ふすまの敷居のすべりが悪い!敷居に使える便利グッズを使ってみよう!

ふすま張替え
更新

「ふすまの敷居のすべりが悪い…」「開閉がしづらい…」とお困りではありませんか?長年住んでいるお家では、どうしても出てきてしまう問題です。この記事ではふすまの敷居のすべりを直すグッズや、プロに依頼した時の料金場合について紹介します。

ふすまの敷居のすべりが悪い!敷居に使える便利グッズを使ってみよう!

長年住んでいる自宅のふすまが「何だか開け閉めがしにくい…」とお困りではありませんか?

完全に開かないわけじゃないから見てみぬ振りをしたいけど、どうしてもストレスを感じる方もいるかもしれませんね?

ふすまをはめ込んでいる溝はレールではなく、「敷居(しきい)」といいます。

今回は、ふすまの敷居のすべりが悪くなる原因や、敷居のすべりが悪い時の対処方法について紹介します。

>>プロのふすま張替え業者の一覧

【敷居】ふすまのすべりが悪い!敷居とレールの違い

【敷居】ふすまのすべりが悪い!敷居とレールの違い

最近は和室のない家も増えていますし、和室の構造や部分の名前を知らない人も多いですよね?

ふすまの開け閉めがしにくい場合「ふすまのレールの調子が悪くて…」とは言わない方がいいですよ。

和室のふすまをはめ込んでいる溝のことを「敷居(しきい)」といいます。

敷居には一般的に、松が使用されていますが、他に桜などを使用する場合もあります。

また、ふすまの上部を「鴨居(かもい)」といいます。

一方レールは、引き戸で用いられているものです。

戸に戸車がついていて、レールのを走らせることで戸の開け閉めをします。

レールと敷居の違いを知っておきましょう。

【敷居】ふすまの敷居のすべりをよくする便利グッズ

【敷居】ふすまの敷居のすべりをよくする便利グッズ

ふすまの敷居の滑りをよくする簡単なグッズ3つ紹介します。

完全に開かなくなってしまったふすまの場合は、この方法は使えませんが「動きが悪いな…」という程度なら、まずこの方法から試してみましょう。

Amazonなどのネットショップや、ホームセンターで販売されています。

【敷居のすべり】滑りがよくなるテープ

レールに張り付けるだけで滑りがよくなって、開けにくかったふすまがすんなりと開くようになります。

【敷居のすべり】ロウソクや敷居用のロウ

普通のロウソクを塗るだけでも効果はあります。

また最近では、敷居用に作られたロウもあります。

塗るだけなので簡単ですし、汚れの防止にもなります。

【敷居のすべり】スプレータイプの滑り剤

ふすまのレールだけではなく、カーテンレールやタンスの引き出しなど様々な部分に使用できます。

【敷居】敷居のすべりがよくならない3つの理由

【敷居】敷居のすべりがよくならない3つの理由

上記で紹介したグッズを使っても、ふすまの開け閉めがスムーズにならない場合もあります。

考えられる理由としては、以下の3つです。

  • 鴨居(かもい)が下がってしまっている
  • 建付けが悪く、歪んでいる
  • 家が傾いてしまっている

下がった鴨居を自分で解決するには、2つの方法があります。

  • 戸を削る
  • 鴨居を削る

どちらも専用のカンナが必要で、削る加減も難しくDIYや日曜大工に自信のある方でないと難しいでしょう。

立て付けが悪い、家が傾いているとなると、ますます自分では対処できません。

業者に相談することをオススメします。

【敷居】業者に敷居の修理を依頼する費用相場は?

【敷居】業者に敷居の修理を依頼する費用相場は?

業者に依頼した時の料金相場は、50,000円程度のようですが、修理の内容や業者によっても異なります。

3社くらいの業者に問い合わせをして比較して、業者を選びましょう。

ふすまの張替えについてもかなり料金に幅があります。

​安いもので片面1,500円ほど、高いものは100,000円以上する場合もあるようです。

両面張替えるのであれば2倍かかります。

参考までにふすまの張替えの料金相場も一部紹介します。

  • 織物の場合…1,500円~40,000円以上
  • 和紙(新鳥の子)…1,500円~2,000円
  • 和紙(鳥の子)…3,000円~4,000円
  • 和紙(本鳥の子)…10,000円以上

【敷居の番外編】引き戸のレールのすべりが悪い原因

【敷居の番外編】引き戸のレールのすべりが悪い原因

引き戸のレールのすべりが悪い、開閉がしにくい場合は以下の原因と対処法が考えられます。

【敷居の番外編】戸車が壊れているのが原因

戸車が壊れていて、閉まらないということもあります。

戸車を交換するか戸車の高さを調節しましょう。

戸車には5つの種類があります。

【V型の戸車】
車輪部分とレールの断面がV字型になっているのが特徴です。

レール部分を床に埋め込んで設置するようになっています。

床に埋め込んでいるので足が引っ掛かりにくく、レールに物が当たってもゆがみにくい作りです。

【Y型の戸車】
断面がY字型の物です。

Yの縦棒部分が溝にはまり、Vよりも外れにくいです。

【T型の戸車】
VとY同様に掘り込みの物です。脱輪防止部分が埋め込みされています。

車輪部分は床よりも高い位置にあるので、溝を浅く掘ることによって設置できます。

【丸型の戸車】
断面が半円形のレールを使います。昔は最もポピュラーでしたが、最近は床上にあまり出っ張らないものが増えてきているので、丸型を使うということは少なくなってきています。

【平型の戸車】
敷居の上を直に走るタイプではありません。ふすまや障子など昔からの日本の引き戸はこの平型が多いです。

プロの業者に戸車の交換や、修理を依頼した場合の料金相場は、5,000円~20,000円程度です。

【敷居の番外編】レールが減っているのが原因

レールが減っているとふすまがゆがんでしまったり、傾いてしまったりすることがあります。
レールを交換する必要があります。

戸車もレールもインターネットや、ホームセンターなどで購入できます。

自分で敷居のすべりを直せないなら業者に依頼しよう!

今回は、ふすまの敷居のすべりが悪くなる原因や、敷居のすべりが悪い時の対処方法について紹介しました。

聞いたことがある方も多いと思いますが、敷居は以下の理由から「踏んではいけない」といい伝えられています。

日本の特有の作法を大切にして、他のお家にお邪魔しても敷居を踏まないようにしましょう。

日本らしい和室を素敵に保つためにも、ふすまのメンテナンスきちんとしたいものですよね。

市販のグッズで開閉がスムーズにならない場合は、業者に依頼しましょう。

ふすま張替え業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

ふすま張替えをプロに依頼するなら

ふすま張替えを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にふすま張替えの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事