更新日:2019/02/21

遺品整理は自分でする?業者に依頼する?処分方法と、依頼費用を解説

遺品整理は自分でする?業者に依頼する?処分方法と、依頼費用を解説

2019/02/21更新:大切な人との悲しい別れ。気持ちの整理はもちろんですが、遺品の処分もしなくてはいけませんよね。この記事では、自分で遺品整理をして処分する方法を5つのステップにまとめて紹介します。また、業者に依頼する場合のサービス内容や費用の目安も教えます。

人間いつかは、別れの時がきます。
もし親族や、身内が亡くなると葬儀や手続きなどに追われ、それが終わると次に立ち向う必要があるのは遺品整理です。

遺品整理と言っても、何をどのように処分したらいいのかわからない、という人もいますよね?

ましてや、亡くなった方が大切な人なら気持ちの整理がつくまで、処分できないこともあるようです。

  • モップ
    モップ

    今回は、遺品整理を自分でやりたいけど、やり方がわからない…。と困っている人の助けになりたいと思っています!

今回は、自分で遺品整理する方法と、業者に遺品整理を依頼する場合の料金について紹介します。

>>プロの遺品整理の業者一覧

遺品整理って何をするの?

遺品整理って何をするの?
  • こまるちゃん
    こまる

    ひいばあちゃんの、遺品整理をしないといけないんだけど…(泣)
    遺品整理て、どんなことをすればいいのかな~?


  • モップ

    遺品整理は、一度も経験していなかったらわからないよね…。
    僕はやったことあるから、紹介するね~♬

遺品整理とは、故人の遺品を「残しておくもの」と「処分するもの」に、仕分けて整理することをいいます。

遺品整理というのは、意外体力を使うので大変なんです。
では、大変な遺品整理をする前に、用意するものとやるべき事を紹介します。

用意するもの
  • 段ボール箱やゴミ袋
  • 梱包用テープなどの梱包材
  • 台車
  • ドライバーなどの工具
  • 作業用手袋や作業服
  • マスク

やるべき事

  • 近隣へのあいさつ
  • トラックやワゴン車などのレンタル
  • リサイクルショップなどに持ち込み作業

このように自分で遺品を処分するにしても、しないにしても、ある程度は準備しておいた方がいいでしょう。

遺品整理を自分でするメリット・デメリット

遺品整理を自分でするメリット・デメリット
  • こまるちゃん
    こまる

    遺品整理を自分でしようと思うんだけど、できるかな~??


  • モップ

    もちろん自分で、遺品整理することはできるよ~♬

遺品整理を自分で行い処分すると、どんなメリットやデメリットがあるのか気になりませんか?

確かに、大切な人が亡くなっているので「自分でしたい!」という気持ちもわかります。
しかしイイ事ばかりではないんです。

遺品整理を自分でする場合のメリットと、デメリットを紹介します。

メリット

  • 心を整理するきっかけにもなる
  • 費用を抑えるられる
  • 第三者が介入しないのでトラブルが少ない

デメリット

  • 気持ちの整理がつかない場合、思い出の品に触れるのはとても辛い
  • 処分するものが大量にあるとトラックなどをレンタルする必要がある
  • 時間と手間がかかる

自分で遺品整理をすると、このようにメリットとデメリットがあります。
自分で処分するのが辛いという人にとっては、デメリットが大きくなってしまいます。

遺品整理を自分でする方法

遺品整理を自分でする方法
  • こまるちゃん
    こまる

    自分で遺品整理する方法を、モップ知ってる~??


  • モップ

    知ってるよ~♪

自分で処理する場合のメリットや、デメリットについて紹介しましたが、自分で処理したい!という人のために、自分で遺品処理する時の簡単な遺品整理の方法をまとめました。

手順1. 想い出の遺品類の仕分け

絶対捨てられないものや、故人の思い出の品を選別する。

絶対捨てられないもの

  • 形見の品
  • 現金通帳
  • 印鑑
  • 有価証券
  • 写真アルバム類
  • 宝石類
  • 各種契約書など

必要なものは必要なものを入れる、段ボールを作って入れる。

手順2. リサイクル可能なものの仕分け

絶対捨てられないものの仕分けが終わったら次は、リサイクできるものを仕分ける。

リサイクできるもの

  • リサイクル家電
  • 一般家電製品
  • 一般貴金属
  • 家具類
  • 古紙
  • 古布
  • 衣類

リサイクルできるものはリサイクルショップで売ったり、オークションで売ったりしてもいいでしょう。

手順3. ゴミの分別

絶対捨てられないものとリサイクル品を仕分けしたら、あとは不要なものだけが残ってしまいます。
この不要なゴミを廃棄するために分別する。

不要なゴミの分別

  • 燃えるゴミ
  • 燃えないゴミ
  • 粗大ごみ
  • 一般樹廃棄物

このゴミはどの分類に入るのかわからない場合は、自治体に電話して確認しましょう。

手順4. 分別したゴミの処分

分別したゴミをそれぞれ破棄処分する。
ゴミは自分の収集場所に、出せるものであれば出します。出せない物のは焼却場に持っていきましょう。
処分するものが多かったり、重たいものは一般廃棄物収集運搬業者に回収してもらうのも一つの手です。

手順5. 家屋の各種手続き

部屋の中のがすべて片付いたら、最後に各種手続きする。
部屋の解約、ガスや電気の解約など故人の名義で契約されているもの、今後必要のないものは早めに解約するようにしましょう。

このように自分で故人の遺品を処理する場合は、全て自分でやらなくてはなりません。
少し大変なのかな?と思ってしまいますね。

遺品整理を業者に依頼する場合

遺品整理を業者に依頼する場合
  • こまるちゃん
    こまる

    なんだか、自分で遺品整理する自信がなくなってきたよ…(泣)


  • モップ

    それなら、遺品整理の業者に依頼するといいよ~♪

自分で遺品整理をするのは自分には自信がないという方には、遺品整理業者に依頼することをオススメします。

実際に依頼したら、どんなサービスをどのような流れでやってくれるのか、例と費用について紹介します。

1.サービス内容

  • 相談
  • 見積もり
  • 遺品の仕分け
  • 片付け
  • 分別
  • 搬出作業
  • 簡易清掃
  • 作業完了

2.料金

  • 1R 30,000円~100,000円
  • 1DK 30,000円~120,000円
  • 1LDK・2DK 50,000円~250,000円
  • 2LDK・3DK 90,000円~420,000円
  • 3LDK・4DK 120,000円~680,000円
  • 4LDK・5DK 150,000円~800,000円

サービス内容についてですが、大体のところは最初から最後まで専任スタッフがやってくれます。
なので、なにか疑問に思ったところや不安なところも聞きやすいので安心ですね。

料金はあくまでも目安です。料金についても見積もりを取ってもらい、相談しながら進めていくといいでしょう。

仏壇の処分についてO&A

仏壇の処分についてO&A
  • こまるちゃん
    こまる

    仏壇の処分は、どうしたらいいのかな~?


  • モップ

    仏壇の処分って、悩むよね~!
    質問形式で紹介するね~♪

Q1.仏壇などはどうしたらいいの?

A.仏壇などは祭祀財産承継者が、引き継ぐことになります。
もちろん引き継いだ後は、しっかりと管理することが義務付けられています。

しかし、管理できない…、処分したい…という場合は、承継者が承諾すれば処分することも可能です。

Q2.業者に依頼するときの注意点やポイントは?

A.見積もりを取ってもらい、料金の確認をしましょう。
また、優良な業者に依頼したいのであれば口コミなどを参考にしてもいいでしょう。

Q3.業者に依頼するメリットとデメリットは?

A.メリットは経験豊富なスタッフが、親身になって遺品処分に関する相談にも乗ってくれます。
さらに、仕分けから処分までしてくれるので一石二鳥です。

デメリットは費用がかかってしまうという点と、トラブルが発生する場合があるということです。
デメリットは必ずついてくるものですが、何から手を付けたらいいのかわからないという人は、遺品整理業者に依頼したほうがいいでしょう。

まとめ

今回は、自分で遺品整理する方法と、業者に遺品整理を依頼する場合の料金について紹介しました。

  • 遺品整理って何をするの?
  • 遺品整理を自分でするメリット・デメリット
  • 遺品整理を自分でする方法
  • 遺品整理を業者に依頼する場合
  • 仏壇の処分についてO&A
  • まとめ

もちろん大切な人の遺品整理であれば、自分でやりたいという気持ちもとても大きいものですよね?

しかし、最初から最後まで自分でやるというのは大変なので、仕分けだけでも自分でして、後のゴミの処分や掃除などは、業者に依頼するという手段を取ってもいいでしょう。

優良な業者であれば、トラブルにもなることはありません。
また、スムーズに処理することが可能です。

業者を依頼して処分してみては、いかがでしょうか?

遺品整理業者を探す時は、ほっとラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

遺品整理をプロに依頼するなら

遺品整理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に遺品整理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインを活用すれば、料金やクチコミなど、サービス選びに必要な情報がすぐに確認できます

「◯◯円~」などの不明瞭な料金表示はなく、追加料金や手数料などもありません。会員登録なしで詳細が見られるので、スタッフ写真や口コミも事前に確認できます。

予約前に聞きたいことがある場合も安心。予約ページ内の「予約の前に出店者に質問する」から担当者に直接質問することができます。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ スタッフ写真や口コミが確認できる
  • ◎ 24時間365日オンライン予約可能
  • ◎ 営業電話なし
※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください
この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
0 投票, 平均点: 0.00

\ SNSでシェア /

同じカテゴリの関連記事