【キジバトの駆除】キジバト被害を避けて巣作り防止の早期対策しよう!

鳩駆除
更新

家の周りでフクロウのような鳴き声を聞いたことはありませんか?すぐ近くで鳴き声するなら、目立たない場所にキジバトの巣があるかもしれません。一度巣を作ると縄張り意識の強さから、何度も戻ってきます。今回は、キジバトによる被害や、巣を作られないように対策するグッズを紹介します。

【キジバトの駆除】キジバト被害を避けて巣作り防止の早期対策しよう!

家の周りでフクロウのような鳴き声を聞いたことはありませんか?

すぐ近くで鳴き声するなら、ベランダや目立たない場所にキジバトの巣があるかもしれません。

キジバトは幸運をまねく縁起のいい鳥とされている反面、鳴き声、フンによる被害、人間にも悪影響をおよぼす可能性があります。

また、一度巣を作ると縄張り意識の強さから何度も戻ってくるため、駆除したい鳥でもあります。

しかし、法律により駆除できません。

そこで今回は、キジバトによる被害や、キジバトに巣を作られないように対策するグッズについて紹介します。

>>プロの鳩駆除業者の一覧

【キジバトの駆除】自分でキジバトを駆除できない!?

【キジバトの駆除】自分でキジバトを駆除できない!?

【キジバトの駆除】キジバトが巣を作る場所

木の上に簡単な巣をつくることで知られるキジバトは、公園によくいるドバトと違い、比較的警戒心が高いハトです。

しかし、近年マンションや住宅が多くなり、自然の森などが少なくなってきた背景もあり、安全に巣をつくれる場所として家のベランダなど、営巣候補を探している傾向があります。

【キジバトの駆除】駆除は自分ではできない!

キジバトに巣をつくられても「駆除すればいい!」と思う人もいるかもしれませんが、それはやめておきましょう。

鳥獣保護法という法律により、キジバトやその卵、ヒナに危害を加えられません。

巣を撤去するには、保健所に連絡するか、駆除業者に依頼するしかありません。

筆者のベランダにも巣をつくられたことがありますが、鳴き声がうるさくて迷惑でした。

業者を呼んで駆除するまで、洗濯物にフンがつかないかなど、いらない心配するはめになりました。

【キジバトの生態】キジバトの生態を知っておこう!

【キジバトの生態】キジバトの生態を知っておこう!

人が寝静まっている明け方などに「デーデーポッポー」と鳴き、名前の由来となったキジに似た、紫がかった灰色の羽、首に青と黒の横縞模様、全体のウロコの模様などが特徴です。

全国に生息して繫殖力が強く、年に5~6回程度、多い時は8回も繁殖して、1回につき2個の卵を産みます。

ピジョンミルクという「そのう」で生成されるタンパク質のミルクが、一年中の繫殖が可能となっている要因ではないかとも言われています。

子育てを夫婦で仲良くすることから、夫婦円満など幸運を招き、縁起がいいとされている一方で、一度住み着くとその場所にこだわるのも帰巣本能とハトならではの強い縄張り意識の現れです。

【キジバトの被害】キジバトによる被害は厄介

【キジバトの被害】キジバトによる被害は厄介

【キジバトの被害】鳴き声による騒音問題

キジバトは一年中繫殖が可能なため、鳴き声に悩まされる可能性があります。

閑静な住宅街の場合は、静まり返っている朝方に鳴かれると、うるさく感じます。

【キジバトの被害】フン被害

キジバトのフンも被害をもたらします。

  • 悪臭がひどい
  • 細菌や寄生虫、ダニなどの発生源になる
  • フンにより洗濯物が汚れる可能性がある

夏場のフンの悪臭はご近所トラブルにもつながり、クリプトコッカス症という感染症を引き起こす細菌などは、高齢者など抵抗力が低い人には要注意です。

また、ダニなどによりアレルギー症状が発生して、喘息など影響が出る場合もあるため、フンは素早く掃除しましょう。

高所など掃除したいけど手が届かない場所は、業者に依頼すると間違いありません。

【キジバトの被害】火災やご近所トラブル

最近は、太陽光パネルを取り入れている家もあり、そこに巣をつくるキジバトもいます。

部分的に破損している箇所は高熱になることもあり、下に巣があると、引火して火災につながってしまうこともあるため、巣があるだけで厄介なことになりかねません。

また、フンをそのままにしておいたことで、乾燥したフンが風で舞い上がり「アレルギーの原因になった…」と近所から慰謝料を請求されてしまったケースもあるそうです。

【キジバトの巣】キジバトが巣づくりするサインと作り方

【キジバトの巣】キジバトが巣づくりするサインと作り方

【キジバトの巣】巣をつくるサイン

キジバトは巣をつくればフンするため、早めに駆除したいものですね。

しかし、自分で駆除できないため、キジバトが巣をつくる前に何とかしましょう。

キジバトが巣をつくる前の4つのサインがあります。

  • 巣の候補となる場所に何度も下見にくる
  • キジバトの鳴き声がよく聞こえるようになった
  • ベランダなどと同じ高さの電柱によく止まる
  • 夜にキジバトを見かけることが多くなった

思い当たることが多いと、キジバトが巣をつくろうと、あなたの家を狙っているかもしれません。

候補となってしまったら、オスがメスを呼び、ここはどうだと言わんばかりに2羽でゆっくりします。

メスが気にいれば、オスは巣の材料を調達に飛び、戻ってきて巣をつくり始めます。

【キジバトの巣】巣の作り方

キジバトは天敵であるカラスを避けるように、マンションや戸建住宅のベランダ、室外機などの物陰に巣をつくる傾向があります。

古い巣や他の鳥が作った巣を基礎として、再利用したりします。

京都での調査では、約43%のキジバトが古巣を利用してシンプルな巣をつくっているそうです。

【キジバトの巣】巣を作られないように対策するグッズ

【キジバトの巣】巣を作られないように対策するグッズ

【キジバトの巣】巣をつくられる前に気軽にできる事

キジバトが巣をつくる前に、気軽にできる事を紹介します。

  • ベランダなどに物を置かない
  • 常に掃除しておく
  • 人が住んでいると思わせる

ここは巣をつくるところじゃないとキジバトに思わせればいいので、ベランダなどに物を置かず、巣の候補となりうる物陰をつくらないことを徹底しましょう。

【キジバトの巣】巣をつくられる前にグッズを使う

キジバトに巣を作らせないために対策アイテムを使ってみましょう。

  • 防鳥ネット
  • テグス、ワイヤー
  • 忌避剤
  • 剣山

いずれにしても安全な場所に巣をつくるため、ここは巣をつくるには向いていない、着地する場所もないと思わせることです。

キジバトの巣を見つけたら保険所に、マンションは管理会社に連絡しましょう。

また、キジバト対策は、CDなどの光の反射を利用する方法も有名です。

キジバトの駆除はプロの業者に依頼しよう!

今回は、キジバトによる被害や、キジバトに巣を作られないように対策するグッズについて紹介しました。

法律により、許可がないとキジバトや卵、ヒナの駆除ができないため、キジバトが巣をつくる下見している段階で、清潔にしてネットやワイヤーなどでベランダに入らせない対策しましょう。

業者に駆除を依頼して、二度と巣を作らせないように防鳥ネットを設置してもらいましょう。

キジバトの駆除(対策)の料金相場は、20,000円~100,000円程度です。

被害が出るまえに素早く対処して、快適な毎日を送りたいものですね。

鳩駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

鳩駆除をプロに依頼するなら

鳩駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に鳩駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる