【パンの冷凍保存】美味しくパンを冷凍保存する方法や解凍する方法

片付け・家事代行
更新

パンを冷凍すると2週間~1ヶ月は保存できるようになります。そして、冷凍したパンを上手に解凍すれば、時間が経っても美味しく食べられますよ。最後まで美味しく食べられたら嬉しいですよね。

【パンの冷凍保存】美味しくパンを冷凍保存する方法や解凍する方法

食パンや総菜パンなど、購入しても1度に食べきれないことはありませんか?

そんな時は、パンを冷凍すると2週間~1ヶ月は保存できるようになります。

また、冷凍したパンを上手に解凍すれば、時間が経っても美味しく食べられますよ。

そこで今回は、パンの種類別に冷凍保存する方法や、パンを美味しく解凍する方法について紹介します。

>>プロの片付け・家事代行業者の一覧

【パンの冷凍保存】パンを保存するのは冷凍がオススメ

【パンの冷凍保存】パンを保存するのは冷凍がオススメ

パンの美味しさを保ちたいなら、冷凍保存がオススメです。

パンを冷凍するのは面倒で「そのまま冷蔵庫に入れる…」という人は要注意です。

パンの主な成分であるでんぷんは、冷蔵庫の温度だと劣化しやすいという特徴があります。

そのため、冷蔵庫に入れると食感が悪くなったり、美味しくなくなったりします。

パンの乾燥も進むため、パンの保存に冷蔵庫は向いていません。

また、常温保存で美味しく食べられるのは1~2日です。
それを過ぎたらパンがパサパサになったり、カビが生えてきたりします。

パンを冷凍保存する場合は、2週間以内に食べきるようにしましょう。

2週間で食べきれない場合は、1ヶ月以内に食べきれば、買った時の美味しさを保てます。

筆者は1ヶ月半以上冷凍庫でパンを保存したことがありますが、そのパンは解凍してもあまり美味しくなかったです。
パンを冷凍する場合でも、やはり早めに食べきることが大切です。

【パンの冷凍保存】食パンを冷凍保存する方法

【パンの冷凍保存】食パンを冷凍保存する方法

朝食で活躍する食パンですが、常温で保存すると1~2日後から美味しさが落ちる可能性があります。
買ってすぐに食べない場合は、冷凍しましょう。

そうすることで、パンのモチモチ感やフワッと感を保てます。

用意するもの

必須
ラップまたは、アルミホイル
保存袋
1

食パンを1枚ずつスライス

食パンを1枚ずつスライスする。大きすぎると解凍しにくいので、大きすぎないサイズにする。

2

食パンを包む

空気にできるだけ触れないよう、ラップまたはアルミホイルで包む。食パンを包む時は、可能であればアルミホイルで包みましょう。アルミホイルだとラップに比べて短時間で冷凍できるので、その分美味しさをキープできます。アルミホイルで包むと食パンの端に隙間ができやすいので端まで包む。

3

食パンを密閉できる保存袋に入れる

食パンを密閉できる保存袋などに入れて冷凍する。

【パンの冷凍保存】総菜パンや菓子パンを冷凍保存する方法

【パンの冷凍保存】総菜パンや菓子パンを冷凍保存する方法

パン屋さんに美味しそうな総菜パンや菓子パンがあると、つい多めに買ってしまいますよね?

たくさん買っても食べきれない時は、やはり冷凍しましょう。

しかし、総菜パンや菓子パンには冷凍に向いているものと、そうでないものがあります。

【パンの冷凍】冷凍に向いていない総菜パンや菓子パン

  • 生野菜やフルーツが使われているパン
  • サンドイッチ
  • ごろごろしたじゃがいもが使われているパン
  • マヨネーズやケチャップがたくさん使われているパン
  • 生クリームやカスタードクリームが使われているパン
  • 水分が多いパン等

※これらのパンを冷凍すると、解凍時に水分が多くてベチャベチャになる可能性があります。

【パンの冷凍】冷凍に向いている総菜パンや菓子パン

  • カレーパン
  • ソーセージパン
  • メロンパン
  • アンパン
  • 水分が少ないパン等

用意するもの

必須
ラップ
保存袋
あると便利
金属製のトレー
1

パンをラップで包む

かたちが崩れないよう気を付けながら、1個ずつしっかりラップで包む。

2

パンを密閉できる保存袋に入れる

包み終わったら、密閉できる保存袋に入れる。金属製のトレーがあれば、その上に載せて冷凍する。熱伝導率がいい金属製のトレーを使うと、より素早く冷凍できます。パンは凍っていく過程でモチモチ感やフワッと感のもとであるでんぷんが壊れていくといわれています。ゆっくり冷凍する程でんぷんは壊れていくので、素早く冷凍してでんぷんが壊れるのを少しでも防ぐといいでしょう。

【パンの冷凍保存】ロールパンを冷凍保存する方法

【パンの冷凍保存】ロールパンを冷凍保存する方法

優しい食感で美味しいロールパンは、たくさん入って売っていたり、パン屋さんでも定番の商品です。

食パンよりもロールパン派という人も少なくないのではないでしょうか?

ロールパンを大量に買った時は、少し手間をかけて冷凍保存しましょう。

ロールパンの冷凍保存方法

用意するもの

必須
ラップ
保存袋
1

ロールパンを1個ずつラップで包む

ロールパンを1個ずつラップで包む。

2

ロールパンを密閉できる保存袋に入れる

ロールパンを密閉できる保存袋に入れて冷凍する。

ロールパンの時短冷凍保存方法

少しでも時短したい方は、こちらの方法で冷凍保存するといいでしょう。

用意するもの

必須
保存袋
1

ロールパンをまとめて保存袋に入れる

1回に食べきれる量のロールパンをまとめて保存袋に入れて、袋の上からロールパンを手の平で包むようにして空気を抜く。そのまま冷凍する。ロールパンの間に具を挟む予定があるなら、冷凍前に切れ目を入れておくと便利です。

どのパンを冷凍する時にも共通して言えることですが、保存袋を閉じる時は空気を抜くようにしましょう。

空気が入るとラップしたパンでも空気に触れやすくなり、劣化する可能性があります。

なかなか空気が抜けない時は、保存袋を閉じる時にストローを使って空気を抜くと簡単です。

【パンの冷凍】冷凍パンを美味しく解凍する方法

【パンの冷凍】冷凍パンを美味しく解凍する方法

パンを美味しく食べるためには、冷凍方法だけでなく解凍方法も大事です。

外はサクサク、中はふんわりと焼き上げるためにも、パンは以下の方法で解凍するといいでしょう。

基本的にどんな種類のパンも解凍方法は同じです。

1

冷凍庫からパンを取り出して自然解凍する

冷凍庫から出し、そのまま15分程度置いて自然解凍する。冷凍パンの表面に霜が付いている場合は、ニオイの原因になるので取り除いておく。取り除くのが難しい時は、自然解凍時に布巾に包んでおくと霜が布巾に吸収されて取り除けます。

2

パンをトースターで焼く

パンの種類に合わせた温度と時間に設定し、トースターで焼く。表面に砂糖が付いたメロンパンやバターがたくさん含まれているクロワッサンなどは焦げやすいので、アルミホイルに包んで焼くといいでしょう。また、パンの焦げが心配な場合は、上にアルミホイルをのせて焼くと大丈夫です。

筆者は冷凍したパンを冷凍庫から出してすぐにトースターで焼いていましたが、中が凍ったままだったり焼きムラがあったりして、上手く焼けないことも多かったです。

美味しく食べるには自然解凍することが大切です。

もし、解凍する時間がない時は高温で一気に焼くと美味しく仕上がります。

しかし、分厚い食パンや総菜パンなどは少しレンジで温めてから焼くのがオススメです。

長く温めるとパサパサするので、電子レンジで温める時間はほんの少し(長くても20秒くらい)でOKです。

パンを冷凍保存したいけど、冷蔵庫のニオイが気になる時は?

今回は、パンの種類別に冷凍保存する方法や、パンを美味しく解凍する方法について紹介しました。

いざパンを冷凍しようと思っても、冷蔵庫から変なニオイがしたり庫内が汚れていたりしたら、美味しいパンにニオイがついてしまうかもしれません。

そんな時は、専門業者に冷蔵庫クリーニングを依頼するといいでしょう。

専門業者はその道のプロなので、自分では手が届かないところも徹底的に掃除してもらえます。

冷蔵庫がキレイになると、節電や冷蔵庫が長持ちすることにもつながりますよ。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

片付け・家事代行をプロに依頼するなら

片付け・家事代行を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に片付け・家事代行の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる