ぬいぐるみの処分は気持ちの整理から!自分にあったぬいぐるみの処分方法

長年かわいがってきたぬいぐるみ。処分しなきゃいけない時は、どうすればいいのでしょうか?この記事では、ぬいぐるみを処分する方法をまとめました。どんな方法で手放すにしても、「今まで本当にありがとう」の気持ちで送り出したいですね。

不用品回収
更新
ぬいぐるみの処分は気持ちの整理から!自分にあったぬいぐるみの処分方法

ゲームセンターで取ったキャラクターのぬいぐるみや、遊園地などで買ったぬいぐるみを長年かわいがっていても、いつかお別れしなければいけない時がきます。

愛着があって「処分できない…」こともありますよね?

自分が納得できる、ぬいぐるみの処分方法が見つかれば、問題は解決するはずです。

今回は、ぬいぐるみを処分する方法や、古くなってしまったぬいぐるみを修復してくれるぬいぐるみ病院について紹介します。

自分に合ったぬいぐるみの処分方法を、見つける参考にしてみてください。

ただ、どの方法でも長年連れ添ったぬいぐるみに対する感謝の気持ちが、最も大事だということを忘れないでくださいね。

>>プロの(ぬいぐるみの処分)不用品回収業者の一覧

【ぬいぐるみ処分】処分するなら気持ちの整理から始めよう!

【ぬいぐるみ処分】処分するなら気持ちの整理から始めよう!

感謝の伝え方は、実際に言葉にして感謝の気持ちを伝えるのもいいです。

また、ぬいぐるみの手入れをするのもオススメです。
キレイに洗ったり、ほつれた部分を直したりしてあげるのもいいですね。

ぬいぐるみを処分して寂しくなりそうだという方は、写真撮影をするのもオススメです。

ぬいぐるみの写真やだっこしている写真、いつもの場所に置かれている状態の写真などを撮っておくのもいいですよ。

感謝を伝える儀式をすることで、処分するぬいぐるみへの罪悪感を和らぎますよ。

ぬいぐるみを捨てると縁起が悪いのではないか?「呪われそうな気がする…」と不安に感じている方もいるかもしれません。

しかし、ぬいぐるみを捨てることで悪いことが起こったり、呪われたりするという根拠はないので安心してください。

自分が今までかわいがってきた大切なぬいぐるみです。

「ありがとう」と伝えてきちんと処分してあげれば大丈夫ですよ。

【ぬいぐるみ処分】感謝してから家庭ごみで処分する方法

【ぬいぐるみ処分】感謝してから家庭ごみで処分する方法

「ぬいぐるみを処分しよう」という気持ちになれたら、実際の作業に入りましょう。

まずはぬいぐるみを、家庭ごみとして処分するときのポイントを紹介します。

  • 他のゴミとは混ぜないようにする
  • お清めの意味で塩をまく
  • 「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えながら袋に入れる
  • 最後は思い切って捨てる

家庭ごみとして捨てる場合には、このような方法で捨てるとぬいぐるみに申し訳ないという気持ちが薄れますよ。

【ぬいぐるみ処分】ぬいぐるみの状態がよければ売却して処分

【ぬいぐるみ処分】ぬいぐるみの状態がよければ売却して処分

リサイクルショップ、ネットオークション、フリーマーケットなどで売る方法について紹介します。

【ぬいぐるみ処分】ぬいぐるみをリサイクルショップで売って処分する!

リサイクルショップにぬいぐるみを持ち込むと、査定結果に応じた金額で買い取ってくれます。

宅配買取のサービスを利用すれば、ぬいぐるみをお店に持っていく必要がありませんよ。

ぬいぐるみの状態によって査定金額は変動しますが、すぐに処分できるのは大きなメリットです。

【ぬいぐるみ処分】ぬいぐるみをネットオークションや、フリマアプリで売って処分する!

インターネットを通して他の人に買い取ってもらう方法です。思わぬ高額で売れることもあります。

デメリットは、確実にぬいぐるみが売れるとは限らない点です。

売れ残ったぬいぐるみは、他の方法で処分しなければなりません。

【ぬいぐるみ処分】ぬいぐるみをフリーマーケットで売って処分する!

フリーマーケットに出品して売る場合には、買い手と直接コミュニケーションをがとれます。

「顔も分からない人に大切なぬいぐるみを売りたくない!」という時にはオススメの方法です。

こちらの方法も売れ残る可能性があります。

ご家族や友だちと一緒に楽しみながら、取り組めるのはメリットでしょう。

【ぬいぐるみ処分】売れないぬいぐるみは貰い手を探して処分

【ぬいぐるみ処分】売れないぬいぐるみは貰い手を探して処分

【ぬいぐるみ処分】親戚や友人などに声をかけて貰い手を探して処分する!

まずは、親戚や友人などに声をかけて、もらってもらえそうな人がいないか探してみましょう。

小さな子どもがいる友だちや、親戚の子どもに譲ればしっかり遊んでもらえるはずです。

しかし、ぬいぐるみのキャラクターや状態によっては、受け取ってもらえない場合もあります。

相手が欲しがってない物を無理やり押し付けるのはやめましょう。

子どもが気に入ったぬいぐるみを、譲るようにしましょうね。

事前に話をしたり、写真を見せたりしておくと話がスムーズになります。

【ぬいぐるみ処分】子供のいる施設に寄付して貰い手を探して処分する!

ここまでやってぬいぐるみの貰い手が見つからない時には、子どものいる施設に寄付する方法もオススメです。

保育園や幼稚園、児童館、小児科のある病院などに寄付すれば、子どもたちに喜ばれるでしょう。

寄附したい旨を電話やメールで伝えて、その後の対応について相談しましょう。

施設に持っていったり郵送したりする手間がかかる場合もありますが、新しい場所でぬいぐるみに活躍してもらえますよ。

【ぬいぐるみ処分】海外途上国へ寄付して貰い手を探して処分する!

その他にも、海外途上国への支援物資としてぬいぐるみを受け付けている団体に寄付する方法もあります。

ぬいぐるみを寄附するとワクチンへの募金に還元している団体もあります。

寄附を受け付けている団体はいろいろあるので、下調べをきちんとしてから寄附するようにしましょう。

自分がかわいがっていたぬいぐるみが誰かの役に立ったり、子どもたちにかわいがったりしてもらえるのはとても嬉しいですよね。

【ぬいぐるみ処分】処分する踏ん切りがつかないなら供養する!

【ぬいぐるみ処分】処分する踏ん切りがつかないなら供養する!

家庭ごみで処分したり、売却したり、寄付したり、譲ったりするのはどうしても気が引けるという人もいますよね?

「どうしても踏ん切りがつかない…」「それでも処分したい…」という場合は、ぬいぐるみを供養することをオススメします。

供養は神社ではお祓いをしたり、お寺では経を唱えたりして供養してもらえるサービスです。

ぬいぐるみを直接持ち込む方法や郵送する方法など様々なので、事前に連絡をして確認しておきましょう。

社やお寺を選ぶ時には、供養の方法について公開しているところを選ぶといいでしょう。

実際に供養を依頼された方がいれば、話を聞いてみるのもいいですね。

ホームページで供養の写真を公開している神社や、お寺もありますよ。

10月15日人形の日のため、この日に供養がされるところも多いです。

供養にかかる費用は神社やお寺によって違います。

「お気持ちを包んでください」という場合は1,000円~3,000円程度を包めばいいでしょう。

きちんと供養してから処分すれば、きっと気持ち的にも踏ん切りがついて処分できます。

【ぬいぐるみ処分】キレイにしてくれる「ぬいぐるみ病院」

【ぬいぐるみ処分】キレイにしてくれる「ぬいぐるみ病院」

かつてはあざやかだったぬいぐるみの色は抜けて、ところどころ擦り切れてしまったような、すっかり古くなってしまったぬいぐるみを持っていませんか?

そんな古くなったぬいぐるみを、キレイに直してくれる施設があることをご存知ですか?

大切にしていたぬいぐるみが、もとのキレイな状態になって帰ってきたら、あなたはどうしますか?

もう一度部屋に飾ったり、わが子に渡して親子2代で遊んだり、どこか福祉施設に譲ったりと、いろいろ夢が広がりますよね?

大阪にある「ぬいぐるみ専門病院」は、古くなったぬいぐるみをキレイに修復してくれますよ。

↓↓↓ぬいぐるみの病院と、呼ばれるこちらの施設です。↓↓↓

>>ぬいぐるみの病院公式HP

【ぬいぐるみ処分】ぬいぐるみ病院でできることを知ろう!

【ぬいぐるみ処分】ぬいぐるみ病院でできることを知ろう!

ぬいぐるみ病院では、どのような治療をしているのか気になりますよね?

ぬいぐるみ病院でできる治療について具体的に紹介します。

まさにかゆいところの手が届く、サービスが充実しています。

【ぬいぐるみ病院】お風呂(お身体のお綿をお出しします)

ぬいぐるみの中の綿を取り出して、ぬいぐるみ専用のシャンプーとトリートメントで手入れしてくれます。

ぬいぐるみのご家族にアレルギーをお持ちの方がいる場合は、ご家族様とご相談しながらの施術になります。

最後に新しい綿を入れて仕上げてくれます。

【ぬいぐるみ病院】治療(治療をいたします)

気になっている部分や、弱くなった部分を治療してくれます。

ご家族様のご希望に沿うように丁寧に治療してくれます。

【ぬいぐるみ病院】ふっくら具合チェック(ふっくらチェックと治療費)

治療が終わったら、ご家族様の方にメールで写真を送り、治療後の姿やふっくら具合を確認できます。

【ぬいぐるみ病院】オプションでできること

【ビーズ袋再生手術】
ビーズ袋が破れてぬいぐるみの中に、流れてしまっている場合は、ビーズ袋を再生できます。

ぬいぐるみのご家族様の希望があった場合のみ、一箇所につき600円で施術できます。

【部分綿入れ替え手術】
耳やシッポなど、体の先端の部分は縫い付けられた形になっています。

綿の全身入れ替えでは、中の綿を入れ替えるられない場合があります。

そのような場合は、一箇所につき600円で施術できます。

【美容ケア・クリーニング】
髪の毛の増毛や、体の毛玉取り、洋服のクリーニングなども別料金できます。

【思い出フォト】
ぬいぐるみ病院への入院を記念して、入院中や退院時の様子を写真にとって「思い出フォト」としてデータを送信できます。

【パジャマ・お布団】
退院祝いとしてかわいいパジャマや、布団をぬいぐるみにプレゼントできます。

大量のぬいぐるみを自分で処分できないなら業者に依頼しよう!

今回は、ぬいぐるみを処分する方法や、古くなってしまったぬいぐるみを修復してくれるぬいぐるみ病院について紹介しました。

ぬいぐるみを処分するのには、いろいろな方法があります。

ずっと大切にしてきたぬいぐるみを手放すのですから、納得できる方法を選んでくださいね。

ぬいぐるみだけでなく飾っていた棚や、他にもいらない家具を処分したい場合や、ぬいぐるみが大きすぎて家庭ごみで処分できない場合は、不用品回収業者に依頼するのも1つの方法です。

電話やメールで依頼すれば自宅に引き取りにきてくれるため、手間もかかりませんよ。

自分で直接処分する必要がないのもいい点といえるでしょう。

​ぬいぐるみへ感謝の気持ちを伝えることも忘れずに、処分しましょう。

不用品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収をプロに依頼するなら

不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に不用品回収の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
34 投票, 平均点: 4.75

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事