最終更新日:

臭いトイレはクエン酸で掃除が正解◎トイレの消臭剤と芳香剤の違いは?

トイレが臭い原因の第一位は、「尿汚れ」つまりアンモニアです。これを撃退するには、【クエン酸】が効果的です。今回は、クエン酸スプレーの作り方から便器やウォシュレットなどパーツ別の掃除方法まで徹底解説します。「トイレが臭い…」というお悩みはスッキリ解決します。

臭いトイレはクエン酸で掃除が正解◎トイレの消臭剤と芳香剤の違いは?

掃除しているはずなのに「なんだかトイレが臭い…」「これ以上どうしたらいいの?」と、トイレの嫌な臭いについて悩んでいませんか?

トイレをこまめに掃除していても、構造上便器の裏など見えない部分に、汚れがどうしても残りやすいです。

ズバリ!その残った汚れこそが臭いの原因です。

また、便器や便座部分だけでなく、壁や換気扇からも臭う場合もあります。

そこで今回は、トイレの嫌な臭いを落とす掃除方法や、消臭剤と芳香剤を置く場所について紹介します。

>>プロのトイレクリーニング業者の一覧

【トイレの臭い】トイレが臭い原因の第1位は尿汚れ!

【トイレの臭い】トイレが臭い原因の第1位は尿汚れ!

トイレの臭いが発生する原因は、大きく分けて3つに分けられます。

  • 尿の飛び散りなどにより雑菌が繁殖し、時間とともに発生するアンモニア臭
  • 配管からくる下水の臭い
  • 換気扇等から入ってくる外部の臭い

この中で断トツに多いのが、尿の飛び散りです。

飛び散った尿に、雑菌が繁殖し発生するアンモニア臭です。

また、蓄積した尿汚れは尿石となり、カチカチに固まりトイレの嫌な臭いの原因1つになります。

【トイレの臭い】臭いが気になったら4箇所を確認しよう!

【トイレの臭い】臭いが気になったら4箇所を確認しよう!

こまめに掃除していても、見えない汚れがたまりやすい4箇所を紹介します。

【トイレの臭い】トイレの便器の裏側を確認しよう!

便器の淵の裏側は、しゃがみこんで見ないと汚れているかわからない場所です。

便器の裏側に尿が跳ね返ってついた汚れが、臭いの原因になります。

上から見るとキレイに掃除できているように見えても実は、汚れが蓄積していることが多いので、一度確認してみましょう。

【トイレの臭い】便器ふたの裏や便器の根元を確認しよう!

ウォシュレットを使用したときに汚れが飛び散ることが原因であったり、男性が立ったまま使用すると飛び散った尿汚れが付きやすくなります。

実は床や、壁などにまで付着していることも多い汚れです。

【トイレの臭い】ウォシュレットと便器の接続部分を確認しよう!

ウォシュレットがついているトイレは、接続部分にも尿汚れは蓄積します。

日常の掃除でウォシュレットを外して、掃除している人も少ないと思いますが、ウォシュレットも定期的に外して掃除しましょう。

【トイレの臭い】トイレの天井と換気扇を確認しよう!

アンモニア臭の特徴の1つとして、空気よりも軽く上にあがって、天井付近で蓄積する傾向があります。

また、換気扇のフィルターが詰まっていると換気ができず、トイレ内に嫌な臭いがたまったままになります。

ここからは場所別に、掃除方法を紹介します。

日頃からこまめに掃除している人も、見落としているかもしれないので、これを機会に掃除の方法を見直しするのもいいかもしれませんね。

【トイレの臭い】クエン酸で便器や壁を掃除する方法

【トイレの臭い】クエン酸で便器や壁を掃除する方法

トイレ掃除にはもちろん、他の掃除でも使えるクエン酸水スプレーの作り方を紹介します。

用意するもの

必須
空のスプレーボトル
クエン酸(粉末)
1

クエン酸を使ってクエン酸水スプレーを作る

空のスプレーボトルに水を200mlに対し、クエン酸を小さじ1杯をよく溶かし完成です。

トイレの場所別に3箇所の掃除方法を紹介します。

【トイレの臭い】トイレの床や壁を掃除する方法

用意するもの

必須
ゴム手袋
クエン酸水スプレー
雑巾
メガネ拭き
1

クエン酸水スプレーを吹きかける

ゴム手袋を装着し、床や壁にクエン酸水スプレーを吹きかける。男性の立ったまま使用したときの、尿の飛び散りは腰より低い位置に飛び散ります。
つまり床から1m以下の高さに集中します。床と1m以下の高さの壁を、集中的に掃除することが効率的です。

2

雑巾やメガネ拭きで拭き掃除する

床は雑巾、壁はメガネ拭きで拭き取って完了。メガネ拭きは繊維の目が細かく、壁紙の細かい隙間の汚れを拭きとるのに適しています。
しかし、ゴシゴシこすらずに、叩くように拭くと壁紙を傷めずに掃除できます。

【トイレの臭い】トイレの便器や便座を掃除する方法

用意するもの

必須
ゴム手袋
クエン酸水スプレー
トイレットペーパー
トイレブラシ
古歯ブラシ
雑巾
1

便器全体にクエン酸水スプレーを吹きかける

便器の裏側や便器のフタを上げて、クエン酸水を全体的に吹きかける。

2

トイレットペーパーでパックするし放置する

トイレットペーパーをあてて上から、もう一度クエン酸水を吹きかけてパックする。そのまま20~30分程度放置する。こうすることで、トイレットペーパーが液だれを防ぎ、汚れにクエン酸水、酢水を密着させます。

3

ブトイレラシで汚れをこすり落とす

トイレットペーパーをはがし、トイレブラシや細かい所は、古歯ブラシでこすり洗いをする。

4

便器や便座を水拭きする

濡らした雑巾で、便器や便座を水拭きして完了。

【トイレの臭い】ウォシュレットを掃除する方法

ウォシュレットのメーカーや品番により多少異なりますが、どの商品も自分で簡単に外せるようになっています。

便座横の「ボタンを押すだけ!」のワンタッチで、後は便座を手前にスライドさせるだけで外せる物もありますので、思ったより簡単です。

取扱説明書やメーカーのHPを参考に、外して掃除しましょう。

今までウォシュレットを「外したことがない!」という場合は、思わず「ギャー!」と叫びたくなるような汚れが出現するかもしれません。

用意するもの

必須
ゴム手袋
クエン酸水スプレー
トイレットペーパー
雑巾
古歯ブラシ
1

クエン酸水スプレーをウォシュレットに吹きかける

便器とウォシュレットの接続部分にクエン酸水スプレーを吹きかける。

2

トイレットペーパーでパックし放置する

トイレットペーパーをあてた上から、もう一度吹きかけてパックし20~30分程度放置する。トイレットペーパーが液だれを防ぎ、汚れに密着させる。

3

時間が経ったらトイレットペーパーを剥がし汚れを落とす

トイレットペーパーを剥がし雑巾や、細かい所は古歯ブラシでこすり落とす。

4

ウォシュレットを水拭する

濡らした雑巾でウォシュレットを水拭きして完了。

毎日のお手入れには難しいかもしれませんが、週1回程度は、定期的に掃除するのが理想的です。

【トイレの臭い】トイレ換気扇の外し方と掃除方法

【トイレの臭い】トイレ換気扇の外し方と掃除方法

トイレの壁や、床、便器、ウォシュレットを掃除しても、アンモニア臭が消えない場合は、トイレの換気扇を掃除しましょう。

用意するもの

必須
脚立または、椅子
ドライバー
雑巾
古歯ブラシ
中性洗剤
1

トイレの換気扇の電源を安全のため切る

安全に作業するため、換気扇の電源は切る。電源がわからない場合は、ブレーカーを落とす。

2

トイレの換気扇カバーを外す

トイレの換気扇のカバーは、手前に引っ張るだけで簡単に開く物がほとんどです。外れない場合は、説明書を確認しましょう。

3

トイレの換気扇のファンを外す

トイレの換気扇にもプロペラファンとシロッコファンがあります。両方共外せます

4

外した換気扇部品を水洗いする

カバーとファンを水洗いする。ファンの汚れがヒドイ場合は、中性洗剤でつけおき洗いし、古歯ブラシでこすり洗いをする。

5

トイレの換気扇本体のホコリや汚れを雑巾で拭き取る

水洗いした部品を乾かしている間に、本体に付いているホコリや汚れを雑巾で拭きとる。

6

トイレの換気扇部品を元に戻す

取り外した部品を元通りに取付けて完了。仕上げにカバーの上から貼るだけでホコリをキャッチしてくれ、掃除の手間が省けるフィルターが市販されているので貼ってみてもオススメです。

【トイレの臭い】カビ臭いならタンクを掃除しよう!

【トイレの臭い】カビ臭いならタンクを掃除しよう!

トイレがカビ臭いと感じる場合は、トイレのタンクの中が原因かもしれません。

タンクを掃除して、汚れを取り除きましょう。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
1

トイレのタンクに重曹(粉末)を入れる

トイレタンクのフタを開け、重曹を1カップ(約200cc)を入れる。

2

一晩つけおきする

重曹を入れたら5時間以上水を流さずにつけ置きする。夜寝る前に入れておくと楽ですね。

3

汚れが浮いてくくるのでトイレの水を流す

水を流せば浮いた汚れが水と一緒に流れていきます。これで完了。

重曹を使うことで、除菌や消臭効果ありキレイにできます。

月に1度くらいのペースで掃除しましょう。

【トイレの臭い】トイレが臭くならないために意識する事

【トイレの臭い】トイレが臭くならないために意識する事

キレイなトイレを維持するために、ぜひ意識してほしい5つの事を紹介します。

  • トイレ掃除には、できるだけ使い捨てできる掃除用具を使う
  • 床は基本的にマットは敷かない!流せるシートなどでこまめに拭き掃除
  • 男性には座ってトイレを使用してもらう
  • クエン酸水スプレーや、市販の洗剤を使いやすい場所に置いておき、使った後や夜寝る前など簡単にサッとでいいので拭き掃除する
  • 消臭や芳香グッズを使うようにする

【トイレの臭い】トイレの消臭剤と芳香剤は違う!?

【トイレの臭い】トイレの消臭剤と芳香剤は違う!?

トイレの臭いを爽やかないい香りにしてくれるのが、消臭剤と芳香剤です。

消臭剤と芳香剤は、どっちをトイレに置いても一緒だと思っていませんか?

消臭剤と芳香剤には、それぞれ役割と、置き方に違いがあります。

それぞれの役割の違いを紹介します。

  • 消臭剤の役割は、嫌な臭いを除去させる役割がある
  • 芳香剤の役割は、いい香りを放つ役割がある

消臭剤と芳香剤の違いがわかりましたか?

つまり、トイレに芳香剤だけ置いても、トイレの消臭はできません。
逆に消臭剤だけ置いても、いい香りは長持ちしません。

消臭剤と芳香剤の両方の効果がある商品なら、1つ置けば効果はあります。

しかし、そうでない場合は消臭剤と、芳香剤を両方置くのもいいですね。

トイレの消臭剤が、トイレ特有のアンモニア臭に反応して消臭し、芳香剤がいい香りをさせてくれますよ。

【トイレの臭い】オススメの消臭剤と芳香剤を7選紹介

【トイレの臭い】オススメの消臭剤と芳香剤を7選紹介

【トイレの臭い】ファブリーズ / P&G

しっかり消臭するから、ほのかで自然な香りが楽しめます。

気分に合わせて、お気に入りの香りをお選びください。

【トイレの臭い】無香空間 / 小林製薬株式会社

無効空間は、香りを一切使用していない無香タイプの消臭剤です。

各種の消臭作用を持つ食物抽出物を配合し、透明ビーズが生活空間の様々な気になるニオイを効果的に除去します。

【トイレの臭い】トイレの消臭力 / エステー株式会社

クエン酸配合で、トイレ特有の尿のとびちり臭や、しみつき臭に従来の3倍効きます。(当社比)※アンモニア処理能力に対する効果です

【トイレの臭い】液体ブルーレット / 小林製薬株式会社

アロマ調フレグランスを採用し、トイレをアロマ調の心地よい空間にしてくれます。

洗浄、防汚成分配合し、便器の汚れを落として、汚れの付着を防いでくれます。

バリ島でのアロマスパをイメージしたリラックスアロマの香りが約1ヶ月(3~5週間)使用できます。

【トイレの臭い】ランドリン / 株式会社ネイチャーラボ

まるで香水のような上質な香りのリードディフューザーです。

香水瓶のようなガラス製の容器と、香りオイルを吸い上げやすい樹脂性のスティックでオシャレに演出します。

【トイレの臭い】グレード センサー消臭 / ジョンソン

モーションセンサーで必要な時だけ消臭!

【トイレの臭い】1滴消臭元 / 小林製薬株式会社

外出先でも手軽に使える携帯用ミニボトルです。

便器内に1~2滴落とすだけですばやく香りが広がりニオイを抑える消臭剤です。

【トイレの臭い】手作りのトイレ消臭剤を作る2つの方法

【トイレの臭い】手作りのトイレ消臭剤を作る2つの方法

【トイレの臭い】重曹を使って置型消臭剤を手作りで作る方法

材料も少なくて、カンタンに手作りできます。

用意するもの

必須
重曹(粉末)
小瓶
お好みのアロマオイル
1

小瓶に重曹とアロマオイルを入れる

小瓶に重曹(粉末)を容器の大きさに合わせて7分目程度入れる。重曹の上から、お好みのアロマオイルを1~3滴垂らせば完成です。

【トイレの臭い】クエン酸を使って消臭スプレーを手作りで作る方法

用意するもの

必須
クエン酸(粉末)
空のスプレーボトル
お好みのアロマオイル
1

空のスプレーボトルにクエン酸とアロマオイルを入れる

空のスプレーボトルに水200mlとクエン酸(粉末)を小さじ1杯と、お好みのアロマオイル1~3滴を入れてフタして、よく振って混ぜると完成です。

手作りの消臭剤はカンタンに作れましたか?

簡単に作れて、自分の好みの香りをカスタマイズできるので嬉しいですよね。

しかし、1点注意することがあります。

それは、保存料などを一切使用していないので、早めに使い切るということです。目安は1ヶ月程度です。

【トイレの臭い】トイレに消臭剤や芳香剤を置く場所

【トイレの臭い】トイレに消臭剤や芳香剤を置く場所

トイレ用に限らず消臭剤は、効果が発揮する置き場所があります。

  • 消臭剤は、低い位置に置くようにする
  • 芳香剤は、高い位置に置くようにする

消臭剤は、嫌な臭いを取る役割があります。

嫌な臭いは、空気より重たいため下にたまります。

そこで、消臭剤は低い位置に置くと効果を発揮してくれます。

芳香剤は消臭剤と反対で、香りを放ってくれる役割があるので、人の鼻の高さに香りが近い場所に置くと効果を発揮してくれます。

このポイントを押さえて、トイレに消臭剤と芳香剤を置いてみてくださいね。

掃除してもトイレの臭いが取れないなら業者に依頼!

今回は、トイレの嫌な臭いをスッキリ落とす掃除方法や、消臭剤と芳香剤を置く場所について紹介しました。

毎日使うトイレが臭いとツライですよね?

今回紹介したトイレの掃除方法で、トイレの臭いを解決できましたか?

試してみたけど、あまりに汚れが蓄積しすぎて「ダメだった…」という場合は諦める前に、ハウスクリーニングを依頼してみるのも一つの手ですよ。

プロならではの知識と経験で、家庭では難しい汚れもキレイに落としてもらえますよ。

まとめ

  1. トイレが臭い原因の第1位は尿汚れ!見えにくい場所に、汚れが蓄積している
  2. トイレの臭いアンモニア臭にはクエン酸が効果的!スプレーを作って掃除しよう
  3. トイレの換気扇は、中性洗剤を使って掃除しよう
  4. トイレのタンクは重曹で掃除して、カビ臭さを撃退しよう
  5. トイレの消臭剤と芳香剤は違う!役割を理解して使おう

トイレクリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

トイレクリーニングならすまいのほっとライン

プロの出張・訪問サービスの予約ができるすまいのほっとラインでは、高い技術を持ったトイレクリーニングの専門家が多数出店しています。

予約前に無料で質問ができ、作業料金や利用者の口コミも公開されているので、あなたの悩みを解決するピッタリの専門家を見つけることができます。

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、すまいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

「相場」がわかる
サービスの料金や実際に利用した人の口コミで選べます
「人柄」で選べる
技術力に加えてスタッフの雰囲気やこだわりで選べます
「何でも」頼める
どうすればいいかわからないお困りごとも解決できます
どんなお悩みでも解決します
すべてのカテゴリをみる

\ 記事が気に入ればいいね!フォローください♪ /

この記事のキーワード

関連記事

記事を探す