【畳のサイズ】同じ8畳でも畳のサイズが違うのは理由があります!

畳にはサイズと種類があり、一般的に使われている地域にも違いがあります。今回は、そんな畳のサイズや種類についてご紹介します。また、畳のメンテナンス時期についても紹介しています。張り替えはプロにお任せが安心ですよ。古きよき和室を大切にしましょう。

畳張替え
更新
【畳のサイズ】同じ8畳でも畳のサイズが違うのは理由があります!

転勤や進学で引っ越したことのある方は、「あれ、同じ8畳でも広さが違うような?気のせい?」と感じたことありませんか?

実は畳にはさまざまなサイズと種類があって、一般的に使われている地域にも違いがあるんです。

今回は、畳のサイズや、地域によって畳のサイズが違う理由について紹介します。

古くなった畳の張り替えについても合わせて紹介するので、参考にしていただけると幸いです。

>>プロの畳張替え業者の一覧

【畳のサイズ】サイズがある!?5種類の畳サイズを知ろう!

【畳のサイズ】サイズがある!?5種類の畳サイズを知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    おじいちゃんのお家の畳が古いから、変えてあげたいんだ~♬
    なんだかうちの畳と大きさが違う気がするんだ…なんでだろう~?


  • モップ

    実は畳にはサイズや種類があって、一般的に使われている地域にも違いがあるんだ!

日本人にとって昔から馴染み深い畳ですが、現代の家屋は掃除しやすいフローリングや、カーペットの床が主流となっています。

天然素材である畳のよさも見直されており、1部屋くらいは和室が欲しいという人もいます。

やはり畳の部屋で過ごすと、ホッとしますよね?

さて、その畳には種類があることを知っていますか?
サイズも違えば、主に使われている地域も違うんです。

畳のサイズの代表的な5種類を紹介します。

【畳のサイズ】京間(きょうま)の畳サイズを知ろう!

  • 1間が6尺3寸の畳割
  • 6尺3寸×3尺1寸(191cm×95.5cm)
  • 京都をはじめとする関西、近畿、中国、四国、九州で使用されている
  • 別名は関西間(かんさいま)

【畳のサイズ】昔間(しゃくま)の畳サイズを知ろう!

  • 1間が6尺5寸の畳割
  • 6尺5寸×3尺2寸5分(197cm×98.5cm)
  • 南河内地方旧家の多くの家で使われている
  • 別名は本間(ほんま)

【畳のサイズ】江戸間(えどま)の畳サイズを知ろう!

  • 1間が6尺の柱割
  • 5尺8寸×2尺9寸(176cm×88cm)
  • 東京をはじめとする関東、東北地方の一部、北海道、三重県伊勢地方など全国各地で使用されている
  • 別名は関東間(かんとうま)、田舎間(いなかま)、五八間(ごはちま)

【畳のサイズ】中京間(ちゅうきょうま)の畳サイズを知ろう!

  • 1間が6尺の畳割
  • 6尺×3尺(182cm×91cm)
  • 岐阜、愛知などの中京地方、東北地方および北陸地方の一部、沖縄、奄美大島で使用されている
  • 別名は三六間(さぶろくま)

【畳のサイズ】団地間(だんちま)の畳サイズを知ろう!

  • 5尺6寸×2尺8寸(170cm×85cm)を中心に様々なサイズがある
  • アパートやマンションなどの、集合住宅で使われている
  • 別名は公団サイズ、五六間(ごろくま)

【畳のサイズ】地域でサイズが違う理由は江戸時代まで遡る!

【畳のサイズ】地域でサイズが違う理由は江戸時代まで遡る!
  • こまるちゃん
    こまる

    なんで、地域によって畳のサイズが違うのかな~??


  • モップ

    畳のサイズが地域によって違うのは、大昔の話なんだよ~♫

地域によっての畳のサイズが違う理由は、江戸時代にまでさかのぼります。

豊臣秀吉が年貢米を取り立てるためにしていた「太閤検地」では、検地竿とよばれる竿で土地の寸法をはかり、年貢米をとりたてていました。

その検地竿の長さを「1間(いっけん)」と呼び、当時は1間=6尺3寸が基準でした。

しかし、江戸時代にはいると1間=6尺に変更、当時の人々はこの1間を基準に建物をつくるようになります。

この時期から家を建てる工法に違いがあり、西日本の多くは畳のサイズを基準に家を建てる「畳割」であるのに対し、関東では先に家を設計してから柱と柱の間を1間として畳を作る「柱割」という工法が使用されています。

これは畳のサイズを基準に家をつくっていくと、部屋によって柱と柱の間が合わなくなる問題が生じるため大工さんの作業能率を考え、柱を基準に畳のサイズを決めるようになっていったと言われています。

また、近代に入り高度成長期を迎えると、住宅需要が増加します。

その需要にこたえるため、一番小さい畳のサイズ「団地間」がうまれ、公団住宅などでこの規格を採用するようになりました。

【畳のサイズ】同じ6畳や8畳でも畳の種類が違えばサイズも違う!

【畳のサイズ】同じ6畳や8畳でも畳の種類が違えばサイズも違う!
  • こまるちゃん
    こまる

    同じ6帖や、8畳の畳でも面積がちがうの~??


  • モップ

    そうなんだよ~理由は今から紹介するね~♬

同じ6畳でも畳のサイズによって、面積は随分違ってきます

例えば、京間と団地間とではどのくらい面積が違うのか計算してみましょう。

京間1畳当たりの面積は、1.824㎡、団地間1畳当たりの面積は、1.445㎡です。
これを6倍してみましょう。

京間6畳は10.944㎡、団地間6畳は8.67㎡となります。
かなりの差がありますよね。

京間の6畳は、団地間の約7.5畳分の広さに相当するということになります。

部屋が広くなればなるほど、畳のサイズの差は大きくなっていきます。

8畳では、京間の面積が1.4592㎡、団地間の面積が1.156㎡京間8畳は、団地間10畳に相当します。
その差は、なんと2畳分

引っ越しで和室に合わせて家具やカーペットを買い替える場合や、古くなった畳を自分で張替えるには、メジャーで正確な寸法を測ってから購入しましょう。

【畳のサイズ】昔から使っている「尺・畳・坪」を知ろう!

【畳のサイズ】昔から使っている「尺・畳・坪」を知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    畳にまつわる情報を検索していたら、難しい言葉が3つもでてきたんだ!


  • モップ

    「尺」「畳」「坪」のことだね?
    聞いたことはあっても、詳しいことは知らないものだよね!

【畳のサイズ】職人が採寸で使う「尺」について知っておこう!

職人の世界では、畳のサイズを「cm」より日本古来の「尺」で表すことが多いです。

この「尺」という単位は手をひろげて親指から人差し指、中指の先までの長さを基準とした単位です。

「尺」という文字は、親指と人差し指を伸ばして長さをはかる動作が、尺取虫の動きを連想させることからできた文字だといわれています。

明治時代に定められ、1/33mつまり1尺=約30.3cmとなっています。

畳職人は、今でも畳尺とよばれる専用の道具で畳を採寸しています。

【畳のサイズ】家電製品でもよく見かける「〇畳用」を知ろう!

家電製品の多くは、部屋の広さを表すのに「畳」という単位を用いています。

例えばエアコンや暖房器具などは、「6畳用」「8~10畳用」と表記して販売されていますね?
畳1畳分は、大人1人が寝ることのできる大きさが基準です。

【畳のサイズ】「一坪」はおよそ畳2枚分になると知ろう!

「坪」は、主に土地の面積や建物の敷地面積を表す基本単位です。
尺貫法による面積の単位で、1辺が6尺の正方形の面積が1坪です。

また1坪は、一般的におよそ畳2枚分の広さにあたります。

畳のサイズが地域によって違うなら「坪のサイズも違うのでは?」と思うかもしれませんが、「坪」は公正取引協議会により、中京間の1畳サイズ1.6562㎡に基づき1坪=約3.31㎡と定められています。

(昭和41年以降の法改正等で、不動産登記においての面積表示は、「坪」ではなく「㎡」表示で統一されることとなっています。)

【畳のサイズ】まだまだある畳のサイズと種類について知ろう!

【畳のサイズ】まだまだある畳のサイズと種類について知ろう!

主な5種類の畳に以外にも、日本各地にはまだまだ畳のサイズと種類があります。

【畳のサイズ】六一間の畳サイズについて知ろう!

  • 6尺1寸×3尺5分(185cm×92.5cm)
  • 山陰地方で、京の文化に影響を受けて出来た畳

【畳のサイズ】六二間の畳サイズについて知ろう!

  • 6尺2寸×3尺1寸(188cm×94cm)
  • 九州の一部で、使用されている

【畳のサイズ】琉球畳の畳サイズについて知ろう!

  • 88cm×88cm。半畳を基準とした畳
  • 部屋の広さや、希望の厚みを伝えてオーダーメイドできる

【畳のサイズ】メートル間の畳サイズについて知ろう!

  • 1間を2mとした柱割
  • 京間に近い畳。一部のプレハブメーカーで採用されている

どの畳でも、基本的に縦横比は2:1です。
これは、2枚の畳を合わせた時に、正方形になるように考えられた日本人の知恵です。

部屋によって畳の敷き方を変え、それぞれの家屋に合わせて用いてきました。

注文すれば縦横比が2:1ではない畳を購入できるので、リフォームなどでこだわりたい方は業者に相談してみましょう。

畳のサイズについてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、畳のサイズや、地域によって畳のサイズが違う理由について紹介しました。

日々の暮らしのなかで、年月が過ぎるとともに畳のメンテナンスも必要になってきます。

日頃の掃除はもちろん、年に2回は、晴天の日に半日ほどベランダ等で畳の裏を日光にあてて畳干しをすると、カビやダニの予防になるそうです。

畳は購入後3~5年で裏返しをします。
畳床から畳表を剥がして裏返し、キレイな面を表にして元通りに取付けます。

そして7~10年経つと、畳が傷んで弾力性がなくなってきます。

その頃に表替えといって畳床はそのままで、畳表の部分のみ新しい物に交換します。

このように手入れをして使い、使用開始から約10年を目安に畳の交換をします。

最近はネットやホームセンターで畳を購入できますが、畳の張り替えはプロにお任せするのが安心ですね?

自分の家の畳に合わせたサイズを用意してもらえて、業者によっては襖や障子といった和室全体の相談にものってもらえます。

畳張替え業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

畳張替えをプロに依頼するなら

畳張替えを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に畳張替えの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
30 投票, 平均点: 4.96

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事