最終更新日:

ゴキブリの対策は誰でもできる!冬はゴキブリを対策するチャンスです

冬は姿を見かけませんが、実は寒い時期こそゴキブリ対策のチャンスです。活動的になる季節がくる前に、住処を破壊しておけば夏も怖くありません。今回は、冬の間にしておきたいゴキブリ対策について紹介します。快適な暮らしのために、ぜひ参考にしてみて下さい。

ゴキブリの対策は誰でもできる!冬はゴキブリを対策するチャンスです

見た目も気持ち悪くバイ菌を媒介するゴキブリは、苦手という人は多いと思います。
しかし、冬はあまりゴキブリを見かけませんよね?
冬はゴキブリがいなくなるのでしょうか?
いえいえ、冬でもゴキブリはいます。

ゴキブリは寒さが苦手なので、ゴキブリ退治のいいチャンスです。
暖かい所に集まっているゴキブリを一網打尽にしましょう。

そこで今回は、冬にゴキブリを退治(駆除)する方法や、ゴキブリを対策する方法について紹介します。
寒い冬はゴキブリも素早く動けないので、狙い撃ちも可能です。

>>プロのゴキブリ駆除業者の一覧

冬はゴキブリがいない!?対策のチャンス

冬はゴキブリがいない!?対策のチャンス

春や夏にはよく見かけるゴキブリも冬は見かけませんよね?
その理由は簡単でゴキブリは20~25℃以上の気温で活発に活動して、10℃以下では活動が鈍るといわれています。

ゴキブリの卵も5℃以下の気温に長時間放置されると、ふ化できなくなるといわれています。
つまりゴキブリは寒いのが苦手です。

ゴキブリにとって快適な温度である春や夏によく見かけ、冬はゴキブリの姿を見かけなくなるという訳です。

冬のゴキブリはは、ひっそりと身を潜めています。
冬の寒い日に家の中の窓や扉という扉を開けっぱなしにして5~10℃以下に数時間保てば、ゴキブリの卵もふ化できなくなりゴキブリを退治できるという説があります。
正論のような気もしますが、そんなに上手くはいきません。
それは何故か?答えは、現代家屋の構造と、ゴキブリがどこで寒い冬を過ごしてい場所が関わっています。

冬になったらゴキブリはどこにいるの?

冬になったらゴキブリはどこにいるの?

寒いところが苦手なゴキブリは、家の中ならどこに潜んでいるでしょうか?

暖かい空気がたまる天井裏にゴキブリが潜んでいる

現代の家は断熱に優れるので、家の中はそこまで低温になることはありません。

暖房器具の使用により、暖かい空気がたまる天井裏の温度はさらに高くなっています。
ゴキブリが寒い冬を乗り切るには、うってつけの場所ですよね。

電化製品の裏側は掃除も行き届きにくくゴキブリが潜みやすい

生活必需品の冷蔵庫や電子レンジ等の電化製品は、熱を発生するため冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品の裏側は暖かいです。

電化製品の裏側は掃除も行き届きにくく、人目にも触れにくいため恰好(かっこう)の住処になります。

寒さをしのげるコンセントや段ボールにゴキブリが潜んでいる

コンセントの内部や、風通しが悪く寒さをしのげる大きな家具の裏側もゴキブリの住処の候補地になります。

よく知られているのが、段ボールの中です。
段ボールは保温性に優れていて暖かく水分も含んでおり、これもゴキブリの格好の隠れ家になります。

このように暖かい所でゴキブリは寒い冬を過ごしています。
ゴキブリが過ごす場所に共通するのは人目にふれず、風通しが悪くゴミやホコリがたまりやすいということです。
ゴミやホコリはゴキブリのエサになるため、寒い冬を過ごすにはパラダイスのような場所になります。

家の中の窓や扉という扉を開けっぱなしにして5~10℃以下に数時間保てば、ゴキブリの卵もふ化できなくなり、ゴキブリを退治できるという説が難しいというのは、冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品をずっと使わないことは現実問題難しいところにあります。

ゴキブリの住処を掃除して対策する方法

ゴキブリの住処を掃除して対策する方法

冬のゴキブリ対策として、ゴキブリの快適な住処を破壊しましょう。

ゴキブリが潜みそうな冷蔵庫や、電子レンジなどの家電製品、大きな家具の裏側を大掃除しましょう。
家電製品や大きな家具の裏側は「一度も掃除したことがない…」という人もいると思います。
ゴミやホコリがたまっていて、ゴキブリにとって好環境になっている可能性があります。ゴキブリのエサとなるゴミやホコリを掃除しましょう。

冷蔵庫などの家電製品の裏側の温度を下げるのは、現実的に難しい話ですよね。
やはり、ゴキブリのエサとなるゴミや、ホコリを取り除いてゴキブリが巣を作らないようにすることが冬のゴキブリ対策になります。

段ボールも暖かく水分を含んでいることから、ゴキブリにとって好環境です。
段ボールをつぶして重ねたままため込みやすいですが、こまめに束ねて資源ゴミに出しましょう。

湿気がたまらないようにしてゴキブリ対策

湿気がたまらないようにしてゴキブリ対策

温度とエサと共にゴキブリが好むのが湿気です。
ゴキブリは暗くて、ジメジメしていて暖かい所が大好きです。

そこで寒い冬とはいえどもこまめに換気することは、冬のゴキブリ対策につながります。
こまめに換気して、家の中に湿気をためないように心がけましょう。

天気がいい日に短い時間でもいいので、換気することで家の中の湿気がなくなります。
窓が結露している場合は、最低でも窓の結露がなくなるまでは換気を続けましょう。

くれぐれも換気は在宅中にしましょう。
ゴキブリを寄せつけたくないのはいいですが、泥棒を寄せつけては困りますからね(笑)

ゴキブリを駆除する2つの方法

ゴキブリを駆除する2つの方法

ゴキブリを見つけたら駆除する必要があります。

寒い冬の間ゴキブリの行動範囲は狭まり、暖かい所に潜んでいます。
そこで集まっているゴキブリを狙い撃ちして駆除しましょう。

駆除剤をゴキブリが好む場所に置く

ゴキブリが潜んでいそうな冷蔵庫、電子レンジ、大きな家具の裏側にゴキブリの駆除剤を重点的に置きましょう。

効率よくゴキブリ退治ができます。
また寒い冬の間ゴキブリの動きも鈍いです。

春や夏にはすばしっこくて叩きつぶすことが難しいゴキブリも、冬の間なら叩きつぶすこともできます。

ゴキブリを見つけて直接殺虫剤をかける

もう一つのゴキブリ駆除方法は、ゴキブリを見つけて直接退治することです。
ゴキブリはバイ菌を媒介するので、叩きつぶした所はアルコールなどで拭きとり消毒しましょう。

また、ゴキブリがひっくり返っていても、ゴキブリの生命力は強く仮死状態のこともあります。
仮死状態が解けると、再び動き出してます。

叩いたゴキブリはすぐにビニール袋に入れて、ビニール袋の口をぎゅっと縛って処分しましょう。
こうすれば、万が一動き出しても逃げられません。

冬のゴキブリの動きが鈍いのがわかっていても、やはりゴキブリを叩きつぶすのには抵抗があるという人は、凍らせてゴキブリを退治するスプレーなどもあります。

ゴキブリを見つけたらスプレーすればいいだけです。
叩きつぶした場合と同様に凍って動けないゴキブリが、解凍されて生き返ることもあるようです。
凍って動けないうちにすぐ、ビニール袋に入れてビニール袋の口をぎゅっと縛って処分しましょう。

自分でゴキブリ対策できないなら業者に依頼

今回は、冬にゴキブリを退治(駆除)する方法と、ゴキブリを対策する方法について紹介しました。

冬こそゴキブリ駆除の絶好のチャンスだということは、理解していただけたと思います。

ゴキブリはほんのわずかな隙間や、下水管などからも侵入してきます。
そしてゴキブリの繁殖力は高く、またたく間に増えてしまいます。
やはり、ゴキブリはあなどれない存在ですね。

なかなか自分でゴキブリ退治しても結果が出ない場合は、専門業者に駆除してもらいましょう。
知識と経験が豊富なプロにゴキブリ駆除を依頼すれば安心ですよ。

ゴキブリ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ゴキブリ駆除ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったゴキブリ駆除の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

目次

記事を探す