【お盆の墓参り】浄土真宗の彼岸やお盆のお墓参りの作法について解説

お盆は墓参りに行かれる方も多いですよね。一般的に、お盆のお墓参りは7月または8月13日~16日までの4日間とされていますが、実はお墓参りに正しい時期はなく、基本的にはいつ行っても良いのです。作法、時間帯、服装などを確認して、失礼のないようにしましょう。

お墓参り代行
更新
【お盆の墓参り】浄土真宗の彼岸やお盆のお墓参りの作法について解説

お墓参りは、お盆、お彼岸、毎月、命日など、いつ行ったらいいのか疑問に思っていませんか?

結論から言うと、お盆の墓参りに厳格なルールはありません。

無理なく自分のできる範囲で、丁寧に故人を偲べばいいのです。

しかし、一般的なお墓参りの時期を知っておくと前もって準備できますよね。

仕事があり、正式な日にちにお盆の墓参りができないなど、故人や先祖を敬う気持ちが一番大切なので問題ありません。

また、「お彼岸」にお墓参りをするというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、浄土真宗は他の宗派と意味合いが違うそうです。

そこで今回は、お墓参りの時期や、お墓まりの作法や、浄土真宗におけるお墓参りについて紹介します。

>>プロのお墓参り代行業者の一覧

【お盆の墓参り】一般的なお盆のお墓参りの時期を知ろう!

【お盆の墓参り】一般的なお盆のお墓参りの時期を知ろう!

お墓参りに行く時期は、いつなのか気になりますよね?

お墓参りの時期に決まりはないそうです。

お坊さんによると、「自分がご先祖様にお参りしたい!」と思い立った時や、都合のいい時にお墓参りに行けばいいそうです。

日本のいわゆる習慣として、お墓参りに行く時期があります。

一般的なお墓参りの時期について紹介します。

【お盆の墓参り】一般的なお墓参りの時期「お盆」

お盆は、ご先祖様の霊がこの世に帰ってくる時期だと言われています。

7月または8月13日~16日までの4日間

時期は地域によって異なり、東京や横浜の一部では7月13日~16日の4日間

「東京盆」と聞いたことはありませんか?
1ヶ月前倒しのお盆といったところです。

地域や宗教によって違いますが、一般的にお盆の初日13日(お盆の入り、迎え盆)にお墓参りに行く人が多く、初日に迎え火を焚き、ご先祖様の霊をお迎えするのが昔からの慣習です。

都合で13日に行けない場合は、お盆期間の他の日にお参りするようにしましょう。

お墓に行けない場合は、ご自宅でご先祖様に感謝のお参りをしても問題ありません。

また、地域や宗教などによって違いますが、お盆の最終日である16日にもお墓参りへ行く場合もあります。

【お盆の墓参り】一般的なお墓参りの時期は「お彼岸」

春分の日3月21日頃の前後7日間
秋分の日9月23日頃の前後7日間

お彼岸はあの世とこの世が一番近くなる時期で、ご先祖様と交流できる時期だと言われています。

お盆はご先祖様が家に帰ってきますが、お彼岸はご先祖様に会いにいくという気持ちですね。

【お盆の墓参り】一般的なお墓参りの時期は「年末年始」

新年が始まるにあたり、お墓のお掃除をしてお参りするという方も多いですね。

親戚一同揃う機会に、皆でお墓参りに行くという家庭もあります。

【お盆の墓参り】一般的なお墓参りの時期は「命日」

毎年、故人が亡くなった日にお墓参りをします。

【お盆の墓参り】一般的なお墓参りの時期は「月命日」

毎月、故人が亡くなった日にお墓参りをします。

お墓が家と近い方は、お盆やお彼岸にとらわれずこの日にお墓参りに行くという人もいます。

【お盆の墓参り】一般的に優先されるお墓参りの時期

【お盆の墓参り】一般的に優先されるお墓参りの時期

一般的に優先されるお墓参りの時期は「お盆」です。

亡くなった人が、家に帰ってくる前にお墓を掃除してお参りする、そしてまた故人を送りだすというのが伝統となっています。

その次に、お墓参りをする人が多いのが「お彼岸」です。

春分の日と秋分の日が祝日になっているのも、昔からお彼岸を重んじていたからだそうです。

また、年末年始に帰省した時にお墓参りしたり、故人の命日に行われる法事などの行事がお墓参りする時期だという家庭もあります。

それ以外にも、進学や就職、結婚や出産など人生の節目にお墓参りをして、自分の近況報告をご先祖様にするのもいいですね。

各家庭の都合に合わせて、お墓参りの時期を決めていきましょう。

【お盆の墓参り】お墓参りの時間帯と服装について知ろう!

【お盆の墓参り】お墓参りの時間帯と服装について知ろう!

【お盆の墓参り】お墓参りの時間帯について知ろう!

お墓参りの時期を知ったら、時間帯も気になりますね?

これも、お墓参りの時間帯に特別な決まりはないそうです。

しかし、暗くなった夕方や夜は、周囲や足元も見えづらいですし、夜中の墓地は人気もなく事件にあう危険もあるので避けた方がよさそうです。

夕方は、昔から「逢魔が時(おうまがとき)」とよばれて、魔や霊が出てくる時間帯だという迷信もあります。

なるべく午前中~日中の明るい時間帯に、お墓参りをした方がいいでしょう。

【お盆の墓参り】お墓参りの服装について知ろう!

お墓参りの服装に関しても、決まりはないそうです。

喪服は、法事法要などの特別な時だけに着ていけばいいそうです。

ただ、お墓は石や草があって足元が悪い場所も多いので、ハイヒールなどは不向きです。歩きやすい靴の方が良いですね。

また、お墓参りでは墓地を掃除するので、動きやすい服装の方がいいでしょう。

だからと言って肌を露出しすぎる服装や、あまりにもラフすぎる格好も避けたいものですね。

【お盆の墓参り】お盆に墓参りする前に準備すること

【お盆の墓参り】お盆に墓参りする前に準備すること

【お盆の墓参り】迎え火の前にお墓掃除する!

本来は、13日にご先祖様をお迎えするまでに、お墓を掃除しておきます。

ご先祖様に心地良く戻ってきてもらうためです。

【お盆の墓参り】迎え火

13日はご先祖様をお迎えする日です。

墓前でご先祖様が戻られる目印となる迎え火を焚き、お迎えするというのが、昔からある日本の慣習です。

現在では、自宅で迎え火を焚き、盆提灯に灯をつけてお迎えすることが多いです。

盆提灯は玄関やベランダ、精霊棚の横に配置します。

精霊棚というのは、お盆だけに設ける祭壇のようなものです。

  • お位牌
  • お線香立
  • 盆花
  • お供え物(精進料理など)
  • 牛と馬の飾り物

この精霊棚やお供え物なども、地域や宗教などによって違いがあります。

そして迎え火ですが、正式なやり方としては13日の夕方(地域により違う)、家族みんなでお墓参りに行き、お墓に供えたロウソクの火を提灯に移します。

家に持ち帰り、提灯や精霊棚に移し、その火でお線香を焚く。

こうして先祖の霊を自宅まで招き入れる、という流れです。

家でする場合は、玄関先などで、素焼きの平らなお皿の上にオガラの木を置いて火を灯して焚きます。

迎え火や送り火に使う木材はオガラといい、先ほどの精霊棚やお供え物、ナガラがセットになったものがスーパーなどで売っていますので、難しく考える必要はありません。

【お盆の墓参り】留守参り

留守参りとは、14日や15日にお墓参りをすることを言います。

お盆の間は、先祖の霊が家にいるため、先祖不在のお墓参りなので「留守参り」と言います。

留守参りの慣習は地域によります。

【お盆の墓参り】送り火

16日はご先祖様のお見送りの日です。

この送り火でご先祖様がお帰りになるので、大切な日です。

迎え火とは逆のことをしますが、正式なやり方は以下の通りです。

  • 仏壇にお線香をお供えし、その火を提灯に移してお墓へ
  • 墓前で、提灯の火をロウソクに移しお線香をお供えする
  • 帰宅後は、玄関の前で送り火を焚いてお見送りする

【お盆の墓参り】お盆にお墓参りする手順を知ろう!

【お盆の墓参り】お盆にお墓参りする手順を知ろう!

用意するもの

必須
半紙
お線香
1

お盆にお墓参りする前に手を洗う

お盆にお墓参りする前に手を洗う。そしてお墓に到着したら、手を合わせましょう。

2

お墓の掃除をしてお供えをする

お墓の掃除をして、お供えをする。半紙を敷き、その上にお供え物を置きます。ご先祖様が好きだった食べ物や飲み物を用意しましょう。次にお供えする花ですが、菊が定番です。菊は仏花として、邪気を払うとされています。茎の長さを整え、新鮮な水を注ぎ、お供えしましょう。

3

お線香に火をつけてお墓に手を合わせる

お線香に火をつけて、ご先祖様と縁が深い人から順に、お線香を立て(たは寝かせて)お墓に手を合わせます。お墓をキレイにすることで、心が清々しく穏やかな気持ちで、ご先祖様に思いを伝えられるでしょう。

【お盆の墓参り】お墓の基本掃除する方法を知ろう!

【お盆の墓参り】お墓の基本掃除する方法を知ろう!

お盆に限らず、掃除はお墓参りの基本です。

本格的にキレイにすると気持ちがいいですよね。

ここでは、お墓を掃除する方法を紹介します。

用意するもの

必須
ほうき
ちりとり
バケツ
スポンジ
古歯ブラシ
ザル
ゴミ袋
新聞紙
軍手
タオル(布)
1

軍手や鎌を使いお墓のまわりの雑草を抜く

軍手や鎌を使いお墓のまわりの雑草を抜く。落ち葉などのゴミを拾いましょう。

2

スポンジを使って墓石をこすり洗いする

水とスポンジで墓石の汚れをこすり洗いする。苔もスポンジでこすり落とせます。

3

ザルを使って玉砂利を水洗いする

墓石まわりに玉砂利がある場合は、ザルに入れて水洗いして、再度敷きなおしてキレイにする。

4

古歯ブラシなどを使って墓石の文字や花筒をこすり洗いする

墓石の文字が彫ってある部分や、花筒などは古歯ブラシなどを使って軽くこすり洗する。水鉢(お墓の正面などにある、四角くなっているくぼみ、水を入れるところ)や線香置きも水洗いする。

5

掃除が終わったら、お墓全体に水をかけて清める

掃除が終わったら、お墓全体に水をかけて清めます。最後にタオルや柔らかい布などで拭き取り完了。

ゴミは新聞紙などにくるみ、持ち帰りましょう。

【お盆の墓参り】墓参りする時の5つの注意点がある!

【お盆の墓参り】墓参りする時の5つの注意点がある!

墓参りする時の、5つの注意点について紹介します。

【お盆の墓参り】線香の火を消す時は手で仰ぐ!

線香の火の消し方ですが、この場合は、手で仰いで火を消すのがマナーになります。

【お盆の墓参り】墓石にお酒をかけない!

ご先祖様がお酒好きだからと、墓石にもかけてしまうのはマナー違反です。

墓石がお酒の成分で傷つく可能性があります。

【お盆の墓参り】お供え物は持ち帰る!

お供え物で、食べ物や飲み物などは持ち帰るようにしましょう。

【お盆の墓参り】落ち着いた色の服で墓参りする!

お盆の墓参りには、決まった服装はありません。

一周忌や新盆など、亡くなった人の初めてのお盆であれば、喪服を着用することもありますが、それ以外では普段着で問題ありません。

派手さの無い、落ち着いた色の服装を心がけましょう。

【お盆の墓参り】熱中症に注意する!

お盆の時期は、日差しが強く、虫が多いです。

そのため、お墓を掃除する時は、熱中症に注意しましょう。

  • 虫よけスプレー
  • 日焼け止めクリーム
  • 麦わら帽子

などを活用して、熱中症にも気を付けて、お墓参りをしましょう。

【お盆の墓参り】浄土真宗におけるお墓参りについて知ろう!

【お盆の墓参り】浄土真宗におけるお墓参りについて知ろう!

浄土真宗では「ご先祖様は極楽浄土にいる」という教えがあり、先祖にお参りをする意味で墓参りしません。

お墓に対する考え方も故人や、ご先祖様が必要としているのではなく、「生きている私たちのためにある」と解釈するそうです。

これによって、一般的にお墓参りをするとされる「お彼岸」もお墓参りをする時期という捉え方はしません。

浄土真宗におけるお彼岸は「苦しみの絶えない人生の意味を知り、阿弥陀仏の救いを求め、仏法を聞かせていただく御縁」なのです。

【お盆の墓参り】浄土真宗のお彼岸は何をしたらいいの?

【お盆の墓参り】浄土真宗のお彼岸は何をしたらいいの?

浄土真宗の「お彼岸」が他の宗派と大きく違うのは、先祖の供養やお墓参りがメインではないということがわかりました。

  • 仏壇を掃除する
  • 仏壇の阿弥陀さまに手を合わせ、お念仏する
  • お寺の彼岸法要会にお参りをする
  • 仏様のお話を聞く

浄土真宗の彼岸法要会は、修行の時間ではなく、聞法(仏さまの教えを聞く)をとおして、彼岸のこころを知る場所です。

お彼岸だからあらためて何かを準備するのではなく、日常生活の延長線上でお彼岸を迎えるのがいいとされています。

お盆に墓まりに行けないなら業者に依頼できる!

今回は、お墓参りの時期や、お墓まりの作法や、浄土真宗におけるお墓参りについて紹介しました。

日々、仕事や学業が忙しかったり、お墓が遠方にあったり、家庭の事情によってどうしてもお墓参りに行けない人のためにお墓参り代行サービスがあります。

これは自分の代わりに、お墓の周囲や墓石の掃除、お線香やお花のお供えをしてくれるサービスです。

お墓参りになかなか行けないと、お墓が荒れてさびしいものになってしまいますね。

都合でお墓参りに行く時間をなかなかつくれない場合は、こうしたサービスを利用してもいいでしょう。

基本料金システムを事前に調べて、業者に依頼します。

業者によっては、故人の特に好きな物をお供えしたい、などの特別な依頼内容にもかなり親身になってくれるそうです。

お墓参りを「業者に任せるのは…」と自分を責めるよりも、とにかく大事なのは、先祖を敬い供養する気持ちです。各家庭にあった方法でお墓参りをしましょう。

お墓参り代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

お墓参り代行をプロに依頼するなら

お墓参り代行を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にお墓参り代行の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
23 投票, 平均点: 4.92

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事