シロアリ駆除
最終更新日:

見つけた羽アリは「白蟻?」「黒蟻?」白蟻と羽アリの見分け方を解説

見つけた羽アリは「白蟻?」「黒蟻?」白蟻と羽アリの見分け方を解説

家の周りや家の中で白蟻を発見したら、もしかして大事な住まいが「食べられてしまうかも!?」と、心配ですよね。まずはおちついて白蟻?羽アリ?なのか確認してみましょう。白蟻か羽アリかどうかを見分ける3つの特徴や、対処する方法について紹介します。

家の周りや、家の中で羽アリを発見したら「もしかして、大事な住まいが食べられるかも…?」と心配になりますよね?

シロアリは皆さんがご存知のとおり、木を食べる生き物です。

大切な住まいにとっては、怖い存在ですよね?

羽アリを見つけた時は、まずは慌てずに見つけた羽アリが、シロアリかどうかを見極めることが重要です。

そうすることで、対処する方法が変わってきます。

そこで今回は、羽アリの見分け方や、羽アリを見つけた時の対処方法について紹介します。

>>プロのシロアリ駆除業者の一覧

見つけた羽アリは「白蟻?」「黒アリ?」どっちか確認しよう!

見つけた羽アリは「白蟻?」「黒アリ?」どっちか確認しよう!
  • こまるちゃん
    こまる

    家の庭で羽アリを見たんだけど白蟻なのかな…?


  • モップ

    そなんだね!
    白蟻と黒アリの特徴を紹介するから比べてみてね~♬

羽アリの存在自体は、そんなに珍しくはありません。

羽アリ全てが、白蟻(シロアリ)という訳ではないからです。

一口に羽アリといっても、「白蟻の羽アリ」と「黒アリの羽アリ」がいるんです。

昆虫博士でもないし、自分で見分ける方法がわからない方も多いですよね。

見た目でわかる、それぞれの特徴を紹介します。

【白蟻の羽アリ】3つの特徴について知ろう!

  • シロアリの羽アリの羽は、前後の羽が同じ形、同じ大きさである
  • シロアリの羽アリは、胴体にくびれがなく寸胴である
  • シロアリの羽アリの触覚は、まっすぐで数珠状である

【黒アリの羽アリ】3つの特徴について知ろう!

  • 黒アリの羽アリは、羽が後ろの羽に比べて、前の羽が大きい
  • 黒アリの羽アリは、胴体にくびれがある
  • 黒アリの羽アリは、触角がくの字になっている

よく見てみると、これだけハッキリした違いがあるんです。

これなら自分でも見分けられそうですよね?

余談ですが白蟻と黒アリは同じアリなのに、科目で分類するとシロアリはゴキブリ科、黒アリはハチ科で、仲間が違うからビックリですね。

【白蟻の羽アリ】羽アリの見分け方や特徴について知ろう!

【白蟻の羽アリ】羽アリの見分け方や特徴について知ろう!

日本には20種類以上のシロアリが生息していますが、建物に被害を与えるシロアリは主に3種類なんです。

  • 建物に被害を与えるヤマトシロアリ
  • 建物に被害を与えるイエシロアリ
  • 建物に被害を与えるアメリカカンザイシロアリ

「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」は土壌性シロアリで、その名の通り土壌から職アリが侵入し、建物に被害を与えます。

それに対して乾材シロアリの「アメリカンザイシロアリ」は、換気口や窓といった場所から羽アリが侵入し被害を与えます。

床下以外からも、シロアリが侵入してくるのは怖いですね。

このアメリカカンザイシロアリの被害は、発見が遅れることも多いそうです。

建物に被害を与える3種類のシロアリですが、その特徴や性質、集団の個体数などには違いがあります。

【白蟻の羽アリ】特徴と見分け方について知ろう!

違いを見分ける大きなポイントは、大きさと頭部の形や、サイズです。

ヤマトシロアリ(羽アリ)の特徴について知ろう!

  • 大きさ…体長3.5mm~6.0mmとこの3種類の中で一番小さい
  • 頭部…円筒型で、体全体の半分程度を占めている
  • 色…前胸背板が黄色で他の部分は黒褐色
  • 時期…4~5月の昼間
  • 習性…穏やかな天気で気温が上がった日に、数千匹程度の羽アリがいっせいに飛び立ちます

イエシロアリ(羽アリ)の特徴について知ろう!

  • 大きさ…体長7.5mm~9.5mm
  • 頭部…卵型をしており、体全体の1/3程度
  • 色…黄褐色
  • 時期…5~7月の夕方から夜
  • 習性…光に集まる点

アメリカカンザイシロアリ(羽アリ)の特徴について知ろう!

  • 大きさ…体長9.0mm~11mmとこの3種類の中で大きい
  • 頭部…円筒型で、体全体の1/3程度
  • 色…赤褐色あるいは黒褐色
  • 時期…3~11月の昼間
  • 習性…気温が急に上がった日の昼間に、数十匹の羽アリが何日かに分かれて飛び立つ

【白蟻の羽アリ】生息地について知ろう!

  • ヤマトシロアリ…北海道北部を除いて日本全土に生息している
  • イエシロアリ…温暖な地域に生息しており、千葉県以西の太平洋側の
    海岸線付近や南西諸島などに生息している
  • アメリカカンザイシロアリも…宮城県から沖縄まで生息している

【白蟻の羽アリ】巣、巣の中の個体数、被害の大きさを知ろう!

ヤマトシロアリ(羽アリ)の巣、個体数、被害の大きさを知ろう!

  • 巣…特別に加工した巣をもたず、被害を与えている木材が巣になっている
  • 個体数…2~3万匹程度
  • 被害…湿った木材の中など湿気が多い場所を好み、被害は床下が多いです

イエシロアリ(羽アリ)の巣、個体数、被害の大きさについて知ろう!

  • 巣…特別に加工した巣を土の中や木の切り株などに作る
  • 個体数…数十万~数百万匹に達することもある
  • 被害…ヤマトシロアリより被害の進行は早く、建物全体に広がることも

アメリカカンザイシロアリ(羽アリ)の巣、個体数、被害の大きさ

  • 巣…特別な巣をつくらず、木に穴をあけて生活している
  • 個体数…2千~3千匹と少なめ
  • 被害…乾いた木材を加害するため、床下の湿った木材だけでなく天井裏などの
    乾いた木材を食害することも。そのため、家中のあらゆる場所に被害が出る恐れもあり、ヤマトシロアリの2倍程度の大きさで激しい被害が出ることもある

【羽アリ】巣の中で白蟻が増えたら羽アリが発生します!

【羽アリ】巣の中で白蟻が増えたら羽アリが発生します!

羽アリの発生は毎年だったり、数年に1度だったりします。
なぜ羽アリは発生するのでしょうか?

羽アリが発生する理由の一つに、巣の中の個体数が増えすぎたことが挙げられます。

全てのシロアリを養えなくなった場合に、羽アリを発生させ巣の外に出します。

そして新たなつがいが発生し、別の巣をつくるようになります。

他にもシロアリ駆除や、家屋の建築などにより環境に変化が生じ、種の存続に危険を感じた場合にも羽アリが発生することがあります。

羽アリが家の中から発生した場合には、シロアリによる被害が進んでいるということになります。

なるべく早い段階で、専門の業者の方に相談しましょう。

業者に依頼する時はシロアリや、羽アリを捕まえておいて、特徴を確認しながら伝えたり、実際に見てもらえるように保管しておくといいですよ。

【羽アリ】白蟻によく似た虫を見分ける3つのポイント

【羽アリ】白蟻によく似た虫を見分ける3つのポイント

白蟻だけでなく、普通の黒アリにも羽アリはいます。

羽アリを見かけたからといって、全てがシロアリではないので安心してくださいね。

ここで白蟻の羽アリと、黒アリの羽アリの見分け方について紹介します。

大きなポイントは、「触覚」と「体の形」「羽」3つです。

触覚の違いで白蟻かどうか見分けよう!

  • 白蟻の羽アリ…数珠のような形でまっすぐな形をしている
  • 黒アリの羽アリ…「く」の字のような形をしている

体の形が違いで白蟻かどうか見分けよう!

  • 白蟻の羽アリ…くびれがなく、ずん胴です
  • 黒アリの羽アリ…細くくびれている部分がある

羽の大きさや、形の違いで白蟻かどうか見分けよう!

  • 白蟻の羽アリ…4枚とも同じような大きさ、形をししている
  • 黒アリの羽アリ…前の羽の方が後ろの羽より大きい

黒アリを家の外で見かけることは自然なことで、特に心配することはありません。

しかし、家の中で黒アリを見た時には注意が必要です。

黒アリにとって白蟻は餌のひとつで、白蟻を食べるために家の中にいるとも考えられるため、家の中に白蟻が生息している可能性があります。

もしも家の中で大量の黒アリの羽アリを見たら、専門家に相談してみることをオススメします。

【羽アリ】白蟻と黒アリの被害を知ろう!黒アリも家を食べる?

【羽アリ】白蟻と黒アリの被害を知ろう!黒アリも家を食べる?

白蟻と黒アリは見た目だけでなく、家屋や人に与える被害も全く違います。

白蟻の被害にあったら家屋の木材を食べてしまう!

白蟻の怖さは、木を食べてしまうことです。
枯れ木ではなくて、家屋の木材を食べてしまうのが一番怖いところです。

同じ白蟻にも数多くの種類がいますが、大切な住まいに被害をもたらす主な白蟻は4種類です。

「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」の被害について知ろう!

ヤマトシロアリとイエシロアリは、土壌シロアリと呼ばれており、水分が必要で土中から水分を運んで木材を食べます。

土に近いところから侵入して住みつきます。

「アメリカカンザイシロアリ」と「ダイコクシロアリ」の被害を知ろう!

アメリカカンザイシロアリとダイコクシロアリは、自分で水をためるので、乾燥した木材の中で生きられる乾材シロアリと呼ばれます。

小屋裏に上がり住みつきます。

シロアリが人にかみついたりなど人に対する被害は、巣に手を突っ込まない限り、基本的にはありません。

しかし、材木の中に巣を作って、おびただしい数で集団生活をしているので発見した時の見た目の不快感は相当なものです。

想像しただけで「ゾ~ッとしちゃいますね…。」

「黒アリ」の被害は家屋には影響がないです!

黒アリは、基本的に木材をエサにしていないので、家屋自体に与える害はありません。

この点がシロアリと大きく違うので、見つけた羽アリが黒アリだった場合は「今すぐ駆除しなきゃ!」と焦る必要はなく、少し様子をみても大丈夫なんです。

異常なくらい自宅の中に発生しているといった事態でない限り、心配しすぎる必要はありません。

実は黒アリは、シロアリを食べてしまうので、シロアリにとって黒アリは天敵です。

住まいにとっての天敵シロアリの天敵が黒アリというは、ちょっと面白い話ですよね。

黒アリは人に噛みつくことがあり、特に小さい子供がいる家庭では、口のまわりについた食べ物を狙ってくる危険性があるので注意が必要です。

清潔にして、黒アリを寄せ付けないようにしましょう。

黒アリはどこにいるの?黒アリがよく出る場所は3箇所です!

黒アリはどこにいるの?黒アリがよく出る場所は3箇所です!

実は黒アリは、シロアリを食べる性質があるため、見つけた羽アリが黒アリで大量だった場合、近くにシロアリがいる可能性が高いです。

  • 玄関
  • トイレ
  • 浴室

など、「家の中」で大量に黒アリが発生していたら、その場所に黒アリのエサであるシロアリが生息している場合があるので、専門の業者に点検してもらいましょう。

【羽アリ】見つけた羽アリが白蟻の場合は確認することがある!

【羽アリ】見つけた羽アリが白蟻の場合は確認することがある!

見つけた羽アリが白蟻だった場合、大切なお家に白蟻が侵入した可能性がかなり高まるので、自宅やその周辺を確認してみましょう。

もちろん白蟻の羽アリを発見しなくても、定期的にお住いの確認しておくのがオススメです。

下のリストに該当する点が多いほど、白蟻の危険性が高くなります。

【羽アリ】家の周りで確認してほしいポイントについて知ろう!

  • 近所でシロアリ被害があった
  • 近所でシロアリ駆除をした
  • 家の周りに木材を放置している
  • 垣根や庭木がシロアリ被害にあった
  • 家の周りや近くに川、池、井戸などがある
  • 家の基礎部分に蟻道がある
    (蟻道とはシロアリの通り道で、木くずや土などでできている硬くて切れ間がないトンネル状のものです)
  • ウッドデッキやテラス自体や地面に接している木材がスカスカしている

【羽アリ】家の中で確認してほしいポイントについて知ろう!

  • キッチン、お風呂、洗面所、トイレなど水回りの床がフカフカしたり
    ボロボロになっている
  • 畳のふちや裏側が粉っぽかったり、土がついている
  • 家具の下や、裏側に土がある
  • ドアがスムーズに開け閉めできない
  • 柱をたたくと、中が空洞のような音がする
  • 家の中に湿気が多く、結露しやすい

【羽アリ】羽アリを見つけたら白蟻の巣を発見するチャンスです!

【羽アリ】羽アリを見つけたら白蟻の巣を発見するチャンスです!

白蟻(シロアリ)は普段木の中に巣を作り生活しています。

移動する時も自ら作った、蟻道(ぎとう)と呼ばれるトンネルのような通路を通ります。

そのため人の目に触れることは、まずありません。

白蟻を見たことがない人が、多いのはこのためです。

人目に触れずひっそりと住まいを、食い荒らしているのですから怖いですね。

また、白蟻は6℃以下で活動がにぶるといわれていますが、現代の気密性に優れ、暖房がきいた住宅内では一年中活動できます。

その中でも女王アリは、せっせと卵を産み続け白蟻を増やし続けています。

このため巣の中が手狭になると一部の白蟻が、羽アリへと変態し新しい住処を探して引っ越しをします。

これが白蟻の羽アリの発生原因になります。

羽アリとなった白蟻は発見しやすいので、普段目にできない白蟻を発見するいいチャンスといえますね。

【羽アリ】白蟻の羽アリを発見したら掃除機で吸い取って対処する!

【羽アリ】白蟻の羽アリを発見したら掃除機で吸い取って対処する!

発見した羽アリがシロアリだったら、どう対処したらいいのでしょうか?

気持ち悪さと、シロアリの恐怖から殺虫スプレーをかけまくりたくなりますが、よくありません。

シロアリは非常に憶病な生き物なので、危険を察知すると逃げ出し隙間へと隠れてしまいます。

その結果、シロアリが色々な場所に広がってしまう可能性があります。

殺虫スプレーをかける時は、あきらかに家への侵入の恐れがない場所ならいいですが、そうでない場合は殺虫スプレーの使用はやめておいた方がいいようです。

殺虫スプレーを使わない方がいいなら「どうしたらいいの…?」と声が聞こえてきそうですが、オススメの方法は掃除機で吸い込む方法です。

見える限りのシロアリの羽アリを、掃除機で吸い込んでしまえば被害が拡大するのを防げます。

もちろん、これでシロアリ駆除完了とはいきませんが、対処法としてはいい方法です。

掃除機で吸い込めば、シロアリの死がいを片づける手間も省けるので、まさに一石二鳥です。
またサンプルとして、残しておきやすいです。

【羽アリ】白蟻は自分で駆除できるの?正直難しいです!

【羽アリ】白蟻は自分で駆除できるの?正直難しいです!

もし、シロアリに大事な家が侵されていたら、駆除しなくてはなりません。

そこで「シロアリ駆除の費用をおえたい!」と考えるのはもっともな話です。

そこで考えつくのが、「シロアリ駆除は自分でできるの?」ですよね?答えとしては「正直難しいでしょう」です。

シロアリ駆除の薬剤を購入し、ちゃんとした装備をすれば理論上は可能だと思います。

しかし、知識や経験がない素人がやるには、シロアリ駆除は難しいものなのです。

なぜなら、シロアリの羽アリからシロアリの種類を判断し、侵入経路やシロアリの巣を探し、どんな方法でどんな薬剤を使って、シロアリを駆除するのか?を決めるには、シロアリに対する知識と経験がものをいいます。

知識と経験がない素人が、簡単にできる作業ではないのです。

シロアリの種類によっては、業者をもてこずらせるものもいます。

さらに、シロアリ駆除は床下の狭い空間での作業となります。
これまた非常にキツイ作業です。

狭い空間での作業の上に、薬剤を使うのできちんとした装備をして、臨まなければケガをしてしまいます。

それなりの装備と薬剤を揃えるには、それ相当の費用もかかります。

これらの知識、経験、キツイ作業、費用を考えれば業者に依頼する方が、安心確実で楽チンだと思いませんか?

羽アリを発見したら応急処置として掃除機で吸い込み、サンプルを採取し業者に相談してみるというのが賢い選択でしょう。

【羽アリ】白蟻が侵入しているか確認するポイントを知ろう!

【羽アリ】白蟻が侵入しているか確認するポイントを知ろう!

シロアリの羽アリの発見は、シロアリ発見のいいチャンスですが、他にもシロアリが侵入している可能性があるなら確認したいですよね。

そこで、シロアリが侵入している可能性がある確認するポイントを紹介します。

また、合わせてシロアリ侵入を防ぐ対策についても紹介します。

家の外でのシロアリが侵入しているか確認するポイント

  • 近所でシロアリ被害にあった、もしくはシロアリ駆除をしたお宅がある
  • 家の近くに川、池、井戸などがある
  • 垣根や庭木、ウッドデッキ、テラスがシロアリの被害にあい、スカスカしている
  • 家の基礎部分に蟻道がある

家の中でシロアリが侵入しているか確認するポイント

  • 床がフカフカしたり、ミシミシと床鳴りする
    (特にキッチン、お風呂、洗面所、トイレなどの水回りの床がひどい)
  • 畳のふちや裏側が粉っぽかったり、土がついている
  • ドアの開け閉めがスムーズにできない
  • 柱をたたくと、中が空洞のような音がする
  • 家の中の湿気が多い

次に、シロアリ侵入を防ぐ対策について紹介します。

シロアリは湿気と、腐った材木が大好きなんです。
この3つに気をつけましょう。

  • 腐った材木や木を家の周りに放置しない
    (シロアリをおびき寄せるエサになってしまいます)
  • 家の中に湿気を溜めないように換気をよくする
    (特に水回りは要注意!風呂の換気扇は回しっぱなしにする等、換気に心がけましょう)
  • 床下の換気は最も大事です!床下の通気口をふさぐような物を置かない

あとは、定期的に家の内外を確認しましょう。

早めの発見が、シロアリ被害を最小限におえる良策です。

白蟻の羽アリを見つけたら専門の業者に相談しよう!

今回は、羽アリの見分け方や、羽アリを見つけた時の対処方法について紹介しました。

自分でシロアリを駆除するのは、どうしても難しいので専門業者の力が必要です。

しかし、たくよねさんあるシロアリ駆除の業者の中で、どの業者を選んだらいいのか?悩みます。

シロアリ駆除の知識、経験、対応のしっかりした業者を選ぶのに、件1件1ホームページを見たり、電話で問い合わせるとなると一苦労で、時間もかかってしまいます。

シロアリ駆除業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

シロアリ駆除をプロに依頼するなら

シロアリ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にシロアリ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
57 投票, 平均点: 4.85

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事