最終更新日:

あじさい(紫陽花)の剪定時期は7月です!あじさいの剪定方法や育て方のまとめ

紫陽花(あじさい)は剪定が必要です。必要な道具も剪定はさみ1つでできるので簡単に作業できます。ただしベストな時期や、切り方のポイントがあります。今回はあじさいの剪定の方法や、紫陽花の育て方(日当たり、水やり、肥料)のコツを紹介します。

あじさい(紫陽花)の剪定時期は7月です!あじさいの剪定方法や育て方のまとめ

紫陽花(あじさい)に剪定が必要な理由は?

紫陽花(あじさい)に剪定が必要な理由は?
紫陽花(あじさい)に剪定が必要な理由は?

冒頭でもお伝えしたように、あじさいは剪定が必要な植物です。あじさいの花は散ることがなく枝に花がついたままになるため、枯れたら取ってあげる必要があります。

落葉低木で成長力の強いあじさいは、一度も剪定しないとどんどん大きくなります。

あじさいの花の付き方は独特で、今年に伸びた枝には翌年花がつきません。翌年は昨年伸びた枝の付け根に花が咲くため、あじさいは2年越しで花が咲くという特徴があります。

あじさいは茎の先に花が付くという性質があるので、あじさいの剪定しないまま伸ばしていくと花の位置が目線よりも高くなってしまいます。あじさいは剪定しないと、木の先端ばかりに花が咲くようになります。剪定することで、目線の位置であじさいが咲くようにできます。

鉢植えのあじさいの場合は翌年花を咲かせるための養分を残すために、花が終わったら早めに剪定しましょう。

紫陽花(あじさい)の剪定時期は7月

紫陽花(あじさい)の剪定時期は7月
紫陽花(あじさい)の剪定時期は7月

あじさいの花が咲くのは5月~7月の雨が多くなる季節です。梅雨は憂鬱ですが、雨に濡れたキレイなあじさいを見ると風情を感じますよね。

あじさいを剪定するのは花が咲き終わる7月中がいいでしょう。花が枯れてあじさいの色が色あせてきた時を目安にするとわかりやすいですよ。

なぜ7月に剪定するのかというと来年に咲くあじさいの花が形成されるのが、気温の下がり出す秋から始まるからといわれています。秋以降にあじさいを剪定すると、来年に咲く芽を切ってしまう恐れがあります。

また、梅雨以降に剪定すると日差しが強くなり、水が少なくなってあじさいがしおれてしまうので早めに剪定しましょう。

特に鉢植えのあじさいは早めに切って株の風通しをよくした方が、来年以降キレイに咲きやすくなるのでオススメです。

自分で紫陽花(あじさい)を剪定する方法

自分で紫陽花(あじさい)を剪定する方法
自分で紫陽花(あじさい)を剪定する方法

あじさいの剪定の方法は、庭いじりや植物を育てることに慣れていない人は不安もあると思いす。そこで自分であじさいを剪定する方法を3つの段階に分けて紹介します。

あじさいの花が咲く前に剪定する方法

これから咲くつぼみの枝に、邪魔な枯れた枝など葉を整理するために剪定します。葉が多くなると十分に日光に当たらない葉が枯れたり、葉や茎にうどん粉をまいたような白いカビができる「うどんこ病」になってしまう恐れがあります。

邪魔になりそうな枝や、葉があれば剪定はさみを使って好きなところを切りましょう。

あじさいの花が咲いた後に剪定する方法

あじさいの花は咲き終わると花びらが裏返ります。それを発見したら、なるべく早めに剪定しましょう。

あじさいの花が咲いた枝は、花から2節以上離れたところを切ります。花のすぐ下の節は芽がついていないため芽のある節を切りましょう。この段階の剪定を怠ると次の花芽がつかないので必ずしましょう。

また、花の咲いていない枝も高さを揃えるために、芽のある節の上を切ります。ポイントはあじさいの輪郭を整えながらそれぞれの枝を切りましょう。

あじさいの高さを低くする剪定する方法

あじさいの高さを低くしたい場合は、根元に近い一番下の節を残して切ります。一番下の節の上までカットしてしまうと翌年あじさいは咲かないので注意しましょう。

あじさいが開花するのは3年目からになり、枝に節を残しておけばどの位置でもあじさいを剪定できます。枝を短くすればするほど翌年花が咲きづらくなり、枝が高いほど花がつきやすくなることを覚えておくといいですね。

翌年以降もキレイな花を咲かせるために、くれぐれも切り過ぎに注意しましょう。

鉢植えのあじさいは剪定後に植え替える

鉢植えのあじさいは剪定後に植え替える
鉢植えのあじさいは剪定後に植え替える

鉢植えであじさいを育てている場合は、あじさいの剪定後は植え替えが必要です。

あじさいの鉢植えは植え替えが必要です

あじさいは成長力が強い植物のため、何年も同じ植木鉢のままで放置すると養分が足らず花を咲かせられません。

今年購入したあじさいは花が終わって剪定した後に、一回り大きい植木鉢に植え替えしましょう。

購入した時の植木鉢は、あじさいに対して小さいものがほとんどです。そのためあじさいは根が回って土の量が足りなくなります。1年~2年に1回は一回り大きな植木鉢に植え替えしましょう。

あじさいを地植えにする時は冬にする

あじさいの地植えするのに適した時期は葉が落葉した冬場です。

度植えたあとは何度も植え替えできないため位置をよく考えましょう。成長力の強いあじさいは数年すると高さも横幅もかなり大きくなり、大きいものだと2mぐらいの高さになることもあります。そのためあじさいが大きくなることを予想して植える位置を考えることが大切です。

また、水はけの悪い場所もあじさいの成長に悪影響なので避けましょう。

紫陽花(あじさい)の普段の手入れ方法

紫陽花(あじさい)の普段の手入れ方法
紫陽花(あじさい)の普段の手入れ方法

あじさいをキレイに育てるには剪定だけじゃなく、育てる環境や日頃のお手入れが大切です。そこで普段のあじさいをお手入れする方法を紹介します。

普段からあじさいの日当たりに気をつける

あじさいは日当たりがいい場所から、半日陰の場所でよく育ちます。しかし西日のあたる場所では、乾燥して葉が焼け傷むことがあるので注意しましょう。

「ガクアジサイ」など花に色をつけるあじさいは、日照不足になると花の色が白っぽくなる場合があります。

あじさいは寒さに強いですが、乾いた寒風に当たると枝や芽が傷んでしまうことがあるので注意しましょう。空気が乾燥する場所ではあじさいが育ちにくいため、置き場所には気を付けましょう。

普段からあじさいの水やりはたっぷりあげる

あじさいは水を好むため乾燥すると成長が悪くなります。地植えで日当たりがよくて乾きやすい場所には、株のまわりにわらなどを敷きましょう。

あじさいは水捌けのいい場所で育つため、水はけの悪い場所は避けることが大切です。水はけのいい場所で育てるときは真夏を除き、ほぼ自然の雨だけで成長します。

鉢植えであじさいを育てる場合は、地植えに比べて乾きやすいので土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えましょう。

夏場は乾燥すると株が枯れてしまうため、水やりはかかさずすることが大切です。

あじさいに夏~初秋にかけて肥料をあげよう

あじさいに肥料を与えるのに適した時期は、夏~初秋と冬です。夏~初秋は新芽を大きく育てるために使い、冬の間は春に新しい葉を広げて花を咲かせるために使います。

夏から初秋は即効性のある化学肥料または、液体肥料を10日に1回程度与えましょう。冬は株元に油かすと骨粉を混ぜたものを与えることをオススメします。

紫陽花(あじさい)を剪定するのが難しいなら業者に依頼

今回はあじさいを剪定する時期や剪定方法や、普段の手入れ方法について紹介しました。成長力の強いあじさいをキレイに見るためにも、あじさいの花が咲く前と咲いた後には剪定しましょう。

あじさいを剪定する時期は、来年に咲く花が形成される前の7月です。「剪定」を聞くと難しそうに感じますが、あじさいの場合は剪定ばさみで花から2節以上離れたところを切るだけなので簡単です。

とはいえ庭の広範囲にわたってあじさいを育てていたり、会社などの敷地内であじさいを植えている場合はなかなか剪定できない場合もありますよね。

忙しくて時間がない時や、大きくなりすぎたあじさいに自分では手が出せそうにない場合は、業者に作業を依頼するのがオススメです。

庭木の剪定(手作業)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の剪定ならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った庭木の剪定の専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す