【エアコンを処分する方法】エアコンの処分方法と料金相場を知ろう!

エアコンを処分するには、正しい処分方法があります。リサイクル料金がもったいない、面倒というのもわからなくはないですが、安易に違法な業者を利用しないことが大切です。この記事ではエアコンの処分方法や回収にかかる費用について紹介します。

不用品回収
更新
【エアコンを処分する方法】エアコンの処分方法と料金相場を知ろう!

古くなって使わなくなったエアコンや、壊れて動かないエアコンをほったらかしで、処分したいけど処分のやり方がわからないと困っていませんか?

引っ越しを機会にエアコンを買い替えたいけど、エアコンの処分を考える事があると思います。

そこで今回は、エアコンの正しい処分方法や、業者にエアコン処分を依頼する時の注意点について紹介します。

また、無料回収業者に頼んでもいいのか、悩んでいる人の心配についても説明します。

>>プロの(エアコンの処分)不用品・廃品回収業者の一覧

【エアコンの処分】家電リサイクル法について知ろう!

【エアコンの処分】家電リサイクル法について知ろう!

エアコンは「家電リサイクル法」の、対象品目ということを知っていますか?

【エアコンの処分】家電リサイクル法について知っておこう!

「家電リサイクル法」と聞いたことくらいはあっても、内容まではよく知らない人も多いと思います。

「家電リサイクル法」とは、廃棄物の減量、資源の有効利用の観点から、廃棄物のリサイクル推進の新たな仕組みを構築するために制定された法律特定家庭用機器再商品化法のことです。

エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機4品目が特定家庭用機器として指定されています。

製造メーカー等が、引き取った製品から有用な材料をリサイクルすることで、ごみ減量&資源を有効利用するための法律です。

【エアコンの処分】法施行以前の家電は焼却や埋め立てしていた!

一般家庭や事務所から廃棄される家電製品には、貴重な資源がたくさん使われています。

そんな貴重な資源を家電リサイクル法が施行されるまでは、もったいないことにゴミとして焼却していたり、埋め立てていました。

【エアコンの処分】貴重な資源を捨てるのはもったいない!

「家電リサイクル法」の対象品目に指定されている家電を作るために使用された金属や非金属は、熱で溶かしたり再加工したりして、再び資源として利用できるんです。

私達が大切に使っていた家電を、また世界中の人々が同じように大切に使えるのは素晴らしいことですね。

なので、エアコンの処分についても正しく回収してもらう必要があります。

【エアコンの処分】正しいエアコンの3つの処分方法

【エアコンの処分】正しいエアコンの3つの処分方法

家庭で出るごみは、曜日ごとに分別して家の近くの収集所に出して回収してもらっていますよね。

しかし、エアコンは収集所に出すことはできないんです。

ゴミの出し方については、お住まいの市区町村のホームページでも確認できますので確認してみて下さい。

エアコンの正しい処分方法について3つの方法について紹介します。

【エアコンの処分方法】まだ使えるエアコンを処分したい場合は売れる!

エアコンが正常に作動している場合は、中古品としてリサイクルショップで買取ってもらったり、インターネットオークションで売ることもできます。

事前に問い合わせをして、査定してもらいましょう。

【エアコンの処分方法】家電量販店に引き取ってもらう!

新しいエアコンを購入したお店で引き取ってもらえるので、購入した家電量販店に引き取ってもらいましょう。

【エアコンの処分方法】もう使えないエアコンを処分する場合

  • エアコンの購入店で引き取ってもらって処分する
    エアコンを購入したお店に引き取りの依頼をします。引き取ってもらえない場合もありますので、問い合わせてみましょう。
  • エアコンを指定取引場所へ持ち込んで処分する
    自宅の最寄りの「指定引取場所」に自分で持ち込みます。場所等の詳細は市区町村のホームページで確認できます。
  • 業者にエアコンを回収依頼して処分する
    自分で回収業者を探すか、市町村でも紹介してくれます。市町村のホームページで許可業者を閲覧、検索できます。

【エアコンの処分】エアコンを処分する時の料金相場

【エアコンの処分】エアコンを処分する時の料金相場

エアコンを処分するには、いくらくらいかかるのかが気になるところですよね?

エアコンの処分にかかる費用には4つの項目があるんです。

【エアコンの処分料金】エアコンを処分するにはリサイクル料が必要です!

エアコンを廃棄処分するときに、リサイクル料はかならずかかる費用です。

メーカーごとに料金が定められていますが、ほとんどのメーカーが972円です。

この料金は新しいエアコンに買い替える場合、またはもう使えないエアコンをお店に引き取ってもらう場合は販売店に支払います。

引き取りを依頼できない場合は、郵便局で家電リサイクル券をもらいリサイクル料金を振り込みます。(振込手数料負担)

その時、メーカー名や型番号をメモして持っていくと窓口でスムーズに手続きできます。

その後、券を持参して自分で運搬するか業者へ収集依頼します。

【エアコンの処分料金】エアコンを処分するには収集運搬費用が必要です!

お店に引き取ってもらう場合や、業者へ処分を依頼した時は、リサイクル料金とは別に収集運搬費(業者により異なる)がかかります。

大手家電量販店では、大体1,000円~1,500円程度です。

【エアコンの処分料金】エアコンを処分するにはエアコン取り外し費用が必要です!

エアコン取り外し費用の相場は、4,000円~6,000円です。

お店や業者に見積もりを取ってみましょう。

【エアコンの処分料金】エアコンの処分を業者に依頼したら出張料が必要です!

業者により異なりますが、3,000円程度が一般的です。

【エアコンの処分】無料回収業者に処分依頼しても大丈夫?

【エアコンの処分】無料回収業者に処分依頼しても大丈夫?

「不要になったエアコンを回収します」とアナウンスしながら近所を回っているトラックを見かけたり、家のポストに「不用品無料回収のお知らせ」というチラシが入っていることがありますよね。

不用品処分の手間や費用をおさえたいと思っている時には、つい魅力的に感じてしまいます。

しかし、ちょっと待って!
その業者は違法な不用品回収業者かもしれません。

家庭のごみであるエアコンを回収できる業者は「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けた業者だけです。

「産業廃棄物収集運搬業」「古物商許可証」の資格では、エアコンの回収はできないことになっています。

「無料」や「買取り」という言葉に騙されて、違法な不用品回収業者を利用しないように心掛けましょう。

【エアコンの処分】違法な不用品回収業者の見分け方とは?

市町村で紹介してもらう業者に依頼するのが一番近道ですが、自分で業者を探しているときは、下記の項目だけでも最低限確認することをオススメします。

【エアコンの処分】信頼できる回収業者を探す時にチェックする項目

  • 「一般廃棄物収集運搬業」の許可をうけているか確認する
  • 会社の情報(会社名や住所、電話番号)が明瞭であるか確認する
  • 料金システムをきちんと説明できるか確認する
  • 契約書を作成してくれるか確認する
  • 自治体から廃棄物処理の指導をうけているか確認する
  • 家電製品や工事についての知識があるか確認する

エアコン処分に対して「リサイクル料はかかりません」と言う業者は、明らかに違法といえるので注意しましょう。

【エアコンの処分】エアコンを「買取する」という業者にも注意しよう!

不要なものが現金に変わるのは「ラッキー!」と思いますが、実はリスクや問題も多いのです。

まだ使える製造後3年未満のエアコンは、中古品として買い取ってもらえます。

その際はリサイクル料はかかりません。

しかし、壊れているエアコンにはエアコンとしての商品価値はゼロです。

使えなくなった家電を、商品として売ることは当然できません。

故障したエアコンは、廃棄処分が必要です。

つまり、廃棄するには家電リサイクル法により、リサイクル処分をしなければなりません。

それを「買い取ります」と言う業者は、次に説明するエアコンの資源価値が目当てなだけなんです。

「買い取ります」という言葉に踊らされないようにしたいですね。

【エアコンの処分】違法な不用品回収業者のリスクや社会問題

【エアコンの処分】違法な不用品回収業者のリスクや社会問題

もう使えないエアコンを「買い取ります」や「無料で回収します」と言って甘い言葉で誘っている違法な不用品業者が残念ながら存在しているのが現状です。

一体何を目的にしているのかというと、「エアコンの資源価値」を狙っているんです。

【エアコンの処分】エアコンの資源価値ってなに?

エアコンにはさまざまな希少金属類が使われており、現在、日本では高価値で売買されている資源が多く含まれています。

1台4~5,000円程度の資源を取り出すことが可能といわれています。

【エアコンの処分】エアコンに含まれる資源について知ろう!

  • 白金
  • アルミニウム
  • プラスチック
  • ネオジウム磁石などのレアアース類
  • クロムやニッケルなどのレアメタル類
  • 材料として資源化できるマテリアル

違法な不用品回収業者は、これらの価値ある資源を回収したいがためにエアコンを無料で回収しているんです。

高いリサイクル技術や設備をもたない不用品業者は、エアコンから価値ある資源のみ回収した後、資源転売をしたり不法投棄をしたりという社会問題が起きているんです。

具体的にどのような社会問題を起こしているか見てみましょう。

【エアコンの処分】違法な不用品回収業者が引き起こしている社会社問題

  • 空き地や山林への不法投棄
  • 有害物質(フロンガス等)を処理せず放置→環境汚染
  • 放棄したエアコンの電池やプラスチックからおこる火災
  • 料金の高額請求
  • 別の商品を無理やり購入させる

こうして見てみると、なんだか悲しい気持ちになりますね。

違法な不用品回収業者を安易に利用せず、法律で決められたルートに従ってエアコンの回収をしてもらいましょう。

エアコンの処分は信頼できる業者に依頼しよう!

今回は、エアコンの正しい処分方法や、業者にエアコン処分を依頼する時の注意点について紹介しました。

現在の日本では、家電製品だけでも年間数十万トンがゴミとして廃棄されています。(家電は修理するより買った方が安い!という現状もあるのが現状ですが…)

今まで、埋め立てたり焼却していたゴミですが、埋立場所や焼却困難の問題が生じました。

その問題解決の一環として、家電リサイクル法ができたとはいえ、実際にリサイクルできているのは1割~2割程度なんだそうです。

ちょっとビックリ。まだまだなんですよね。

リサイクルするのには手続きが面倒だったり、支払いがもったいないと思いますが地球のエコのためだと思えば、少しは前向きになれますよね。

エアコンを正しいルールでリサイクルするために大事なのが業者選びです。

安心して業者を選ぶために、ほっとラインで検索してみましょう。

まとめ

  1. エアコンは家電リサイクル法の対象品目!正しく処分しよう。
  2. エアコンの処分方法は、売る・引き取ってもらう・捨てるの3つがある。
  3. エアコン処分の料金相場は、リサイクル料972円、収集運搬費用1,000円~1,500円程度、取り外し費用4,000円~6,000円などがかかる。見積りや問い合わせで必ず確認しよう。
  4. エアコンの処分を不用品回収業者に依頼する時は、信頼できる業者探しのチェック項目を参考にしよう。悪徳業者にくれぐれも注意!

不用品・廃品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収をプロに依頼するなら

不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に不用品回収の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
29 投票, 平均点: 4.96

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事