【エレクトーンの処分】不要になったエレクトーンの処分方法と料金相場

引っ越しや子供の成長に伴い、思い出の詰まったエレクトーンを処分することになったら、少しでも気持ちよく処分したいですよね。この記事ではエレクトーンを処分する方法を5つ紹介します。気になる料金相場や、回収業者選びのポイントも合わせて紹介します。

不用品回収
更新
【エレクトーンの処分】不要になったエレクトーンの処分方法と料金相場

お子様のためにとおもちゃなど様々なものを買ったけど、お子様が成長するにつれて使わなくなって処分したいものってありませんか?

エレクトーンもその一つではないでしょうか?

エレクトーンを処分するとなる大きくて重たいので、どうやって処分したらいいのか悩みますよね。

エレクトーンを処分するなら、どのくらいの費用がかかるのかも気になりますよね。

そこで今回は、エレクトーンを処分する方法や、エレクトーンを処分する料金相場について紹介します。

>>プロの(エレクトーンの処分)不用品・廃品回収業者の一覧

【エレクトーンの処分】エレクトーンを処分する5つの方法

【エレクトーンの処分】エレクトーンを処分する5つの方法

エレクトーンの処分方法は大きく分けて5つあります。

5つの処分方法を知って、自分にとって処分しやすい方法を選んでください。

【エレクトーンの処分】エレクトーンを自治体に依頼して処分する!

1つ目の方法は、自治頼に依頼するです。

自治体に依頼すれば、廃棄物処理になるところとならないところがあるようです。

自治体によって違うので、電話で確認するのが一番いいでしょう。

自治体指定の廃棄物運搬業者を紹介してもらえる事もあります。

【エレクトーンの処分】エレクトーンをオークションに出して処分する!

2つ目の処分方法は、オークションでエレクトーンを販売するです。

オークションは必要としている人が購入してくれることが多いです。

送料はかかってしまう場合がありますが、落札者と相談して引き取ってもらいましょう。

オークションに出品して売れるとお金になりますが、売れるまで時間がかかるので、早く処分したいという人にはこの方法は向いていません。

【エレクトーンの処分】エレクトーンをリサイクルに出して処分する!

3つ目の処分方法は、リサイクルする方法です。

この場合は、リサイクルショップにエレクトーンを持っていかなければなりません。

買取してくれるところもありますので、持っていく前に買取してもらえるのか確認の電話をした方がスムーズにいくでしょう。

エレクトーンは大きくて重いので、持っていくのに労力と時間がかかってしまうので、そこはしっかりと考えて決めましょう。

【エレクトーンの処分】エレクトーンを寄付して処分する!

4つ目の処分方法は、寄付する方法です。

音楽楽団などが欲しいという場合があり寄付すできます。

インターネットで「エレクトーン 寄付」と検索して寄付先を探してみたり、募ってみたりしてもいいでしょう。

寄付する場合も寄付する場所に運ばなければならないことがあるので、寄付先の人と相談して決めましょう。

【エレクトーンの処分】エレクトーンを回収業者に依頼して処分する!

最後の5つ目の処分方法は、回収業者に依頼をして処分してもらうです。

回収業者に自分で依頼すれば、日時も時間も合わせてくれる場合が多いので、自分の予定に合わせて処分できます。

回収業者に依頼すると家まで取りに来て処分してくれるので、自分で運び出す必要もないので楽に処分できます。

エレクトーンを処分する5つの方法について紹介しました。

自分がどの方法でエレクトーンを処分するのが、一番いいのか考えて選びましょう。

【エレクトーンの処分】処分する時は2つの注意点がある!

【エレクトーンの処分】処分する時は2つの注意点がある!

エレクトーンを処分する時には、2つ注意点があるので紹介します。

【エレクトーンの処分】エレクトーンは粗大ごみでは処分できない!

エレクトーンは粗大ごみで、処分できません。

自治体によってエレクトーンは、処分できないゴミとして区別されています。

自分の住んでいる自治体に確認しましょう。

【エレクトーンの処分】処分を依頼する回収業者選びに注意する!

回収業者を選びのは注意してしないと、高額請求されることがあるようです。

回収業者を選ぶ時は、インターネットなどで回収業者の評価やクチコミを調べてから依頼するようにしましょう。

これらの注意点を守ることによって、エレクトーンを適切に処分できるでしょう。

【エレクトーンの処分】エレクトーンを処分する料金相場

【エレクトーンの処分】エレクトーンを処分する料金相場

エレクトーンの処分費用はいくら必要のでしょうか?

エレクトーンの処分方法を5つ紹介したので、次に5つの処分方法別に料金相場について紹介します。

【エレクトーンの処分】エレクトーンの処分を自治体に依頼する料金相場

自治体に依頼する場合は、提携している廃棄物処分業者を紹介される事がほとんどです。

なので安心なのは安心ですが、その分費用が高い場合があります。

平均的には5,000円~7,000円前後の処分費用がかかります。

地域によりますので、それ以上かかってしまう事もあります。

【エレクトーンの処分】オークションに出して処分する料金相場

オークションの場合は、送料を着払いに指定すれば送料はかかりません

送料込みの場合はオークション出品者側に、送料がかかってしまうので注意してください。

多くのオークションサイトは落札金額の何%を手数料として引かれますので、どのオークションに出すかを考える必要があります。

【エレクトーンの処分】リサイクルに出して処分する料金相場

リサイクルや寄付をする場合は、基本費用はかかりません

しかし、エレクトーンをリサイクル店や寄付する場所まで運ばないといけないので、家から車に運び入れて運ぶ作業が必要となります。

車にエレクトーンが入らない場合や持っていない場合は、レンタカーなどを借りて運ばなければなりません。
処分費用とは別の費用がかかります

【エレクトーンの処分】回収業者に依頼して処分する料金相場

回収業者に依頼し、エレクトーンの状態がキレイであれば費用を少し安くしてくれたり、家の外に運び出しをすると安くしてくれることがあるようです。

自治体の提携の廃棄物処理業者の場合は5,000円以上かかってしまいますが、自分で頼むと5,000円程度ですむ場合もあります。

このように処理方法別で費用が違います。

自分に合った方法で、なるべく安くすませられるように参考にしてみてくださいね。

【エレクトーンの処分】業者に処分を依頼する3つのポイント

【エレクトーンの処分】業者に処分を依頼する3つのポイント

回収業者にエレクトーンの処分を依頼する場合は、業者を選ぶ時のポイントがあります。

そのポイントさえおさえれば、エレクトーンに限らず様々なものを処分できるで紹介します。

【エレクトーンの処分】業者にエレクトーンを処分する見積り依頼する!

料金がわからないまま「お願いします!」と依頼してしまうと後々高額請求されることがあります。

そのため作業前にいくら費用がかかるのか、いつ取りに来てくれるのかなどの見積もりを取るようにしましょう。

【エレクトーンの処分】回収業者の口コミを見てみる!

口コミも業者を選ぶ大切なポイントになります。

口コミというのは一度利用したことがある人が書いているので、業者の対応、費用などについても知れるので参考にしましょう。

【エレクトーンの処分】見積もりをもらったら料金交渉をしてみる!

見積もりをとった上で、料金交渉してみるのがいいでしょう。

料金交渉して安くしてくれる業者もいます。

このように回収業者に依頼する前にすれば、料金が安くなったりいいサービスを受けられます。

回収業者を選ぶ時は、参考にしてみてくださいね。

【エレクトーンの処分】リサイクルするメリットとデメリット

【エレクトーンの処分】リサイクルするメリットとデメリット

エレクトーンをリサイクルする場合は、メリットとデメリットがあるので紹介します。

【エレクトーンの処分】リサイクルして処分するメリット

  • お金を得られる
  • 処分ではなく、また誰か違う人に使ってもらえる

リサイクルショップに持っていけば少額でもお金を得られます。

試しにリサイクルショップに買取してもらえるのか、問い合わせしてみましょう。

エレクトーンを処分するのは「まだまだ使えるのにもったいないな~」と思う人は、リサイクルショップに持ち込んで買取してもらい、お金も得られえてエレクトーンが必要な人に、また使ってもらえるのでオススメです。

【エレクトーンの処分】リサイクルして処分するデメリット

  • 持っていく手間がある
  • 買取してもらえない場合がある

エレクトーンは大きくて重いので、運ぶのは手間がかかってしまいます。

軽自動車では運べないこともあるので、車を借りたりする必要があります。

場合によっては買取してもらえないことがあります。

状態が悪かったり、買取対象外だったりするので事前に確認しましょう。

このようにリサイクルする上で、もメリットとデメリットがあるので見比べてリサイクルするのか決めるようにしましょう。

自分でエレクトーンを処分できないなら業者に依頼しよう!

今回は、エレクトーンを処分する方法や、エレクトーンを処分する料金相場について紹介しました。

回収業者に依頼してエレクトーンを処分するなら、オススメなのが「ほっとライン」です。

ほっとラインでは料金や、サービスの作業内容、地域、口コミで業者を比較できます。

まとめ

  1. エレクトーンを処分する方法は5つある。捨てる・売る・寄付などの中から、自分にあう方法を選択しよう。
  2. エレクトーンの処分は、粗大ゴミに出せない、回収業者選びに注意しよう。
  3. エレクトーンの処分にかかる費用の相場を予めチェック!
  4. エレクトーンの処分を不用品回収業者に依頼する際は、見積りを明確にだしてくれるかどうかや口コミなどを参考に安心できる業者を選ぼう。

不用品・廃品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収をプロに依頼するなら

不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に不用品回収の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
28 投票, 平均点: 4.67

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事