最終更新日:

玄関ドアのリフォームを失敗したくない!玄関ドアのリフォームの基本知識

玄関ドアのリフォームを検討する場合、種類や工事の費用、所要日数など気になることがたくさんあります。ある程度の基礎知識をもっておけば、業者とも相談しやすく失敗を防げます。今回は、玄関ドアリフォームのポイントや、料金相場について紹介します。

玄関ドアのリフォームを失敗したくない!玄関ドアのリフォームの基本知識

新築の時は真っ新だった玄関ドアも、築年数とともに劣化します。
そろそろ「リフォームしたいな…」「おしゃれな玄関ドアにしたいな…」と悩んでいませんか?

玄関ドアをどのようにリフォームするかで、あなたの家の表情が大きく変わります。
玄関ドアの素材、デザイン、価格だけではない、欠かせない重要なポイントがあります。

そこで今回は、玄関ドアをリフォームするポイントや、業者に依頼する時の料金相場について紹介します。

>>プロの玄関ドアのリフォーム業者の一覧

玄関ドアをリフォームする前にドアの種類を知ろう

玄関ドアをリフォームする前にドアの種類を知ろう

玄関ドアと一言で言っても、実に数多くの種類があります。

玄関ドアの種類や特長を知ることにより、どのようにリフォームするのかイメージしておきましょう。

開きドアの特長

開きドアには主に「片開き」「両開き」「親子ドア」の3種類があり、さらに「片袖付き」「両袖付き」「欄間付き」という種類があります。

【片開きドア】
文字通り、1枚の扉を開け閉めするいちばんスタンダードな玄関ドアです。
ドアの幅や高さのバリエーションも実に豊富です。

【両開きドア】
同じ大きさの2枚の扉を開け閉めするタイプです。
あまり見かける機会はありませんが、芸能人の豪邸や店舗兼住宅等によく見られます。

【親子ドア】
両開きドアの1種で、主に開け閉めする大きな扉と小さめの扉の組み合わせで、大きな荷物の出し入れのときに非常に重宝する玄関ドアです。

【片袖付き、袖付き】
玄関ドア本体の脇に、採光用の窓が組み合わされたドアです。
片側に窓が付いていれば片袖付き、両側に窓が付いていれば両袖付きです。

玄関の間口が大きな住宅や、商業施設によく見られます。

【欄間付き】
玄関ドアの上部に窓が付いています。
玄関の天井高が高い家や、ちょっと古めの高級注文住宅によく見られます。

引戸の特長

【引違戸】
2枚の扉がレールに乗っていて、横にひいて開け閉めします。
和風建築の建物に多く見られます。

余談ですが、サザエさんの磯野家の玄関もこの引違戸ですね。

【片引き戸】
同じく和風建築の建物に多く見られます。

玄関ドアを選ぶ時の2つのポイント

玄関ドアを選ぶ時の2つのポイント

玄関ドアは毎日開け閉めする使用頻度が非常に高く、通り沿いに面する家の表情が一番はっきりと見える場所でもあります。
だからこそリフォームして「より機能性の高いドアにしたい…」「お洒落で格好いいドアにしたい…」というニーズが非常に多いです。

昔は大掛かりな工事や鋼製建具屋による本格的な工事が必要で、費用もかなり高額でした。
最近は1日リフォーム工事が終わるような製品が数多く販売されています。

ドア本体のデザイン、種類、高機能な製品も数多くあり、好みの玄関ドアを探せます。
機能やデザインが豊富すぎて、思わず目移りしてしまいそうです。

希望の玄関ドアを選ぶポイントは大きく分けて2つあります。

  • いくら位の費用をかけるか?
  • どこまでの機能とデザインを求めるか?

大体でいいので予算を決めて、その上でどこまでの機能を求めるかが非常に大切です。

例えば「お洒落で、開閉がしやすく、キーレスでドアの施錠・開錠ができて、遮音性や断熱性が高い」ドアを選ぶと、100万円を超える工事になってしまいます。

ドアに100万円!!!
ぽ~んとお支払いできればいいですが、「どこのセレブですか…」という話になってきますね。

求める機能に優先順位をつけて、大体の予算と照らし合わせてどこまで希望が叶うのか考えてみましょう。

玄関ドアのリフォームに必要な工事と内容

玄関ドアのリフォームに必要な工事と内容

玄関ドアリフォームは、ただ単に今付いている玄関ドアを交換するだけではありません。玄関ドアのリフォームに伴い発生する工事を紹介します。

玄関ドアのリフォームは「大工工事」が必要になる

玄関ドアの枠を取り付ける下地を交換あるいは補強する場合は、大工工事が必要になります。
新たに取り付ける玄関ドアのサイズが違えば、新たにドア下地を作る必要があります。

玄関ドアのリフォームは「タイル工事」が必要になる

玄関ドアのフレームを交換する時は、場合によっては床タイルをはつる(剥がす)必要があります。

玄関ドアのリフォームは「その他の工事」が必要になる

片袖、両袖付き、欄間付きのドアの場合は、ガラス屋さんによるガラス交換が必要になるかもしれません。

ドア本体のサイズが変わる場合は、外壁工事を依頼しなければならないケースがあります。

玄関ドアのリフォームで流行のカバー工法とは?

玄関ドアのリフォームで流行のカバー工法とは?

最近は大掛かりな工事を必要としない「カバー工法」による玄関ドアリフォームが人気です。

カバー工法のメリット

  • 短期間で工事が終わる
  • 比較的費用が安価におさえられる

今付いている玄関ドアの上にドア枠を被せるように取付け、そこに扉を吊り込むため短期間で工事が終わります。

大掛かりな大工工事やタイル工事を必要としない分、費用は若干安めにおさえられます。

カバー工法のデメリット

  • ドアの取付強度が下地により大きく変わる
  • 床に大きな段差ができる

既存のドア枠の状態により、取付強度が大きく左右されます。

シロアリに食い荒らされたり水気を含んだ下地材に新たなドア枠を被せても、ドア本体の重みで枠自体が変形したり、ずれて建てつけが悪くなることがあります。
最悪は、ドアそのものが枠ごと外れてしまう危険性があります。

床にも新たにドア枠(沓摺、くつずり)を付けることになり、床に大きな段差ができてしまいます。

ドアメーカーの製品に段差を解消するスロープ状のパーツもラインアップされていますが、それでも高低差は発生します。
この段差を根本から解消するためには、やはり床タイルの張替えや左官工事が発生します。

玄関ドアをリフォームする料金相場はいくら?

玄関ドアをリフォームする料金相場はいくら?

玄関ドアをリフォームしようとは決めたものの、費用は気になりますよね?
玄関に限らずリフォームにはお金がかかるため、子育て世代には厳しいものに感じます。しかし、毎日暮らす家なので、やはり快適な方が仕事も子育ても、家事も頑張れるというものです。

気になる玄関リフォーム相場は、ドアの種類や選択する工法、ドアに求める機能により大きく価格が変わります。

  • 片開き
  • 一般的なデザイン
  • ディンプル錠のツーロック
  • 既存のドア枠がそのまま使える
  • タイル補修なし

この条件を前提とすると30~40万円程度です。

以下の5つの項目をおさえて、失敗のない業者選びをして下さいね。

  • 現地調査してくれる
  • 施工実績が豊富
  • 工事内容や条件をきちんと教えてくれる
  • 料金を明確に提示してくれる
  • 必ず3社以上の相見積を取りる

玄関ドアのリフォームは業者に相談しよう

今回は、玄関ドアをリフォームするポイントや、業者に依頼する時の料金相場について紹介しました。

玄関はあなたの家の表情を決めるとても重要な場所で、どんなドアがついているかで印象は大きく変わります。

しかし、リフォームにかけられる費用にも限度があり、求めるデザインや機能性も人それぞれです。
あなたが希望する玄関リフォームを叶えるため、業者選びが重要なポイントとなります。

まとめ

  1. 玄関ドアのリフォームにかける費用を決め、ドアに求める機能に優先順位をつけてドアの種類を選ぼう
  2. 人気のカバー工法にもデメリットがある。理解したうえで選択しよう
  3. 玄関ドアリフォームの相場は、ドアの種類や工事の方法によって異なる。一般的に30万円以上は必要です

玄関ドアのリフォーム業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

玄関ドアのリフォームならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った玄関ドアのリフォームの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す