【カーペットの洗濯方法】方法を知れば誰でもカーペットを洗濯できる!

カーペットの洗濯は、季節の変わり目に合わせて3ヶ月に1回くらいが目安です。洗濯表示を確認すると、意外と洗濯機が使えないものもありますが、そんな時は浴槽で踏み洗いがオススメです。今回は、カーペットの洗濯方法た干し方や、ちょっとしたポイントについて紹介します。

フロアクリーニング
更新
【カーペットの洗濯方法】方法を知れば誰でもカーペットを洗濯できる!

毎日、仕事に家事に子育て、お疲れ様です!

突然ですが、あなたは自宅でカーペットを洗濯するとき、どのように洗っていますか?

カーペットは大きくて洗いにくく、自宅で洗濯するのは難しく感じますよね?

面倒なので「カーペットを洗濯機で丸洗いした~い!」と思いますが、洗濯機の使用ができないカーペットも多いです。

そこで今回は、カーペットを洗濯する頻度や、カーペットを洗濯する方法について紹介します。

頻度やちょっとしたコツがわかれば、自分でカーペットを洗濯できますよ。

清潔サラサラ、ふかふかのカーペットで快適な毎日をお過ごしください。

>>プロのフロアクリーニング業者の一覧

【カーペットの洗濯】カーペットの掃除頻度は3ヶ月に1回

【カーペットの洗濯】カーペットの掃除頻度は3ヶ月に1回
  • こまるちゃん
    こまる

    カーペットのこと気になりながら、洗濯していないな…。


  • モップ

    カーペットには見えない汚れが、たまっていると思うよ…!
    カーペットは、3ヶ月に1度は洗濯した方がいいよ~♪

カーペットはどのくらいの頻度で洗濯していますか?

小さい子供やペットが汚すから頻繁に洗濯していたり、フルで仕事していて昼間はいないし、半年以上洗濯していないなど様々だと思います。

一般的には、季節の変わり目に合わせて3ヶ月に1回洗濯が目安です。

ある専門家によるとカーペットを洗濯する頻度は、1~2ヶ月がベストともいわれています。

ペットを飼われている方も、この頻度で洗濯されている方が多いようです。

家庭によって汚れの速度は違いますが、少なくとも3ヶ月に1度は洗濯したいですね。

それ以外でも、汚れが気になりだしたら洗濯しましょう。

【カーペットの洗濯】カーペットを洗濯する前に確認する2つの事

【カーペットの洗濯】カーペットを洗濯する前に確認する2つの事
  • こまるちゃん
    こまる

    今日こそカーペットを洗濯するぞ!
    面倒で洗濯機に放り込んじゃっていいかな~?


  • モップ

    気持ちはわかるけど、ちょっと待って~!
    カーペットの洗濯表示と、大きさを確認するのが先だよ!

思い立ったが吉日!すぐにカーペットの洗濯にとりかかりたいという行動が早いのは素敵です。

しかし、ちょっと待って!
いきなり洗濯機にカーペットを放り込まないように注意しましょう。

カーペットを洗濯する前に、2つのことを確認しましょう。

洗いたいカーペットの洗濯表示に、「洗濯機マークまたは、手洗いマーク」が表記されているか確認しましょう。

洗濯表記が×のものや、ドライマークのものは洗濯機で洗えません。

ウール(毛)、シルク(絹)、コットン(綿)、レーヨン、麻などは、基本的に洗濯機で洗えないので覚えておきましょう。

もしも洗濯不可のカーペットを洗濯機で洗うと、色落ちや変形する場合があります。

【カーペットの洗濯】洗濯する前にカーペットの大きさを確認しよう!

カーペットが自宅の洗濯機に入る大きさなのかも、きちんと確認しましょう。

筆者の友人は、キッチンマットをとりあえず入ったから洗えるだろうと強引に洗濯機のスイッチを入れてしまい、洗濯機の上部とキッチンマットがこすれて、キッチンマットがボロボロに…(汗)

洗濯機内部の淵がキッチンマットの「ピンク色に変色してしまった…」という経験があるそうです。

別件で洗濯機を見てもらった修理の方に「お恥ずかしい話で…」と言うと「よくあるパターンです」と笑っておられたそう。

キッチンマットでも大判のものでそうなるくらいですから、カーペットならもっと大きいので、本当に洗濯機に入れて大丈夫なサイズか確認しましょう。

カーペットが洗濯機で洗えない場合は、お風呂場で踏み洗いして洗えますよ。

【カーペットの洗濯】自分でカーペット洗濯する方法を知ろう!

【カーペットの洗濯】自分でカーペット洗濯する方法を知ろう!
  • こまるちゃん
    こまる

    うちのカーペット、洗濯機使えないみたい…(泣)


  • モップ

    大丈夫だよ~そんな時はお風呂場へ行こう!

それでは、実際に自宅でカーペットを洗濯してみましょう。

カーペットを洗濯機で丸洗いする方法と、お風呂場でカーペットを踏み洗いする方法を紹介します。

【カーペットの洗濯】カーペットを洗濯機で丸洗いする方法

カーペットをそのまま洗濯機に入れると、生地が傷みやすくなったり、洗濯機の中でバランスを崩して途中で止まってしまう原因になるため、必ずネットに入れて洗濯しましょう。

特別な洗剤を使わなくても、いつも使っている洗剤で大丈夫です。

カーペットにシミや汚れがある場合は、直接漂白剤を付けてから洗濯すると、汚れが落ちやすくなるのでオススメです。

また、柔軟剤を入れるとカーペットがふかふかになり、好きな香りを選べるので癒し効果もあります。

用意するもの

必須
洗濯用ネット
洗濯用洗剤
漂白剤(シミなどの汚れがある場合)
柔軟剤(お好みで)
1

カーペットを屏風たたみにして洗濯用ネットに入れる

屏風たたみにすることでカーペット全体をまんべんなく洗えます。屏風たたみにして洗濯用ネットに入れる。

2

洗濯のコースを「毛布コース」または「大物洗いコース」を選ぶ

洗濯のコースは「毛布コース」または、「大物洗いコース」を選択する。

【カーペットの洗濯】カーペットを踏み洗いする方法

カーペットが洗濯機に入らない場合や、手洗い表示がついているものは浴槽で踏み洗いできます。

用意するもの

必須
洗濯用洗剤
漂白剤(シミなどの汚れがある場合)
1

浴槽にお湯を張ってからカーペットを入れる

カーペットが十分浸るぐらいのお湯(40℃)を入れます。シミがある場合は、その部分に漂白剤を塗ってから入れます。

2

浴槽に洗剤を入れて溶かしてからつけ置きする

浴槽に洗剤を入れて溶かし、1~2時間つけ置きする。

3

浴槽の中でカーペットを踏み洗いする

カーペットを何度かひっくり返しながら踏み洗いします。(転ばないように壁や手すりにつかまって作業しましょう。)

4

カーペットをすすぎ洗いを数回する

つけ置きしていたお湯を抜き、数回すすぎ洗いをする。すすぎ残しがあると臭いの原因になるため、2~3回する。

5

カーペットの水切りをしっかりする

水を全て流して自然に水が切れるようにカーペットをよく踏みます。水が切れてカーペットが軽くなったら完了。

【カーペットの洗濯】洗濯したカーペットを上手に干す方法

【カーペットの洗濯】洗濯したカーペットを上手に干す方法

洗濯したカーペットは、風通しのいい屋外で陰干ししましょう。

カーペットをきれいにかつ早く乾かすコツは、M字干しにすることです。

M字干しは、2本の物干し竿を使って片側の端ともう一方の端に1本ずつかけ、中心が垂れ下がるようにします。

物干し竿を2本使うことで、通気性がよくなり半乾きを防げます。

もしも物干しが2本ない場合は、ハンガーを数カ所にかけてその上にカーペットをかぶせましょう。

また、斜めに干す方法も、カーペットが早く乾くのでオススメです。

斜めに干してカーペットの端が三角形になるようにすることで、その部分に水が集まって水切れがよくなるため、乾きが早くなります。

ある程度乾いたら90℃ひっくり返して干し直すと、さらに早く乾きます。

物干し竿がない場合は、ベランダに直接かけて裏表が乾くように途中で何度かひっくり返します。

ただし、マンションなどの集合住宅の場合は、規約で直接かけることが禁止されている場合があります。

きちんと確認をして、ご近所トラブルなどのもとにならないようにしましょう。

【カーペットの洗濯】カーペットを洗濯したら日頃の掃除もしよう!

【カーペットの洗濯】カーペットを洗濯したら日頃の掃除もしよう! 【カーペットの洗濯】カーペットを洗濯したら日頃の掃除もしよう!

カーペットは日頃の掃除をしっかりしておくことで、汚れの蓄積を防げるので洗濯もラクになります。

【カーペットの洗濯】カーペットの基本掃除は掃除機

一番簡単にできる日頃のお手入れは、カーペットに掃除機をかけることです。

カーペットには、髪の毛、ゴミ、ホコリなどが毎日のように落ちるため、こまめに掃除機をかけましょう。

掃除機は、早く動かすよりも1つの場所にゆっくりと時間をかけて動かす方が汚れは取れやすくなります。

【カーペットの洗濯】毛足が長いカーペットには粘着テープで掃除

毛足が長いカーペットを使っている方や、ペットと暮らしている場合は、掃除機を使っただけでは汚れが取れない場合があります。

その場合は、コロコロと動かすだけで汚れが取れる粘着テープを使うと便利です。

掃除機で基本的な汚れを吸い取った後に、粘着テープを使うのがオススメです。

【カーペットの洗濯】カーペットに液体をこぼした時の掃除方法

【カーペットの洗濯】カーペットに液体をこぼした時の掃除方法

うっかりカーペットに飲み物などをこぼしてしまい、困ることがありますよね?

カーペットを丸洗いするまででもないけどキレイに落としたい時や、カーペットを洗濯する時間がない時に使えるカーペットのシミを落とす方法を紹介します。

【カーペットの洗濯】カーペットの水溶性の汚れを落とす方法

水溶性の汚れは、ジュースや牛乳、コーヒー、紅茶、ケチャップ、醤油などが当てはまります。

新しい汚れは水だけでも十分落ちるため、まずは水を含ませた雑巾でたたいて汚れを落としてみましょう。

それでも汚れが落ちない汚れや、時間がたってしまった汚れは、自宅にある洗剤を使って掃除しましょう。

用意するもの

必須
タオル
台所用洗剤または、中性洗剤
雑巾
1

カーペットにこぼした液体をタオルで吸い取る

カーペットにこぼした液体を乾いたタオルで吸い取り、シミが広がらないようにする。

2

薄めた中性洗剤をカーペットに染み込ませる

水で薄めた台所用洗剤(又は中性洗剤)を布に浸してシミになった部分に染み込ませる。指で揉むようにして泡立てて汚れを落とす。

3

雑巾を濡らして軽く絞りカーペットを水拭きする

雑巾を濡らして軽く絞り、円を描くようにカーペットをしっかり拭く。

4

雑巾を使ってカーペットを乾拭きする

雑巾を使ってカーペットを乾拭きしてしっかり水分を取って完了。

洗剤がカーペットについたままだと汚れがつきやすくなるため、しっかりと水拭きと乾拭きをするのがポイントです。

【カーペットの洗濯】カーペットの油性の汚れを落とす方法

油性の汚れは油、卵、マヨネーズ、インク、ペンキなどが当てはまります。

水溶性の汚れに比べて汚れが落ちにくいため、「ベンジン」を使って汚れを落としましょう。

ベンジンを布にしみこませて汚れをたたきます。

擦ると汚れがしみ込んでしまうため、軽くたたくのがポイントです。

その後は、先ほど紹介した水溶性の汚れの取り方と同様に、中性洗剤を使って水拭きと乾拭きをして汚れを取ります。

  • モップ
    モップ

    ベンジンは可燃性の液体のため火気厳禁!注意してね。

ちなみに、時間がたった汚れで水溶性なのか油性なのか分からない場合は、まず中性洗剤を使ってみて汚れが落ちなければ、ベンジンを使用するといいですよ。

自分でカーペットを洗濯するのが面倒なら業者に依頼しよう!

今回は、カーペットを洗濯する頻度や、カーペットを洗濯する方法について紹介しました。

大きくて洗濯しにくいカーペットですが、汚れが蓄積しているとカビやハウスダストも気になります。

毎週洗濯するのは難しいですが、お天気のいい休みの日に洗濯をしてみませんか?

ふかふかでサラサラのカーペットに、ゴロ~ンと寝転ぶのを想像すると幸せ度が増しますよね。

カーペットの洗濯も難しいものではないので、ぜひ洗ってみて下さい。

ただ、カーペットを自宅の洗濯機で洗えない人やお風呂場で踏み洗いする時間がない人もいますよね?

そういった場合は、カーペットをクリーニングに出してキレイにしてもらいましょう。

クリーニングなら手間をかけずにキレイに洗濯してもらえます。
忙しい人や家事が苦手すぎる方にはオススメです。

費用は少しかかりますが、「時間がない…」「ストレス…」とお悩みの方は、プロが解決してくれますよ。

外して洗えないカーペットの場合も、出張に来てくれます。

まとめ

  1. カーペットの洗濯頻度はシミを落とす方法、3ヶ月に1回!洗濯できるかどうか表示と大きさをチェックしよう。
  2. カーペットの洗濯と干し方のポイントをおさえよう。
  3. カーペットの基本掃除は掃除機!液体などをこぼしてシミができた場合は、汚れの種類にあった掃除方法で綺麗にしよう。

業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

フロアクリーニングをプロに依頼するなら

フロアクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にフロアクリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、 住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、 まいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
79 投票, 平均点: 4.55

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事