庭木の剪定はいつする?庭木を剪定する時期は樹木の種類によって違う!

剪定は、庭木の見栄えを良くする他、植物成長を促したり、防犯対策など様々な効果があります。樹木の種類によって作業にベストな季節が異なります。今回は、庭木の剪定の効果や種類、適した時期、切るべき枝について紹介します。初心者の方も、ぜひ参考にして下さい。

庭木の剪定(手作業)
更新
庭木の剪定はいつする?庭木を剪定する時期は樹木の種類によって違う!

緑に囲まれた生活に憧れて庭木を植えたものの、手入れしていなくて「伸び放題…」ということはありませんか?

そろそろ剪定にチャレンジしてみようかと思ったけど「剪定はいつやればいいの?」「剪定はいつの時期にすればいいの?」「どの枝を切っていいの?」という人も多いのではないでしょうか?

剪定に適切な時期や、切るべき枝を理解してからしないと、見栄えが悪くなるばかりか、庭木が弱ったり最悪枯れてしまうこともあるんです。

そこで今回は、庭木を剪定する必要性や、庭木を剪定する時期や、剪定の時に切るべき枝について紹介します。

>>プロの庭木の剪定(手作業)業者の一覧

【庭木の剪定】庭木の剪定が必要な4つの理由を知ろう!

【庭木の剪定】庭木の剪定が必要な4つの理由を知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    庭木の剪定ってよく聞くけど、どうしてしないといけないの~?


  • モップ

    見栄えだけじゃなくて、剪定をする理由は全部で4つあるから紹介するね~♬
    ちなみに、モップのお家の庭の木はどんな感じなの~?

庭木の剪定が必要な理由は、大きく分けて4つあるので紹介します。

【庭木の剪定】剪定が必要な理由は見栄えがいいからです!

庭木が伸び放題では格好悪いですよね。

木々の高さや、形が整っていた方がカッコいいに決まっています。

美しい樹形を保つためには、剪定が必要なんです。

【庭木の剪定】剪定が必要な理由は防犯対策になるからです!

伸び放題の庭木で中が見えないと、泥棒にとっては好条件になります。

また、庭の手入れが行き届いていないと、隙が多いと思われてしまいます。

見た目だけではなく、心理的な面でも防犯対策になります。

【庭木の剪定】剪定が必要な理由は庭木の成長を促すからです!

広大な自然の土地と違い限られた庭のスペースで育つ木の場合、しっかり手入れをしなければ、限られた養分を取り合ったり、背の高い木によって日光がさえぎられてしまいます。

また枝同士が絡み合ってしまうと、上手く育たなくなります。

大切な庭木の成長を促すために、余分な枝を切る必要があります。

【庭木の剪定】剪定が必要な理由は病気や害虫の発生を防ぎます!

枝が増えすぎると日陰になり、風通しも悪くなってしまいます。

その結果、ジメジメとした日陰が好きな樹木の病原菌や、害虫が発生しやすくなります。

風通しをよくして、背の低い花木にも日光が届くようにすれば、病気や害虫の発生を防げます。

【庭木の剪定】「基本剪定」と「軽剪定」の剪定時期

【庭木の剪定】「基本剪定」と「軽剪定」の剪定時期
  • こまるちゃん
    こまる

    ボサボサになってるのが気になってたけど、庭木の剪定って大切なんだね~♪
    剪定は時間のある時にやればいいのかな~?


  • モップ

    剪定には2種類あって、剪定に適した時期があるんだよ~♫

剪定には2種類の剪定があります。

それぞれの内容と、剪定する時期が違うので詳しく紹介します。

【庭木の剪定】基本剪定について知っておこう!

多くの木々が発芽に備えて、休眠中の時期である冬~春にかけての時期にするのが基本剪定です。

剪定をする時期から冬季剪定ともいいます。

木々の骨格を作るために不要な枝や、葉を大胆に切り減らす大掛かりな剪定です。

強い剪定ということで、強剪定とも呼ばれます。

【庭木の剪定】軽剪定について知っておこう!

木々の形を美しく保ち、風通しや日差しを確保する目的で夏~秋にかけてするのが軽剪定です。

剪定する時期から夏剪定ともいいます。

読んで字のごとく、比較的軽い剪定になります。

伸びすぎた枝や葉を切り、風通しをよくして日差しを確保します。

また、枝が絡み合うのを防いだり、台風の時期に枝が折れてしまうのを防ぐ目的もあります。

【庭木の剪定】庭木の種類によって剪定の時期が違います!

【庭木の剪定】庭木の種類によって剪定の時期が違います!

剪定をする時期は、庭木の種類によって適した期間があります。

一般的な時期について紹介します。

【庭木の剪定】落葉針葉樹を剪定する時期

針葉樹は寒さに強いため、冬の間に基本剪定できます。

しかし、バランスよく形をよくするために、軽剪定する適切な時期は夏~秋です。

【針葉樹の剪定時期】
基本剪定 軽剪定
3~5月 10~11月

【主な種類】
松、杉、檜、もみの木、ツガ、ゴールドクレストなど

【庭木の剪定】常緑広葉樹を剪定する時期

【庭木の剪定】常緑広葉樹を剪定する時期

常緑樹は寒さに弱い種類のため、真冬の基本剪定は厳禁です。

暖かくなる時期に基本剪定してあげましょう。

暖かい地域なら秋口の9~10月でもいいでしょう。

形を保つためには、8~10月頃に軽剪定しましょう。

もしも、あまり大きくしたくないのなら、暑い時期に基本剪定すると成長しにくくなる性質を利用して、あえて暑い時期に基本剪定もできます。

【常緑樹の剪定時期】
基本剪定 軽剪定
4~6月 8~10月

【主な種類】
カシ、椿、ツツジ、キンカン、キンモクセイ、クチナシなど

【庭木の剪定】落葉広葉樹を剪定する時期

【庭木の剪定】落葉広葉樹を剪定する時期

葉が全て落ちて休眠中の寒い時期が、基本剪定におすすめの時期となります。

活動期である4月~8月は剪定しないようにしましょう。

これらの時期を避けた3月~6月と9月~10月が形を保つ軽剪定に適した時期となります。

【落葉樹の剪定時期】
基本剪定 軽剪定
12~2月 3月~6月と9月~10月

【主な種類】
アオハダ、アオダモ、ヤマボウシ、ハナミズキなど

【庭木の剪定】花木や果樹を剪定する時期について知ろう!

【庭木の剪定】花木や果樹を剪定する時期について知ろう!

花木や果樹にも剪定は必要で、それぞれ適した時期があるので紹介します。

【庭木の剪定】花木を剪定する時期

花木の基本剪定の時期は、花を咲かせた直後に基本剪定しましょう。

種類によって時期が異なります。

【梅、桃、桜を剪定する時期】
花が形成された後に剪定してしまうと花数が減ります。

秋以降は、花芽の無い枝や樹形を乱している枝を整理する程度にしましょう。

【トサミズキ、ヒュウガミズキを剪定する時期】
冬の休眠期に不要な枝を切って、形を整えるのがオススメです。

【庭木の剪定】果樹を剪定する時期

果樹の基本剪定の時期は休眠中(12月~2月)にしますが、種類によって剪定に適した時期が異なります。

【みかんを剪定する時期】
新芽が出る前の2~3月頃に剪定をしましょう。

【びわを剪定する時期】
花後の2月中頃~実がなる頃までが剪定に適した時期です。

また、実がなり始めてからも間引くだけの剪定なら可能です。

【いちじくを剪定する時期】
冬にあまり成長しない植物なので、12月~2月が剪定に適しています。

【庭木の剪定】剪定する枝について知っておこう!

【庭木の剪定】剪定する枝について知っておこう!
  • こまるちゃん
    こまる

    実際に剪定する時は、邪魔な枝を切っていくだけでいいのかな~?


  • モップ

    剪定は、やみくもに切ればいいってものでもないんだよ~!

剪定する時期がわかったところで、次に疑問になるのはどの枝を切ればいいのかですよね?

不要な枝や葉を切るのだからと、やみくもに枝を切ってしまうと、庭木の形も乱てしまい庭木の勢いもなくなってしまう可能性があります。

そこで、どんな枝を切ればいいのか?切るべき枝について紹介します。

【庭木の剪定】徒長枝、立ち枝は剪定しよう!

幹や枝から飛び出して伸びすぎた細い枝のことで、横に広がらず真上に伸びた枝を特に立ち枝といいます。

徒長枝は見栄えが悪いだけでなく、台風時に折れて落ちる危険性もあるため剪定しましょう。

【庭木の剪定】下がり枝は剪定しよう!

横に伸びた枝から下に向かって、伸びた小枝のことをいいます。
そのさまから垂れ枝とも呼ばれ、剪定の対象です。

【庭木の剪定】逆さ枝は剪定しよう!

外に伸びるのが自然な枝の流れなのに対し、幹側に伸びた不自然な枝のことです。

庭木の種類やその形を楽しむ場合もありますが、基本的には根元から剪定しましょう。

【剪定する枝】平行枝は剪定しよう!

近い所に複数の枝が同じ方向に伸びた枝のことです。

1本を残し、不要な枝は剪定しましょう。

【剪定する枝】からみ枝、交差枝は剪定しよう!

他の枝や幹にからんだり、交差したりしている枝のことです。

からんでいればからみ枝、交差していれば交差枝とよびます。

どちらも見栄えが悪く、擦れて幹や他の枝を傷つけてしまうので枝元から剪定しましょう。

【剪定する枝】幹吹きは剪定しよう!

胴吹きとも呼ばれ、幹の根元部分から伸びた細い枝のことで、庭木の上部に養分が行き届かなくなるため、早めに剪定しておきましょう。

【剪定する枝】ヤゴは剪定しよう!

ヒコバエとも呼びます。庭木の根元から生える若い枝のことです。

主幹に養分が行き届かなくなるため、剪定しましょう。

【剪定する枝】剪定の方法は剪定しよう!

剪定には5つの方法があります。

  • 切り返し(切り戻し)
  • 切詰め剪定
  • 枝おろし剪定
  • 枝抜き剪定
  • 刈り込み剪定

それぞれの方法や、必要な道具をまとめた詳しい記事があるので参考にして下さいね。

自分で庭木の剪定ができないなら業者に依頼しよう!

今回は、庭木を剪定する必要性や、庭木を剪定する時期や、剪定の時に切るべき枝について紹介しました。

庭木の種類に合わせて最適な時期に剪定するのは、キレイな庭を保つのに大事なことです。

ただ庭木の種類はたくさんあって、庭木をどのように育てたいのかによっても、剪定時期が変わってくるため、より深い知識と経験が必要になります。

趣味でボチボチ勉強しながらやっていくのが楽しい場合はそれでいいおですが、なかなか時間が取れなかったり、どうしても自分でやる自信がない方も多いと思います。

そんな時は、プロの業者に任せるのが一番です。

庭木の剪定を業者に依頼した時の料金相場や、メリットをまとめた記事もありますので参考にして業者選びをして下さい。

関連記事

庭木の剪定(手作業)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

庭木の剪定(手作業)をプロに依頼するなら

庭木の剪定(手作業)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に庭木の剪定(手作業)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
102 投票, 平均点: 4.11

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事