【冷蔵庫を処分する4つの方法】と【無料で冷蔵庫を処分する方法】

不用品回収
更新

「家電リサイクル法」の対象になっている冷蔵庫は、粗大ゴミで処分できません。今回は、正しい冷蔵庫の処分方法を解説します。家電量販店に依頼する時の料金や、無料で冷蔵庫を処分する方法なども紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

【冷蔵庫を処分する4つの方法】と【無料で冷蔵庫を処分する方法】

古くなったり引っ越しの時に邪魔になった冷蔵庫を処分する時は、粗大ゴミとして処分できないと知っていますか?
以前は粗大ゴミとして処分できていたのですが、リサイクル料という費用が必要になりました。

冷蔵庫は大きくて運ぶのが大変で、処分するには手間暇と料金がかかります。

そこで今回は、冷蔵庫を処分する方法や、冷蔵庫の間違った処分方法について紹介します。
自分に合った冷蔵庫を処分する方法の参考になれば嬉しいです。

>>プロの(冷蔵庫の処分)不用品・廃品回収業者の一覧

冷蔵庫を粗大ゴミとして処分できない理由

冷蔵庫を粗大ゴミとして処分できない理由

一般的に大きなゴミの処分、家電の処分というのは粗大ごみで出すという人が多いと思いますが、2001年頃より処分ができなくなりました。

「処分できないのはなぜ?」と思いますよね?
それは2001年頃家電リサイクル法というのが制定されました。
家電リサイクル法というのはザックリ説明すると「リサイクルできるものはリサイクルして廃棄物を減らしましょう!」という法律です。

冷蔵庫は家電リサイクル法によって、リサイクルできる家電と決められました。
それにより燃やしたり、埋めたりして粗大ゴミとして処分ができなくなりました。

冷蔵庫のリサイクル料金
170リットル以下の冷蔵庫 171リットル以上の冷蔵庫
3,600円程度 4,600円程度

冷蔵庫以外には、エアコン、テレビ、冷凍庫、洗濯機、衣服乾燥機が、家電リサイクルの対象です。

  • テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)…15型以下の場合 1,800円程度
  • テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)…16型以上の場合 2,900円程度
  • 洗濯機…2,400円程度
  • エアコン…1,000円程度

電量販店に冷蔵庫処分を依頼する条件と料金

電量販店に冷蔵庫処分を依頼する条件と料金

冷蔵庫を電量販店に依頼して処分する方法について紹介します。

冷蔵庫を電量販店に依頼して処分する場合は、引き取り料金も発生する場合もあるので注意が必要です。
電量販店別に条件と、引き取り料金を3店鋪紹介します。

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する時の条件と料金

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する時の条件

  • 新品の冷蔵庫を購入した場合のみ、不要になった冷蔵庫を処分してくれる
  • 新品配達時に、古い冷蔵庫を引き取ってくれる

ヤマダ電機で冷蔵庫を処分する時の料金

  • 171ℓ以上の冷蔵庫…5,724円(税込)
  • 170ℓ以下の冷蔵庫…4,752円(税込)
  • 収集運搬料金…1,080円(税込)
  • ※冷蔵庫の回収料金+収集運搬料金が引き取り費用

ヨドバシカメラで冷蔵庫を処分する時の条件と料金

ヨドバシカメラで冷蔵庫を処分する時の条件

  • 新品の冷蔵庫を購入した場合のみ、不要になった冷蔵庫を処分してくれる
  • 新品配達時に、古い冷蔵庫を引き取ってくれる

ヨドバシカメラで冷蔵庫を処分する時の料金

  • 171ℓ以上の冷蔵庫…4,644円(税込)
  • 170ℓ以下の冷蔵庫…3,672円(税込)
  • リサイクル運搬料…540円(税込)
  • ※冷蔵庫の回収料金+リサイクル運搬料金が引き取り費用

ケーズデンキで冷蔵庫を処分する時の条件と料金

ケーズデンキで冷蔵庫を処分する時の条件

  • リサイクルのみでの引き取り可能
  • 別途出張料金が発生する

ケーズデンキで冷蔵庫を処分する時の料金

  • 171ℓ以上の冷蔵庫…5,724円(税込)
  • 170ℓ以下の冷蔵庫…4,752円(税込)
  • 出張費用…3,240円(税込)
  • 収集運搬料金…1,080円(税込)
  • ※冷蔵庫の回収料金+収集運搬料金+(出張費用)が引き取り費用

このようにお店により料金も条件も違います。

新品購入が条件というところが、ほとんどですが購入せずに処分したいという場合は、リサイクルOKのお店に依頼しましょう。

リサイクル券を購入して冷蔵庫を処分する方法

リサイクル券を購入して冷蔵庫を処分する方法

リサイクル券を購入して冷蔵庫を処分する方法は、冷蔵庫が不要になったが新しい冷蔵庫に買い替える必要がないという人に向いている方法です。

リサイクル券を購入して、指定の取引場所に持ち込んで処分します。
リサイクル券は、お住いの市役所等で購入場所を問い合わせましょう。

お住いの自治体に引き取りを依頼します。
すると、時間と場所が指定されるので、指定された時間にその場所に持っていきましょう。

明日引っ越しなので、すぐに冷蔵庫を処分したいという人には向いていませんが、時間に余裕がある人にはオススメです。
また出張費や、処分費用がかからずリサイクル料金だけでおえられるのも魅了的です。

このように時間にゆとりがあって、費用をかけたくないという場合は試してみましょう。

無料で冷蔵庫を処分する3つの方法

無料で冷蔵庫を処分する3つの方法

リサイクルショップで冷蔵庫を買い取ってもらう

リサイクルショップに冷蔵庫を持ち込んで、買取してもらう方法です。
ここで重要なのが、リサイクルショップでは製造5年以上前家電は引き取りしてもらえないので注意しましょう。

不明なことがあればリサイクルショップに電話して確認するといいですね。

不要になった冷蔵庫を知人に譲る

知人に譲るのも一つの手です。
譲れば費用もかからないし、まだまだ使用できるのであれば、知人に使ってもらった方が気持ち的にもいいですよね。

冷蔵庫の運搬などは、譲る知人と相談しましょう。

不要になった冷蔵庫を再利用して使う

冷蔵庫の再利用方法としては、自宅とは違う場所で使用するというのもいいでしょう。
例えば「小屋などで食料を保存するために使用する」「職場などで使用する」など再利用できる場所があればそこで再利用しましょう。

このように処分費用がかからない方法があります。
家電販売店に依頼すると出張費などがかかり、自治体に依頼するとリサイクル料金が必要です。
自分で処分できる場合や欲しい人がいる場合などは、この方法で処分した方がお得に処分できます。

不用品業者に冷蔵庫の処分を依頼する方法

不用品業者に冷蔵庫の処分を依頼する方法

冷蔵庫を処分する方法は、不用品回収業者を利用して処分する方法です。
不用品回収業者とは、家庭から出る不用品を有料で回収してくれるという業者です。

近年、自治体のゴミの回収のルールが厳しくなり「確実に処分できる方法」「してもらえる方法」として、不用品回収業者を依頼するという人も増えているようです。
不用品回収業者に依頼すれば、家電リサイクル法の対象になっている家電も処分してもらえます。

不用品回収業者に依頼すれば、多少の費用はかかるものの日時さえ合えば、直接すぐに自宅まで取りに来てもらえます。
処分するのに時間がない人や自分で運搬して処分するのは難しい人は、不用品回収業者に依頼すれば確実に処分できます。

冷蔵庫の間違った処分に気をつけよう

冷蔵庫の間違った処分に気をつけよう

様々な冷蔵庫の処分方法を説明しましたが、注意しておかなければならないのが違法な回収業者です。

よく「無料で回収します」と宣伝しながら走っているトラックを見かけたり、自宅のポストに「買い取ります」のチラシが入っていませんか?
冷蔵庫を処分するのにかかる費用が「無料…ラッキー!」と、安易に利用するのはオススメできません。

冷蔵庫を回収して処分ができるのは「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けた業者だけなんです。
「産業廃棄物収集運搬業」「古物商許可証」の資格では、冷蔵庫の回収はできないことになっています。

免許をもっていない業者は、不法投棄していることも多いです。
自分にそんなつもりがなくても、その業者を利用しただけで犯罪に手を貸してしまっていることになりかねません。
「無料」や「買取り」という言葉に騙されて、違法な不用品回収業者を利用しないように心掛けましょう。

また、冷蔵庫は家庭ゴミで処分できません。
家庭ゴミとしていつものゴミ置き場においても、冷蔵庫を引き取ってもらません。
そうなると他の住民の方にも迷惑がかかるだけではなく、不法投棄とみなされることもあります。
そうなると持ち主が責任を負わなければなりません。不法投棄は犯罪です。
個人の場合は1,000万円以下の罰金または5年未満の懲役などがかせられます。

誰もみていないから大丈夫は、大丈夫ではありませんよね。
ルールを守って、正しく処分しましょう。

冷蔵庫の処分に困ったら専門の業者に依頼

今回は、冷蔵庫を処分する方法や、冷蔵庫の間違った処分方法について紹介しました。

冷蔵庫を処分する場合は、リサイクル法という定められた法律があるので簡単には処分できないことを覚えておきましょう。

販売店で引き取ってもらったり、リサイクルショップに持ち込んだり方法は色々ありますが、ラクにすぐに処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するのをオススメします。

不用品回収業者と言っても、不用品回収業者として認定を受けているところと、そうでないところとるようです。
最初に見積もりを取り安心な不用品回収業者か確認しましょう。
そうすれば、きちんとした適切な方法で処分してくれる不用品回収業者を見つけられて、安心して処分できます。

まとめ

  1. 冷蔵庫は、家電リサイクル法の対象のため、粗大ゴミとして処分できない
  2. 冷蔵庫の処分を家電量販店に依頼する時は、条件や料金を確認しよう
  3. 安く冷蔵庫の処分したい時は、リサイクル券を購入して自治体が指定する場所に捨てるか、状態が良いものはリサイクルショップに売るなどの方法がある
  4. 冷蔵庫を回収して処分ができるのは「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けた業者だけ!業者に依頼する時は注意しよう

不用品・廃品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収をプロに依頼するなら

不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に不用品回収の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

関連記事