洗面台の水垢を取るにはクエン酸がイイ!洗面台の水垢を落とす方法

洗面台の水垢、気になったまま放置していませんか?洗面台の水垢は、クエン酸を使って掃除すると驚くほどキレイに取れます。この記事では洗面ボウル、鏡、蛇口の簡単な掃除方法や、毎日の1分の掃除で洗面台をいつもキレイにキープする方法について紹介します。

洗面所クリーニング
更新
洗面台の水垢を取るにはクエン酸がイイ!洗面台の水垢を落とす方法

洗面台についた水垢は簡単に落ちず、掃除がとても大変ですよね?

だからといって、そのまま放置すると汚れはさらにたまってしまいます。

とても頑固に感じる水垢ですが、クエン酸を使って掃除をするとキレイにできます。

アルカリ性の水垢汚れは、酸性のクエン酸によって中和されるので、頑固な水垢汚れが驚くほど取れてピカピカになるんです!

洗面台を毎日気持ちよく使うためにも、できるだけキレイに掃除しておきたいですよね?

水垢汚れがないだけで、洗面台の印象はグッとよくなります。

今回は、洗面台にできる水垢の原因や、クエン酸を使って洗面台の水垢を掃除する方法について紹介します。

>>プロの洗面所クリーニング業者の一覧

【洗面台の水垢】洗面台に水垢ができる原因は水道水です

【洗面台の水垢】洗面台に水垢ができる原因は水道水です
  • こまるちゃん
    こまる

    洗面台ってなんで、すぐに汚れるのかな~??


  • モップ

    なんで洗面台が汚れるか気になるよね!
    洗面台が汚れる原因について紹介するね~♬

洗面台の水垢汚れの原因は、水道水に含まれるカルキ、カルシウム、マグネシウムといったミネラルです。

ミネラルを含んだ水道水の水滴をそのままにしておくと、水分だけが蒸発してミネラル分だけ残ります。

このミネラルがたまると、あの白いウロコ状の水垢汚れになります。

水垢汚れは長時間放置しておくと頑固な汚れになり、落としにくくなるので早く掃除することをオススメします。

水垢汚れはアルカリ性なので、クエン酸など酸性の洗剤を使って掃除をすると効果的です。

洗面台が汚れる原因は水垢汚れであることが多いですが、その他にも石鹸カスや手垢などによる汚れがあります。

これらの汚れも白いウロコ状に見える場合もあるので、水垢汚れと間違えてしまうこともあります。

しかし、石鹸カスや手垢などの汚れは酸性なので、これらを掃除する時は水垢の時とは違って、重曹などのアルカリ性の洗剤を使って掃除すると取れやすくなります。

洗面台は浴室や洗濯機が近いこともあって湿度が高く、家の中でも特に汚れがたまりやすい場所だといわれています。

洗面台が汚れてきたなと感じたら、できるだけ早く掃除をしてなるべくキレイな状態を保つようにしましょう。

【洗面台の水垢】洗面台の鏡と洗面ボウルの水垢を落とす方法

【洗面台の水垢】洗面台の鏡と洗面ボウルの水垢を落とす方法
  • モップ
    モップ

    洗面台にある洗面ボウルの色は白色が多いので、水垢汚れが目立たない時もあるかもしれません!

    よ~く見るとウロコ状の汚れが見えたり、触ってみるとザラザラしていることがあるよ!

洗面ボウルの水垢汚れは長期間放置しておくと、黒ずみの原因になり余計に掃除が大変になってしまいます。

そうならないように、洗面ボウルは定期的に掃除しておきたいですね?

簡単にできる洗面ボウルの掃除方法を紹介します。

用意するもの

必須
クエン酸(粉末)
空のスプレー容器
スポンジ
古歯ブラシ
マイクロファイバータオルまたは、乾拭き用の布
1

クエン酸(粉末)を使ってクエン酸水スプレーを作る

空のスプレー容器に水100mlに、クエン酸小さじ2/1杯を入れ溶かします。これでクエン酸水が完成です。クエン酸水を、洗面ボウル全体にスプレーし、そのまま10分程度放置する。

2

スポンジや古歯ブラシを使ってこすり洗いする

10分程度放置したら、スポンジでこすって水垢を落とす。排水口やオーバーフローの箇所は、古くなった歯ブラシでこすると汚れが取れます。

3

洗面ボウル全体を水やお湯でしっかりと洗い流す

洗面ボウル全体をスポンジでこすったら、水やお湯などでしっかりと流す。

4

乾いたタオルを使って乾拭きしてしっかり水分を拭き取る

最後にマイクロファイバータオルまたは、乾拭き用の布を使って乾拭きをして、しっかり水気を取ったら完了。

この方法で水垢汚れが落ちない場合は、クエン酸水をスプレーした後にキッチンペーパーでパックして、さらにクエン酸水を吹きかけてラップでパックし、放置する時間を半日くらい長めにしてみたり、クエン酸水の濃度を濃くしてみるのもオススメです。

洗面台ボウルだけではなく、鏡もこの方法で汚れを落とせます。

しかし、鏡に吹きかけたクエン酸水を水で流せないので、代わりに濡らして固く絞った布で水拭きをしてから、乾拭きしましょう。

【洗面台の水垢】洗面台の蛇口に付いた水垢を落とす方法

【洗面台の水垢】洗面台の蛇口に付いた水垢を落とす方法

蛇口は水垢がつくと見た目もあまりよくありませんよね?

この機会にピカピカに掃除して、気持ちのい洗面台にしましょう。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
クエン酸水スプレー
空のスプレー容器
使い古しのストッキングまたは、スポンジ
マイクロファイバータオルまたは、乾拭き用の布
1

重曹(粉末)を使って重曹水スプレーを作る

重曹水を作り方は、空のスプレー容器に水100mlと、重曹小さじ1杯を入れてよく溶かし完成です。重曹水を蛇口全体にスプレーし、使い古したストッキングかスポンジで磨いて水で流す。

2

クエン酸水スプレーを蛇口に吹きかけてスポンジで磨く

蛇口全体にクエン酸水をスプレーしたら、使い古したストッキングかスポンジで磨き水で流す。

3

乾いたタオルを使って乾拭きしてしっかり水分を拭き取る

最後にマイクロファイバータオルまたは、乾拭き用の布を使って乾拭きをして、しっかり水気を取ったら完了。

蛇口の掃除は、このようにクエン酸水と重曹水をダブルで使うことで、水垢と手垢汚れをダブルで落とせます。

諦めていた蛇口の汚れが、驚くほどピカピカになりますよ。

洗面台やお風呂、キッチンなど毎日当たり前のように使っている空間ですが、光るべき部分が光っているとキレイで清潔な印象を作れます。

そうすると、とても気持ちよく過ごせるから不思議です。
ぜひ1度お試しください。

【洗面台の水垢】洗面台の水垢を落とす時の3つの注意点

【洗面台の水垢】洗面台の水垢を落とす時の3つの注意点

ここまで水垢汚れの掃除方法を紹介してきましたが、洗面台の掃除で気をけるべきこと3つあります。

【洗面台の水垢】強くこすりすぎないようにしよう!

洗面ボウルや、蛇口などを掃除する時は優しく掃除しましょう。

特に、研磨剤が含まれたスポンジなどを使う時は、強くこすりすぎてはやめましょう。

ゴシゴシこすってしまうと、蛇口や洗面ボウルなどに傷がつきます。

傷がつくと、その傷の間に汚れがたまり、さらに汚れる原因になります。

【洗面台の水垢】クエン酸を使うなら換気しよう!

クエン酸はお酢のような独特なニオイがするので、人によっては気持ち悪くなったり具合が悪くなってしまったりします。

換気扇を回したり、窓を開けたりして、掃除をする時は必ず換気をしましょう。

【洗面台の水垢】手袋を着用しよう!

肌が敏感な方は、できるだけ掃除用手袋を着用しましょう。

クエン酸は酸性なので、素手で扱うと肌へ刺激を与えてしまいます。

少しでも肌荒れが気になる方は、掃除用手袋の着用をオススメします。

毎日の1分掃除で洗面台に水垢が付かないようにしよう!

毎日の1分掃除で洗面台に水垢が付かないようにしよう!

頑固なだと思っていた洗面台の水垢も、ここまで紹介した掃除方法で、意外に簡単に落とせます。

しかし、できればいつも水垢のないピカピカの洗面台の方が、毎日を清々しく過ごせますよね。

手洗いや洗顔、歯磨きの時など洗面台を使うついでに、1分掃除を習慣にすれば、ピカピカの洗面台を保つことができます。

用意するもの

必須
パームブラシ
マイクロファイバータオル
1

パームブラシを使って洗面ボウルを磨いて洗い流す

パームブラシで洗面ボウル全体を磨き、水でキレイに洗い流す。

2

洗面ボウルに付いた水滴をマイクロファイバータオルで拭く

洗面ボウルの掃除後は、水滴を残さず拭き取る。蛇口や鏡についた水滴も一緒に拭き取って完了。

ブラシは洗剤をセットして使える、パームブラシがオススメです。

キッチンブラシとして販売されているものですが、これにホームクリーニング用の洗剤をセットしておいて、石鹸ホルダーなどに置いておくとわざわざ洗剤とスポンジを取り出す手間を省けます。

500円程度のお手軽価格の物もありますが、インテリアにこだわりたい人はこんなオシャレな商品も販売されているので、チェックしてみて下さいね、

また、水滴を拭くときの布は、マイクロファイバータオルがオススメです。

水垢を予防する最適な方法は、水滴を残さない事と言っても過言ではありません。

マイクロファイバータオルだと、水気をしっかり吸収してくれるので洗面台に1枚置いておくといいですね。

これも、インテリアに合わせてカラーを楽しめます。

自分で洗面台の水垢が落とせないなら業者に依頼しよう!

今回は、洗面台にできる水垢の原因や、クエン酸を使って洗面台の水垢を掃除する方法について紹介しました。

一生懸命自分で掃除をしても、どうしても落とせない水垢もあると思います。

また、忙しくて掃除をする時間がないという人もきっといますよね。

そんな時は、専門業者に依頼するのも1つの方法です。

専門業者は掃除のプロなので、自分では手に負えない水垢汚れもピカピカにしてもらえます。

汚れを取ってくれるだけではなく、鏡や洗面ボウルの傷付きを心配する必要もないので助かりますね。

まとめ

  1. 水道水に含まれるカルキ、カルシウム、マグネシウムといったミネラルが原因で洗面台に水垢がつく。
  2. 洗面台の水垢は、重曹とクエン酸で取ろう!
  3. 洗面台の水垢を落とす時は、強くこすりすぎない、クエン酸を使うなら換気、手袋着用を心がけて。
  4. パームブラシとマイクロファイバータオルで毎日サッと掃除すれば、水垢がつきにくい。

洗面所クリーニングを探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

洗面所クリーニングをプロに依頼するなら

洗面所クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に洗面所クリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、 住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、 まいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
82 投票, 平均点: 4.74

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください