お風呂の床の黒ずみは3種類《汚れ別》お風呂の床の黒ずみ掃除方法を解説

お風呂の床の黒ずみが、なかなか落とせなくて困っていませんか?何から試したらいいの「かわからない…。」いくつか方法を試してみたけど、「キレイにならない…。」そんなお悩みを抱える人も、この記事を読めば、お風呂の床の黒ずみを簡単に落とせるかも…試してみる価値あり。

お風呂(浴室)クリーニング
更新
お風呂の床の黒ずみは3種類《汚れ別》お風呂の床の黒ずみ掃除方法を解説

お風呂の浴槽は毎日しっかり掃除していれば、なかなかカビは生えませんが、お風呂の床がいつの間にか黒ずんでいませんか?

これはカビに違いない!と思い塩素系のカビ取り剤で落とそうとしても、塩素系のカビ取り剤を床一面にスプレーするのも面倒ですよね?

お風呂の床をキレイにするには、汚れに合わせた洗剤で掃除するのが正解なんです。

そこで今回は、お風呂の床の黒ずみをキレイにする方法や、黒ずみを予防する方法について紹介します。

ご自宅にある物でも簡単に掃除できるので、お風呂の床の汚れに合わせて、掃除しやすい方法を選んで試してみてくださいね。

>>プロのお風呂クリーニング業者の一覧

【お風呂の床の黒ずみ】黒ずみの原因は大きく分けて3つある!

【お風呂の床の黒ずみ】黒ずみの原因は大きく分けて3つある!

お風呂の床が黒ずんだり、汚れる原因は大きく分けて3つありますので紹介します。

【お風呂の床の黒ずみ】床が白っぽい汚れは「水垢」です!

お風呂の床に白っぽい汚れがある場合は、水道水の中に含まれるカルシウムなどが原因です。

水道水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどが固まり、床に残ってできた汚れで水垢と呼ばれます。

水垢はアルカリ性の汚れで、水垢に酸性汚れの皮脂の汚れや、石けんカスが混ざり合い頑固な黒ずみになります。

水垢はアルカリ性の汚れです。アルカリ性の汚れには、酸性の洗剤を使って中和させてあげると汚れが落ちます。

【お風呂の床の黒ずみ】床が茶色い汚れは「湯垢」です!

お風呂の床に茶色の汚れがある場合は、皮脂の汚れや石けんカスといった酸性の汚れが原因です。

お風呂場で石けんを使って身体を洗ったり、シャンプーで頭を洗ったりすることで、皮脂や垢などの汚れで湯垢と呼ばれます。

湯垢が蓄積することで、頑固な黒ずみになっていきます。

石けんカスなどの湯垢汚れは、酸性の汚れです。酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤を使って中和させてあげると汚れが落ちます。

【お風呂の床の黒ずみ】床が黒色汚れは「黒ずみ」か「黒カビ」です!

お風呂の床に黒色の汚れがある場合は、2種類の原因があります。

1つ目が、皮脂の汚れや石けんカスといった汚れが蓄積した、黒ずみ汚れです。

2つ目が、黒カビです。

1つ目の湯垢汚れが蓄積されてできた黒ずみ汚れは、アルカリ性の洗剤を使えば落とせます。
黒カビには、塩素系漂白剤が一番効果的です。

  • モップ
    モップ

    例えるならこんな感じかな~!
    水垢+石けんカス+皮脂汚れ+黒カビ=お風呂の床の黒ずみ

【お風呂の床の黒ずみ】黒ずみ汚れにあった洗剤を使おう!

【お風呂の床の黒ずみ】黒ずみ汚れにあった洗剤を使おう!

【お風呂の床の黒ずみ】水垢などアルカリ性の汚れは酸性洗剤で掃除しよう!

水垢のようなアルカリ性汚れは、酸性の洗剤で汚れが落とせます。

ナチュラル洗剤のクエン酸を使って掃除するのがオススメです。

【お風呂の床の黒ずみ】湯垢など酸性の汚れはアルカリ性洗剤で掃除しよう!

皮脂の汚れや石けんカスといった酸性の汚れには、アルカリ性の洗剤で汚れを落とします。

ナチュラル洗剤で、弱アルカリ性の重曹を使って掃除するのがオススメです。

【お風呂の床の黒ずみ】黒カビは塩素系洗剤で掃除しよう!

黒カビは、塩素系のカビ取り剤で落としましょう。

塩素系のカビ取り剤を使用する時は、他の洗剤と一緒の使用は避けましょう。

酸性の洗剤、製品、食酢、アルコールと混ざると、有毒ガスを発生させて危険なため、使用には注意が必要です。

【お風呂の床の黒ずみ】水垢など黒ずみ汚れは酸性洗剤で掃除

【お風呂の床の黒ずみ】水垢など黒ずみ汚れは酸性洗剤で掃除

用意するもの

必須
クエン酸(粉末)
ゴム手袋
空のスプレーボトル
ラップ
スポンジ
あると便利
古歯ブラシ
1

クエン酸を使ってクエン酸水スプレーを作る

空のスプレーボトルに水400mlと、クエン酸(粉末)小さじ2杯を入れてフタをし、よく振ってクエン酸を溶かすとクエン酸水スプレーの完成です。

2

クエン酸水スプレーを白色の水垢にたっぷり吹きかける

お風呂の床にある、白色の水垢にクエン酸水スプレーをたっぷり吹きかけて、ラップでパックし1時間程度放置する。

3

スポンジや古歯ブラシを使って水垢をこすり洗いする

ラップを剥がして、スポンジや古歯ブラシでこすり洗いをする。最後にシャワーでしっかり洗い流し完了。

【お風呂の床の黒ずみ】湯垢など黒ずみ汚れはアルカリ性洗剤で掃除

【お風呂の床の黒ずみ】湯垢など黒ずみ汚れはアルカリ性洗剤で掃除

用意するもの

必須
重曹(粉末)
ゴム手袋
ぬるま湯(60℃程度)
食器用中性洗剤
空のスプレーボトル
ラップ
スポンジ
あると便利
古歯ブラシ
1

重曹を使って重曹水スプレーを作る

空のスプレーボトルにぬるま湯(60℃程度)50mlと、重曹(粉末)50gと、食器用中性洗剤を50ml入れて、フタをしてよく振って混ぜると重曹水スプレーの完成です。

2

重曹水スプレーを汚れにたっぷり吹きかける

お風呂の床にある茶色い汚れの湯垢に重曹水スプレーをたっぷり吹きかけて、ラップでパックし1時間程度放置する。

3

スポンジや古歯ブラシを使って汚れをこすり洗いする

ラップを剥がし、スポンジや古歯ブラシでこすり洗いする。最後にシャワーでしっかり洗い流し完了。

【お風呂の床の黒ずみ】黒ずみ汚れを掃除する2つの方法

【お風呂の床の黒ずみ】黒ずみ汚れを掃除する2つの方法

【お風呂の床の黒ずみ】水垢や湯垢など複合の黒ずみ汚れを掃除する方法

用意するもの

必須
クエン酸水スプレー(作り方は上記参照)
重曹水スプレー(作り方は上記参照)
ゴム手袋
ラップ
スポンジ
あると便利
古歯ブラシ
1

重曹水スプレーとクエン酸水スプレーを吹きかける

重曹水スプレーとクエン酸水スプレーを床にたっぷり吹きかけて、ラップでパックし1時間程度放置する。

2

スポンジや古歯ブラシを使って水垢をこすり洗いする

ラップを剥がしてスポンジや、古歯ブラシで床をこすり洗いをする。最後にシャワーでしっかり洗い流し完了。

【お風呂の床の黒ずみ】黒カビを塩素系漂白剤で掃除する方法

用意するもの

必須
塩素系漂白剤(液体)
ゴム手袋
片栗粉
容器
スプーン
ラップ
1

浴室の換気扇をまわしり、窓を開けて換気する

塩素系漂白剤を使用する時は、必ず換気扇をまわし窓を開けて換気する。

2

片栗粉を使って塩素系漂白剤のペーストを作る

塩素系漂白剤(液体)を100mlと、片栗粉を100gを容器に入れてスプーンで粘りがでるまでかき混ぜる。

3

塩素系漂白剤のペーストを黒カビに塗ってパックする

床の黒カビに塩素系漂白剤ペーストを塗って、ラップでパックし20分~30分程度放置する。

3

塩素系漂白剤のペーストを水道水でしっかり流す

ラップを剥がして、水道水で洗い流して完了。
お湯で流すと片栗粉が固まってしまうので、必ず水で流しましょう。一度で落ちない場合は、何度か繰り返してみましょう。

【お風呂の床の黒ずみ】ほっとラインがオススメする洗剤3選

【お風呂の床の黒ずみ】ほっとラインがオススメする洗剤3選
  • モップ
    モップ

    ほっとラインがオススメする番外編の洗剤を紹介するよ~♬

【お風呂の床の黒ずみ】キッチンの油汚れ洗剤で汚れを掃除する方法

台所掃除用として常備しているご家庭も多いので、持っていれば実践してみてくださいね。

用意するもの

必須
キッチンの油汚れ用洗剤
ラップ
スポンジ
1

キッチンの油汚れ用の洗剤をたっぷり吹きかける

お風呂の床全体にキッチンの油汚れ用の洗剤を吹きかけて、ラップでパックし30分程度放置する

2

ラップを剥がして、スポンジを使って汚れをこすり洗いする

ラップを剥がしてスポンジでこすり洗いをし、最後にシャワーでしっかり洗い流して完了。

【お風呂の床の黒ずみ】シール剥がしで汚れを掃除する方法

用意するもの

必須
シール剥がしスプレー(100円均一で購入可能)
スポンジ
1

浴室の換気扇をまわしり、窓を開けて換気する

シール剥がしスプレーは臭いがするので、窓を開けるか換気扇をまわす。

2

お風呂の床の汚れにシール剥がしスプレーを噴射する

お風呂の床の汚れている箇所にシール剥がしスプレーを吹き付け5~15分程度放置する。

3

スポンジを使って床をこすり洗いして洗い流す

スポンジで床をこすり洗いをし、最後にシャワーでしっかり洗い流して完了。

放置する時間が短く、汚れを落とす時に力もほとんどいらないのが嬉しいポイントです。

広範囲を掃除する時にはそれなりの量が必要になりますが、ちょっと気になる汚れを「すぐに落としたい!」という時にはオススメの方法です。

【お風呂の床の黒ずみ】トイレ洗剤で汚れを掃除する方法

ここまで紹介した方法で、どうしても汚れが落ちない時にはサンポールを使うのもひとつの方法です。

サンポールは言わずと知れたトイレ掃除用の強力な酸性洗剤です。

お風呂の床の素材によっては、サンポールを使うと、傷んでしまう可能性もあるので使うかどうかは、お風呂の床の目立たない箇所で少量試してみてからにしましょう。

用意するもの

必須
サンポール
ラップ
スポンジ
1

サンポールをお風呂の床の汚れにかける

お風呂の床の黒ずみにサンポールをたっぷりかけて、ラップでパックし15分程度放置する。

2

床をスポンジでこすり洗いしてから洗い流す

スポンジでこすり洗いをし、最後にシャワーでしっかり洗い流して完了。

サンポールを使った方法は強力ですが、あくまでも最後の手段として考えておきましょうね!

【お風呂の床の黒ずみ】黒ずみができる前に予防しましょう!

【お風呂の床の黒ずみ】黒ずみができる前に予防しましょう!

気になっていた、お風呂の床の黒ずみをキレイに掃除すると、気持ちよくバスタイムを過ごせますね。

しかし、毎日お風呂を使っていれば黒ずみの原因となる皮脂汚れや、石けんカスはたまり、床についてしまいます。

掃除したキレイな床を保つために、3つのポイントを紹介します。

【お風呂の床の黒ずみ】お湯で洗い流して床を予防する!

入浴後は45℃以上お湯で汚れを流しましょう。

お湯の温度が45℃以上あれば、カビ菌を死滅させられます。

熱いお湯を使って床全体を流し、水垢、湯垢、黒カビの元になるものを洗い流しましょう。

【お風呂の床の黒ずみ】水分を拭き取って床を予防する!

入浴後は、体を拭いたバスタオルでもいいので、床の水分をしっかり拭き取りましょう。

スクイージーを使って水切りしてもいいですね。

【お風呂の床の黒ずみ】入浴前後に換気して床を予防する!

お風呂の換気をよくすることが黒カビ、汚れ予防につながります。

​空気の出入口を確保することが重要なので、ドアの下に通気口が付いている場合は、ドアを閉めたまま換気扇をまわします。

通気口がない場合は、ドアを少しだけ開けて換気をしてあげるといいですよ。

【お風呂の床の黒ずみ】お風呂(床)を簡単に掃除する方法

【お風呂の床の黒ずみ】お風呂(床)を簡単に掃除する方法

用意するもの

必須
マイクロファイバークロスや、バスタオル
1

熱めのシャワーで浴室をしっかり洗い流す

熱めのシャワーで皮脂汚れや、石けんカスを洗い流す。床だけでなく石けんカスが付着していそうな壁など浴室全体を流す。

2

熱めのシャワーの後は、冷たいシャワーで浴室を洗い流す

熱めのシャワーの後は冷たいシャワー洗い流し、浴室内の温度を下げてカビが繁殖しにくい環境にする。

3

浴室内の水分をマイクロファイバークロスを使って拭き取る

大きめのマイクロファイバークロスやバスタオルなどで、水を拭き取る。湿気をなくすことでカビ対策になり、水垢の予防になります。最後に換気扇をまわして完了。

毎日の入浴後の掃除はこのくらいで十分です。

ちょっと大変そうだなと感じる方は、熱いシャワーで皮脂汚れや石けんカスなどを洗い流し、スクイージーで水分を切っておくだけでも効果があります。

少しずつ毎日の習慣に、取り入れていければいいですね。

自分でお風呂の床の黒ずみが落とせないなら業者に依頼しよう!

今回は、お風呂の床の黒ずみをキレイにする方法や、黒ずみを予防する方法について紹介しました。

お風呂の床の黒ずみは、水垢、湯垢、黒カビ汚れが原因です。
水垢、湯垢、黒カビ汚れに効果的な洗剤はバラバラです。

汚れにあった洗剤を使って、お風呂の床の黒ずみ汚れを落としましょう。

しかし、長年蓄積したお風呂の床の黒ずみは、なかなかキレイにできないかもしれません。

そんな時は、専門のクリーニング業者に依頼して落としてもらいましょう。

業務用の洗剤や掃除道具などで、お風呂の床だけではなく、お風呂まるごとキレイにしてもらえますよ。

一度業者に掃除してもらえば、その後のお掃除もラクになりますよ。

お風呂の床の黒ずみをキレイにして、楽しいバスタイムを過ごしてくださいね。

お風呂クリーニング業者を探す時は、ホットラインを使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。
まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。

お風呂(浴室)クリーニングをプロに依頼するなら

お風呂(浴室)クリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。すまいのほっとラインなら、簡単にお風呂(浴室)クリーニングの業者を探すことができます。

すまいのほっとラインは、引越し・不用品回収・ハウスクリーニングなど、200種以上の出張訪問サービスをネット予約できる、日本最大級の検索予約サイトです。

  • ◎ 予約前の個人情報の登録不要
  • ◎ 料金やサービス内容が明確
  • ◎ 利用者のクチコミで比較できる
  • ◎ 予約前に不明点をメッセージで聞ける
  • ◎ 予約質問はネット完結(営業電話なし)

サービスカテゴリ一覧をみる

監修 小森 一輝(こもり かずき)

日本ハウスクリーニング協会認定「ハウスクリーニング技能士」

1970年大阪生まれ。一部上場マンション・ハウスメーカーからの転身者という経歴を活かし、 住宅設備を知り尽くしたお掃除マスター」として大手家電量販店のサービスセンター業務に従事。業務用家電ら水回りまで、 まいに特化した清掃コンサルティングを行う。主な資格は、ハウスクリーニング技能士、錠前技工士など。

この記事がお役にたてば、星ボタンをクリックして評価いただけると嬉しいです♪
79 投票, 平均点: 4.13

\ SNSでシェア /

※この記事に含まれる情報はお客様の責任でご利用ください

同じカテゴリの関連記事