【草むしりのコツ】草むしりをラクにするポイントや道具を知ろう!

しつこい雑草の対策は、やみくもに草むしりをするより、正しいタイミングで効率よく作業することで楽になります。また、雑草を生えにくくするために除草剤や防草シートなどを使う方法もあります。今回は、草むしりのコツについてまとめました。ぜひ参考にして下さい。

草むしり(手作業)
更新
【草むしりのコツ】草むしりをラクにするポイントや道具を知ろう!

少しずつ暖かくなると、庭の雑草はどんどん伸びてきませんか?

雑草が伸びすぎると草むしりをしなければいけせんが、時間も体力も使うから正直大変ですよね?

そんな大変な草むしりは効率を上げると、スムーズに進められます。

草むしりに適した時期やコツを知るだけで、今までよりも楽に作業ができますよ。

そこで今回は、草むしりをするタイミングや、草むしりのコツや注意点や、しつこい雑草の対処方法について紹介します。

>>プロの草むしり(手作業)業者の一覧

【草むしりのタイミング】草むしりはいつすればいいの?

【草むしりのタイミング】草むしりはいつすればいいの?

春先から悩まされる草むしりですが、雑草には草むしりのタイミングがあります。

雑草は「一年草」か「多年草」の2種類あります。

一年草か、多年草によって雑草の抜くタイミングが違います。

草を抜きたいのは、どちらかの種類か確認し草むしりするのがコツです。

一年草は春と秋に発芽するので春先に草むしりしよう!

一年草の雑草は春と秋に発芽するので、春先のメヒシバやブタクサは背丈が低いうちに抜きましょう。

まだ芽が出始めた時には、雑草の根が強く張っていなくて背丈も低いので簡単に抜けます。
芽が出始めたばかりの春先に草むしりしましょう。

また秋雑草は秋に発芽し、冬を越してから春や夏に枯れます。

オオイヌノフグリやホトケノザなどは、秋に発芽した直後に抜くと効果的です。

秋雑草の場合は発芽し程度成長すると一定の期間は、多くの雑草が枯れたような状態になりますが、地面の下で根は張っています。

そして次の年に地下茎や生きている根から、再び芽が出て生い茂ってしまいます。

大きくなって生い茂った状態になると、根がかなり力強く張って抜くのが大変になります。

生え始めの早い時期に処理した方が抜くのも楽です。

生え始めの秋のうちに芽が小さいので、しっかりと抜くと次の年に楽ですよ。

多年草は時期に関係なく発芽するので見つけ次第根っこから抜こう!

時期に関係なく発芽して成長し、枯れてしまっても根が残っていればそこからまた成長する厄介な種類です。

多年草はオオバコ、クローバー、セイヨウタンポポ、ドクダミといった、みなさんが知っている雑草が多いです。

このような雑草は見つけ次第、根っこから抜くしかありません。

中には成長しきってしまい、なかなか抜けない雑草もあります。

そんな時は雨が降った後に、草むしりしましょう。

土が水を吸収し、柔らかくなっているので雑草が抜きやすくなります。

これらの雑草を放置すると、元々庭に咲いていた花がしおれてしまい、雑草まみれの庭になってしまうかもしれません。

そうならないためにも、雑草がまだ小さいうちに抜きましょう。

【草むしりの服装】日焼けやシミができないように注意

【草むしりの服装】日焼けやシミができないように注意

その対策として日焼け止めクリームや、虫除けスプレーを使いましょう。

日焼け止めクリームや、虫除けスプレーも万能ではなく、時間が経つと効果が薄れてくるので服装で対策しましょう。

【草むしりの服装】紫外線から頭を守る帽子をかぶりましょう!

熱中症対策としてなるべく、どの方向でも日差しから守れるように、麦わら帽子のようなつばの広い帽子をかぶりましょう。

【草むしりの服装】風通しのいい長袖や長ズボンを着ましょう!

服は半袖でも大丈夫かと思うかもしれませんが雑草にかぶれたり、虫に刺されたりするので、暑い時期に草むしりをする時は、熱がこもらないように風通しのいい長袖や長ズボンを着ましょう。

【草むしりの服装】怪我をしないために手袋を装着しましょう!

草むしりは手で直接土や草に触れるので、草や虫に刺されることが一番多い部分です。

​土に汚れてもいいように手袋を装着しましょう。

【草むしりの服装】虫に刺されないようにスニーカーを履きましょう!

サンダルやつっかけで草取りをすると、虫に刺される可能性が高くなります。

なるべく履きなれたスニーカーや、長靴をはいて草取りしましょう。

【草むしりの注意点】草むしりする時の3つの注意点

【草むしりの注意点】草むしりする時の3つの注意点

草むしりをする時は、自分の庭とはいえ何が起こるのかわかりません。

安全のためにも、しっかり対策を取っていても損はありません。

そこで、注意点を3つ紹介します。

【草むしりの注意点】草むしりをする時はこまめに水分補給を取ろう!

熱中症で毎年亡くなる方がいます。

汗が流れると水分だけでなく塩分も一緒にでていきます。

喉が渇いたらスポーツドリンクや、飴を口に入れるようにしましょう。

近年では脱水症状対策として経口補水液が販売されてますが、自宅にある物でも簡単に作れるので紹介します。

用意するもの

必須
砂糖
レモン汁
1

材料と水を混ぜて経口補水液を作る

用意した水を1L、塩を3g、砂糖を40g、レモン汁数滴を溶けきるまで混ぜて完成です。

【草むしりの注意点】腰を痛めないために運動しよう!

草むしりは、腰をずっと下ろして抜くので腰に負担がかかります。

そのため草むしりの前に、スクワットなど腰のストレッチをしておくと、腰を痛めにくくなります。

【草むしりの注意点】ケガをした時は処置を早めにする!

虫や草に刺された時は、雑菌が入らないように水洗いしてから薬を塗りましょう。

​毒などで傷が酷い場合は、救急車を呼びましょう。

【草むしりの道具】草むしりの時にあると便利な5つの道具

【草むしりの道具】草むしりの時にあると便利な5つの道具

草むしりは素手でもできますが、道具を使うとよりスムーズにできます。

効果も違いがあるので用途をよく理解し、自分の庭に合った道具を使いましょう。

【草むしりの道具】根が深い時はスコップ、シャベル、鍬

根が深く抜けない時はスコップや、シャベルで掘り起こして土を払いましょう。

大きい雑草には鍬(くわ)で、周りの雑草ごと掘り起こしましょう。

【草むしりの道具】根っこから抜くのが難しいなら鎌で刈る!

根っこから抜くのが難しい場合は、鎌で刈りましょう。

刈る時は地面から3cm以内を目安に刈ると、成長しにくくなります。

また、石やコンクリートの隙間に生えた雑草は引き抜くのが難しいですが、鎌のような先がとがった物だと、狭い場所でも入り込み刈れます。

【草むしりの道具】腰が痛くなる前に椅子で休憩する!

高齢の方は特に腰を痛めやすいので、腰を下ろす体勢がきついときは低めの椅子を用意しましょう。

腰に負担がかからず草むしりもできます。

園芸用も販売していてキャスター付きの椅子だと移動する時にも、腰を上げずにすむので便利です。

【草むしりの道具】草むしりが終わったら雑草を枯らす除草剤

雑草を抜いた後に除草剤をまけば、そこから雑草が出にくくなります。

しかし他の草木や、人体の健康に影響が出ないか心配という方もいます。

除草剤を購入する時は慎重に選びましょう。

【草むしりの道具】草むしりが終わったら砂利や防草シート

こちらも雑草を抜いたところをまくと日光を遮ったり、水をかけると固まったりするといった効果があり雑草を成長しにくくします。

これらの道具はホームセンターで売っています。

種類も豊富で店員から専門的なアドバイスもくれるので、気になる方は行ってみてはいかがでしょうか?

【草むしりの方法】草むしりする時の4つのポイント

【草むしりの方法】草むしりする時の4つのポイント

庭の雑草を抜いても、外から種子が風で運ばれるので雑草をなくすことは難しいですが、庭をキレイに保つためにも負担は少しでも減らしたいですよね?

草むしりをラクにするコツを4つ紹介します。

水をまいて土を柔らかくしてから草むしりする!

雨が降った後や翌日に草むしりすると抜きやすくなりますがく、雨がなかなか降らない時はホースやじょうろなどで水をまき、土が乾く前に雑草を抜きましょう。

簡単に雑草が抜けますよ。

草むしりは狭い範囲で目立つところから始める!

雑草を抜くだけの単純な作業なので、全部をやろうとすると疲労がたまります。

そんな時は場所を決めて、目立つ場所を優先的にやると抜いた場所を見返えすと、達成感ともっとやりたいという気持ちが出てきますよ。

お湯をかけて雑草を枯らして草むしりする!

熱い湯をかけると数日で雑草は枯れますが、根っこまでは枯れないので、根が地面に張る前にお湯をかけるのがオススメです。

お湯を沸かすのが面倒な場合は、麺類の湯切りやお風呂の残り湯などを使うと雑草も枯らせられて一石二鳥です。

黒いビニールをかぶせて除草する!

黒は光を吸収する効果があり、雑草をかぶせると成長しにくくなるので若い芽を見つけた時にすると効果的です。

【草むしりの方法】雑草の種類別に草むしりをする方法

【草むしりの方法】雑草の種類別に草むしりをする方法

雑草の種類によって草むしりに適した時期が異なるので、それぞれに合わせた時期に草むしりをしましょう。

ここをおさえておくと、無駄がなくなって効率がよくなりますよ。

【草むしり】春雑草の草むしり方法を知っておこう!

ブタクサ、メヒシバなどの春雑草は、春に発芽して秋に枯れる雑草です。

春雑草の草むしりに適した時期は、芽が出始める春です。

草丈も小さく、根の張りも弱いうちに抜きましょう。

【草むしり】秋雑草の草むしり方法を知っておこう!

ホトケノザ、オオイヌノフグリなどの秋雑草は、秋に発芽して春や夏に枯れる雑草です。

冬を越す越年性の種類として知られています。

秋雑草の草むしりに適した時期は、少し涼しくなってくる秋です。

作業しやすい気候の日を狙って、草むしりをするといいですね。

【草むしり】多年草の草むしり方法を知っておこう!

多年草は、2年以上にわたって生きる性質を持つ植物のことをいいます。

クローバー、ドクダミなどが有名です。

多年草の草むしりに適した時期はこれといってないので、生える度に抜くことが大切です。

根っこが残っているとすぐに、また成長してしまうので、しっかりと根から抜いて下さい。

【草むしり】雑草に適した時期に草むしりができない時は土を湿らす!

仕事や家事が忙しく、どうしても雑草に適した時期に草むしりができない場合もありますよね?

そんな時は、土を湿らせてからすることも1つのコツです。

乾いた状態で草むしりをしようとすると固くて抜きにくいため、雨が降った直後やその翌日、そうでなければ事前に水をまいてから、草むしりをするのがオススメです。

【草むしりの方法】草むしりを効率よく進める3つの方法

【草むしりの方法】草むしりを効率よく進める3つの方法

【草むしりの方法】草むしりは目立つところから始める!

草むしりは淡々とした作業が続くので、モチベーションを保つことがポイントです。

そのためには、雑草が目立つ場所から始めて、キレイになったことを実感するのが大切です。

キレイになった様子を確認して「もっと頑張ろう!」とモチベーションを上げながら草むしりをするといいでしょう。

玄関周りや石畳などは、キレイになったことを実感しやすい場所なのでオススメです。

【草むしりの方法】草むしりは根っこから抜くようにする!

やみくもに雑草を抜くと、根っこが残ってしまいます。

そうなるとすぐに雑草が生えて、草むしりの頻度を増やさなければなりません。

そうならないためにも、雑草は根っこから抜くようにしましょう。

上手く抜けない時は、クワや鎌などの道具を使うといいですよ。

【草むしりの方法】草むしりが終わったあとのご褒美を準備する!

草むしりが終わった後の楽しみを準備しておくと、大変な作業も頑張れます。

食べたいケーキを食べる、好きな本を読むなど、自分にとってのご褒美を考えておくといいでしょう。

実はご褒美に関しては「先取りをする」のもオススメです。

甘いスイーツなどを先に食べておいて、その分「草むしりで消費するぞー!」というのも女性には効果的です。

いずれにしても、自分の好きなタイミングでご褒美をとってモチベーションを上げましょう。

家族と一緒に作業する時は、家族へのご褒美も忘れずに♪

【草むしりの方法】草むしりする前の3つの注意点

【草むしりの方法】草むしりする前の3つの注意点

草むしりする時に注意したい事が、3つあるので紹介します。

【草むしりの方法】草むしりをする時は頭上や周囲に注意する!

草むしりはしゃがんだり下を向いたりして作業するので、頭上や周囲への注意がおろそかになることがあります。

下ばかり見ていると、頭上に蜂の巣などがあっても気付かずとても危険です。

頭上や周囲に注意しながら作業しましょう。

【草むしりの方法】草むしりをする時はトゲのある草木に注意する!

小さいトゲであれば痛くありませんが、大きく成長した草木のトゲが刺さると怪我をしてしまう可能性があります。

また、草むしり中に身体が傷付くと雑菌が入りやすく、ひどい時は化膿してしまうこともあります。

軍手をはめるなどして、ケガをしないように注意して下さいね。

【草むしりの方法】草むしりをする時は水分補給を忘れずにこまめに!

草むしりは意外に体力を使う作業なので、水分補給が大切です。

熱中症などを予防するためにも、作業の間に水分補給をするようにしましょう。

水やお茶、スポーツドリンクなど、お好きなものを準備しておくといいですよ。

草むしりが終わったあとに雑草を生えにくくする対策

草むしりが終わったあとに雑草を生えにくくする対策

草むしりを終えたら、雑草を生えにくくする対策をしましょう。

これも草むしりをラクにするコツの1つです。

次回の草むしりまでの期間を長くしたり、今後の草むしりをラクにできますよ。
草むしりのまでの期間を、長くする方法を3つ紹介します。

除草剤を使って雑草をはえにくくする方法

除草剤はまくだけで効果があるので、広範囲の対策をしたい方にオススメです。

全ての植物を枯らす非選択性除草剤と、雑草のみを枯らす選択性除草剤があるので、ご自分に合った除草剤を選びましょう。

除草剤はホームセンターやインタネットで購入でき、時間もかからず手軽にできるので、忙しい方にもオススメです。

防草シートを使って雑草をはえにくくする方法

完璧に対策をしたい方は、防草シートがオススメです。

今後雑草を生やしたくない場所に敷き、風に飛ばされないようにしっかり固定するだけでOKです。

防草シートは黒いものが多く、実際に庭に敷くと目立ちますが、とにかく雑草を生やしたくない方にはいいでしょう。

砂利を使って雑草をはえにくくする方法

雑草を生やしたくない場所に、砂利を敷くだけでも効果があります。

砂利にも色々な種類があるので、庭の雰囲気に合ったものを選んで下さいね。

砂利の隙間から雑草が生えることもありますが、見た目よく雑草対策をしたい方にはオススメです。

他にも、庭の雑草を生えにくくする対策について、更に詳しくまとめた記事がありますので、参考にして下さいね。

自分で草むしりするのが面倒なら業者に依頼しよう!

今回は、草むしりをするタイミングや、草むしりのコツや注意点や、しつこい雑草の対処方法について紹介しました。

草むしりのコツを試してみても雑草が減らなかったり、忙しくて草むしりができなかったりする時もあると思います。

そんな時は、専門業者に依頼するのも1つの方法です。

専門業者はその道のプロなので、徹底的に雑草を処理して想像以上に庭をキレイにしてくれるでしょう。

仕事や家事、子育てで忙しい方や、高齢の方にも嬉しいサービスです。

草むしりを業者に依頼するには、いくつかの業者を比較して、自分に合った業者を選ぶのがオススメです。

草むしり(手作業)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

草むしり(手作業)をプロに依頼するなら

草むしり(手作業)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に草むしり(手作業)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
77 投票, 平均点: 4.35

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください