床下のカビを放置すると危険!今すぐ床下のカビ対策について考えよう!

カビの予防除去工事
更新

床下のカビ対策についてあましたことがない人が多いかもしれませんが、床下に湿気がたまりやすい環境の場合は危険です。何もせずに放置していると木材が腐ったり、シロアリの被害にあうこともあります。床下のカビ対策して、家の健康を守りましょう。

床下のカビを放置すると危険!今すぐ床下のカビ対策について考えよう!

床下は大切な家を支えている家の土台で、まさに縁の下の力持ちとして家を支えています。
そんな床下ですが、普段は気にもとめていませんよね?

床下に湿気がたまりやすい環境なら「どうなるのか?」ちょっと想像してみて下さい。
湿気といえば「カビ」です。
床下にカビが発生すると、木材が腐ってしまうこともあります。

また、シロアリの絶好の住処になってしまうことあります。

そこで今回は、床下のカビが生える原因や、床下にカビが生えているか確認する方法について紹介します。

>>プロのカビの予防除去工事業者の一覧

床下にカビが生える5つの原因

床下にカビが生える5つの原因

「カビ」と聞くと、ジメジメしたイメージがありますよね?

  • 適度な温度
  • 湿度
  • 栄養分
  • 酵素

カビは上記の5つが揃うと発生します。

日本には四季がありますが、冬をのぞきカビが好む「適度な温度」「湿気」が揃っています。

そのため昔の家は、材木は天然乾燥材、屋根は茅葺き、壁は泥の塗り壁など自然素材が多く使われていました。
自然素材には余分な湿気を吸い取り、乾燥していれば湿気を吐き出すという湿度調節機能があり、カビが好む過度な湿度を防いでくれます。

昔の日本の家は隙間が多くて風通しがよく、床下の高さがあることで風通しがいい作りでした。
湿度調整と風通しにより、カビを防いでいました。

昔の家に比べると、現代の住宅構造は「高気密」「高断熱」です。快適な家屋になった反面、湿気がこもりやすくなっているのも事実です。
床下も昔の家屋より高さが低く、頑丈な基礎コンクリートに囲まれており、床下の風通しは悪くなっています。そのため湿気がこもりやすく、カビが発生しやすくなっています。

しつこいようですが、カビは「適度な温度」「湿気」「栄養分」「酸素」が揃うと発生します。

このうち「適度な温度」「栄養分(埃や塵などの汚れや雑菌)」「酸素」は防ぎようがないので、「湿気」を防ぐことが床下のカビ対策になります

床下にカビが生えたら木材腐敗やシロアリ被害

床下にカビが生えたら木材腐敗やシロアリ被害

床下は思っている以上に湿気対策しなければカビが生えます。
湿気対策せずに放置し続けると、悪影響があます。

  • 床下の木材が腐敗する
  • シロアリ被害の恐れ
  • 畳や床にダニが発生する
  • アレルギー疾患のリスク

床下の木材が腐敗して、それによって家の強度が下がります。

腐った木はシロアリの大好物です。
シロアリが入りこめば木材を食い荒らされてしまい、家の強度がさらに下がってしまいます。

床下は、家を支える大事な土台部分です。
土台部分が弱まれば、当然家の強度が下がってしまいます。

床下から畳や床上にカビが広がれば、カビによるアレルギー疾患の恐れもあります。
カビをエサにするダニが繁殖すれば、ダニによるアレルギー疾患の恐れもあります。
抵抗力が弱い小さなお子さんやお年寄りは、特にカビやダニによるアレルギー疾患のリスクにさらされてしまいます。

床下のカビが大切なお住まいや、家族の健康に関わっているということを頭に置いておかなければいけませんね。

床下にカビが生えやすいか今すぐ確認しよう

床下にカビが生えやすいか今すぐ確認しよう

床下に湿気があれば、必ずしもカビが生えるという訳ではありません。
どこの家の床下でも湿気はあります。

問題は、過度の湿気がある場合だけです。
そこで、床下に湿気がたまりやすい条件について確認しましょう。

周りの土地より低い場合は床下にカビが生えやすい

道路など周りの土地より家の敷地が低いと、雨水が敷地内に流れ込みます。

これによって湿気がたまりやすくなります。

土壌面が敷地より低い場合は床下にカビが生えやすい

同じ敷地内でも、床下の土壌面が他の敷地より低いと床下に雨水が流れ込みます。
常に床下がジメジメしているということもあります。

家が建つ前は田んぼや湿地帯の場合は床下にカビが生えやすい

家が建つ前の敷地が田んぼや沼などの湿地を造成した土地の場合は、土壌自体が湿気を多く含んでいます。

床下空間の高さが低い場合は床下にカビが生えやすい

床下空間の高さが低いと風通しが悪く、湿気がたまりやすいです。

換気口が塞がれている場合は床下にカビが生えやすい

基礎の換気口の前が雑草やプランター、エアコンの室外機、隣家の塀などで塞がれていると、当然床下の風通しが悪く湿気がたまりやすいです。

床下に雨水が流入した場合は床下にカビが生えやすい

台風や洪水で床下に雨水が流れ込んでしまうと、床下はジメジメした状態が続いてしまいます。

排水管からの水漏れしている場合は床下にカビが生えやすい

排水管から水漏れしている場合も、当然床下は湿気だらけです。
雨漏りしていると、屋根裏や壁内の湿気が高くなりカビが生えてしまいます。

自分でできる床下のカビチェック

  • 畳を触るとジトジトしている気がする
  • 畳にカビが生えている
  • 1階の押入れやクローゼット内の布類が湿気っぽい
  • 1階の押入れやクローゼット内の布類にカビが生えた
  • 床がブカブカしていたり沈んだりする
  • 床下点検口、床下収納、床下換気口からカビの臭いがする
  • 床下換気口が雑草やプランター、エアコンの室外機、塀などで塞がれている
  • 敷地が周りの土地に比べて低く、雨水が流入する
  • 庭の土がいつも湿っている

このうち何か一つでも当てはまる事項があれば、念のため防湿、シロアリ駆除の専門業者に依頼して、床下を点検してもらった方がいいかもしません。

床下のカビと湿気対策する方法

床下のカビと湿気対策する方法

床下のカビと湿気対策は自分でできる場合や、業者に依頼する必要があります。

家を建築時にできる床下カビ対策

防湿対策として、床下の土壌の全面に防湿コンクリートを打ったり、防湿シートを敷いてあるのが一般的です。
建築時にこういった床下を対策しているか、業者に確認しておくと安心です。
防湿シートは年数が経てばは劣化します。

敷地が周りの土地より低いために雨水が床下に流れ込んだり、排水管からの水漏れなどにより、度な湿気やカビが発生することもあり
その都度、メンテナンスが必要です。

家を建てた後に必要な床下カビ対策

【水漏れ、雨漏りを防ぐ】
水漏れや雨漏りがある場合は、その部分を修理しましょう。
また、床下への雨水の流入を防ぐために排水溝を設けるなど対策しましょう。

【湿気をコントロールする】
調湿材などを使用して、湿気がたまらないように調整しましょう。

【空気の流れをよくする】
空気の流れがよくなれば、湿気はたまりません。
換気口はあるものの上手く機能していない場合は、換気扇を設置して強制的に空気の流れを作りましょう。

【換気口付近に物を置かない】
換気口付近に雑草やプランター、エアコンの室外機があると空気の流れを妨げてしまいます。
換気口を最大限に活かすには、換気口付近に物を置かないようにしましょう。

【シロアリ対策】
上記の対策でカビや湿気はげるものの、シロアリの不安はぬぐえません。
シロアリがいるかどうかの診断も同時にして、必要に応じて駆除や防蟻処理しましょう。

自分でできない床下のカビ対策は業者に相談!

今回は、床下のカビが生える原因や、床下にカビが生えているか確認する方法について紹介しました。

床下のカビ対策は、大切な住まいと家族の健康を守るのに重要です。

装備も知識も経験もない素人には難しい作業となるため、専門業者の力を借りるのが得策といえます。

当然費用もかかり、大切な住まいのメンテナンスを依頼するので、信頼できる業者を選びたいですよね?
いい業者を選ぶには、複数の業者を比較する必要があります。

まとめ

  1. 床下にカビが生える大きな原因は「湿気」です
  2. 床下にカビが生えているか、自分でできる範囲で確認しましょう
  3. 床下のカビ対策は、大きく5つある。床下に換気扇を設置したり、防腐、防カビ工事を素人がするのは難しいため、信頼できる業者に依頼する

カビの予防除去工事業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

カビの予防除去工事をプロに依頼するなら

カビの予防除去工事を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にカビの予防除去工事の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる