ると汚れていませんか?

また、小さい子供やペットがいるお家では、知らない間に破られたりして、来客の時に恥ずかしい…と思っていませんか?

でも、ふすまを自分で張替えるは、難しい気がしてそのままになってる…。というお宅もあるかもしれません。

実はふすまの張替えは、コツをつかめば自分でできます。ふすまを張替える簡単な方法や、手順を知ることで、素人でもスムーズにふすまを張替えることができるんです!

  • モップ
    モップ

    今回は、襖(ふすま)の張替えを自分でやりたいけど、やり方がわからない…。と困っている人の助けになりたいと思っています!

というわけで今回は、ふすまの張替えについて詳しく紹介いたします。

>>プロにふすま張替え業者一覧

ふすまの交換のタイミング

ふすまの交換のタイミング
  • こまるちゃん
    こまる

    ふすまって、どのタイミングで交換するの?
    うちは10年ほったらかしなんだけど…。


  • モップ

    一般的なふすまの交換時期を教えるね♪
    こまるちゃんのお家は、まさに今が替え時だよ!

よほどのDIY好きでない限り、「自分の気分で襖紙を交換する」という人は少ないかもしれませんね。

筆者も築10年のマンション住まいですが、1度も交換していません。(何の自慢にもなりませんが…笑)

そこで一般的に、ふすまを張替える時期とされている状態6つ紹介します。

  • 5~10年以上経過している
  • ふすま紙にシミがついている
  • 全体的に茶色っぽく変色している
  • ふすま紙が破れている
  • ふすま本体または、ふすま紙にカビが生えている
  • ふすま紙が浮いてきてきる

襖(ふすま)が破れた

ふすまに穴が開いたり、何かの拍子で破れたりした時は、ふすまを張替えるようにしましょう。
そのままにしておくと、ふすま自体の劣化が早くなってしまうことがあるので要注意です。

汚れやシミが目立ってきた

ふすまについた汚れやシミが目立ってきたように感じたら、その時が張替えのタイミングです。
汚れやシミを長い間放っておくと、カビの原因になるので気をつけましょう。

襖(ふすま)全体が茶色っぽくなった

ふすまを長年使っていると、日焼けなどによって全体が茶色っぽくなります。
そうなると部屋全体の雰囲気も暗くなってしまうので、できるだけ早めに張替えることをオススメします。

お部屋の雰囲気を変えたい

最近は洋室にも合うオシャレなふすま紙も増えています。思い切り洋風にしたい方は、壁紙をふすま紙として使うこともできます。

DIYも流行っているし、気分を変えたい方は、新しい柄のふすま紙を取り入れてみてもいいかもしれませんね。

最短で5年、長くて10年が目安ですが、使用期間がそれ以下でも汚れなどの状態が激しい場合は、交換を検討してみましょう。

自宅の襖(ふすま)はどのタイプ?

自宅の襖(ふすま)はどのタイプ?
  • こまるちゃん
    こまる

    今度彼女が遊びにくるんだけどさ、部屋の襖(ふすま)が破れたままだから恥ずかしくてさ…。
    AKBのポスター貼ってごまかしてるけど、余計に目立っちゃって困るよ(泣)


  • モップ

    5才で彼女を部屋に連れ込んじゃダメだよ!笑
    プロレスごっこで破ったあのふすまだよね♪
    ふすまの張替えは自分でやる方法と業者に依頼する2つの方法があるよ~♫
    まずはふすまのタイプを確認してみよう!

張替えをする前に、襖(ふすま)の基礎知識を簡単に紹介します。まず、5種類のふすまについて特徴をみていきましょう。

自分の家のふすまがどれにあたるのか調べてみましょう。

1.本襖(ほんふすま)

昔からあるふすまで、今でも一般的に使用されています。木の骨組みに和紙が下張りされているのが特徴です。

反りやねじれに強く通気性もありますが、量産が難しいといわれています。
部屋の仕切りとしてだけではなく、押し入れにも使われています。

2.チップボール襖(ふすま)

本襖の下張りを簡素化させたもので、最近の注文住宅によく使用されています。

木製の芯材とボール紙で作られているため、湿気を吸収したり放出したりすることができ、室内の温度を調整するふすまだといわれています。

3.戸襖(とぶすま)

板襖と呼ばれることもあります。重量があり、とても丈夫なふすまで、和室と洋室の仕切りに使われることが多いです。

組子にベニヤ板が貼ってあるのが特徴です。

4.段ボール襖(ふすま)

芯材に段ボールが使用されているふすまで、最近の住宅に多く使用されています。

コストが安く、軽量で取り扱いやすいですが、張替えができないというデメリットもあります。

発泡スチロール襖(ふすま)

芯材にプラスチックの発泡体を使用している襖で、段ボールふすまと同様にこちらも最近の住宅に多く使用されています。

張替えはできないので、使い捨てのふすまとしても知られています。

5種類の襖(ふすま)紙

5種類の襖(ふすま)紙
  • こまるちゃん
    こまる

    自分でふすまを張替えるなんて、考えたことがなかったよ!
    具体的に教えてほしいな~♫


  • モップ

    今は、素人でも自分で張替えやすいふすま紙が、たくさん売られてるんだ!
    詳しく紹介するね~♪

最近では、素人でも自分で張替えやすいふすま紙が販売されています。5種類、それぞれの特徴や使い方を紹介します。

1.和紙ふすま紙

言葉のまま、和紙で作られているふすま紙です。和紙ふすま紙のは、グレードがあります。

  • 本鳥の子…手漉きの紙。無地で柔らかい光沢
  • 鳥の子…機械漉きでありながら、手漉きに近い肌合い
  • 上新鳥の子…鳥の子の普及品で種類が豊富
  • 新鳥の子…機械生産で襖紙の中で最もコストが安く量産性と施工性が良い

2.織物ふすま紙

織物ふすま紙は、ドビー織など縦糸・横糸ともに糸目の詰んだ高級な織物ふすま紙です。

  • 上級織物…織物の中で最も高品質。1枚ずつ丁寧に加工されている
  • 中級織物…手加工や最新の印刷技術で風合いのある絵柄が特徴
  • 普及品織物…コストが安く、種類が豊富で使いやすい

3.再湿のりタイプ(切手タイプ)

裏面に水で溶けるのりがついている襖紙です。スポンジなどで水をムラなく付けて、のりを戻してから貼っていきます。

キレイに仕上げれば美しいふすまですが、再湿のりタイプを使う張替えは、難易度が高いといわれています。

水で貼る切手タイプのふすま紙
水で貼る切手タイプのふすま紙
  • (株)菊池襖紙工場
  • 価格 ¥1,630 (2018/11/28 12:12時点)
Amazonで詳細を見る

4.アイロン張りタイプ

高温でのりを溶かしてから使うふま紙で、スチームアイロンを使って熱と水蒸気で張り付けるタイプと、熱だけを使って張り付けるタイプがあります。

はがしたい時もアイロンを使えば簡単に剥がれるので、手軽に扱えるのも利点です。プラスチックやビニールでできたふすまには使えないので要注意ですが、張替え初心者には、このアイロンタイプがオススメですよ。

EXアイロン貼りふすま紙
EXアイロン貼りふすま紙
  • アサヒペン(Asahipen)
  • 価格 ¥1,250 (2018/11/28 12:12時点)
Amazonで詳細を見る

5.シールタイプ

シールのように裏紙をはずして、そのまま貼るだけのふすま紙です。このタイプも張替えしやすく、アイロンは苦手かも…という方にオススメです。

シールタイプの粘着ふすま紙
シールタイプの粘着ふすま紙
  • (株)菊池襖紙工場
  • 価格 ¥1,420 (2018/11/28 12:12時点)
Amazonで詳細を見る

襖(ふすま)の張替えに必要な道具

襖(ふすま)の張替えに必要な道具
  • こまるちゃん
    こまる

    さっき教えてもらった中から、アイロンタイプのふすま紙を使ってみようかな~♪
    必要な道具を全部教えて~??


  • モップ

    うんうん!アイロンタイプは初心者に本当にオススメだよ~♪
    必要な道具は全部で7つだよ!

張替えを始めた時に「道具がなくてできない!」とならないように、以下の道具は事前に揃えておきましょう。

用意するもの
  • インテリアバール(又はペンチやマイナスドライバー)
  • マスキングテープ
  • スチームアイロン
  • カッターナイフ
  • 定規
  • 襖紙
  • はけ

1.インテリアバール

引手に打ち付けてある釘を外す時に使います。ペンチやマイナスドライバーでも代用可能です。

2.マスキングテープ

ふすまの枠が汚れるのを防ぐために使います。色々なサイズのマスキングテープがありますが、家にあるもので大丈夫です。

3.スチームアイロン

アイロン張りタイプのふすま紙を使う時に必要です。重たかったり大き過ぎたりするアイロンだと作業しにくいので、自分が持ちやすいアイロンを準備しましょう。

4.カッターナイフ

ふすま紙を切る時に使います。よく切れるカッターナイフの方が、キレイに切ることができます。

5.定規

ふすま紙を切る時にカッターナイフと一緒に使います。できるだけ長い定規が使いやすいです。

6.ふすま紙

最近は色々な種類のふすま紙があるので、自分の好きな柄や張替えやすそうな、ふすま紙のタイプを選ぶといいでしょう。

7.はけ

再湿のりタイプのふすま紙を使う時に必要です。はけには色々な種類があるので、自分が使いやすそうな物を選んで下さい。

アイロンタイプの襖(ふすま)紙の張替え

アイロンタイプの襖(ふすま)紙の張替え
  • こまるちゃん
    こまる

    道具が全部そろったよ♪
    さっそくふすまの張り替え方を教えて~??


  • モップ

    おぉ!準備ができたらさっそくふすま紙を張り替えよう!

一般的にふすま紙は、2~3枚なら上から貼って大丈夫といわれています。今貼ってあるふすま紙の上から貼りましょう。

ふすま紙の種類によって張替え方が変わってきますが、ここでは簡単にできるアイロンタイプのふすま紙の張り替え方を紹介します。

手順1. 引手を外す

引手と襖の間にインテリアバールを差し込むと、引手が持ち上がる。釘が出てくるので、その釘を引き抜いて引手を外す。

手順2. マスキングテープを枠に貼る

ふすまの枠にのりがつくのを予防するために、マスキングテープを枠全体に貼る。枠が汚れていたら、ついでに拭き取っておく。

手順3. ふすま紙を貼る位置を決める

柄が曲がったり、ずれていないか確認しながら、ふすま紙を貼る位置を決める。

手順4.アイロンで襖紙を接着

ふすま紙が曲がらないように気をつけながら、丁寧に接着する。アイロンを動かすスピードが早かったり、アイロンの温度が低いまま作業をすると、うまく接着しないこともあるので注意する。

手順5. 余分なふすま紙をカットする

ふすま紙を接着したら、余分な部分をカットする。(この時、下地の襖紙までカットしてしまわないように注意!)カットした部分には、再度アイロンをあてておくとキレイに仕上がる。

手順6. 引手を付ける

引手の位置を確認したら、指などで少し型をつける。その後、カッターで切り込みを入れて引手をはめ込み、釘を打ち込む。(大きい釘を使うと、最後までキレイに打てる。)

手順7. 完成

枠につけたマスキングテープを剥がし、ふすま全体の汚れを拭き取れば完了。

ふすま紙と一緒に引手も一緒に変えれば、お部屋の雰囲気がまた変わって楽しいですよ。
​ふすまの引手の交換方法を紹介した記事を参考にしてみて下さいね。

襖の引手(ひきて)役割や種類、リフォームの仕方について知りたい!
あわせて読みたい
襖の引手(ひきて)役割や種類、リフォームの仕方について知りたい!
リンク(新しいタブで開きます)

業者に依頼するときの料金や注意点

業者に依頼するときの料金や注意点
  • こまるちゃん
    こまる

    もし、自分でふすまの張替えができなかったら、どうしたらいいの?


  • モップ

    ふすまの張替えをしているプロの業者に、依頼するといいよ!
    料金相場などを教えるね♪

DIYも得意じゃないし、時間もないし、やっぱり襖の交換は「プロの業者に依頼したい」という方は、料金や注意点が気になりますよね?

ふすまの交換を業者に依頼する際の料金相場は1面3,000円~5,000円程度です。高くても1面10,000円以内に収まる業者が多いです。

襖紙の種類によって料金が異なるので、高いから損!とは限りません。

業者を選ぶ際に注意したいポイントは下記の4つです。

  • 無料見積をしてもらえるかどうか?
  • 見積もりの内容が明確かどうか?
  • こちらの質問にしっかり回答してくれるか?
  • 連絡が迅速で、対応が丁寧かどうか?

見積もりを取るだけで料金を取られてしまったり、見積もりには記載されていなかった料金を請求されるなどのトラブルがあっては悲しいですよね?

せっかく新しい襖で素敵な和室のある暮らしをするなら、確かな知識と技術をもった業者に依頼したいものです。
自分が納得できる業者を選ぶためには、面倒でも3社は、問い合わせをして比較してみることをオススメします。

まとめ

ふすまの張替えについて紹介しました。

  • ふすまの交換のタイミング
  • 自宅の襖(ふすま)はどのタイプ?
  • 5種類の襖(ふすま)紙
  • 襖(ふすま)の張替えに必要な道具
  • アイロンタイプの襖(ふすま)紙の張替え
  • 業者に依頼するときの料金や注意点
  • まとめ

家事や仕事が忙しくて時間がなかったり、自分でふすまの張替えをするのが難しいと感じたりする時もあると思います。

そんな時は、専門業者に作業を依頼するのも1つの方法です!

専門業者に依頼すると、準備から後片付けまで全てお任せすることができるので、毎日忙しい方にとっても助かりますよね。

また、自分で張替えをする時と違って、失敗する心配をしなくていいので安心です。

ふすま張替え業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ふすま張替えをプロに依頼するなら

ふすま張替えを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にふすま張替えの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
20 投票, 平均点: 3.65

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事