【マットレスの処分】大きくて困るマットレスの処分方法と費用相場

引っ越しを機会に新しい物を購入する人も多いですよね。要らなくなったマットレスの処分方法は、1つではありません。業者に依頼、リサイクルに出す、購入店で引き取ってもらえる場合もあります。マットレスの処分について紹介しますので、自分に合ういい処分方法を選んで下さいね。

不用品回収
更新
【マットレスの処分】大きくて困るマットレスの処分方法と費用相場

「引っ越しの時にマットレスを処分したい!」「新しいマットレスを購入したから、古いマットレスを処分したい!」と思っても、どうやって処分したらいいのでしょうか?

マットレスの大きさがシングルサイズだったとしても、処分するには大きくて、処分するにも女性一人なら難しい場合がありますよね?

処分するとなれば、処分費用もかかってしまいます。

では、マットレスを処分する方法は、どのような方法があるのでしょうか?

マットレスを処分するとなると処分費用がかかる場合と、処分費用がかからず簡単に処分できる方法があります。

できれば、費用をおえたいのも正直なところですよね?

そこで今回は、マットレスを処分する方法と、マットレスを処分する費用について紹介します。

>>プロの(マットレスの処分)不用品・廃品回収業者の一覧

【マットレスの処分】マットレスを処分する5つの方法

【マットレスの処分】マットレスを処分する5つの方法

ベッドの種類によっては、マットレスとベッドが別になっている場合もあります。

ベッドの種類を変えたり、マットレスが汚れてしまったりすると、今まで使っていたものを処分しなくてはならないこともあります。

マットレスだけでなく、ベッドを処分する方法について紹介します。

【マットレスの処分】粗大ごみとしてマットレスを処分する方法

マットレスは、粗大ごみでベッドと同じように処分できます。

マットレスとベッドが別々になっているものは、マットレスの処分費用とは別に、ベッドの処分費用もかかってしまうので注意しましょう。

【マットレスの処分】不用品回収業者に依頼しマットレスを処分する方法

ベッドとは違ってマットレスは重いのは重いですが、パーツが多いわけではないので、ベッドの回収費用よりも安く回収してもらえます。

また、マットレスとベッドのセットで回収してもらう場合は、費用も安くなることがあるので確認してみましょう。

【マットレスの処分】リサイクルに出してマットレスを処分する方法

マットレスをリサイクルする場合は「リサイクルショップに持っていく」「インターネットオークションに出品する」という方法があります。

【マットレスの処分】引っ越し業者に依頼しマットレスを処分する方法

引っ越しのときにマットレスを処分する場合は、引っ越し業者が有料で引き取ってくれる場合があります。

しかし、費用がそれなりにかかってしまうので、引き取ってもらう前に見積もりを取ってもらうようにしましょう。

【マットレスの処分】販売店舗に引き取ってもらって処分する方法

マットレスを買い替える場合は、販売店舗に古いマットレスを引き取ってもらえることがあります。

有料の場合もあり買い替えでない場合は、引き取ってもらえない場合もあるので確認しましょう。

このようにマットレスも、ベッドと同じような形で処分できます。

処分費用を調べて、何が自分に合っているのか考えて、処分方法を決めましょう。

【マットレスの処分】マットレスを処分する費用相場

【マットレスの処分】マットレスを処分する費用相場

不用品回収業者にマットレスの処分を依頼すると、費用はどのくらいかかってしまうのか気になりますよね?

具体的な処分費用がどうかわからないと、依頼しづらいですよね?

では、不用品回収業者に依頼する場合、どのくらいの費用がかかるのかについて具体的に紹介します。

マットレスといっても様々な種類があります。

例えば、折り畳みマットレス、木製マットレス、パイプマットレスなどあります。

さらに、マットレスにもシングルやダブルなどサイズもあります。

不用品回収業者が、どのように回収費用を決めているのかというと「運搬するのも大変で処分が大変なもの」は高く金額設定しています。

マットレスはというと重くて、パーツも多いので、不用品回収業者から言うと費用を高く取っています。

冷蔵庫の費用が平均3,000円程度ですが、マットレスはその倍の7,000円程度が相場のようです。

しかし、部屋まで取りにきてくれ、粗大ごみに出すときのように曜日が決まっているわけではないので、すぐにマットレスを処分できます。

ぜひ、参考にしてみてください。

【マットレスの処分】購入するなら引き取ってもらえる?

【マットレスの処分】購入するなら引き取ってもらえる?

マットレスを処分したいと思っている人の多くは、新しいマットレスを購入したので古いマットレス不要になったという人がほとんどだと思います。

新しいマットレスを購入した店舗で古いマットレスを、引き取ってくれる場合があります。

しかし、引き取りサービスをしていないところもあるので確認が必要になります。

また、買い替えが条件になっているので、買い替えせずに回収だけお願いすることはできません。

買い替えて古いマットレスを処分したい場合は「入れ替えのサービスがあるのか?」を事前に確認しましょう。

【マットレスの処分】ベッドフレームを処分する3つの方法

【マットレスの処分】ベッドフレームを処分する3つの方法

ベッドフレームを処分するには、3つの方法があります。

「できれば簡単に処分したい…」と思うのが当たり前なのですが、どのような処分方法が自分にあっているのかは人それぞれ違います。

そこでベッドフレームの処分方法について、代表的な3つの処分方法を紹介しますので参考にしてみて下さい。

【マットレスの処分】粗大ごみとしてベッドフレームを処分する方法

古くなったベッドフレームを粗大ごみとして処分する場合は、処分費用として回収料金がかかります。
※料金は地域ごとに異なります。

回収してもらうときは、3つの条件があります。

  • マットレスは家の外に出しておく
  • 粗大ごみ処理手数料券を購入しマットレスに張り付ける
  • 回収日が地域によって違うので確認する

粗大ごみでベッドフレームを出すときの条件を、頭にいれておきましょう。

事前に回収日を確認し、粗大ごみ処理手数料券を購入しておくと、慌てずにベッドフレームを処分できます。

【マットレスの処分】不用品回収業者に依頼してベッドフレームを処分する方法

もし、粗大ごみの回収日まで「待てない…」「時間がない…」という人は、不用品回収業者に依頼するのがオススメです。

不用品回収業者に依頼すると、部屋まで回収しにきてくれるで、重いベッドフレームを自分で外に出さなくてもいいです。

しかし、不用品回収業者によっては料金設定が違ってくるので、ベッドフレームの回収を依頼する前に電話や、インターネットなどで見積もりをとってもらうのが一番いいでしょう。

【マットレスの処分】リサイクに出してベッドフレームを処分する方法

ベッドフレームの状態がキレイであれば、リサイクルできます。

リサイクルの方法もいくつかあります。

  • ベッドフレームをリサイクルショップに持っていく
  • ベッドフレームをネットオークションに出品する
  • ベッドフレームが欲しい知人に譲ってしまう

リサイクルする場合は、不用品回収業者に依頼したり、粗大ごみに出すよりもお金になるのでオススメな方法です。

しかし、リサイクルする場合は、リサイクルショップに持ち込まなければなりません。

郵送する場合は、発送にお金がかかってしまうので、そこは考えてからリサイクルするようにしましょう。

ベッドフレームを処分する方法として、代表的な3つの方法について紹介しました。

どの方法が自分にあっているのか確認して、適切な方法でベッドフレームを処分しましょう。

【マットレスの処分】費用を安くするための3つのポイント

【マットレスの処分】費用を安くするための3つのポイント

不用品回収業者にマットレスを処分依頼する時は、回収費用がかかる事は紹介しましたが、その回収費用をなるべく安くおえたいですよね?

回収費用を安くするポイントにつて3つ紹介します。

  • 内訳がわかる見積もりをつくってくれる不用品回収業者に依頼する
  • 不用品回収したもらう前に、少しでもキレイにしておく
  • 費用を値引きしてくれるか、してくれないか関係なく値引き交渉してみる

さらに、不用品回収業者を選ぶときもいくつか見積もりしてもらって、比べてから安いところを選ぶようにしましょう。

自分でマットレスを処分できないなら業者に依頼しよう!

今回は、マットレスを処分する方法と、マットレスを処分する費用について紹介しました。

自分に合った処分方法は見つかりましたか?

マットレスを処分するとなるとどうしても大きいので、大変ではないか?と思ってしまう人もいますよね?

しかし、自分に合ったマットレスの処分方法を利用すると簡単に処分できます。

「自分で処分する時間がない…」「重いものを外まで運べない…」という人は、不用品回収業者に依頼をオススメします。

部屋まで取りにきてもらえ、自分の時間に合わせてもらえるのでオススメです。

まとめ

  1. マットレスやベッドフレームを処分方法はいくつかある。メリット・デメリットを理解しよう。
  2. マットレスの処分にかかる費用の相場は7,000円程度。
  3. 新しいマットレスを購入する場合のみ、そのお店で引取のサービスがある可能性も。
  4. 不用品回収業者に依頼する際、少しでも費用を抑えるには、3つのポイントを押さえたうえで、業者比較をしよう。

不用品・廃品回収業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

不用品回収をプロに依頼するなら

不用品回収を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に不用品回収の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
29 投票, 平均点: 4.78

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事