除ウイルスと除菌は違う!知っておきたいウイルスと除菌の正しい知識

ウイルス消毒除菌
更新

感染症がニュースによく出ており、自分と家族の安全が気になりますよね?そこでよく聞く「除ウイルス」と「除菌」が違うと知っていますか?そこで今回は、除ウイルスと除菌の違いや、便利な便利なグッズについて紹介します。合わせて厚生労働省の見解も紹介します。

除ウイルスと除菌は違う!知っておきたいウイルスと除菌の正しい知識

感染症がニュースによく出ており、自分と家族の安全が気になりますよね?

個人でできる対策は、帰宅時の「手洗い」と「うがい」です。

呼吸を助けるマスクも、有効です。

市販の除菌やウイルス対策のグッズを上手く使って、個人にできる予防対策しましょう。

そこで今回は、ウイルスと除菌の違いや、便利なウイルス対策と除菌グッズについて紹介します。

>>プロのウイルス消毒除菌業者の一覧

【ウイルスと除菌】除ウイルスと除菌は根本的に違う!

【ウイルスと除菌】除ウイルスと除菌は根本的に違う!

「ウイルス」と「菌」は、違う存在です。

ここで基礎知識を学び、感染症を対策しましょう。

「ウイルス」と「菌」は違う!

ウイルスには細胞と呼ばれる構造がなく、単体では増殖しません。
他の生物の細胞に取りつき、寄生することで増えます。

菌は生物で、周囲に栄養と水分があれば細胞分裂によって増えます。
人体に利益をもたらす菌もいれば、害を及ぼす菌もいる状況です。

有名な善玉菌として、ヨーグルトに多いビフィズス菌を挙げられます。

混同されるケースが多いので、区別しておきましょう。

「除ウイルス」と「除菌」の難易度が違う!

除菌より、除ウイルスの方が難易度が高いです。

なぜならウイルスには細胞構造がなく、その治療薬の開発に苦労するからです。

インフルエンザには有効な薬がある反面、それ以外のウイルスは各自の免疫力に頼っています。

除菌については多くの市販品で目にする一方で、「除ウイルス」と銘打ったものは滅多に見られません。

「除菌できるペーパーで拭いたから安全」と油断しないようにしましょう。

【ウイルスと除菌】厚生労働省のウイルス消毒と除菌の見解

【ウイルスと除菌】厚生労働省のウイルス消毒と除菌の見解

厚生労働省は、新型コロナウイルスの消毒、除菌についての見解を出しています。

>>【参考】新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

【ウイルスと除菌】ウイルスを粘膜に触れさせない!

ウイルス対策は、口、鼻、眼といった粘膜に触れさせないようにしましょう。

飛沫を防ぐためにマスクの着用を心がけて、手や指についたウイルスを洗い流しましょう。

ウイルスは単体では増えないため、帰宅時の手洗い、うがいを習慣にしましょう。

各店舗に設置されているアルコールも、一定の効果があります。

物に付着したウイルスについても家庭用の漂白剤や洗剤は、それなりの効果が期待できます。

しかし、素材によっては傷みますので、使用上の注意、用法を守りましょう。

【ウイルスと除菌】こまめに部屋の換気する!

ウイルスは物体のため、こまめな換気で排出できます。

空気の入口と出口の2箇所を作り、1時間2回以上換気するのが理想的です。

消毒や除菌とアピールしている市販品を部屋に噴霧するのは、眼などから吸収されて健康に影響する恐れがあるためオススメできません。

【ウイルスと除菌】クレベリンの効果や仕組み

【ウイルスと除菌】クレベリンの効果や仕組み

TAIKOのクレベリンは二酸化塩素分子が、ウイルス除去と除菌に役立っています。

>>【参考】クレベリンの公式サイト

【ウイルスと除菌】二酸化塩素はウイルスと菌を低下させる!

空間の除菌は、目に見えないウイルスや菌を除去しなければなりません。

クレベリンに入っている二酸化塩素分子は「ウイルス」「菌」「カビ」に反応して酸化させます。

そして対象になった物は、その機能が低下します。

【ウイルスと除菌】空間と物体における除菌の違い

クレベリンの二酸化塩素を空気に拡散させると、浮遊しているウイルスや菌の機能を低下させます。

対象のウイルスや菌は除去されて、空間の除菌になります。

物体の除菌は、表面に付着しているウイルスや菌を除去することです。

二酸化塩素を吹きかければ、やはり対象へ直接作用します。

【ウイルスと除菌】オススメのウイルス対策と除菌グッズ

【ウイルスと除菌】オススメのウイルス対策と除菌グッズ

最近は、様々なウイルス対策や除菌商品が販売されてます。

外出せずに購入できるインターネット通販で、スマートに予防してみましょう。

100%天然由来、グレープフルーツの種子のエキスで抗菌できます。

柿のエキスで、消臭効果もあります。

使いやすいスプレータイプなので、誰でも簡単に使えるのが特徴です。

食品添加物と同じ成分でできています。

「次亜塩素酸」とは、水道水やプール、食品加工工場でも広く利用されている「次亜塩素酸ナトリウム」を水と食塩を電気分解することで生成し、炭酸ガスを添加することでpH値を弱酸性に調整し塩素濃度を高めた除菌水です。

どこでも使えるスプレータイプで、安心の日本製です。

ウイルスと(除)菌の違いを知って対策しよう!

今回は、ウイルスと除菌の違いや、便利なウイルス対策と除菌グッズについて紹介しました。

根本的な解決は、国や各自治体の対応待ちとなります。

しかし、個人で買えるウイルス対策や除菌のグッズによって、心理的な安心感につながります。

家族と過ごす自宅をできるだけ安全にしておけば、感染するリスクを減らせます。

自分が利用できる行政サービスや申請を見逃さないためにも、公式サイトをこまめに確認しましょう。

ウイルス消毒除菌業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ウイルス消毒除菌をプロに依頼するなら

ウイルス消毒除菌を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にウイルス消毒除菌の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事