最終更新日:

引っ越しに必要なダンボール数は1人10個です!引っ越し用ダンボールを入手する方法

引っ越しに使うダンボールの入手方法や、荷造りするポイントを紹介します。引っ越しのダンボールを準備するにはダンボールがどのくらい必要なのか目安も合わせて紹介します。新居生活をスムーズにスタートさせるのに役立ててくださいね。

引っ越しに必要なダンボール数は1人10個です!引っ越し用ダンボールを入手する方法

引越しの荷造りは2週間前から開始しよう

引越しの荷造りは2週間前から開始しよう
引越しの荷造りは2週間前から開始しよう

何も決めずにやみくもに引っ越しの荷造りをやってしまうと、予定通りに進まないことが多く、準備日数が足りなくなって慌ただしくなったりします。そうならないためにも、引っ越しの荷造りは余裕をもってスタートするのが大切です。

引っ越しの荷造りにかかる平均日数について紹介します。

  • 引っ越しの荷造りにかか全体の平均期間は6日
  • 一人暮らしで引っ越しする場合に荷造りにかかる平均日数は5日
  • 家族で引っ越しする場合に荷造りにかかる平均日数は8日

これは引っ越しの荷造りをするのに丸一日かけられる場合の日数です。仕事している人がこの日数を全部お休みするのは難しいですよね。仕事していなくても、家事や育児があると朝から晩まで引っ越しの荷造りに費やするというのはできないことなので、この日数はあくまでも参考です。

実際にはどのくらい前から引っ越しの荷造りを始めるのが理想的なのか紹介します。

  • 一人暮らしの場合は2週間前から荷造り始めよう
  • 三人暮らしの場合は3週間前から荷造り始めよう

普段の生活があるからこそ、できるだけ余裕をもって引っ越しの荷造りを始めてくださいね。

引っ越しの荷造りに必要なもの

引っ越しの荷造りに必要なもの
引っ越しの荷造りに必要なもの

引っ越しの荷造りを始める前に、まずは必要なものを揃えておきましょう。荷造りの途中で「あれがない!これがない!」と探したり、買い物に出たりする無駄をはぶくのに必要です。

荷造りに必要な道具

  • 軍手(滑り止めがついていると便利)
  • カッターまたははさみ
  • テープ類(ガムテープ、セロハンテープ、ビニールテープ)
  • ワレモノ注意シール(引っ越し業者の人に丁寧に運んでもらえる)
  • 油性マジック(ダンボールの中身を書いておくと新居に移った時に便利です)
  • ビニール袋(液体が入った容器を梱包しておくと安心です)
  • 工具(解体が必要な荷物もあるので準備しておく)

荷造りに必要な梱包資材

  • ダンボール(業者やプランによって有料だったり無料だったりするので
    見積の段階で確認しましょう)
  • プチプチ(エアーキャップ)
  • 新聞紙
  • タオル
  • 布団袋

引越しに必要になるダンボールの目安

引越しに必要になるダンボールの目安
引越しに必要になるダンボールの目安

ダンボールがなくては、物を積めて引っ越し先に移動させることもできません。ダンボールは引っ越し業者が準備してくれますが、それだけでは数が足りないこともあります。

引っ越しのダンボールを準備するには、ダンボールがどのくらい必要なのか?を把握しておく必要があります。

単身者の引っ越しの場合は、ダンボールは10個ほどあれば荷物を詰められるはずです。最大でも20個ほど準備すれば全ての荷物を積めます。

2人家族で引っ越しする場合は、ダンボールは30個ほどあれば荷物を詰められるはずです。子どもができたりして家族の人数が増えればダンボールも50個、60個と必要になってきます。

平均すると1人あたり10~15個のダンボールを用意しておくといいでしょう。

引っ越し業者が用意してくれる、ダンボールのサイズを紹介します。

  • S(幅32cm×奥行き43cm×高さ20cmくらい)
  • M(幅35cm×奥行き50cm×高さ30cmくらい)
  • L(幅40cm×奥行き55cm×高さ27cmくらい)

ダンボールを選ぶ時は重い荷物をSサイズに、軽い荷物はMやLサイズに入れるようにするため荷物の配分を考えながらダンボールのサイズを選びましょう。

引っ越し用ダンボールを入手する方法

引っ越し用ダンボールを入手する方法
引っ越し用ダンボールを入手する方法

引っ越しの「ダンボールの入手方法がわからない…」「どのように準備したらいいのかわからない…」という事もあると思います。そこで引っ越しに使うダンボールの入手方法について紹介します。

ダンボールを有料で購入する

ダンボールを購入するにはインターネットやホームセンターなどで買えます。インターネットで購入した場合は1枚100円前後で購入可能です。枚数が多くなればなるほど1枚の単価が安くなります。

ホームセンターなどで購入する場合は、インターネットで購入するよりも少し高くなります。

1枚200円ほどする場合もあります。実物を見て購入できるのがホームセンターで購入するメリットですね。

ダンボールをスーパーなどでもらう

スーパーなど無料でご自由にどうぞと置いているところがあります。ダンボールが汚れていることもありますし、希望のサイズが見つからないということもあるので、あくまで無料でもらえるという点で利用して方がいいでしょう。

ダンボールを引っ越し業者に準備してもらう

ダンボールを引っ越し業者に準備してもらうこともできます。引っ越し業者でもらえるダンボールは最大50枚までという業者が多いようです。

引っ越し会社にもよりますが、引っ越しする人数によっても数が違います。足りない分は自分で購入したり、スーパーなどでもらってくるといいでしょう。

このような方法で、まずは引っ越しのダンボールを入手しましょう。引っ越し業者に無料でもらい足りなかった分を購入したり、無料でもらってきて足すというのも1つの方法です。

ダンボールに荷物を詰めるポイント

ダンボールに荷物を詰めるポイント
ダンボールに荷物を詰めるポイント

引っ越しの荷造りをする時に食器や、家電などどうやって梱包すればいいのかわからないという人のために、荷物を梱包するポイントを紹介します。

食器類を梱包する時のポイント

【お皿】
深皿の場合は1枚ずつ新聞紙で包むようにして、重ねてダンボールに入れます。

平の皿も1枚ずつ新聞紙で梱包するようにして、立ててダンボールに入れます。

【コップ】
新聞紙の角が最後に、コップの中に織り込まれるように包みます。

【包丁】
刃先だけを新聞紙でくるくると包みます。食器を入れたダンボールは、必ず緩衝材(プチプチ)を敷いておきましょう。

衣類を梱包する時のポイント

衣装ケースなどに詰めたまま、引き出しの所が開かないようにビニールテープなどで止めるだけで荷造り完了です。

わざわざ衣装ケースから出して、ダンボールに詰める必要がないのでとても楽ですね。

家電を梱包する時のポイント

【洗濯機や冷蔵庫】
引っ越し前日に、コンセントを抜いて水抜きをして、後は引っ越し業者に任せましょう。

【テレビ、DVDプレイヤー、パソコン】
振動や衝撃が原因で故障することがないよう、引っ越し業者が行ってくれる場合が多いので安心です。

万が一に備えて、パソコンのデータはバックアップをとっておきましょう。

また、新居で設置に戸惑わないために配線にマスキングテープなどで印をつけておくといいですね。

【本、DVD、CDなど】
小さめのダンボールに重くなりすぎないように注意して詰めましょう。隙間ができないように新聞紙などを入れて梱包します。

荷造りは部屋を散らかさないようにする

荷造りは部屋を散らかさないようにする
荷造りは部屋を散らかさないようにする

引っ越しの荷造りで散らかってしまうのは、仕方ないことだと思っていませんか?

実際に旧居を出るその日まで日常の生活もあるので、できるだけ散らかさずに荷造りするスケジュールを紹介します。

普段使わないものを先に詰める

あまり普段使わないものが詰まっているのが、押し入れやクロゼットの中です。シーズン外れの服や本、来客用の布団などを先に荷造りしましょう。

玄関とリビングの荷造りは最後にする

毎日必ず使う玄関やリビングなどが荷物であふれると生活がしづらくなるので、できるだけ最後に荷造りするといいでしょう。

子供部屋や和室など使用頻度の少ない場所から荷造りしましょう。

荷造りの終わったダンボールの場所を作る

荷造りの終わったダンボールは玄関やリビング以外のあまり使わない場所にひとまとめにしておくと部屋が散らかりません。押入れやクロゼットの中に荷造りを終えたダンボールを入れておくのも1つの方法です。

上記のことを頭に実際のスケジュールを組んでみましょう。夫婦と子供1人の3人家族の場合を例にとってみます。

3人家族の引っ越しのスケジュール

1

使用する予定がない荷物を詰める(3週間前~)

普段の生活空間から遠い部屋をメインに、クロゼットの中の季節外れの服、来客用布団子供の工作など、すぐに使用する予定がないものをダンボールにつめる。

2

使用するかもしれない荷物を詰める(2週間前~)

もしかしたら使用するかもしれない荷物をダンボールにつめて、ガムテープをせずに一か所にまとめます、これで後2週間の間も面倒なことになりません。

3

よく使う物を詰める(1週間前~)

よく使うものの中でも優先順位をつけて、毎日使う物以外はダンボールに詰めていきましょう。お皿やコップなどもこの段階で最小限にします。

4

引っ越し当日まで使う物を詰める(当日)

引っ越し当日の朝、使ったものを1つのダンボールにまとめて完了。

新居で生活を楽するためにダンボールにする事

新居で生活を楽するためにダンボールにする事
新居で生活を楽するためにダンボールにする事

適当に旧居の荷物を梱包してしまうのではなく、新居でスムーズに生活をスタートさせることを頭に入れて荷造りすると引っ越し後の片づけがとても楽になります。

やることは2つだけなので、簡単にできますよ。

ダンボールに梱包したら中身を記載する

「衣類」「食器」「日用品」など中身がわかるようにダンボールの上面、側面に明記するようにしましょう。そうすることによって荷造りしたものを開封する時もスムーズになります。

この時「リビング」「キッチン」など場所も一緒に記載しておけば、引っ越し業者がその場所に運び入れてくれるので助かりますよ。

新居ですぐに使うものは別にまとめる

新居ですぐに使うトイレットペーパーや入浴用具、洗剤などは別にひとまとめにしてダンボールに「すぐ使う物」と赤ペンで記入しましょう。

そうすると新居についた日からすぐに、必要なものを取り出せて慌てずにすみます。

ダンボールは適切な方法で処分する

ダンボールは適切な方法で処分する
ダンボールは適切な方法で処分する

引っ越しが終わればダンボールが邪魔になります。ダンボールを処分する時は適切な方法で処分しなくてはなりません。そこでダンボールの処分方法を紹介します。

  • 燃えるゴミとして捨てる
  • リサイクルする
  • 引っ越し業者に持って行ってもらう

ダンボールを処分する方法は大きく分けて3つあります。

すぐに処分したい場合、燃えるゴミとしてゴミ袋に入れて処分するといいでしょう。

ダンボールはリサイクル資源でもあります。ダンボールをリサイクル場所に持っていったりするのもいいでしょう。

未使用品であれば、引っ越し業者が引き取ってもらえることもあります。引っ越し業者にもっていってもらえれば、自分で処分する手間が省けるのでオススメです。

このようにダンボールは適切な方法で、処分するようにしましょう。

引っ越しのことでわからないことは業者に相談

今回は引っ越しの荷造りする方法や、引っ越しに使うダンボールの入手方法について紹介しました。

引っ越しの荷造りを自力で頑張る人も、どうしても忙しくてオプションで荷造りをお願いしたい人もどちらの方も引っ越し業者選びはとても大切です。

どんなプランがあって料金設定はどうなっているのか、ダンボールやガムテープは用意してもらうことが可能かどうかを事前に調べておきましょう。

まとめ

  1. 引越し荷造りは2週間前から始めよう。家族3人以上の場合は3週間前から始めよう
  2. ダンボールは基本的に業者からもらえる。もらえない場合や有料の場合はスーパーなどでもらうかインターネットで購入できる
  3. 引越し先で片付けが楽になるように中身を記載するなどの工夫する
  4. 使い終わったダンボールは適切に処分する

格安引越し業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

格安引越しならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持った格安引越しの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す