【家具を処分する方法】不要になった家具を処分する方法と料金相場

引越しや大掃除の時期に出てくる不要な家具の処分方法に困っていませんか?不要な家具を処分する方法を8つ紹介します。処分にかかる料金相場やメリット、注意点もまとめました。使っていない家具は早めに処分して、スッキリした暮らしを実現しましょう。

不用品回収
更新
【家具を処分する方法】不要になった家具を処分する方法と料金相場

引っ越しや、部屋の模様替えで不要な家具が出てくると困るのが処分方法です。

大型の家具は「燃えるゴミ」として出すことはできません。

では、どのような方法で家具を処分すればいいでしょうか?

そこで今回は、家具を処分する8つの方法と、家具を処分する料相場について紹介します。

>>プロの(家具の処分)不用品・廃品回収業者の一覧

【家具の処分】家具はまとめて処分するのがお得です!

【家具の処分】家具はまとめて処分するのがお得です!

家具を処分する時に「このタンスは使わなくなったから処分しよう!」と思って、すぐに行動し始めていませんか?

実は不要な家具は、まとめて処分する方がお得なんです。

オークションや、フリーマーケットで売る場合も小分けして売るより、まとめて売った方が効率的です。

また不用品回収業者に依頼するのであれば、軽トラックに積み放題のプランが選べることもあります。

トラックに載せられる量であれば、いくつ家具を処分してもらっても一定金額ですむという嬉しいプランです。

家具を効率よくお得に処分するためにも、まずは処分する家具をリストアップして処分漏れをなくすことがポイントです。

家具を処分しようと思い立ったらまずは、自宅にある家具を確認して他にも処分しておきたい家具がないか探してみましょう。

【家具の処分】処分する前に確認しておくべき2つのポイント

【家具の処分】処分する前に確認しておくべき2つのポイント

処分したい家具をリストアップしたら、「あとは行動するだけ!」といいたいところですが、実際に行動する前に2点確認しておくことがあります。

【家具の処分】処分するものが家電リサイクル法の対象なのか確認する!

家電リサイクル法の対象である「>テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機」の4つは、資源を有効利用するためリサイクルが義務付けられており、粗大ごみとして出せないので注意が必要です。

買い替えする場合は家電を購入した家電量販店に連絡して、処分のみの場合は不用品回収業者が各自治体に相談しましょう。

【家具の処分】買い替える家具が決まっていたらお店に確認する!

不要な家具を処分して新しい家具を買う場合は、お店によっては古い家具を引き取ってくれるサービスがあります。

家電についても下取りのサービスを利用できる場合もあります。

買い替える家具や家電が決まっている場合は、最初に確認しておきましょう。

【家具の処分方法】家具を処分する方法は8つの方法がある!

【家具の処分】家具を処分する方法は8つの方法がある!

いよいよ家具を処分する方法を決めましょう。

家具を処分する方法は大きく分けて8つの方法があります。

  • 不要になった家具を知り合いに譲って処分する
  • 不要になった家具を細かく解体して普通ごみに出して処分する
  • 不要になった家具を各自治体の粗大ごみとして出して処分する
  • 不要になった家具をネットオークションや、フリマアプリで売って処分する
  • 不要になった家具をフリーマーケットに出品して処分する
  • 不要になった家具をリサイクルショップに売って処分する
  • 不要になった家具を不用品回収業者に引き取ってもらって処分する
  • 不要になった家具を引越し業者に引き取ってもらって処分する

これらの8つの方法から、自分の状況に合った処分方法を見つけましょう。

【家具の処分】家具を処分する時のメリットと注意点

【家具の処分】家具を処分する時のメリットと注意点

不要になった家具の8つの処分方法について、メリットや注意点について紹介します。

【家具の処分】家具を知り合いに譲って処分するメリットや注意点

まだ使える家具や状態のいい家具については、使ってくれる知り合いがいないか探してみましょう。

年度末の引っ越しや、転勤シーズンがいいでしょう。

お互いの日程が合えば、いつでも受け渡しができるのが大きなメリットです。

自動車などで簡単に運べる家具であればよいのですが、大きなタンスや、ベッドなどの場合は難しいこともあるでしょう。

そんな時には、業者の力を借りるのもオススメです。

宅配業者の中には、大きな家具を運んでくれる業者もいるので相談してみるといいでしょう。

【家具の処分】家具を細かく解体して普通ごみに出すメリットや注意点

多くの家具はドライバーなど工具を使えば、ある程度小さくできます。

大きさによっては普通ごみとして出すことも可能になります。

しかし、解体が難しい家具もあります。

金属の板や分厚いパーツを小さく切るには、専用の工具が必要です。

解体できない家具については、他の方法で処分することを検討しましょう。

【家具の処分】家具を各自治体の粗大ごみとして出すメリットや注意点

粗大ごみとして自治体に回収してもらう方法は、民間の不用品回収業者に依頼するよりは安く処分できる場合が多いです。

料金は自治体によって違うので、事前に確認しましょう。

粗大ごみを出すには、粗大ごみを処分するのに必要な料金のシールを購入し、粗大ごみの収集を申し込まなければなりません。

必要な料金が分からない場合には、自治体に確認してから購入しましょう。

不要な家具にシールを貼り、指定された回収日にゴミ置き場へ運んでおけば回収してもらえます。

他にも自治体で指定された収集所へ、直接ごみを持ち込む方法もあります。

自動車で運べる家具なら収集所へ持ち込むとお得です。

粗大ごみとして家具を処分すると、手続きが多少面倒なのがデメリットです。

また粗大ごみを回収してもらう日にちが決められているため、すぐに処分したいという場合にはオススメできない方法なので注意しましょう。

【家具の処分】ネットオークションやフリマアプリで売るメリットや注意点

ブランドの家具や、状態のいい家具であればネットオークションや、フリマアプリで売ると、リサイクルショップに売るよりも高い価格で売れることもあります。

事前に似たような商品が、どのくらいの価格で取引されているか確認しておくといいでしょう。

サイトを通して多くの人に見てもらい、値段をつけてもらえるのは魅力的です。

しかし、ネットオークションや、フリマアプリで売る方法には手間もつきものです。

落札者との取引連絡や、家具の梱包、発送などの作業が発生します。

送料や、年会費などの費用も必要になりトータルで考えると赤字になってしまう場合もあります。

さらにスケジュール管理にも注意が必要になります。

出品をしてから家具が売れて発送するまでには、ある程度の日数がかかります。

スケジュールに余裕がある場合にオススメの方法です。

【家具の処分】家具をフリーマーケットで売って処分するメリットと注意点

不要な家具を処分するには、フリーマーケットに出品する方法もあります。

フリーマーケットとは多くの人が集まって、それぞれが不要な家具や、日用品などを販売するイベントです。

家具以外にも日用品や衣料品なども売れるため、色々な物をまとめて処分するチャンスです。

しかし注意が必要なのは、自分で家具を運んで会場に運ばなければならない点です。

あまりにも運ぶのが大変な物については、売れないと思ったほうがよいでしょう。

【家具の処分】家具をリサイクルショップに売るメリットや注意点

家具がキレイで使える状態であれば、リサイクルショップに売る方法もあります。

物によってはいい値段で買い取ってもらえます。

リサイクルショップに売る際は、見た目が査定額に大きく影響するため、売る前には家具の汚れなどを落としキレイにしておきましょう。

また自宅に買い取りに来てもらうのではなく、自分でお店に持ち込むと査定額が高くなることもあるようです。

自分で店まで運ぶのが苦にならないのであれば、ショップまで持ち込みをオススメします。

注意点としては古い家具や傷がついている家具、リサイクルショップに在庫が多くある家具については買取ってくれない点です。

また安い家具については、ほとんどお金にならないこともあるようです。

事前に見積もりを依頼して、リサイクルショップに売るかどうか考えるとよいでしょう。

【家具の処分】不用品回収業者に引き取ってもらうメリットと注意点

一番楽なのが、不用品回収業者に依頼し引き取ってもらう方法です。

自宅まで不要な家具を取りに来てくれるので、力仕事もありません。

家具を運ぶ必要がなく、大きな物も気軽に処分できます。

また業者の日程が合えば、その日のうちに引き取りに来てくれる事もあります。

急な引っ越しや、転勤の時にも便利です。

引き取りを依頼する方法も簡単で、電話やインターネットで連絡をして引き取りの日程を決めた後は自宅で待つだけです。

多くのメリットがある不用品回収業者ですが、運搬費などの経費がかかるため、粗大ごみとして出すよりは費用が割高になってしまう事です。

また業者選びにも注意が必要です。

悪徳業者も中には存在し、金銭面などのトラブルが起こることもあるようです。

業者を選ぶ時には「一般廃棄物収集運搬業許可」の許可番号がウエブサイトに記載されているか確認しましょう。

また事前に見積もりをとることで、トラブルを回避できることもあります。

「無料で不用品を回収します」と宣伝している業者は避けた方が無難です。

【家具の処分】家具を引越し業者に引き取ってもらうメリットや注意点

引っ越しをするのであれば、引っ越しの時に業者の方に不要な家具を引き取ってもらうのもいいでしょう。

家具を引っ越しの日当日まで使えて、当日に家具を引き取ってくれます。

そのため運んだり手続きをしたりする手間がないのは大きなメリットです。

食器棚やタンス、ソファといった大きな家具も引き取ってもらえます。

処分費用については業者によって違いがありますが、粗大ごみとして出すよりは​高くなるでしょう。

家具の8つの処分方法のメリットや、注意点について紹介しましたが、自分に合いそうな方法は見つかりましたか?

次に家具を処分する時にかかる費用相場について紹介します。

【家具の処分料金】家具を処分する時の料金相場

【家具の処分】家具を処分する時の料金相場

家具を処分する費用の目安として、粗大ごみとして出す場合と、不用品回収業者を利用する場合をまとめてみました。

【家具の処分】粗大ごみとして家具を処分する場合の料金相場

  • ベッド…1,000円~1,800円程度
  • タンス…300円~2500円程度
  • ソファ…1,800円程度
  • テーブル…300円~1,000円程度
  • 食器棚…300円~2,500円程度

【家具の処分】不用品回収業者を利用して家具を処分する料金相場

  • ベッド…3,675円~5,250円程度
  • タンス3,000円~
  • ソファ…3,150円~7,350円程度
  • テーブル…2,000円~
  • 食器棚…3,500円~

粗大ごみとして出す場合と比較すると、不用品回収業者に依頼する方が割高なのが分かります。

しかし、不用品回収業者によっては、積み放題のプランがある可能性もあります。

軽トラックに積める範囲であれば、いくつ家具を引き取ってもらっても料金は一律です。

自分で家具を処分するのが面倒なら業者に依頼しよう!

今回は、家具を処分する8つの方法と、家具を処分する料相場について紹介しました。

それぞれにメリットや注意点があるので、自分のスケジュールやかけられる手間などを考えて選ぶようにしましょう。

引っ越しの予定がある場合は、引っ越し業者に依頼するとスムーズでしょう。

すぐに捨てなくてもまだ使える家具は、周囲に必要な人がいないか探してみるのもいいですね。

「とにかくすぐに処分したい!」「手間をかけたくない!」「多少お金がかかってもよい!」という時には不用品回収業者に依頼するのがいいでしょう。

まとめ

  1. 家具の処分は、まとめてする方がお得!不用品回収業者なら、単品で依頼するより軽トラック積み放題などのサービスがある。
  2. 新しい家具を購入する時は、そのお店で古い家具を引き取ってくれる場合があるので、確認しよう。
  3. 家具を処分する方法は8つ。メリットや注意点をよく確認!
  4. 家具の処分にかかる料金相場は、粗大ゴミに出す場合と不用品回収業者に依頼する場合で違う。

不用品・廃品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収をプロに依頼するなら

不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に不用品回収の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
36 投票, 平均点: 4.34

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事