【電気の引っ越し方法】注意!引っ越しには電気の手続きが必要です!

荷造りに役所手続きなど、やることが山のようにある引越しは大変ですよね?引越しするなら電気の手続きも忘れずにしましょう。この記事では、電気の引っ越しについて紹介します。引っ越しの電気の手続きを忘れずにして生活を快適にスタートさせて下さいね。

格安引越し
更新
【電気の引っ越し方法】注意!引っ越しには電気の手続きが必要です!

春は就職や転勤など、仕事の都合で引っ越しをされる方も多いですよね?

引っ越しは荷物の移動だけでなくて、色々な手続きも必要なので漏れがないように、事前に色々と調べておきたいものです。

今回は、電気の引っ越し手続きに必要なお客様番号や、電気の引っ越しのやり方について紹介します。

また、引っ越しに必要な電気以外の手続きも一緒に紹介します。

引っ越し直前でドタバタする前に、しっかり覚えて新しい場所での生活を快適にスタートさせて下さいね。

>>プロの格安引越し業者の一覧

【電気の引っ越し】引っ越しに必要な「お客様番号」

【電気の引っ越し】引っ越しに必要な「お客様番号」

引っ越しは荷物を旧居から新居に、移動するだけではありません。

電気も引っ越し手続きが必要です。

電気を引っ越しするのに必要なのが「お客さま番号」です。

現在契約している電力会社から届く利用明細に記載されています。

電気の引っ越しの手続きは、契約している電力会社に連絡をすれば簡単にできますが、その時に「お客様番号」を知っていれば手続きがスムーズなります。

家の中に利用明細や、請求書がないか探しておきましょう。

「お客様番号」がわからない場合は、電力会社のホームページのQ&Aを確認してみましょう。

各電力会社によって違いはありますが、旧居の電気の使用停止をホームページからする場合は、「お客様番号」が必要となる会社がほとんどのようです。

インターネットではなく、電話での手続きなら「お客様番号」がわからなくても大丈夫なので、電力会社の受付時間内に電話にて問い合わせしましょう。

【電気の引っ越し】引っ越し前に旧居の停止手続きしよう!

【電気の引っ越し】引っ越し前に旧居の停止手続きしよう!

電気の引っ越しの手続きは、旧居を出る前にすませましょう。

【電気の引っ越し】引っ越しする前に旧居の電気使用を停止させる!

引っ越しする前に、現在使っている電気を停止してもらう手続きをします。

旧居を出たら今の電気はもう使うことがないし、「放っておいても料金は発生しないよね?」と思う人もいるかもしれませんが、それは間違です。

電気には基本料金があるので、使っていなくても停止の手続きをしない限り請求は発生します。

電気の使用停止手続きをしなかったために、旧居と新居の両方の電気料金を支払わなければいけなくなったら泣きたくなりますよね。

そうならないために、必ず旧居の電気使用停止の手続きをしましょう。

電気の使用停止手続きの方法は、契約している電力会社に電話で連絡するか、ホームページから手続きしましょう。

手続きのする時は、「お客様番号」がわかる物を手元に用意して手続きして下さいね。

また、電気の停止手続きする時は、いつから電気を止めるか伝える必要があるので、少しゆとりをもって設定しましょう。

引っ越しがまだ終わっていないのに「電気が使えなくなった…」と、困らないように注意しましょう。

新居でも同じ電力会社を利用する場合は、一緒に手続きできます。

1度で旧居と新居の手続きができてラクですよね。

【電気の引っ越し】旧居の最終使用月の電気料金の支払い方法を選ぶ!

旧居の電気使用停止の手続きの際に、決めなければいけないのが最終使用月の電気料金の支払い方法です。

最後の検針日から引越し当日までの使用量が、日割りで計算されますが支払い方法は3つの中から選べます。

  • 集金を依頼して現金で支払う
  • 新居へ請求書と払込用紙を送付してもらう
  • 口座振替を利用する

また、電力会社によってはクレジットカードの利用もできます。

【電気の引っ越し】旧居の電気使用停止をさせる手続きの期限は?

旧居の電気使用停止の手続きは、遅くても引っ越しする日の1週間前までにはしましょう。

手続きが開始できるのは、引っ越しの1ヶ月前からできる電力会社が多いようなので、なるべく早めに手続きをしておくと安心ですね。

【電気の引っ越し】新居で使う電気を電力会社に申し込んでおく!

電力自由化の前までは、新居ですぐに電気を使えていましたが電力自由化によって、新居で使う電気の使用開始手続きがとても大切になりました。

引っ越してからすぐに「電気が使えない…」と、想像するだけでも恐ろしいですよね。

電気の使用開始の手続きは、使用停止と一緒で電話かインターネットで簡単にできます。

新居に移る日が決まったら早めにすませておきましょう。

不安な方は、電話でこの2点しっかり確認して手続きを進めてみて下さい。

  • 新居で使いたい電力会社のプランが利用可能かどうか?
  • いつから電気を使いたいか?

【電気の引っ越し】新居で電気を使う時の2つのポイント

【電気の引っ越し】新居で電気を使う時の2つのポイント

引っ越しをしたら、電気をすぐに使いますよね?

新居で電気を使うと時のポイントを紹介します。

【電気の引っ越し】新居で電気がつくか確認する!

新居についたら、ブレーカーをあげて電気がつくか確認しましょう。

ちゃんと電気がついたら大丈夫です。

ブレーカーではなくスマートメーターの場合は、何もしなくても電気がつくはずなので、照明などをつけてみて確認しましょう。

【電気の引っ越し】電気の使用開始手続きが完了しているか確認する!

電気の使用開始手続きが完了しているか、確認しておきましょう。

電力会社からメールか書面で送られてくる場合が多いですが、ホームページで確認しておくと安心です。

【電気の引っ越し】引っ越しは電気料金を見直すチャンス

【電気の引っ越し】引っ越しは電気料金を見直すチャンス

普段こまめに電気を消したり、冷蔵庫の中に透明のシートを貼るなどして節電対策をされている人も多いと思いますが、電気料金プランの見直しまではなかなか手をつけられていないのではないでしょうか?

特に引っ越しで住む家の大きさが変わったり、ここ数年で家族の人数が変わっている場合は、ぜひ引っ越しを機会に電気料金のプランを見直するのがオススメです

引っ越しを機会に、オール電化に住まれる方も割引などがあるようなので確認してみましょう。

「ちょっと面倒だな…」と思う電気料金の見直しは、引っ越しの手続きで電力会社に連絡をするついでに、やってしまえばラクでお得ですよ。

【電気の引っ越し】今まで使っていた電化製品が使えない!?

【電気の引っ越し】今まで使っていた電化製品が使えない!?

いままで使っていた電化製品が「引っ越し先で使えない…」経験をした人はいませんか?

同じ日本ですが、西日本と東日本で周波数が違います。

富士川(静岡県)と糸魚川(新潟県)を境に東は50Hz、西は60Hzになっています。

周波数が違うことで、その電化製品が使えないだけではなく、壊れてしまうこともあるので注意が必要です。

電化製品の電気容量を確認するには、説明書または電化製品の付いてあるラベルに記載されてるので確認してみて下さいね。

【電気の引っ越し】周波数が変わっても使用できる電化製品

テレビ、DVDレコーダー、ブルーレイレコーダー、パソコン、エアコン、掃除機などは、周波数が変わっても使えます。

【電気の引っ越し】周波数が変わると性能が変化する可能性がある電化製品

冷蔵庫、ドライヤー、扇風機、加湿器、空気清浄機など、周波数が変わると性能が変化する可能性があります。

【電気の引っ越し】周波数が変わると使えなくなる可能性がある電化製品

電子レンジ、洗濯機、蛍光灯(インバータータイプは使えます)など、周波数が変わると使えなくなる可能性があります。

【電気の引っ越し】電気の手続き以外の手続きを知ろう!

【電気の引っ越し】電気の手続き以外の手続きを知ろう!

引っ越しする時に必要な手続きは、電気の使用開始と停止の手続きだけではありません。

水道の使用開始と停止の手続きも同じように必要です。

ガスや電話インターネットといったライフラインも引っ越し手続きをしなくてはなりません。

忘れやすいのが、郵便局に住所変更手続きを出すことです。

郵便物が旧住所に届いてしまったり、紛失しない為にもきちんと手続きをしましょう。

親族や友人にも引っ越ししたことを連絡しておくことも忘れずに、大切なお付き合いを繋げておきたいですね。

他にも引っ越しに伴う手続きはまだまだあります。

リストアップしておくと、忘れずに手続きがしやすくなっていいですね。

住所変更などの手続きが必要な項目を簡単に紹介しておきますので参考にしながら、自分でリストを書いてみて下さいね。

  • 電気、水道、ガス、電話(インターネット)
  • 郵便物
  • 住民票、健康保険、国民年金、印鑑登録、マイナンバー
  • 運転免除、バイク、自動車、車庫証明
  • 火災保険、地震保険、生命保険
  • クレジットカード、銀行口座

引っ越しの手続きについては、コチラの記事で詳しく紹介しています。

電気の引っ越しは自分でやって引っ越しは業者に依頼しよう!

今回は、電気の引っ越し手続きに必要なお客様番号や、電気の引っ越しのやり方について紹介しました。

引っ越しは荷造りだけでも大変なのに、やることが多すぎて困っていませんか?

少しでも負担を「減らせるなら減らしたい」と思ったら、オプションで荷造りまでしてくれる引っ越し業者に依頼するのも1つの手ですね。

また、心身とともに疲れる引っ越しは、親切丁寧にしてくれる引っ越し業者を選びたいですよね?

まとめ

  1. 引っ越しの際は、電気の手続きが必要。
  2. インターネットで電気の引っ越し手続きをする場合は、利用明細に記載してある「お客様番号」を確認しよう。
  3. 電気の引っ越し手続きは、現在使っている電気を停止し、最終使用月の電気料金の支払い方法を選ぶ。遅くても引っ越しの1週間前までに済ませよう。
  4. 新居での電気使用開始手続きは、旧居と同じ電力会社を利用する場合は、一緒に手続き可能。
  5. 引っ越しを機会に、電気料金のプランなどの見直しを!
  6. 西日本と東日本で周波数が違うため、電化製品が使えない、壊れる場合があるので注意しよう。

格安引越し業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

格安引越しをプロに依頼するなら

格安引越しを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に格安引越しの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
21 投票, 平均点: 4.95

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事