遺品整理自分でやる?業者に依頼する?遺品整理のやり方法と料金相場

大切な人との悲しい別れ…。気持ちの整理はもちろんですが、遺品の処分もしなくてはいけませんよね?この記事では、自分で遺品整理をして処分する方法をまとめて紹介します。また、業者に遺品整理を依頼する場合のサービス内容や費用の目安も紹介します。

遺品整理
更新
遺品整理自分でやる?業者に依頼する?遺品整理のやり方法と料金相場

人間いつかは、別れがきます。

もし親族や、身内が亡くなると葬儀や手続きなどに追われ、それが終わると次に立ち向う必要があるのは遺品整理です。

遺品整理と言っても、何をどのように処分したらいいのかわからない、という人もいますよね?

亡くなった方が大切な人なら気持ちの整理がつくまで、処分できないこともあるようです。

そこで今回は、自分で遺品整理する方法や、業者に遺品整理を依頼する時の料金相場について紹介します。

>>プロの遺品整理業者の一覧

【遺品整理】何から始めたらいいの?遺品整理に必要な物

【遺品整理】何から始めたらいいの?遺品整理に必要な物

遺品整理とは、故人の遺品を「残しておくもの」と「処分するもの」に、仕分けて整理することをいいます。

遺品整理というのは、意外体力を使うので大変なんです。

では、大変な遺品整理をする前に用意するものや、やるべき事を紹介します。

用意するもの

必須
段ボール箱やゴミ袋
梱包用テープなどの梱包材
ドライバーなどの工具
あると便利
台車
作業用手袋や作業服
マスク

【遺品整理する前に】遺品整理をする前にやるべき2つの事

  • 近隣へのあいさつをすり
  • トラックやワゴン車などのレンタルする

このように自分で遺品を処分するにしても、しないにしても、ある程度は準備しておいた方がいいでしょう。

【遺品整理】自分で遺品整理する「メリット」と「デメリット」

【遺品整理】自分で遺品整理する「メリット」と「デメリット」

遺品整理を自分で行い処分すると、どんなメリットやデメリットがあるのか気になりませんか?

確かに、大切な人が亡くなっているので「自分でやりたい!」という気持ちもわかります。

しかし、いい事ばかりではないんです。

遺品整理を自分でする場合のメリットと、デメリットについて紹介します。

遺品整理を自分でする「メリット」について知ろう!

  • 心を整理するきっかけにもなる
  • 費用をおえるられる
  • 第三者が介入しないのでトラブルが少ない

遺品整理を自分でする「デメリット」について知ろう!

自分で遺品整理をすると、このようにメリットとデメリットがあります。

自分で処分するのが辛いという人にとっては、デメリットが大きくなってしまいます。

【遺品整理の方法】自分で遺品整理する方法を知ろう!

【遺品整理の方法】自分で遺品整理する方法を知ろう!

自分で処理する場合のメリットや、デメリットについて紹介しましたが自分で遺品整理をしたいという人のために、自分で遺品処理する時の簡単な遺品整理の方法をまとめました。

1

想い出の遺品類を仕分けする(段ボールを作って入れる)

想い出の遺品類を絶対捨てられないものや、故人の思い出の品を選別する。必要なものは必要なものを入れる、段ボールを作って入れる。

  • 形見の品
  • 現金通帳
  • 印鑑
  • 有価証券
  • 写真アルバム類
  • 宝石類
  • 各種契約書など
2

遺品の中でリサイクル可能なものを仕分ける

絶対捨てられないものの仕分けが終わったら次は、リサイクできるものを仕分ける。リサイクルできるものはリサイクルショップで売ったり、オークションで売ったりしてもいいでしょう。

  • リサイクル家電
  • 一般家電製品
  • 一般貴金属
  • 家具類
  • 古紙
  • 古布
  • 衣類
3

遺品整理で出た不要なゴミを分別する

絶対捨てられないものとリサイクル品を仕分けしたら、あとは不要なものだけが残ってしまいます。この不要なゴミを廃棄するために分別する。このゴミはどの分類に入るのかわからない場合は、自治体に電話して確認しましょう。

  • 燃えるゴミ
  • 燃えないゴミ
  • 粗大ごみ
  • 一般樹廃棄物
4

遺品整理の分別したゴミを処分する

分別したゴミをそれぞれ破棄処分する。ゴミは自分の収集場所に、出せるものであれば出します。出せない物のは焼却場に持っていきましょう。

処分するものが多かったり、重たいものは一般廃棄物収集運搬業者に回収してもらうのも一つの手です。

5

部屋の遺品整理が終わったら家屋の各種手続きる

部屋の中のがすべて片付いたら、最後に各種手続きする。部屋の解約、ガスや電気の解約など故人の名義で契約されているもの、今後必要のないものは早めに解約するようにしましょう。

このように自分で故人の遺品を処理する場合は、全て自分でやらなくてはなりません。

【遺品整理】遺品整理を業者に依頼した時の料金相場

【遺品整理】遺品整理を業者に依頼した時の料金相場

自分で遺品整理をするのは自分には自信がないという方には、遺品整理業者に依頼することをオススメします。

実際に依頼したらどんなサービスをどのような流れでやってくれるのか、例と費用について紹介します。

【遺品整理】遺品整理を依頼した時の料金相場

サービス内容についてですが、大体のところは最初から最後まで専任スタッフがやってくれます。

なにか疑問に思ったところや、不安なところも聞きやすいので安心ですね。

料金はあくまでも目安です。

料金についても見積もりを取ってもらい、相談しながら進めていくといいでしょう。

【遺品整理】仏壇はどうやって処分したらいいの?

【遺品整理】仏壇はどうやって処分したらいいの?

Q1.遺品整理で仏壇はどうやって処分したらいいの?

A.仏壇などは祭祀財産承継者が、引き継ぐことになります。

もちろん引き継いだ後は、しっかりと管理することが義務付けられています。

しかし、「管理できない…」「処分したい…」という場合は、承継者が承諾すれば処分することも可能です。

Q2.遺品整理を業者に依頼するときの注意点やポイントは?

A.見積もりを取ってもらい、料金の確認をしましょう。

また、優良な業者に依頼したいのであれば口コミなどを参考にしてもいいでしょう。

Q3.遺品整理を業者に依頼するメリットとデメリットは?

A.メリットは経験豊富なスタッフが、親身になって遺品処分に関する相談にも乗ってくれます。

さらに、仕分けから処分までしてくれるので一石二鳥です。

デメリットは費用がかかってしまうという点と、トラブルが発生する場合があるということです。

デメリットは必ずついてくるものですが、何から手を付けたらいいのかわからないという人は、遺品整理業者に依頼したほうがいいでしょう。

自分で遺品整理ができないなら業者に依頼しよう!

今回は、自分で遺品整理する方法や、業者に遺品整理を依頼する時の料金相場について紹介しました。

もちろん大切な人の遺品整理であれば、自分でやりたいという気持ちもとても大きいものですよね?

しかし、最初から最後まで自分でやるというのは大変なので、仕分けだけでも自分でして、後のゴミの処分や掃除などは、業者に依頼するという手段を取ってもいいでしょう。

優良な業者であれば、トラブルにもなることはありません。

また、スムーズに処理することが可能です。

業者を依頼して処分してみては、いかがでしょうか?

遺品整理業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

遺品整理をプロに依頼するなら

遺品整理を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に遺品整理の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
29 投票, 平均点: 4.49

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事