最終更新日:

【墓参りの花のマナー】墓参りの花のマナーやお供えに避けるべき花

「墓参りの花の選び方がわからない…」という方に、この記事では墓参りの花の選び方について紹介します。また、お墓に花をお供えする時のポイントや、片付け方もお伝えします。お墓参りになかなか行けない人は、代行業者を利用するといいですよ。

【墓参りの花のマナー】墓参りの花のマナーやお供えに避けるべき花

お墓参りの時にお供えする花の選び方や、片付け方が「わからない…」と困っていませんか?

お墓に供えるお花のマナーを知らないと、お墓参りに行く時に慌ててしまいますよね?

しかし、お供えする花のマナーを事前に頭に入れておくと、お墓参りの時に迷ったり不安に感じたりせずに安心できます。

お供えする花の色合いや種類、お供えした花の片付け方を覚えておくと、急にお墓参りに行くことになっても慌てずにすみますよ。

そこで今回は、お墓参りでお供えする花の決まりや、お供えする花の値段相場について紹介します。

>>プロのお墓参り代行業者の一覧

【墓参りの花】お墓参りでお供えに避けるべき花を知ろう!

【墓参りの花】お墓参りでお供えに避けるべき花を知ろう!

お墓参りでお供えする花は、基本的には特に決まりがないといわれています。

多くの人は長持ちする花を選ぶことが多く、最近では見栄えのいい造花をお供えする人も増えてきています。

故人の好みの花をお供えする人も多いですよ。

ただし、以下のような花は避けておくといいでしょう。

【墓参りの花】トゲのある花は避けましょう!

バラ、アザミ、ザクロなどのトゲがある花は、お供えする際にトゲが刺さってケガする可能性があります。

また、お墓の管理者など掃除してくださる方の迷惑になる時もあるので、できれば避けた方がいいでしょう。

【墓参りの花】毒のある花は避けましょう!

毒のある花は、仏事全般にふさわしくないといわれています。

彼岸花、スズラン、スイセンなどの花は選ばないようにしましょう。

【墓参りの花】香りが強い花は避けましょう!

香りがある花は人によって好みがあるので、バラ、ユリなど香りがある花は避けるといいですね。

ユリをどうしてもお供えしたいという人は、香りが控えめな鉄砲ユリを選ぶことをオススメします。

ユリの花粉は服などに付いたら落ちにくいので、花粉を落としておくことも忘れないようにしましょう。

【墓参りの花】ツルがある花は避けましょう!

朝顔、クレマチスなどのツルがある花はお墓の花入れに生けにくく、お供えする花としては適していません。

隣のお墓に迷惑をかけてしまう可能性もあるので、ツルがある花は避けましょう。

【墓参りの花】お墓にお供えする花の色合いはカラフル

【墓参りの花】お墓にお供えする花の色合いはカラフル

「お墓参りでお供えする花は、明るすぎない方がいいかな…」と思いますが、そんなことはありません。

カラフルでキレイな組み合わせの方が、好まれることが多いです。

華やかな色合いの花で、お墓をきれいに彩りましょう。

お供えする花の色合いは「白、赤、黄、紫、ピンク」の5色をメインにしたものが一般的です。

4色の場合は「白、赤、黄、紫」3色の場合は「白、黄、紫」の組み合わせであることが多いです。

これらの色合いは一般的なものなので故人が他の色合いが好きな場合は、その好みに合わせるといいですね。

また、故人が好きな花を中心に選ぶのもいいでしょう。

霊園の近くの店で仏花として売られているものは、すでに様々な色の花を組み合わせた状態になっています。

色選びが難しいと感じる人は、売られている花を買うという方法もありますよ。

故人が亡くなって時間が経っていない場合は、淡い色や白を基調としたものがいいといわれています。

四十九日までは、白を中心とした花を選ぶといいでしょう。

【墓参りの花】お墓にお供えする花の料金相場は?

【墓参りの花】お墓にお供えする花の料金相場は?

お供え用の花は花屋だけではなく、スーパーやドラッグストア、コンビニでも買えます。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアで売られている仏花の値段は300円~800円程度です。

色々な花がセットになった状態で売られているので、どの花を選んだらいいか迷う必要もありません。

霊園の近くのお店には置いてあることが多いので、急にお墓参りに行くことになった時は、近くのお店を見てみるといいですね。

特にこだわりがない人や、花のマナーに不安がある人、時間がない人などはスーパーなどにある仏花で十分です。

花屋の場合は1,000円前後が目安です。

お供えする花を全部自分で選びたい時や、少し気を遣う必要がある時などは花屋で買うのがオススメです。

どういう組み合わせにするか迷った時は、店員さんに相談してもいいですね。

予算や好みに応じた花のセットを作ってもらえますよ。

花はお墓の両脇に飾ることが多いので、花束は2セット必要になります。

2セット必要なことを忘れてしまう人も多いので、「お供えする花は2セット」と頭に入れておくといいでしょう。

お供えしに行くのではなく、郵送などでお供え用の花を贈る場合は、3,000円~5,000円ぐらいが一般的です。

見た目も華やかで、相手に気を遣わせないくらいがちょうどいいでしょう。

【墓参りの花】お花を供える時は3つの注意点がある!

【墓参りの花】お花を供える時は3つの注意点がある!

お墓参りで花をお供えする時に、注意することが3つあります。

【墓参りの花】花は左右対称に供えるようにする!

お墓参りで花を供える時は、左右対称になるように飾ります。

左右対称でないとバランスが悪くなり、見た目があまりよくありません。

花束を2セット準備する時は、左右対称になるよう同じ花束を揃えるようにしましょう。

【墓参りの花】花は奇数の数を供えるようにする!

お墓に供える花の束は、奇数の本数になるようにします。

一般的には3本、5本。7本が主流ですが、オススメの数は5本です。

3本だと花立ての中でぐらつく可能性があり、7本だと花立てに入らない可能性があります。

何本にするか迷った時は、5本の束がオススメです。

【墓参りの花】故人への気持ちを大切にして供える!

お墓に供える花の色合いや、種類などについて紹介しましたが、1番大切なのは故人を想う気持ちです。

あまり固く考えすぎず、故人が好きな花や色がある場合は、それに合う花を供えてあげるといいでしょう。

もし、トゲのあるバラが好きだった場合は、トゲを取り除いたバラを供えてあげるといいですね。

お供えする花に決まりがある地域や、宗派もありますので、事前に決まりがあるかどうか確認することをオススメします。

以上の3つの注意点を頭に入れておくと、急にお墓参りで花を供えることになっても安心です。

【墓参りの花】お墓にお供えした花はきちんと片付けよう!

【墓参りの花】お墓にお供えした花はきちんと片付けよう!

お墓にお供えした花は、定期的に片付けるのが基本です。

しかし、お墓が遠方にあったり忙しかったりして、お墓に再訪することが難しい時もありますよね。

その場合は、お墓参りをした時にそのまま持ち帰るのがいいといわれています。

そのままにしておくと、花が枯れて汚れたり、カラスなどに荒らされたりします。

お供えした花はその日のうちに、持ち帰るようにしましょう。

持ち帰った花を家の仏壇にお供えするのはNGです。

持ち帰った花はすでに、ご先祖様に差し上げたものなので、再利用してはいけないといわれています。

持ち帰った花は、責任を持って処分するようにしましょう。

お墓を管理してもらっている場合は、お供えした花の手入れや片付けをしてもらえる時もあります。

その場合は、管理人の方に花のお手入れをしてもらえるか相談するといいでしょう。

できるだけ長く花を供えたいという人は、見た目が劣化しない造花を使用するという方法もありますよ。

花の片付け方やお手入れ方法にも色々あるので、自分に合ったものを選んでみてください。

自分でお墓にお花を供えられない時は業者に依頼しよう!

今回は、お墓参りでお供えする花の決まりや、お供えする花の値段相場について紹介しました。

お供えした花の手入れをすることが難しかったり、お墓参りに行く時間がなかったりする時もありますよね。

そんな時は、専門業者にお墓参りの代行をお願いするのも1つの方法です。

花の手入れはもちろん、業者によってはお墓を掃除してくれるところもありますよ。

また、月に1回や、33ヶ月に1回など定期的に代行をお願いできるところもあります。

日々仕事や家事などで忙しい人にとっては、本当に助かりますよね。

お墓参り代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

お墓参り代行ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったお墓参り代行の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す