最終更新日:

【マットレスのカビを落とす方法】マットレスのカビや汚れ落とす方法

マットレスのカビに気がつくのが遅くなり、取り返しのつかない状態になっていませんか?マットレスにカビが発生するのは、カビが発生しやすい環境が原因です。今回は、マットレスに発生したカビを落とす方法や、マットレスの汚れ防止に役立つグッズについて紹介します。

【マットレスのカビを落とす方法】マットレスのカビや汚れ落とす方法

マットレスに付いた「この黒い斑点はなに?」とマットレスにカビが発生して困っていませんか?

マットレスにカビが発生するのは、カビが発生しやすい環境が原因です。

カビをそのままにしておくと身体にも悪い影響がでてきます。

そこで今回は、マットレスに発生したカビを落とす方法や、マットレスの汚れ防止に役立つグッズについて紹介します。

カビから大切なマットレスを守るために、カビ対策しましょう。

>>プロのマットレスクリーニング業者の一覧

【マットレスのカビ】マットレスにカビが発生する原因

【マットレスのカビ】マットレスにカビが発生する原因

カビは日当たりが悪い、暗くてジメジメした湿気を帯びた環境を好みます。

少量の水気が常に蓄積した環境は、カビにとっては繁殖しやすい環境です。

浴室(ユニットバス)や洗面所、キッチンなど水をよく使う場所は特にカビが繁殖しやすい環境とも言えます。

また、押し入れや室内の日が当たらない角部分などもカビが繁殖しやすい環境です。

【マットレスのカビ】マットレスにカビが発生する原因

私たちが寝ている間に体から出てくる汗などを吸収して、マットレス内部にどんどん蓄積されます。

マットレスは布団やシーツなどで、蓄積された汗などの湿気を蒸発しにくくなるため、徐々にカビが繁殖します。

マットレスは敷いたままにすることが多く、マットレスにたまった湿気は逃げにくい環境になります。

カビにとっては快適空間になります。

【マットレスのカビ】知っておくべきカビの危険性

【マットレスのカビ】知っておくべきカビの危険性

【マットレスのカビ】カビは身体にはよくない!

マットレスにカビが繁殖してしまうと、一番影響が大きいのが体内にカビが入り込むことです。

寝ている間に知らず知らずにカビが口や鼻から取り込んでしまい、肺などの気管にカビが侵入することで「ぜんそく」などの呼吸困難になるケースもあります。

マットレスのカビが発生した場合は、そのまま放置しないで適切な対処しましょう。

【マットレスのカビ】マットレスからカビが広がる!

マットレスに発生したカビは繁殖するだけでなく、マットレス内で増殖して広がり、周りのシーツや布団、または壁紙など転移して広がり続けます。

そうなるとマットレスだけの対応という訳にもいかなくなり、被害が大きくなります。

被害が大きくなるにつれて対処が難しくなるので、マットレスにカビを見つけたら早めに対処しましょう。

【マットレスのカビ】マットレスのカビを落とす方法

【マットレスのカビ】マットレスのカビを落とす方法

どんなに気を付けていても「マットレスにカビが発生してしまった…」そんな時は、慌てずに対処しましょう。

用意するもの

必須
シートまたは、新聞
タオル
ブラシまたは、古歯ブラシ
市販洗剤

市販されている洗剤は、様々な種類があります。

カビの汚れに強い商品も販売されていますが、使用上に注意が必要なことがあるので気を付けましょう。

特に塩素系などの漂白剤はカビには強力なアイテムです。

しかし、マットレスのような繊細なものや色のついているマットレスの場合、色落ちをしたり、生地が傷む場合もあるので使用上の注意をよく理解してから使いましょう。

1

タオルやブラシを使ってマットレスのカビを落とす

シートまやは新聞紙を敷いた上にマットレスを置いく。カビが付着した部分をお湯に付けたタオルやブラシを使って落とる範囲で落とす。カビを取り除く時は擦らずに、軽く叩くように拭き取るようにすると生地の痛みが少なくなります。

2

市販洗剤を使ってマットレスのカビを落とす

ある程度取り除けたら、洗剤を少しずつ加えながらカビを取る。洗剤はカビの程度確認しながら洗剤の量を増やす。

3

マットレスを乾燥させる

最後に濡れた部分を乾燥させる。ドライヤーや扇風機など風通しよくするとより効果的です。

【マットレスのカビ】マットレスの基本掃除

【マットレスのカビ】マットレスの基本掃除

マットレスの基本掃除は、掃除機を使います。

掃除機に付属されている先端のブラシを付け替えたり、専用のクリーナーを使うと、よりマットレスにたまりやすいホコリ、髪の毛、ダニなどが吸い取りやすくなります。

マットレスを掃除するポイントは、3分~4分かけてゆっくり掃除機をかけましょう。

ホコリなどの細かいゴミがたまりやすい下記の3箇所に重点をおいて、掃除機をかけると効果的です。

  • マットレス頭の部分を重点に掃除機かける
  • マットレスとベットの隙間を重点に掃除機かける
  • マットレスの淵(縫い目)を重点に掃除機かける

【マットレスのカビ】カビ以外のマットレスの掃除方法

【マットレスのカビ】カビ以外のマットレスの掃除方法

【マットレスのカビ】マットレスの寝汗を掃除する方法

人は寝ている間にコップ1杯分の、汗をかくといわれています。

寝汗でできたシミを落とすには、皮脂汚れに強い重曹を使った掃除が効果的です。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
バケツ
タオル
1

重曹を使ってバケツに重曹水を作る

重曹水はバケツに水を300mlと、重曹を大さじ1~2杯を入れて混ぜると完成です。バケツに作った重曹水をタオルに染み込ませて固く絞り、マットレスにタオルを押し当てて汗シミをタオルに吸収させる。

2

固く絞ったタオルで重曹が残らないようにしっかり拭き取る

重曹水に染み込ませたタオルでシミを取り、最後に固く絞ったタオルで重曹が残らないように拭き取りマットレスを乾燥させ完了。

【マットレスのカビ】マットレスのおねしょを掃除する方法

子供が小さいうちは、おねしょもありますよね?

パッドなどで防止していても、おねしょによる汚れがマットレスについてしまった場合は、アンモニアに強いクエン酸で掃除しましょう。

用意するもの

必須
クエン酸
バケツ
タオル
1

クエン酸を使ってクエン酸水を作る

クエン酸水はバケツに水を200ml、クエン酸を小さじ1杯を作り、タオルに染み込ませて固く絞ったものをマットレスに押し当てて汚れをタオルに吸収させる。

2

固く絞ったタオルでクエン酸が残らないようにしっかり拭き取る

クエン酸水に染み込ませたタオルでシミを取り、最後に固く絞ったタオルでクエン酸が残らないように拭き取りマットレスを乾燥させ完了。

クエン酸は、塩素系洗剤と混ぜると有毒ガスが発生するため、使用する際は注意しましょう。

また、換気や手袋の着用も忘れないようにしましょう。

【マットレスのカビ】ジュースなどをこぼした時の掃除方法

同じ液体でも、ジュースやお茶などの飲み物をマットレスにこぼした場合は、水で濡らして固く絞ったタオルでトントン叩きます。

それでも取れない場合は、中性洗剤を薄めた水にタオルを浸し、同じくトントン叩くように拭き取りましょう。

洗剤が残らないように水で濡らした布で、しっかり拭き取り乾燥させて終わりです。

【マットレスのカビ】マットレスの汚れ防止グッズ

【マットレスのカビ】マットレスの汚れ防止グッズ

【マットレスのカビ】マットレスの汚れを防ぐため「敷きパット」

ベットパットや、敷きパットを敷くだけでマットレスの汚れをかなり防げます。

洗えるパットであれば、パットに汚れが付いたら外して、洗濯機で洗うだけなのでとても簡単です。

【マットレスのカビ】粗相を染み込ませない「防水シーツ」

ベットパットや敷きパットなどは、とても便利ですが液体の汚れには少し不安が残ります。

小さい子供がいたり、ペットが粗相してしまうなどの心配がある場合は、防水タイプのシーツがオススメです。

【マットレスのカビ】カビを防ぐため「除湿シート」

湿度はマットレスにカビを発生させる大きな原因になるので、できるだけ取り除きたいものです。
マットレスの上に敷くだけで、寝汗や湿気を吸収してくれるシートもあります。

ただし、こちらも敷きっぱなしにしておくとまたカビが生えてしまうので、商品の説明書をよく読んで定期的にメンテナンスして下さい。

【マットレスのカビ】マットフレームを変える!

ベットフレームのデザインによっては、とても通気性が悪い物もあります。

また、ベットフレームを使わずに、床に直接マットレスを置いている場合も、通気性が悪く湿気がたまります。

定期的にマットレスを壁に立てかけるのが面倒という方はすのこを使ったり、通気性に優れたベッドフレームに変えると、ずいぶん湿気がたまるのを防げます。

また、部屋の湿度も関係してくるので、梅雨の時期は除湿器やエアコンの除湿機能を使うなどしましょう。

自分でマットレスのカビが落とせないなら業者に依頼!

今回は、マットレスに発生したカビを落とす方法や、マットレスの汚れ防止に役立つグッズについて紹介しました。

ビッシリ生えてしまったカビを、素人が完全に除去するのは難しい場合もあります。

ダニ対策も自分でやるより「完璧にしたい!」と希望する人は、業者に依頼するのが1番です。

マットレスクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

マットレスクリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったマットレスクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す