最終更新日:

【フィルムカメラの現像料金】フィルムカメラの現像する時はデータ化が◎

フィルムカメラの現像や、プリントアウトする時にデータ化できるって知っていますか?写真のデータ化ができれば、スマホやタブレットなどに画像を残こせます。今回は、フィルムカメラを現像する料金相場やデータ化について紹介します。

【フィルムカメラの現像料金】フィルムカメラの現像する時はデータ化が◎

フィルムカメラで撮影したネガを現像する時に、写真をデータ化できる事を知っていますか?

もちろん写真をもデータとして残せます。

写真を現像する時にネガや写真からスキャナー機器でスキャンすることで、パソコンにネガや写真をデータとして取り入れられます。

写真のデータ化ができれば、スマホやタブレットなどに画像を残こせます。

いつでも何処でも見たい写真をスマホや、タブレットから見られるので便利です。

そこで今回は、フィルムカメラとデジタルカメラの違いや、フィルムカメラを現像する料金相場について紹介します。

>>プロの出張カメラマン業者の一覧

【フィルムカメラの現像】フィルムとデジタルカメラの比較

【フィルムカメラの現像】フィルムとデジタルカメラの比較

【フィルムカメラの現像】フィルムカメラの特長

フィルムカメラとは、フィルムという記憶媒体をカメラの中にセットすることで撮影が可能となるカメラです。
デジタルカメラでいう「メモリーカード」のような役割の物です。

フィルムは写真の枚数が決められており、12枚、24枚、36枚と種類があり、限られた枚数分しか撮影できません。

フィルムにはカメラで撮影したい物をレンズを通して、光とフィルムが化学反応を起こすことで、人物や風景などをフィルムに記憶できます。

これがフィルムカメラの特長です。

フィルムカメラはとにかく手間がかかり、撮影するにはフィルムが毎回必要で枚数が限られます。

フィルムがなくなれば毎回交換が必要になります。

本格的なカメラになるとレンズが交換でき、遠くの物を撮影したい時は「望遠レンズ」、広範囲で撮りたいなら「広角レンズ」に交換します。

デジタルカメラもレンズが交換できるタイプの商品がありますが、レンズの管理が必要になります。

この手間が心地よく、手がかかる子ほど可愛らしく思うようにフィルムカメラの面倒さが所有者にとっては宝物のような存在になります。

手間をかければかけるほど、いい写真が取れると喜びも人一倍嬉しくなります。

【フィルムカメラの現像】デジタルカメラの特長

フィルムカメラと違いデジタルカメラはフィルムの代わりにメモリーカードなどの記憶媒体が主流になっています。
撮影する枚数も性能によりますが、フィルムと違い何百枚~何千枚といった枚数を保存できます。

デジタルカメラは付属しているモニターで撮影した映像をその場で確認できるのが、魅力の一つです。フィルムカメラと違い失敗しても、その場で取り直しできます。

また、大きな魅力としては、カメラで撮影した映像を写真としてプリントする以外に、データをスマホ、タブレット、パソコンなどにコピーできます。

デジタルデータとして保存した映像を専用のソフトを使えば、映像を加工編集できます。

【フィルムカメラの現像】フィルム現像の料金相場

【フィルムカメラの現像】フィルム現像の料金相場

フィルムを現像する料金は、現像するお店やサイズによって違いがあります。

  • L版…高さ89mm×幅127mmで1枚あたり40円程度
  • ハガキサイズ…102mm×152mmで1枚あたり50円程度
  • 2L版…127mm×178mmで1枚あたり100円程度
  • A4…210mm×297mmで1枚あたり650円程度
  • ポスターサイズ…457mm×560mmで1枚あたり2,000円程度

よく「カラーネガフィルム現像」と聞きますが、これはフィルムを写真にプリントする前に、ネガを現像しなくてはプリントできません。

そのためにプリント価格と別に現像価格があります。
12枚、24枚、36枚とフィルムの枚数に違いはありますが、1本あたりの現像料金は800円程度です。

同じ写真をプリント「焼きまわし」する場合はネガがあれば、現像代が省かれて各サイズの一枚辺りの価格ですみます。

【フィルムカメラの現像】現像ついでにデータ化しよう!

【フィルムカメラの現像】現像ついでにデータ化しよう!

【フィルムカメラの現像】現像は早めにしよう!

フィルムカメラで撮影したネガを現像しましたか?
後回しにしてそのまま放置になっていませんか?

放置したままのフィルムは、特殊な薬品が化学反応を起こしてしまうことがあります。

フィルムを現像すると、撮影したはずの写真が真っ白になったりします。

【フィルムカメラの現像】現像と一緒にデータ化

フィルムをデータ化することで「焼きまわし」したい写真をパソコンやスマホの画面から簡単に確認できます。ネガのような光を通さないと何が写っているか分からないという悩みもありません。

データ化することで写真をプリントしなくてもスマホやタブレットから画像が見られるので、大量のアルバムに保存する必要もなく荷物になりません。

CDデータ保存の場合は、フィルムの200枚分程度保存できて500円~900円程度でデータ化してくれます。

今後はフィルムから現像する時はデータ化も一緒に依頼すれば、管理もしやすいですよ。

フィルムカメラの現像からデータ化まで業者に依頼しよう!

今回は、フィルムカメラとデジタルカメラの違いや、フィルムカメラを現像する料金相場について紹介しました。

フィルムの現像やプリントを依頼するならデータ化も一緒に業者に依頼するのがオススメです。

プロだからこそ、現像やプリントアウトの仕上がりはとてもキレイに仕上げてくれます。

出張カメラマン業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

出張カメラマンならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った出張カメラマンの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す