【白鳩の対策】生態を知ってからアイテムを使って白鳩の対策しよう!

鳩駆除
更新

白鳩の被害に悩むご家庭が増えています。糞害や鳴き声によるストレス被害などがあります。一度住みついてしまうと、中々いなくなりません。そこで今回は、白鳩の習性や生態、対策するアイテムや、業者に依頼する時の注意点について紹介します。

【白鳩の対策】生態を知ってからアイテムを使って白鳩の対策しよう!

白鳩の被害に悩むご家庭が増えています。

白鳩は平和のシンボルですが、実際には糞害や鳴き声によるストレス被害などがあります。一度住みついてしまうと、白鳩は中々いなくなりません。

そこで今回は、白鳩の習性や生態、白鳩対策するアイテムについて紹介します。

>>プロの鳩駆除業者の一覧

【白鳩の種類】日本に生息する白鳩は3種類

【白鳩の種類】日本に生息する白鳩は3種類

鳩(はと)は、ハト目・ハト科に属する鳥類の総称です。

体に比べて頭が小さく、胸骨、胸筋が発達してずんぐりとした体型が特徴です。

ハト目には世界では約42属290種あり、そのうち日本には、カラスバト、キジバト、ベニバト、キンバト、アオバト、シラコバト、ドバトの7種が主に生息していると言われています。

公園や街中でよく見かける鳩はドバトと呼ばれる種類です。

ドバトは日本古来の種ではなく、ヨーロッパや北アフリカが原産です。

人になつきやすく、食用や伝令用(伝書鳩)のほか、愛玩用の品種改良もされました。

また、レース用になるほどの強い帰巣本能と身体能力を持っています。

白鳩は、主に「シラコバト」と「ギンバト」と呼ばれる種類です。

それ以外の種を「アルビノ」という、通常は白くない鳩の遺伝子変異により白くなる個体も存在します。

シラコバトは、埼玉県の県鳥になっていて「コバトン」というマスコットキャラクターが関東では有名です。

【白鳩の特徴】白鳩の習性や生態を知っておこう!

【白鳩の特徴】白鳩の習性や生態を知っておこう!

白鳩の生態や生態について紹介します。

【白鳩の特徴】白鳩の行動

白鳩は、日の出とともに行動を開始します。

公園などに出向いて、エサを探します。

昼は餌場が観察しやすく見晴らしのいい場所で休憩したり、水たまりで水浴びしたり、日向ぼっこして過ごします。

夜になると建物の軒下や、橋桁などに集団でねぐらをとり眠ります。

通常、数羽から数十羽の群れで過ごしますが、多い時は100羽以上の群れを作ることもあります。

【白鳩の特徴】白鳩の帰巣する能力

白鳩は、商業地やビル街のある都市の中心部から、都市郊外の農耕地や住宅地までいます。

駅、城跡、神社、寺社、公園などに群れでいることが多く、人間によってエサが供給されていたり、営巣に適した構造がある場所です。

帰巣する能力は500km~1000kmあるといわれていますが、通常の行動範囲は20km程度です。

【白鳩の特徴】白鳩のエサ

市街地で見かけるドバトや、郊外に多いキジバトの他、数種類の鳩は共通して植物の種、木の実、穀類、豆類などを食べる生き物です。

ドバトは林や農耕地を中心に生活していましたが、郊外の都市化の影響により、街や都会に生息するようになりました。

それに伴い、エサの大半を人間が与えたものや道に落ちた食べ物くずに頼っています。

本来の白鳩の食性には適しませんが、白鳩は特定の食物を選ぶというより、その場所で得られるエサを食べているようです。

また、白鳩はカラスほど雑食ではなく、動物質のものは食べないので、人間が出した生ゴミは漁りません。

【白鳩の特徴】白鳩の繁殖

白鳩は典型的な一夫一婦の鳥です。

春になると他の鳥同様に繁殖期を迎えます。

白鳩はピジョン・ミルクと呼ばれる栄養分豊富な液体を分泌して、卵が孵化してから2週間程度まで与えてヒナを育てます。

年中子育てができるため、1年中繁殖が可能です。

多いと1年で6回程度、産卵することもあります。

巣は藁や小枝などを使って営巣します。

都市では工場、駅の天井部の配管上、高架下、ひさしの下、室外機の裏、ベランダ、橋梁など、雨風の当たらない高所に営巣します。

産卵は1回の産卵で2個の卵を産み、18日程度で抱卵します。

ヒナは生まれて1ヶ月程度で巣立ちして、生後6ヶ月で成長して繁殖期に入ります。

この繁殖率のよさも、白鳩が増加する一因です。

【白鳩の特徴】白鳩の天敵

鳩の天敵は、猫やカラス、他には猛禽類のタカ、ワシ、フクロウ、他にはイタチ、ヘビなどがいます。

しかし、タカ、ワシ、フクロウ、ヘビなどは、市街地にはほとんどおらず、都会に住むカラスや猫はエサが豊富にあるので、わざわざ白鳩を襲うこともありません。

白鳩は、実質天敵がほとんどいない安全な都会で生息して、人間によるエサの供給や、その繁殖力の高さから、数を次第に増やしてきました。

【白鳩の被害】白鳩による2つの被害に注意しよう!

【白鳩の被害】白鳩による2つの被害に注意しよう!

白鳩の生息数が増えと、被害も数多く報告されるようになりました。

白鳩による被害は、大きく分けて2つあります。

【白鳩の被害】鳴き声やビジュアル

白鳩といえば「平和のシンボル」と言われるように、愛すべき鳥類というイメージもあります。

しかし、ベランダやエアコン室外機の裏などに巣を作り、毎日のように「グルッポーグルッポー」と鳴き声を上げられてしまうと非常に不快です。

また、1羽2羽なら「あら、ハトポッポ」と可愛らしく見えますが、これが10羽以上がベランダに住み着いてしまったら、よほどの鳩マニアでない限り不快極まりないはずです。

【白鳩の被害】糞や羽毛による被害

白鳩が住みつく=その場で糞を排泄するということにつながります。

白鳩は食欲旺盛な生き物で、糞そのものに含有される養分も豊富です。

この糞に群がるハエや蚊などを媒介して、人体にも悪影響が出ます。

サルモネラ菌、脳炎ウィルス、乾燥した糞や羽毛からアレルギー物質を発生して、喘息の症状を引き起こすこともあります。

【白鳩の対策】白鳩対策に有効な3つのアイテム

【白鳩の対策】白鳩対策に有効な3つのアイテム

白鳩の被害に悩む人が大変多く、最近は白鳩対策のアイテムが販売されています。

【白鳩の対策】鳩よけネット

ベランダの外側に防鳥ネットを張ると、白鳩がベランダに戻れなくなります。

白鳩は帰巣本能が強いため、非常に有効な手段です。

ネットの両端を金属製のフックで、隙間なく固定することがポイントです。

普通の両面テープでは外壁や軒の材料の凹凸にうまくくっつかないため、できれば強固に粘着する接着剤を使うのが理想です。

【白鳩の対策】防鳥スパイク

白鳩が止まれないように、剣山のような形のスパイクをベランダ、バルコニー、手すり等に設置します。

防鳥スパイクは、手軽に施工できて効果も高いです。

風で飛ばされないように固定しましょう。

【白鳩の対策】忌避剤

白鳩が嫌がる成分が練り込まれたジェル状の忌避剤を白鳩がよく止まる場所に塗ります。

匂いや辛み成分を練りこんだもの等色々な製品があります。

これらは二次的な効果であり、基本的には踏んだ時のベトベトした感触を白鳩は嫌がります。

【白鳩の対策】白鳩対策を業者に依頼する時の注意点

【白鳩の対策】白鳩対策を業者に依頼する時の注意点

白鳩対策は自分でも可能ですが、「糞を触るのが嫌…」「ネット取り付ける時は高所作業で怖い…」という声が多く業者に依頼するケースがよくあります。

筆者(便利屋)も定期的に、お客様から白鳩対策の依頼を受けます。

以前に違う業者に白鳩対策のネットを張ってもらったのに「全然効き目がない…」というお客様からの依頼で現地調査に行きました。(マンション5階のベランダです)

防鳥ネットは正面側しか張られておらず、横は30cm程度隙間ができており、正面のネットを止めているフックは100円ショップで買ったと思しき、気休め程度の粘着力しかない両面テープ付きのプラスチック製フックで、ところどころ折れていました。

鳩が入り込む隙間ができないようにネットを張り、金属製のフック(屋外に使うのでステンレス製)を粘着して、コンクリート、モルタル、金属にも強力に粘着する接着剤を使ってしっかり固定しました。

白鳩対策は、正しい知識を持った業者に依頼するのが一番です。

害獣駆除業者、便利屋に依頼するのが一般的ですが、作業経験が豊富な業者に依頼するのが一番です。

安い料金で見様見真似で適当な施工する業者もいますが、結局何度もやり直しになるようでは結局高くつきます。

白鳩についてわからないことは業者に相談しよう!

今回は、白鳩の習性や生態、白鳩対策するアイテムについて紹介しました。

白鳩は平和のシンボルではあるものの、自宅のベランダやバルコニーに住みついてしまうと、様々な被害をもたらします。

白鳩の習性をよく知り、白鳩が寄り付かない対策しましょう。

業者に依頼する場合は、知識と経験の豊富な業者を探しましょう。

鳩駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

鳩駆除をプロに依頼するなら

鳩駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に鳩駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる