【加湿器のカビ対策】加湿器のカビを掃除する方法と予防する方法まとめ

片付け・家事代行
更新

使い方によっては加湿器にカビが生えてしまうことがあります。重曹やクエン酸を使って簡単に掃除する方法や、ニオイを取る方法を紹介します。また、加湿器にカビが生える原因や、予防方法や、おすすめの商品について合わせて紹介します。ぜひ参考にしてください。

【加湿器のカビ対策】加湿器のカビを掃除する方法と予防する方法まとめ

空気が乾燥する時に活躍するのが「加湿器」ですよね。

使い方によっては、加湿器にカビが生えることがあります。

そこで今回は、加湿器にカビが生える原因や、加湿器のカビを掃除する方法について紹介します。

また加湿器にカビが生えないための予防アイテムも合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

>>プロの片付け・家事代行業者の一覧

【加湿器のカビ】加湿器にカビが生える原因

【加湿器のカビ】加湿器にカビが生える原因

乾燥する季節になると活躍するのが加湿器です。

筆者も加湿器がないと喉が痛くなり、夜眠れないという一人です。

ところが、そんな加湿器にカビが生えてしまうことがあることを知っていますか?

加湿器はカビが生えやすい環境の3つが揃っています。

  • 湿度…70%以上
  • 温度…20℃~30℃
  • 養分…たんぱく質、炭水化物、アミノ酸

加湿器のタンクは常に水が溜まっていて、湿度が高い場所です。

また、冬でもエアコンなどで室内は20℃~30℃に保たれており、加湿器の温度も20℃~30℃になっています。

加湿器をこまめに掃除しないと、カビが好きな養分のたんぱく質、炭水化物、アミノ酸を含む水垢、皮脂汚れ、ホコリがたまります。

これらの条件が揃うと、加湿器にカビが生えます。

加湿器に生えるカビは「赤カビ」と「黒カビ」の2種類です。

赤カビは厳密にいうとカビではなく、酵母の一種でヌルヌルしたピンク色の汚れが付着します。

根を生やさないので、掃除すればすぐに落ちます。

しかし、繁殖スピードがとても早く、掃除してもすぐに生えてきます。

赤カビが人体に害を与えることはありませんが、困ったことに赤カビがあると黒カビが生えやすくなります。

【加湿器のカビ】加湿器のカビによる悪影響

【加湿器のカビ】加湿器のカビによる悪影響

黒カビは常に空気中に胞子が漂っており、細かな傷から入り込み根を生やして、黒い汚れが付着します。

黒カビが生えた加湿器を使うと、下記のような悪影響があります。

【加湿器のカビ】のどの痛みや咳や鼻水が出る

カビの胞子を吸い込むとアレルギー症状のような状態が出ることがあります。

また、肺や気管支に入り込んで喘息や、気管支炎を引き起こすこともあります。

そして、加湿器が原因で肺疾患を発症する加湿器病の原因にもなります。

いずれの疾患も、症状はのどの痛みや咳や鼻水や発熱です。

これらの状態が続いていたら加湿器のカビを疑ってみてください。

【加湿器のカビ】部屋にカビが生える

加湿器のカビが蒸気とともに部屋中にまき散らされて、部屋中にカビが生えてしまうことがあります。

壁や結露した窓の周辺は、特にカビが生えやすい場所です。

【加湿器のカビ】加湿器のカビを掃除する方法

【加湿器のカビ】加湿器のカビを掃除する方法

健康のために加湿器を使っていても、カビの生えた加湿器を使って身体に悪影響を与えたら悲しいですよね。

そうならないために、加湿器にカビが生えたらきちんと掃除してカビ退治しましょう。

用意するもの

必須
重曹
水または、お湯
あると便利
1

重曹液を作る

1Lに対して重曹60gを用意する。鍋に水と重曹を入れて沸騰させて重曹を溶かす。レンジで温めてもいいです。また、湯を用意して、重曹を入れて溶かしてもいいです。重曹液を常温になるまで冷ます。

2

加湿器を分解して重曹液につけ置きする

加湿器を分解して、タンク、フィルター、トレイを重曹液に1時間程度つけ置きする。

3

加湿器の部品を取り出し洗い流す

加湿器の部品を取り出して、水ですすぎ、十分に乾燥させる。部品を元に戻して完了。

この方法で、加湿器の赤カビや、加湿器のカビ臭いニオイも取れます。

重曹の替わりに「ワイドマジックリン」などの台所用粉末洗剤を使ってもいいです。

この場合は、ぬるま湯に台所用粉末洗剤を入れてつけ置きします。

これでも落ちないしつこいカビには、漂白剤を使いましょう。

塩素系漂白剤を薄めた水でタンク内を拭いたり、酵素系漂白剤(塩素系より漂白効果が落ちますが、フィルターの掃除にも使えて便利です)を溶かした水で拭きます。

加湿器の水垢を掃除する時は、重曹よりクエン酸が効果的です。

クエン酸を使う時は、水1Lに対して大さじ1杯のクエン酸を水に溶かして使用してください。

重曹でもある程度の水垢は落ちますが、水垢はアルカリ性なので酸性のクエン酸を使った方が効果が高いです。

水垢を落とすことでフィルターの性能が落ちず、快適に加湿器を使えます。

【加湿器のカビ】カビを予防する5つのポイント

【加湿器のカビ】カビを予防する5つのポイント

加湿器にカビが生えないように予防する5つのポイントを紹介します。

【加湿器のカビ】タンクに水を残したままにしない

タンクに水を入れっぱなしで放置すると、カビや雑菌が繁殖します。

使っていない時は、タンクの水を空にしておきましょう。

出かける前にタンクの水を捨て、水洗いして干しておくとカビが生えません。

そして加湿器を使わない季節は、加湿器を乾かしてから保管してください。

【加湿器のカビ】タンクの水をこまめに取り替える

毎日、少なくとも2~3日に1度は水を取り替えましょう。

筆者は寝る前にタンクの水を捨てて、新しい水を入れるのが日々のルーティーンになっています。

毎日の習慣にしてしまえば、数分ですむことなので苦になりません。

汚い水で寝るより、キレイな水で寝る方が気持ちよく眠れます。

水を捨てる時に「汚れているな…」と感じたら、台所用洗剤で軽く洗ってから水を入れるとカビ予防になります。

【加湿器のカビ】タンクの水を継ぎ足さない

タンクの水は使い切りましょう。

使いきれない場合は、古い水に水を足すのではなく、全部捨てて新しい水に替えましょう。

古い水にはホコリが入っており、そのまま使用すると雑菌が繁殖します。

【加湿器のカビ】ミネラルウォーターを使わない

ミネラルウォーターは塩素消毒されておらず、加湿器の水は塩素消毒してある水道水がむいています。

【加湿器のカビ】吸気口をキレイにしておく

加湿器の吸気口の穴が汚れていると、加湿器の中が汚れやすくなります。

吸気口をティッシュなどで拭いて、常にキレイにしておきましょう。

【加湿器のカビ】カビを予防するおすすめ商品3選

【加湿器のカビ】カビを予防するおすすめ商品3選

加湿器のカビを予防するおすすめの商品を3つ紹介します。

銀イオンの効果で、雑菌の繁殖をおさえます。

タンクに入れるだけで6ヶ月効果が持続します。

1シーズン、これだけで済むのが魅力です。

ユーカリのさわやかな香りで、部屋に入るとリフレッシュします。

リラックスしたい方には、ラベンダーの香りも販売されています。

食品添加物にも使われている抗菌剤を使用。

赤ちゃんやお年寄りがいる家庭でも安心して使えます。

こちらの商品もアロマの香りがついており、アクアマリン、ローズブーケ、ノーブルラベンダー、ユズピュール、スィートハーブ、フルーテイサボンの中から選べます。

加湿器のカビなど面倒な掃除は業者に依頼できる!

今回は、加湿器にカビが生える原因や、加湿器のカビを掃除する方法について紹介しました。

加湿器のフィルターは2週間に1回、トレーは1ヵ月に1回掃除するのが目安です。

また、普段からカビが生えないように、水をキレイに保つことが加湿器を使うポイントです。

しかし、加湿器のメンテナンスが面倒なほど仕事や家事に忙しいという人は、片付け・家事代行サービスを使ってみましょう。

業者を利用すると便利ですよ。

片付け・家事代行業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

片付け・家事代行をプロに依頼するなら

片付け・家事代行を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単に片付け・家事代行の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
お気軽にお問い合わせください!
サービスカテゴリ一覧をみる

この記事のキーワード

関連記事