【引っ越しの処分】引っ越しのゴミは「捨てる・売る・譲る」で解決

服、本、家電などたくさんでる引っ越しの処分品は「捨てる」「売る」「譲る」という3つの方法で、すっきり手放しましょう。今回は、引っ越しの処分方法を詳しく紹介します。自治体や業者に処分してもらうといくらかかるかなども参考にしてみて下さい。

不用品回収
更新
【引っ越しの処分】引っ越しのゴミは「捨てる・売る・譲る」で解決

引っ越しの時、頭を悩ませるのが不用品と、大量のゴミの処分ではありませんか?

処分方法に困ることも多く、引っ越し当日になっても「不用品の処分が終わらない…」と悩む事もあると思います。

引っ越しの不用品処分は面倒で大変なイメージがありますが、上手な処分方法を知っているだけで、慌てることなく進められます。

計画的に不用品を処分したり、不用品の処分先を把握したりすることで引っ越しで出た不用品の処分はスムーズにできます。

不用品処分がスムーズに終わると、引っ越し準備に集中できるので助かりますよね。

引っ越しの時に出る不用品や大量のゴミは、「捨てる」「売る」「譲る」の3つ処分方法に分けられます。

今回は、引っ越し時に出るゴミを処分する方法や、引っ越しの処分にかかる費用について紹介します。

>>プロの(引っ越しの処分)不用品・廃品回収業者の一覧

【引っ越しの処分】引っ越しのゴミを分別から始めよう!

【引っ越しの処分】引っ越しのゴミを分別から始めよう!

引っ越し時のゴミは、種類によって処分方法が異なります。

大きく分けて3つに分別できます。

【引っ越しの処分】燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、資源ゴミに分別する!

燃えるゴミや燃やせないゴミ、ペットボトルや段ボールなどの資源ゴミは、自治体の回収日に合わせてゴミ収集所に持っていくようにしましょう。

ペットボトルや缶などは、スーパーによっては回収所が設けているので、活用してもいいですね。

【引っ越しの処分】引っ越しの時に出たゴミの粗大ゴミを分別する!

家具などの粗大ゴミは、自治体や、ゴミ回収業者に処分を依頼しましょう。

処分費用がかかるので、あらかじめ依頼先に費用などを確認しておく必要があります。

また、粗大ゴミの場合は、リサイクルショップやオークションサイトで買い取りしてもらう方法もあります。

オークションサイトは確実に売れる保証がないので、引っ越し日まで余裕がある時に出品するのがオススメです。

【引っ越しの処分】引っ越しの時に出たゴミの家電ゴミを分別する!

家電ゴミは、家電量販店で引き取ってもらえます。

基本的に、家電量販店での引き取りは有料です。

また、家電ゴミも粗大ゴミと同じようにリサイクルショップや、オークションサイトで買い取りしてもらう方法もあります。

引っ越し日までの日数や忙しさなどを考えて、自分に合った方法でゴミを処分しましょう。

【引っ越しの処分】引っ越しで出た粗大ゴミを処分する費用

【引っ越しの処分】引っ越しで出た粗大ゴミを処分する費用

引っ越し時のゴミ処分で気になるのは、処分にかかる費用ですよね。

ゴミの種類や持ち込みかどうかなどによって異なりますが、基本的には自治体よりも業者の方が費用は高めです。

それぞれの費用の目安は、以下の通りです。

【引っ越しの処分】不用品を自治体で処分する料金

  • ベッド…1,000~1,800円程度
  • タンス…300~2,500円程度
  • ソファー…1,800円程度
  • テーブル…300~1,000円程度
  • 冷蔵庫…回収不可
  • テレビ… 回収不可

【引っ越しの処分】不用品を業者に依頼して処分する料金

  • ベッド…3,500~5,500円程度
  • タンス…3,000円程度
  • ソファー…3,000~7,000円程度
  • テーブル…2,000円程度
  • 冷蔵庫…4,000~10,000円程度
  • テレビ…3,000~7,500円程度

自治体のゴミ回収は行政サービスなので、不用品回収業者よりも費用の負担は少ないです。

しかし、日にちの指定ができなかったり、自分で収集所へ持ち運ぶ必要があったりします。

逆に不用品回収業者は費用がかかりますが、ゴミ回収の取り扱いが幅広く、都合のいい日にちで回収してもらえることも多いです。

それぞれメリットとデメリットがあるので、自分の予算や都合に合わせてゴミの処分先を考えていくといいかもしれませんね。

【引っ越しの処分】引っ越しは断捨離するチャンスです!

【引っ越しの処分】引っ越しは断捨離するチャンスです!

引っ越しの機会に、いらないものを処分したいと誰もが思いますよね?

まず、「引っ越しで何を処分したいのか?」具体的に考えるところから始めましょう。

「買った時高かったから捨てるのもったいないな~」「いつか使うかも」「いただき物だから…」と捨てずにしまっておいた物はありませんか?

引っ越しの時に思い切って処分しましょう。

物はカテゴリー(種類)別に、考えると整理しやすくなります。

自宅の中にある物を大きく分類すると、以下のようになります。

  • 大型家具…ベット、タンス、食器棚、ソファー、机、本棚、椅子など
  • 家電…冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン、パソコン、炊飯器、掃除機など
  • ホビー用品…本、CD、おもちゃなど
  • 布製品…衣類、布団、カーテンなど
  • 台所用品…鍋、皿、コップ、カトラリーなど

他に自宅の外には自転車、自動車、オートバイ、タイヤなどもありますよね。

本当に必要な物だけを残して「処分するものを決める」という作業がちょっと大変と思うかもしれませんが、ここは踏ん張りどころです。

旧居を出る前にスッキリさせておけば、新しいお家で再び不用品処分で頭を悩ませる必要がなくなるからです。

「要る、要らない」だと全然前に進まない作業ですが、「使う、使わない」で判断してみるといいですよ。

頑張って選び終えたら、次は処分方法を考えます。

  • もう使えないもの…「捨てる」
  • まだ使えるもの…「捨てる」もしくは、「売る」か「譲る」

このように3つの処分方法に分けられます。

【引っ越しの処分】処分すると決めたら処分する4つの方法

【引っ越しの処分】処分すると決めたら処分する4つの方法

【引っ越しの処分】自治体の回収サービスを利用して処分する

  • 処分品のサイズを測り、収集所に出せるサイズか確認する
  • 粗大ごみ受付センターに電話するか、ネットで粗大ごみの収集を予約する
  • コンビニや役所で「粗大ごみ等処理手数料納付券」というシールを購入する
  • 収集日に、そのシールを貼って収集所に出す

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は「家電リサイクル法」の対象品目のため収集所には出せません。

パソコンも同様でメーカーや購入した販売店に依頼するか、市に業者を紹介してもらい処分を依頼します。

【引っ越しの処分】自治体のごみ収集センターへ不用品を搬入して処分する!

その自治体に住んでいることを証明できるもの(免許証や保険証)などを持って、直接処分品をごみ処理施設へ持っていきます。

自治体によっては土日祝日も搬入可であり、回収を頼むより安く処分できます。

【引っ越しの処分】引っ越し業者の引取回収サービスを利用して処分する!

引っ越し業者によっては、引っ越し時に処分する不用品の引き取りや買い取りサービスがあります。

自治体より料金が高くなりますが、不用品処分と引っ越しを同日にできるので、手間が少なくてすみます。

【引っ越しの処分】不用品業者回収サービスを利用して処分する!

自宅まで処分品を回収にきてもらえるので、大きな家具や家電の場合は便利です。

しかし、無免許の違法業者の可能性があるため、必ず一般廃棄物収集運搬業の許可があるか確認しましょう。

【引っ越しの処分】販売店に引取りを依頼して処分する!

引っ越しで家具や家電を買い替える場合は、処分品を引き取ってくれもらえる場合もあります。

新しい物を購入した販売店で相談してみましょう。

【引っ越しの処分】不用品を売ると決めたら売る2つの方法

【引っ越しの処分】不用品を売ると決めたら売る2つの方法

引っ越しを機会に処分しよう!と決めたものでも、まだ使えるものや状態のいいものは「売る」という方法があります。

わずかでも収入になる嬉しい方法ですよね?

しかし、売れなければ捨てるなどの処分方法に変更する必要があるので、引っ越し直前で時間がない時は向いていません。

余裕がある方にオススメの方法です。

【引っ越しの処分】引っ越しで売ると決めた物をリサイクルショップに売る!

全国に店舗のあるリサイクルショップや、地域のリサイクルショップに査定を依頼してみましょう。

査定は無料のお店がほとんどですし、売りたいものが大型の場合は出張査定も無料のお店が多いです。

一度、問い合わせてみましょう。

買い取ってもらえる目安としては、製造から5~10年以内でひどい汚れや傷がないもの、そのショップでの取扱商品であることが大まかな条件になります。

【引っ越しの処分】売ると決めた物をネットオークションやフリマアプリへ出品する!

上手くいけばリサイクルショップよりも高い値段で売れたり、リサイクルショップでは買取不可だった品物が売れる可能性があります。

ただし、購入者とのやり取りや発送の手間がかかります。

【引っ越しの処分】譲ると決めたら欲しいと思ってる人に譲ろう!

【引っ越しの処分】譲ると決めたら欲しいと思ってる人に譲ろう!

友人や知人、親戚に声をかけて譲るのも引っ越し時の処分方法の一つです。

SNSの友達グループに「譲ります」とアップしてみたり、人づてに聞いてみましょう。

また、知り合いの範囲には欲しい人がいなくても、情報サイトで探してみると見つかるかもしれません。

ただ、大型家具など自分で持っていけな場合は、送料もかかります。

自分か相手が車で運べるなら、欲しい人に使ってもらえる嬉しい方法ですね。

筆者は電子ピアノを友人に譲ったことがありますが、解体してマンションのエレベーターに乗せて、友人の車まで運ぶのはすんなりでした。

数年しか使っていない物でしたが、ピアノ買取に問い合わせても値段が付かなかったので欲しい人に使ってもらえてよかったですよ。

【引っ越しの処分】不用品を処分するメリットとデメリット

【引っ越しの処分】不用品を処分するメリットとデメリット
  • モップ
    モップ

    ここまで紹介してきた方法の中で、頭に入れておきたいメリットとデメリットも紹介するね~♫

【引っ越しの処分】自治体のごみ回収を利用するメリットとデメリット

  • 安い料金で確実に不用品を処分できる
  • 申し込み後収集まで1週間程度かかる
  • 粗大ごみで出せる場合でも、ゴミ捨て場まで運ぶ必要がある
  • 指定の引取所まで搬入する場合は、その手間がかかる

【引っ越しの処分】不用品業者回収を利用するメリットとデメリット

  • 自宅まで不用品を回収に来てもらえる
  • 土日祝日も対応している(即日対応もある)
  • 引っ越し業者の場合は、引っ越し前日まで処分品の家具家電を使える
  • 不用品業者回収サービス利用すると費用がかかる

【引っ越しの処分】リサイクルショップに売るメリットとデメリット

  • 買い取ってもらえると、わずかでも収入になる
  • リサイクルショップに売りに行く手間や時間がかかる
  • 希望の値段より買取の値段が安いこともある
  • 買い取ってもらえない場合もある

【引っ越しの処分】ネットオークションやフリマアプリを利用するメリットとデメリット

  • リサイクルショップより高く売れる可能性がある
  • システム利用料や手数料がかかる
  • なかなか売れない時は、処分方法を見直す必要がある

【引っ越しの処分】引っ越し当日にゴミが出た時の処分方法

【引っ越しの処分】引っ越し当日にゴミが出た時の処分方法

【引っ越しの処分】引っ越し当日に出たゴミは自治体のゴミ回収所に出す!

もし自治体のゴミ回収日とかぶっていて、回収時間にまに合うようであれば、急いでゴミを出しましょう。

その時のために、住んでいる自治体のゴミ袋は何枚か残しておくといいですね。

【引っ越しの処分】引っ越し当日に出たゴミは近隣にお願いする!

ゴミ回収日とかぶっていなかったり、ゴミの収集時間にまに合わなかったりした場合は、仲の良い近隣の方にお願いするのも1つの方法です。

【引っ越しの処分】引っ越し当日に出たゴミは不用品回収業者に依頼する!

当日連絡でもゴミを回収してくれる業者もあります。

当日にゴミが出そうだなと不安に思われたりする方は、あらかじめ不用品回収業者の下調べをしておくといいでしょう。

【引っ越しの処分】引っ越し当日に出たゴミは引っ越し会社が引き取ってくれるかも?

引っ越しで出た不用品を処分するサービスをしている引っ越し会社も多いので、当日に相談しても不用品を引き取ってもらえるケースがあります。

有料か無料かなど、費用は業者によって異なるので注意が必要です。

【引っ越しの処分】引っ越し当日に出たゴミはリサイクルショップに売る!

少し時間に余裕がある時は、リサイクルショップで買い取りをしてもらうのもいいでしょう。

時間はかかりますが、多少のお小遣いになる時もあります。

当日にゴミが出たら以上の方法でゴミを処分するといいですね。

いずれの方法も難しい場合は、新居に持ち込んで、そこでゴミを処分するようにしましょう。

【引っ越しの処分】引っ越しが決まったら考えるべき3つのこと!

【引っ越しの処分】引っ越しが決まったら考えるべき3つのこと!
  • モップ
    モップ

    引っ越しが決まったら荷造りだけではなく、ゴミの処分について考えることも大切です!

引っ越しが決まったら、考えておくべき3つのポイントを紹介します。

【引っ越しの処分】引っ越しが決まったら計画的にゴミを捨てる計画を立てる!

自治体のゴミカレンダーや、自分の予定に合わせてゴミ処分の大体の計画を立てるといいでしょう。

月に1~2回しか回収がないゴミもあるので、事前に計画を立てておかないと急に慌てることになってしまいます。

「この日までにこれを捨てよう」と少し考えておくだけでも、だいぶスムーズにゴミを処分できます。

【引っ越しの処分】引っ越しが決まったらゴミ処分の予算や時間を考える!

どれだけの予算と時間をかけてゴミ処分するかを考えてから、ゴミの処分を進めていくといいでしょう。

ゴミの処分は、思った以上に費用と時間がかかります。

自分の予算と時間を踏まえた上で、自治体や不用品回収業者に処分をお願いするのか、リサイクルショップや、ネットオークションで買い取りしてもらうかを決めていくといいですね。

【引っ越しの処分】引っ越しが決まったら無駄な物を買わない!

無駄な物を買うと、その分荷物だけではなくゴミも増えてしまいます。

引っ越しが決まったら、できるだけ家にある物を使うようにして、物を増やさないようにしましょう。

【引っ越しの処分】不用品を回収業者に依頼する時の2つの注意点

【引っ越しの処分】不用品を回収業者に依頼する時の2つの注意点

引っ越し時に不用品回収業者に、ゴミ処分をお願いする機会もあると思います。

しかし、中には悪質な業者もあり、後から高額請求されたりすることもあります。

  • モップ
    モップ

    トラブルを防ぐためにも、不用品回収業者を選ぶ時は、2つのことに注意するといいでしょう~♬

【引っ越しの処分】一般廃棄物収集運搬許可を持っているか確認する!

一般廃棄物収集運搬許可を持っていないと、家庭からのゴミを引き取れません。

しかし、この許可を持たない悪質な業者も存在し、不法投棄などのトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

業者を選ぶ時は、許可を持っているかホームページなどで事前に確認しておくといいでしょう。

【引っ越しの処分】会社の所在地ははっきりしているか確認する!

トラック1台で不用品回収をする、会社の所在地が不明な業者もあります。

所在地が不明だとトラブルが起こった場合に後から見つけることは難しく、泣き寝入りするしかありません。

会社の所在地が明らかな業者を選ぶようにしましょう。

安心できる業者は、事前に無料見積もりをしてもらえることが多いです。

その際、書面やデータとして見積もり書を出してもらえるか、料金体系ははっきりしているかなどを確認しておくといいでしょう。

引っ越しで出た不用品を処分するのが面倒なら業者に依頼しよう!

今回は、引っ越し時に出るゴミを処分する方法や、引っ越しの処分にかかる費用について紹介しました。

引っ越しはとても体力がいるし、時間的な余裕も人それぞれです。

不用品を処分するのに、どの方法が自分にあっているのか考えてみて下さいね。

引っ越し業者に「まとめてお願いしたい…」という人や、少し時間があるから不用品だけでも先に不用品回収業者に依頼して「スッキリさせたい…」という人は、業者探しが必要になります。

何件も問い合わせたり、見積をとるのも時間がかかりますよね。

そんな時は、検索サイトを利用するとても楽ですよ。

まとめ

  1. 引っ越しの処分は、ゴミの分別からスタート!粗大ゴミの処分方法と費用もチェック。
  2. 引っ越しは断捨離のチャンス。不用品は、捨てる・譲る・売るの3つの方法から選択しよう。
  3. 引っ越し当日にでたゴミは、5つの方法から自分に合う方法で処分しよう。
  4. 引っ越しで大量に不用品が出る場合は、専門の業者に依頼!2つの注意点を確認して。

不用品・廃品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収をプロに依頼するなら

不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に不用品回収の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
21 投票, 平均点: 4.89

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事