【シロアリの予防方法】簡単にできるシロアリの予防方法について紹介

シロアリの予防は、あなたの大切な家を守るためにとても重要なことです。今回は、自分でできるシロアリの予防方法を詳しく紹介します。日頃から実践していれば、万が一被害を受けても早期発見ができ、すぐに駆除をすれば被害を最小に食い止められます。

シロアリ駆除
更新
【シロアリの予防方法】簡単にできるシロアリの予防方法について紹介

シロアリって聞いたことがあるけど、「自分には関係ないだろう~」「シロアリは予防できない!」と、決めつけていませんか?

実際は、シロアリ予防をしっかりしておく事が大切なんです。

シロアリは大事な家の柱や、土台などを食べてしまいます。

すると、耐震性が落ち地震による倒壊の恐れが高まります。

そうならないためにも、シロアリが入ってこないようにしっかりとした予防と、シロアリが入ってきた時に駆除することで解決できます。

シロアリを予防するにはシロアリの生態を知り、シロアリが住み着く原因を知ることでできます。

そこで今回は、シロアリの特徴や、シロアリが住み着く原因や、シロアリを予防する方法について紹介します。

>>プロのシロアリ駆除(予防)業者の一覧

【シロアリの予防】シロアリはゴキブリの仲間です!

【シロアリの予防】シロアリはゴキブリの仲間です!

シロアリは「アリ」という名前が付いていますが、普段見るようなクロアリとは全くの別物でゴキブリの仲間なんです。

シロアリの種類によっては、決まった時期に子孫を残すために羽アリとなって飛び立ちます。

羽アリとなって飛び立つ以外は、一年中家の柱や、土台を食害して生活しています。

食害ということは「ずっと家を食べられているということです…」怖いですよね。

シロアリの種類は世界で約2,900以上もいます。

日本には22種類のシロアリの生息が確認されています。

代表的なのが「ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリ」「ダイコクシロアリ」の4種類が建物に被害を与えます。

シロアリは家具や、本、ダンボールなど木材の由来のものなら、なんでも食べてしまうので注意が必要です。

また電線や、コンクリートもかじって穴を開けます。
家の壁や、柱などを食べ尽くしてしまいます。

植物由来の製品も食べるので新聞紙や、衣類、畳なども食べられてしまうことがあります。

シロアリとアリの区別がつかないという人もいますが、見分けをつけるには胴体の色で区別するのがいいでしょう。

シロアリは白色で、アリは黒や赤色をしています。

シロアリの生態や、種類をおぼえてシロアリの予防につなげましょう。

【シロアリの予防】シロアリの被害があるか確認しよう!

【シロアリの予防】シロアリの被害があるか確認しよう!
  • こまるちゃん
    こまる

    僕の家もシロアリの被害にあっていないか心配になってきたよ…(泣)


  • モップ

    それなら、シロアリの被害にあっているか確認するポイントを紹介するから見てみるといいよ~♬

【シロアリを予防】被害がある時に家の中で起こる3つの症状

  • 床がギシギシと軋む、柔らかく沈む
  • 天井に雨染みの跡がある、雨漏りがする
  • 家の床や、壁にカビが発生する

このような症状がある場合は、すでにシロアリに食害されています。

【シロアリを予防】被害に合う危険性が高い家の5つの症状

  • 4月下旬〜7月頃に、小さな羽が落ちている
  • 俵のような形の糞が落ちている
  • 近所でシロアリの被害似合ったと聞いた
  • 壁など住居に穴が空いている
  • 土のトンネルのようなものがある

このような場合は、シロアリの被害に合う危険性が高いので注意が必要です。

【シロアリの予防】被害に合いやすい家の7つの特徴

【シロアリの予防】被害に合いやすい家の7つの特徴

なぜシロアリの被害に合うのか原因が、気にななりませんか?

どのような家がシロアリの被害にあいやすいのか特徴を紹介します。

  • 家の日当たりが悪い
  • 家の風通しが悪い
  • 家が暖かく、湿気が多い
  • 水回りの掃除をしていない
  • 雨漏りを放置している
  • 押入れを換気していない
  • 庭のお手入れをしていない

このような場合は、シロアリが侵入しやすい環境です。

特に光が当たらない場所や、空気の動きが少ない場所や、湿気の多い場所をそのまま放置しているとシロアリ被害の原因になります。

しっかりとした予防が必要です。

【シロアリの予防】シロアリ予防するためにするべき3つの事

【シロアリの予防】シロアリ予防するためにするべき3つの事

シロアリの被害に合わないためにも、シロアリ予防の方法について紹介します。

【シロアリの予防】家の中に湿気をためないでシロアリ予防する!

シロアリは湿気のある場所が好きなので、家の中に湿気をためないようにするのが予防の基本になります。

掃除するときは窓を開けて、風通しをよくしてからやりましょう。

【シロアリの予防】家の周辺にある木材など処分してシロアリ予防する!

家の周辺に木材があるとシロアリの温床になり、巣を作ってしまいます。

特に雨が続いた後の木材は湿気を含んでいるので、シロアリの絶好の場所になります。

【シロアリの予防】定期的にシロアリ点検してシロアリ予防する!

シロアリがいるか?いないか?確認する必要があります。

新築の場合は、家を建ててから5年目が目安です。

新築の最初の頃は、防蟻薬剤の効果があるのでいいのですが、5年も経つと薄れてくるので5年目にシロアリ点検をしましょう。

それ以降は、年に1回決まった時期に定期点検するようにしましょう。

このようにしっかりと予防すると、シロアリから住居を守れます。

【シロアリの予防】シロアリを駆除する方法は2つある!

【シロアリの予防】シロアリを駆除する方法は2つある!

シロアリの予防をしていなくてシロアリが住み着いてしまった場合は、シロアリを駆除するしかありません。

【シロアリの予防】シロアリ駆除剤を床下に散布して駆除する方法

一般的なシロアリ駆除の方法は、床下にシロアリ駆除剤を散布する方法です。

特に床下や、家の周りに散布します。

【シロアリの予防】床下にキットを置いてシロアリが巣まで持っていくのを待つ方法

シロアリ駆除キットというのもあり、それを床下に置いて駆除する方法もあります。

キットの中に入っているエサに含まれる駆除剤を巣までに持ち込むことによって仲間のシロアリも一緒に駆除できます。

シロアリ駆除剤を床下に散布したり、キットを置くのもいいですが、確実に効果があるのはプロに散布してもらうのが一番いいです。

床下にシロアリが発生している状態で、床下に潜って駆除剤を散布するのは素人には難しいようです。

【シロアリの予防】業者に依頼する時の選び方と注意点

【シロアリの予防】業者に依頼する時の選び方と注意点

シロアリ駆除というのは自分でもできますが、その場しのぎになったり、完全に駆除しきれなかったりする場合があるので業者に依頼するのが賢明です。

プロのシロアリ予防(駆除)の3つの選び方

  • シロアリ予防(駆除)についてきちんと説明してくれるか?
  • シロアリ予防(駆除)の後のアフターフォローはしっかりしているか?
  • シロアリ予防(駆除)の見積り後に無理な営業はないか?

まずは見積もりしてもらい金額はいくらなのか?どのような予防(駆除)をするのか?など説明を聞いてから依頼しましょう。

訪問販売の業者には、注意しましょう。

訪問販売をしている業者は、質の悪いサービスをしている可能性が高いので注意しましょう。

業者の口コミなどを調べてから、依頼する業者を決めましょう。

シロアリの予防は業者に依頼するのがオススメです!

今回は、シロアリの特徴や、シロアリが住み着く原因や、シロアリを予防する方法について紹介しました。

シロアリの生態を知って、予防を徹底していればシロアリに悩むことがありません。

シロアリ予防の方法は、毎日の換気や、掃除、家の周りに木材を置かないといった方法で予防できます。

また、定期的に点検しておくことシロアリの被害を最小でおえられます。

もし、シロアリ被害にあったら自分で駆除できますが、プロに依頼する方が安全で、確実にシロアリを駆除してくれます。

シロアリが発生する前に、シロアリの予防をしてシロアリを寄せ付けない住居にしましょう。

まとめ

  1. シロアリ被害に合いやすい家には、7つの特徴がある。該当するかどうかチェックしてみよう。
  2. シロアリ予防には、家の中に湿気をためない・家の周辺にある木材など処分・定期的に業者に点検してもらうことが大切。
  3. シロアリが発生した場合、駆除剤を床下に散布するか、キットを置いて駆除する方法もあるが、素人では駆除しきれないため、業者に相談しよう。

シロアリ駆除(予防)業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

シロアリ駆除をプロに依頼するなら

シロアリ駆除を専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にシロアリ駆除の業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事