【アカザの除草方法】自分でアカザを除草する方法や対策する方法を紹介

草むしり(手作業)
更新

アカザが庭や空き地などに生えると繁殖力が高いため、たちまち全体が覆われてしまいます。また、畑に生えると作物の生長や、収穫量にも悪影響に繋がります。そこで今回は、アカザの特長や、除草する方法について紹介します。

【アカザの除草方法】自分でアカザを除草する方法や対策する方法を紹介

アカザという植物を知っていますか?
アカザは繁殖力が高いため、庭や空き地などに生えるとたちまちアカザで覆われてしまいます。

また、畑などに生えると作物の生長や、収穫量の悪影響となります。

そこで今回は、アカザの特長や、アカザを除草する方法について紹介します。

>>プロの草むしり(手作業)業者の一覧

アカザはどんな雑草?アカザの特長を知ろう

アカザはどんな雑草?アカザの特長を知ろう

アカザはアカザ科アカザ属のシロザの変異種で、道端、空き地、畑などでみかける雑草です。
一年草で、インドが原産とされています。

葉と茎の付け根部分が赤や紫色がかっており、葉は大きめで広葉雑草という種類に分類される植物です。
花は、秋になると赤い粒状のものを咲かせます。

アカザは繁殖力が強い

アカザは、繁殖能力が高く生長のスピ-ドが早いので1.5mほどの高さにすぐ生長してしまいます。

そのため畑などで繁殖すると他の作物の栄養源になるものまで奪い取られ収穫量が減ってしまいます。
そのままに生育させると杖にもなるような丈夫な茎になります。

アカザは広範囲に生育する

日本では、全国的に生息しており広範囲に繁殖しています。
土壌は乾いた土地を好み土手や荒地でも生育できます。

アカザの注意点

アカザの茎がまっすぐに生長した物は、杖として使用できるほど硬くなります。
しかし、まっすぐに生長させるのは難しく育てるとしても手間がかかります。

また豊富なビタミン類を含んでいるので、つくだ煮、おひたし、炒め物などにして食べられます。
アカザ中毒疹という症状が出る場合があります。
アカザ中毒疹の症状は、皮膚が強い日焼けの後のように赤く腫れあがったり浮腫みます。

除草剤を使ってアカザを除草するポイント

除草剤を使ってアカザを除草するポイント

アカザを除草するには、除草剤を使用するのが一般的です。

除草剤の使用方法を誤ると畑や他の作物、庭の植物まで枯らしてしまう恐れがあります。除草剤はラウンドアップ、サンフーロン、グリホサート系などが適しています。

農薬にもジェネリックの製造特許が切れているもので、比較的安く販売されているものもあります。
サンフーロングを使用する時は、100倍に希釈しましょう。

グリホサート系の除草剤は、葉から吸収するタイプなので、アカザの葉や茎の部分に薬液がかかるように散布しましょう。
どの薬剤も説明書をよく読んで使用しましょう。

防草シートを使ってアカザ対策しよう

防草シートを使ってアカザ対策しよう

アカザを除草した後は、防草シートを使ってアカザ対策すると安心です。
防草することで、翌年にアカザなどの雑草が生えにくくなります。

防草シートは日光を遮断して植物の生長を妨げて、他の種子の侵入を防ぎます。
防草シートは、ホームセンターやネットなどでも購入できますが、防草シートが薄いとシートを突き破り生えてくるため、丈夫な素材を選びましょう。

アカザの対策のため防草シートを敷く方法

準備物

  • 防草シート
  • スコップ
  • 固定ピン
  • カッター
  • 砂利またはウッドチップ

手順

1

防草シートを敷く前に地面を平らにする

防草シートを敷く時は、雑草の処理、ゴミや石などを取り除き、スコップなどでたたいて地面を平らにする。平らでないと防草シートが破れることがあります。

2

防草シートを広げて固定する

防草シートがロール状になっているのであれば、少しずつ広げて作業する。防草シートは、たるまないように引っ張りながら固定ピンで固定する。防草シートのつなぎ目は、シートを10cm程度余分に取って重ねる。専用のテープなどで貼り合わせておくと安心です。防草シートは、やや広めに対象となる場所に敷く。そして余った部分も広さに対して余裕を持たせて、カッターなどで切り取る。余った部分は、下に織り込むようにすると合わせやすくなります。

3

防草シートが固定されているか確認する

敷き詰めたら防草シートが固定ピンで固定されているか確認する。風などでめくれないか確認する。防草シートだけでは、景観がよくない時は、砂利やウッドチップなどを置くと庭らしくなります。

おすすめ

業者にアカザの除草を依頼する料金相場

業者にアカザの除草を依頼する料金相場

アカザが大きくなり除草するのが大変な場合は、業者に依頼することをオススメします。業者に依頼する場合は、草刈り1坪で600円程度、除草剤散布は5㎡で1,000円程度です。

防草シートを張るのは、簡単なようで実際は大変な作業です。
雑草を根から除去する作業や、整地する必要があり、できれば業者に依頼した方が安心です。

防草シートの工事料金は、5㎡あたり5,000円程度となりますが、防草シートの値段は別途1㎡当たり500円程度です。

しかし、出張旅費や手数料などが必要となる場合もありますので、複数の業者に確認して信頼できる業者に依頼しましょう。

アカザの除草が面倒なら業者に依頼しよう

今回は、アカザの特長や、アカザを除草する方法について紹介しました。

アカザを除草するには、引き抜く作業だけでは全て除去できません。
適した除草剤を使用して、アカザを除草することをオススメします。
使用についての説明書をよく読み、内容の通りに液を希釈するなど散布方法も指示通りにしましょう。

アカザを除草した後は、防草シートを敷いて防草対策すると安心です。
自分では作業するのが難しい場合は、業者に相談して信頼できる業者に依頼することをオススメします。

草むしり(手作業)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

草むしり(手作業)をプロに依頼するなら

草むしり(手作業)を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に草むしり(手作業)の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる